ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2月28日開催 単発プリザレッスン開催のお知らせ
2月28日(月曜)
13時および19時より、単発プリザレッスンを開催いたします。
受付終了しました!お申込みありがとうございました
現在空席がありますので、興味をお持ちの方はぜひ、お待ちしております!
単発プリザレッスンはいつも自由課題です。

料金はレッスン料¥2,100+
お花代¥8,400~+実費とさせていただいております。

なお本番用のブーケを自分で作りたい!けど
制作が大変そう。。。という方には御必要でしたら
ブーケサポート(+¥5,250)をさせていただいております。
※本番用ブーケ制作をご希望の方は事前にお知らせください。

こちらは前回(1月24日)に開催したプリザレッスンでの生徒さんの作品です。
a0042928_164474.jpg

ご自身のリングピローや
a0042928_166231.jpg

こちらもリングピロー、お友達にお祝いで差し上げるとのことでした。
a0042928_1695455.jpg

アレンジメントです。


過去のプリザレッスンの生徒さん作品はこちらで見ていただけます。
ご参考にどうぞ!
8月
9月

ご希望の方はこちらのメールフォームよりお申込みくださいませ。
by ichiecd | 2011-01-31 16:24 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
オアシスの個別パッケージ 原材料
a0042928_036734.jpg


携帯を移し変えるべくデータをいじっていたら
次々過去画像が出てきたので、記念に一枚。

オアシス社さんのパッケージデザインをさせていただいた
ときの撮影風景でした。
原材料はこんなかんじでした。

明日もうちょっと追記します。
今日はこれにてどろん。

おつかれさまでした。
by ichiecd | 2011-01-30 23:36 | carpe diem | Comments(0)
プルメリアとセルリアのプリザーブドブーケ 沖縄へ
a0042928_0592551.jpg


沖縄へお届けしたブーケ。
持って行ったわけではなく
当然ながら宅急便ですが、
気持ちは持っていきたかったです。

そして写真がいまひとつでごめんなさい。。。
宅急便の時間に追われてしまった!不覚!

でもプリザーブドなので、
花嫁様のお手元にはずっと残ってくれるはず。です。


では皆様今日もお疲れさまでした。
by ichiecd | 2011-01-29 23:55 | ブーケ | Comments(0)
-とりあえず
a0042928_045089.jpg


「とりあえず」。



便利な言葉です。

この写真載せたかなあ・・・
どこだったかまるで覚えておりませんが
春だったことは間違いないです。

たぶん数年前、
南のほうだったような気がします。

そのとき交わした言葉や
曇り空や、
歩いている途中で電話がかかってきたことや
この桜を撮ろうとしていた並木道のしめりぐあいは
実によく覚えているのですけれども。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-01-28 23:45 | carpe diem | Comments(1)
一会定期レッスン1月 ユーチャリスのキャスケードブーケ 
a0042928_19333089.jpg


1月の一会定期スクールは、
ユーチャリスとランのワイヤリングキャスケードブーケ。

a0042928_1934126.jpg

ピカサにアップしました記事はこちらです。

a0042928_19342019.jpg

長丁場を覚悟しましたが

a0042928_19353679.jpg

みなさんもくもくとワイヤリングに励み

a0042928_1936489.jpg


a0042928_19361825.jpg


横顔も完璧。

a0042928_19473157.jpg



2月は、
「チューリップとラナンキュラスどっちにする?混ぜてもいいよ?
自分で考えて選んで作るセミキャスケードブーケ、
with春の花尽くし!」

今回ワイヤリングキャスを学んだ方は
ここでホルダーを使ってセミキャスケードブーケを作ることで
一段と大きな効果が得られるのではないか。
というもくろみによります。
ていうか、目論んでていいですか。いいですよね?
どうかこの期待もとい目論見がはずれませんように・・・
なむなむ。

2月8日の火曜の夜19時からのコースには
若干空席があるようです。

また28日月曜夜19時からは単発プリザレッスンを
行います。
お申込みは右手のメールフォームにて。
若干手抜きな案内ながら

では皆様今日も本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2011-01-27 19:38 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
『花時間』特別編集ウエディングブーケ&花飾りvol17 ゲストテーブルの花演出
a0042928_23281129.jpg

角川マガジンズ 花時間特別編集「ウエディングブーケ&花飾り」
2010-2011Wedding Flower Collection Volume17 
撮影:落合里美様 構成と文:濱野祐子様 
撮影協力:パーティークリエーション青山様)

