ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
新郎新婦様からのメール 森のキノコの物語 八芳園さまへ
a0042928_16404646.jpg

一会からすぐの、八芳園様へ。
お庭の景色が美しいこの一枚は
実は去年の秋のころ。
そして花嫁様は、実は一会の生徒さんの方です。

a0042928_1641492.jpg

緑に囲まれたこの一枚が念願だったとか。
お庭にも新郎様の淡いピンクのタキシードにも
ぴったりだった、と喜んでくださいました。

実は花嫁さんはプロの花屋さんでもありましたので
一会がおつくりしたのはこの白ブーケのみで、
ここからは全部自分のお手作りです。
今日のメインテーマはこっちなのです。

a0042928_16294171.jpg

まずはプリザーブドの和装ブーケ。
こっちの写真もかわいい!

a0042928_1641436.jpg

プリザーブドのリングピロー。
レッスンのときに作ったフレームフラワーをリアレンジしたそうです。
リングは、ご自分で作った小さな
きのこのてっぺんに。


a0042928_16415526.jpg

受付の装花として作られた
花の入った鳥かごも
http://ichiecarpe.exblog.jp/9306167/
なんか、見たことある。
そして下のほうにも赤いきのこが。

a0042928_1642443.jpg


なぜなら、花嫁様が大の
きのこ好きだから。
これまで収集したきのこ大集合だったそうです。

a0042928_16421373.jpg

二次会の和風ドレスには
なんとキノコブーケ(自作)。
持ち手は粘土で柄を作り(とさらっと書いてあった)

ピンポンマムを40本くらい挿したそうです。

重かったそうです。

そらそうだ。

でも、すっごい楽しそうです。
この記事一番上の、美しい微笑みの新婦様が
こんなキノコ好きとは。

八芳園の会場装花にもエリンギをいれて、
ケーキももちろんキノコを生やしてもらったとのことでした。

ゲストの方は
きっとめちゃ楽しかったことでしょう。

a0042928_16423168.jpg


頂いたメールです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日、手元にブーケが届いたときには、
仕事でたくさんのブーケを作ってきただけに、
「これが私の自分自身の結婚式のブーケなんだなぁ」
となんとも言えない感慨深いものがあり、とても嬉しかったです。
ブーケは想像以上に私のイメージにぴったりで、
本当に本当に幸せな一になりました!!
 

先生にブーケをお願いした時には、
ブーケの価格にちょっとビックリしましたが、
(自分の職場よりとても高価だったので・・・)
当日ブーケを見て、先生にお願いしてよかった!!
と心から思いました。
やっぱり、一生に一度の結婚式ですから、
妥協して選ぶより自分が納得して選んだものが一番ですね。
絶対です!!
あぁ、本当によかった!!写真を見るたびにそう思います。


私も仕事場で使う言葉ですが、
「ブーケをお持ちになるのは一瞬のことですが、
お写真は一生ものですからね」
・・・自分で身を持って経験しました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

ブーケを気に入ってくださってよかった。
そしてこんなにたくさん、一会のレッスンを
生かしてくださってほんとうにありがとう。
講師としては、あらためて深々とお礼を。
感謝です。
半年前の写真を、それでも忘れず
こうして送ってくださったことも。
(しかし掲載までさらに数か月時間がかかったのは
完全に私の責任です それは過去のスクール写真を
若干、手直ししようとかそういう見得と野望による。
本当に申し訳ありません。)

どうか、花嫁様のこれからの行く手にも
たくさんのキノコと、たくさんの幸せが、
待っていますように・・・

では皆様今日もおつかれさまでした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2011-09-30 22:08 | ブーケ | Comments(0)
『花時間』×銀座三越「ブーケ展」のお知らせと『花時間Wedding Vol.1』後編
a0042928_18343450.jpg


先日の記事で少しご紹介した『花時間Wedding Vol.1』37ページです。
ミーチェさんのドレスにあわせて作ったバラのブーケ。
いつもながら、ピンクの「アブラハム・ダービー」は堀木園芸さんの、
白い「ウエディングドレス」はファインローズさんのバラです。

先にお知らせをひとつ、
10月12日から25日まで銀座三越9階で開催される
『花時間』20周年特別企画の「ブーケ展」に、
一会でもブーケをひとつ出展させていただくことになりました。
当日は50個ものプリザーブドあるいはアートフラワーのブーケが
一同に集まる予定だそうです。すごい。

一会はまた毎回ながら地味ーな色になりそうですが
ぜひお越しくださいましたら嬉しい限りです。
楽しみです。

10月8日の朝日新聞朝刊に挟み込む
花時間のタブロイドでも告知されるとのこと、
朝日を撮っていらっしゃる皆様、ぜひご覧ください。


a0042928_18344651.jpg

話は戻りましてこの撮影のとき、
恥ずかしながら自分はさんざんなコンディションでした。
夏風邪の上に寝不足が続き、
前日にはアシスタントさんと大喧嘩までする始末。

しかし、仕事の環境を整えるのも仕事のうちなはずで、
これじゃ駄目だ、と夜中に反省。
アシスタントさんには
詫びのメールをいれて、とりあえず仮眠して
翌朝もさんざん手直しして
撮影現場でもまたたくさん助けていただいて
やっと出来上がって、撮っていただいたブーケたちでした。

a0042928_18345389.jpg


けれども嬉しかったのは、
カメラマンさんもモデルさんもヘアメイクさんも
みなさまお花が好きな方だったこと。
モデルさんは本当に重労働なので、待ち時間に
「ブーケ重いでしょう、持ちますか?」と尋ねても
「大丈夫です、むしろお花見たいから!」。

編集の方、ライターの方、スタイリストの方皆様に
助けていただきました。

a0042928_1853279.jpg


このブーケはカメラマンさんが褒めてくださったのが
とても嬉しかったです。
企画ページとは別に17ページに掲載されているのを発見して
じーんと胸が詰まりました。


拙い、力不足の自分を、
ひきあげてくださることに感謝して
少しずつ腕を磨いていかなくてはなあ、と
思います。


ではみなさま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-09-29 18:58 | carpe diem | Comments(1)
ナチュラルクラッチブーケ キャンディカラー
a0042928_23222065.jpg


いろいろな色や花をミックスして、
そして香りのいい花をプラスして。

a0042928_2325881.jpg


お揃いの花冠。
納品前の3分間で撮ったとはいえ
写真、下手すぎです。見逃してください。

花嫁様が前髪をあげて額を見せるヘアスタイルだったので
一会モデルのニューフェイス○○ちゃん(名前はまだない)も
ピンで前髪をとめて様子を見ながら作りました。
早くJからはじまる名前をつけなくては。



ちなみに以前も一度ご紹介したことがありますが
一会のレッスンにきてくださったある方から
ブログに一会の記事を掲載してくださったと
ご案内がありましたのであわせてご紹介を。

http://ameblo.jp/koubou-hanakomachi/entry-11023068399.html

この方の記事もそうなのですが、
さらにそのコメントを読んで
思いもよらずひどく感銘してしまいました。
そう、自分もついつい大階段をのぼりたい時があります。

でもほんとに、時間はかかるだけかかるものです。
大階段をまっすぐのぼるよりも
実は螺旋階段をぐるぐると登るほうが
遠まわりなようでいてほんとは一番近い道だ、と
今はやっと、つくづく思います。

自分が過去に書いたこういう言葉が
フレーズさんの記事を通して
また別の方の心に響く、
その小さな、でもかけがえない事実に
思わず深く心を動かされます。

水に投げた小石が波紋になって
岸によってまた打ち返すような錯覚を
驚いてみています。
ほんとにささやかなことだけど、嬉しい。

フレーズさんもそうですが、

先日の静岡の花はなさんも、
http://hanahanahi.exblog.jp/14490453/
同じくご紹介したことのあるhanarieさんも
http://hanariesto.exblog.jp/16830443/