計10ページの企画で花を担当させていただいています。
同じ予算で、花をもって
どんなふうに変えられるか、どんな演出ができるか、
どんな工夫ができるか、などなどなど。

美しい写真で(花はともかく)丁寧にいろんなアイディアが
紹介されていると思います。よろしければぜひ
お手にとってご覧ください。
関係者の皆様には本当にお世話になりありがとうございました。


a0042928_2329114.jpg

会場装花というのは躯体などのハード面や
時間による制約も多く、実現の難しいものもあるかも
しれませんが、工夫を凝らすことで同じ花でも楽しんでもらえるように
と思います。

a0042928_2329519.jpg


よくブーケと会場装花は同じほうがいいのですか?と
尋ねられますが、必ずしもその必要はない、と
私は思います。
ブーケは花嫁様だけの花であってよい、むしろ特別な
花であっていいと思います。
会場装花は、おもてなしの花です。
会場にあっていて、お客様を二人の代わりにお迎えして、
目で楽しんでいただくためのご馳走のひとつです。
もちろんそれは同じ花でもよいですが、
もし自分の好きな花と
会場に似合う花が異なる場合には、
別でもまったくかまわないと考えます。

もちろん両方を一会で仕事をさせていただける場合には
調和は必ず考えます。私にとって、会場装花とブーケを
請け負う場合、ブーケは、まさに要です。
それは主役によりそって主役をひきたてるための、
特別な花です。必ず、自分が作ります。


翻って、高砂の花、テーブルの上の花、受付の花、
エントランスやバルコニーの花、あるいはトイレにおく小さな花は、
お客様のための花です。
来てくださってありがとう、という新郎新婦様の
言葉を表現し代弁し、伝えるのが役目です。



先日いただいたあるメールの最後に、
「持ち帰ってもらった花が
ゲストの家族の方にも職場の方にも好評で
花が、お客様の周りの方々にまで幸せを届けてくれた」
というお言葉がありました。
嬉しかったです。。。




では皆様今日も本当に、ありがとうございました。

お疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-01-26 23:41 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール 紫水晶の花鎖 T’SUKI sur la merさまへ
a0042928_23271517.jpg



T’SUKI sur la mer様のお二人からいただいた
メールを、許可を得てご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・

当日の最大の楽しみの一つであったブーケ&花鎖、
ありきたりな言葉ではありますが、
本当に岩橋さんにお願いしてよかったです。
どうもありがとうございました。

打ち合わせのときから、こちらがどういうイメージを持っているか
このドレスにはどんなブーケが似合うかなど、
一生懸命ヒアリングとアドバイスをしてくださいましたね。
その姿勢にすごく好感と信頼感がもてたのを覚えています。

私たちはゲストのためのお料理と自分たちが身に着けるもの
(ブーケ&ブートトニアと髪飾り)にはこだわろうと思っていました。

今、写真を見てもやはりブーケと花鎖は何度見てもキレイで
見るたびうれしくてウキウキしてしまいます。

生花だったので、実物は残念ながらもう手元にはないけれど
こうやって写真にも残っているし、またそれを見るたびに
当日ブライズルームで初めてこのお花たちに対面したときの気持ちを
思い出します。

a0042928_23272830.jpg



注文の通りというか、それ以上のブーケでした。
周りのゲストからも、メイクさんからも好評で、
どこのお店で頼んだのかとか質問されましたよ♪

一会を知ったのは1年前に結婚式を挙げた
友人からのオススメでだったのですが
その子にも当日の写真を見せたらとても喜んでくれました。
(お礼を言いたいのはこちらのほうなのに・・・)

本当にありがとうございました。
少しずつ当日の写真が手元に届いてきましたので、
添付させていただきます。よろしければご覧くださいね。

追記:
私はカラードレス用のブーケと花鎖を二次会にもそのまま持参したのですが
意外にも普段はあまりお花に興味を示さない彼が、
二次会に着るジャケットに自分で一生懸命ブートニアをつけていました。
その様子もコッソリ写真に撮ったので後ほどお送りしますね。笑
a0042928_23274817.jpg
a0042928_23302633.jpg


最初のお問い合わせからずっと、
なんてかわいらしい方なんだろう!
という印象でした。

白ドレスのほうにはちょっと見えにくいですが
ふんわりと広がるお袖をつけられています。
これにはひとつエピソードがありまして、
初回のお打ち合わせの後、

「実は白ドレスのほうには袖をつけようかどうか迷っていて・・・」
とメールをいただきました。

そのときの説明のあとに続けて、

 彼には「カサゴみたい」と不評なこの袖。。笑
 でも一生に一度の(←常套句)
 結婚式くらい、「フリフリ」をトコトン
 やりき ってもいいのかな、とも・・・^^;

というくだりに思わず声をあげて笑ってしまいました。
カサゴ!
それはひどい!
しかし新婦様かわいい!