皆、自分よりも年上の方です。
社会的な立ち位置としては私よりもずっと上です。

しかし自分より年の若いものに、
「学ぶところがあれば一生懸命に学ぼう」、
というその謙虚な、敬虔なお気持ちに頭が下がります。



果たして自分が同じ年になった時に、
皆様と同じだけの、年下のものからさえも
謙虚に真摯に学ぶという姿勢を
保ち続けられるのだろうか?
時折、自問します。

花としては自分が講師を務めていながら
人としては先々こうありたいと思う道筋を、
この方々にいつも教えていただいている。
そう、思います。



では皆様今日も本当におつかれさまでした。


追伸です、
hanarieさま
花時間のアレンジメント大賞 ウェブ1位!
おめでとうございます!
by ichiecd | 2011-09-28 23:19 | ブーケ | Comments(1)
ご両親贈呈用の花のアレンジ 遠方の方へ
a0042928_1043641.jpg



花がお好きなお母様へ、
でもお持ち帰りしやすいようにお渡しして差し上げたい。
という場合にご提案する
花束でもなくプリザーブドでもない第三の形、
生花のアレンジです。

花束よりはボリュームは小さくなりますが
袋にいれてお持ち帰りができて、
花瓶に活け替える手間もなくそのまま
飾っておくことができます。

お色直しのブーケのお花と共通の雰囲気で、
というリクエストでおつくりしました。


昨日ブログ更新が滞ったので
ページ稼ぎにそのブーケは今日載せます。
せこい。

いやー兄さん生きがいのある秋になりましたねとか
また夏目漱石でごまかして
今日はいい天気ですね。
一会はオンシーズンに入りました。
メールも毎度のことながら滞っておりますが、
今日明日には。
by ichiecd | 2011-09-26 10:41 | ギフト | Comments(0)
アシンメトリーなブーケ カトリック目黒教会様へ
a0042928_14282771.jpg



カトリック目黒教会様へお届けしたブーケです。
装花の作業の最中、
写真撮影に現れた新婦様がとても素敵でした。

とりいそぎ、この一枚を・・・
by ichiecd | 2011-09-25 14:30 | ブーケ | Comments(0)
チャペルの装花 ピンポンマムとピンク色で 東京国際基督教会さまへ
a0042928_1029523.jpg

恵比寿駅近くにある、小さな教会です。

a0042928_10293324.jpg

丸い花やピンクの花が好き、という
花嫁様のご希望にそって、飾りました。


a0042928_10294734.jpg

チェアフラワーにも、
お好きだとおっしゃっていたピンポンマムをいれて。

a0042928_1030575.jpg


仕上がるころ、お母様やご親族の方やご友人でしょうか、
のぞきこんで
「結婚式らしくなったね」
「花の効果だね」と
口々にほめてくださいます。

心があたたかくなるような、
そんな教会での結婚式の装花の仕事は
格別に嬉しいものです。

a0042928_10338100.jpg

ドアに飾ったのはスズメウリとカラスウリ。

翌朝、新婦様からお礼のメールをいただきました。
ありがとうございました。


では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-09-24 16:27 | 会場装花 | Comments(0)
コスモスの会場装花 秘密の花園 マノワール・ディノ様へ
a0042928_17163374.jpg


挙式用のブーケはコスモス。

a0042928_17164342.jpg

コスモスを、どっさり使って。

a0042928_17165276.jpg

青山、骨董通り近くにある一軒家のレストラン、
マノワール・ディノ様へお届けした会場装花です。

a0042928_1717193.jpg

階段の装花は、コスモスとワレモコウ。
おじい様の読んだ歌にちなんでぜひ
ワレモコウをというリクエストでした。

a0042928_17171528.jpg


だからゲストテーブルにも

a0042928_17194225.jpg

メインテーブルにも。

それからお二人の好きなサンダーソニアもあしらって。
ハーブも好き。
香りのいい花があるといいな。
フルーツもOK!


a0042928_1720432.jpg


こちらはトイレに花の名前を書いて
飾ってほしいということで、
前日、一会で撮っておいた写真。
(当日はそこまで撮る時間がないだろうと思われたので)
(だから下が新聞紙なのは見逃してください)

ラストナイトオンアースと、
スィンティ・ロマは、堀木園芸さんのバラ。

トワオレンジカップは、
ファインローズさんのバラ。

生産者さんの名前までいれているのは
「堀木さんとファインさんのバラをいれてほしい」、
というご希望だったからです。


たくさんの多岐にわたるお花のリクエストは、

ご新郎様は花の生花市場にお勤めで、
ご新婦様は花屋さんにお勤め
という最強タッグだからでした。

でも、花の原価を知っているけれども
花の仕入ルートはわかるけれども、
会場装花は好きに仕入れてもらったほうがいいと思うから、
と、一任してくださいました。

白ブーケも色ブーケも会場装花も、
好きな花をお二人でたくさんたくさん並べて
最後に、デザインは全部岩橋さんにおまかせで!
そうおっしゃってくださいました。

a0042928_17201925.jpg


ゲストテーブル中央に咲く、
ラストナイトオンアース。
地球最後の夜にという名前のバラです。


ナフキンフラワーと、席次表のプリザーブドだけが
新婦様の手作りでした。

では皆様今日も、お疲れ様でした。

一会アシスタントの皆様へ、
早朝から本当にありがとうございました!
by ichiecd | 2011-09-23 17:23 | 会場装花 | Comments(0)
プリザーブドフラワーブーケ 近江八幡へ
a0042928_21305382.jpg

近江八幡まで、宅急便でお届けしたブーケです。

a0042928_21311325.jpg

お揃いのクラウン。

a0042928_21312214.jpg

お揃いのバックコサージュ:ブドウ型。

実は10月の式の方ですが
リハーサルにお使いになるということで、
先日にお届けしました。

リハーサルはどうだっただろう、
と一緒にどきどきしております。

一会の場合、ドレスにぴったりになるように
何度も写真を見ながら作ります。
打ち合わせができればベストですが、
遠方の場合にもメールにて
ぜひ花嫁様のドレス写真をお送りください。

ラウンドは30000円~35000円くらい、
バックコサージュは5000~8500円くらいです。

では皆様今日もお疲れ様でした。


台風でおした昨日の仕事を
今日はたくさんのスタッフがきて
さくさくと仕上げてくれました。
一度帰ったバームちゃんが「バラの開き具合が心配で」と
戻ってきました。

反省なうです。
すみません。

では明日
またどうぞよろしくお願い申し上げます。


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2011-09-22 21:34 | ブーケ | Comments(0)
ラウンドブーケ 月夜の白だけで  ラビュットボワゼさまへ
a0042928_20353674.jpg


白い花だけのラウンドブーケです。


 秋の夜は、はるかの彼方に、
 小石ばかりの、河原があって、
 それに陽は、さらさらと
 さらさらと射しているのでありました。


ていうような詩があったよな、

とまた逃避に入ること30分。

読み返してみると
どこにもその小石は白いとは書いていない、
ということに気づいて、今更びっくり。
しかし心象風景としては、そのはるかの彼方にある河原には
白くさえざえとしていてほしいじゃありませんか。

中原中也の「一つのメルヘン」という詩なのですが
メルヘンどころか目下、東京の秋の夜は大嵐です。

一会そばにある東大医科研の大木が
倒れて道をふさいでたりして、
若干、陸の孤島状態。
もともとそういうところではありますが。


山手線まで止まっているとのこと、
スタッフのみなさんは無事に帰りついたか
心配しております。

疲労困憊・・・、という場合には明日の勤務について
相談可能ですので、お知らせください。


個人的には、
今朝は市場で早かったし
もう今日はいいや寝るべ寝るべというところですが
一会の外に置いてあるアイビーよりも
この際ネギとかイタパセとかのほうが心配というあたり
相変わらず食い意地無限大。


しかしたった今、
「台風で帰れない旦那さんと
やっと合流して食事にありつきました、
予期せぬ久々平日デートしてます♪」と
こんな逆境を楽しんでいるらしい
バームちゃんから届いたメールに、

ああ到底、自分程度の小市民ではたちうちできないな、
と、身の程を思い知りました。
もう寝ていいでしょうか私。




では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-09-21 21:00 | ブーケ | Comments(1)
a0042928_19485466.jpg

市場に落ちていました。
だから何?と言われたらそれまでのこと。





なんかかわいかったものですから。


秋になった。
何か美味しいものが食べたい。

とずいぶん昔に友人が言っていました。名言だなあと思います。
by ichiecd | 2011-09-20 19:48 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。