そもそも二の腕が細くないとつけられない袖だろうし、
ここはぜひつけてほしい!フリフリやりましょう!
と、思わずこぶしを握りつつ、しかし
ご新郎様の反対にあって結局つけられないことになったら
かえってプッシュしないほうがいいかなあ・・・と
ひそかに返信を悩んだことも懐かしい記憶であります。

ですので、余計に、
「ブートニアをこっそりつけている」
ハンサムなご新郎様のお写真は、
大変うれしいものでした。

a0042928_23303737.jpg


そして、キュートな花嫁様の笑顔も。
いただいたこの一枚につけられていた写真のタイトルは
「かわいい!嬉しい!幸せ~!JPG」でした。
当日天気がよかったので、
白ブーケの色がとんでしまって
あんまりうつっていなくて
その色が出ているものを探したのですが、
と申し訳なさそうに添えてありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 ①ブーケ自体はややピントがずれてしまっているけど、
 ブーケを見たときの私の気持ちがすごく良く現れている写真
 ②ブーケもブートニアもどちらも写っている写真

・・・・・・・・・・・・・・・・
両方送るからどちらでもよいほうを使ってください、
そう、最後に書いてありました。

そんなお優しいお心遣いに、感謝の言葉がありません。

本当に、ありがとうございました。


末永いおふたりのご多幸をお祈り申し上げます。


また、一会をご紹介してくださったご友人の方にも
この場所からですが深い深い感謝を。
ありがとうございました。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-01-25 23:33 | ブーケ | Comments(7)
イブ・ピアッチェ シェ松尾青山サロン様への装花
a0042928_16441925.jpg


濃いピンクの大輪は、
イブ・ピアッチェという名のバラです。

a0042928_16451091.jpg
a0042928_1646922.jpg
a0042928_16462169.jpg


シェ松尾青山サロン様の装花でした。

昨日、記事を書いていたにもかかわらず
アップしそこねて遅くなりました。。。
by ichiecd | 2011-01-23 16:47 | 会場装花 | Comments(0)
一会の花で装飾可能な会場について
「一会さんのお花で結婚式ができる会場を
教えてください」
という有難くも奇特なメールを、時折、頂戴します。

提携先としては
まず独立した項目がこのブログ右手にもありますが
シェ松尾様の3つの店舗。

松涛レストランと
a0042928_855185.jpg

a0042928_12464528.jpg


青山サロン

a0042928_882289.jpg


天王洲倶楽部


a0042928_871546.jpg


シェ松尾さんの場合、自社専属のベテランの
ブライダルコーディネーターさんがいらっしゃって
会場となるレストランとの緻密な連携を保っています。
閑静で親密な松濤レストラン、
重厚で華やかな青山サロン、
日の光と夜景が美しい天王洲倶楽部という
3つの会場それぞれが素敵です。


次に、奥沢にある
一軒家の「ラ ビュット ボワゼ」
a0042928_1310679.jpg

装花の記事「砂漠の水」
a0042928_13104461.jpg

装花の記事「アロマ」
a0042928_8161549.jpg


個人的に、こちらの雰囲気がとても好きなので、
アシスタントさんか生徒さんか誰か
ぜひここで披露宴やっておくれ、
そして!存分に!これでもか!と、おいらに花を飾らせてくれ。
などとひそかな野望をいだいている
隠れ家のフレンチレストランです。


最後に、
青山にある「アンカシェット」も
昨年からよくお取引をさせていただいています。

a0042928_826052.jpg


a0042928_12522642.jpg


こちらをプロデュースされている
ルリエウェディングサロン様が手がける別会場の、

初台にある「マエストロ」

a0042928_8185670.jpg


表参道にある「ラマージュ」

a0042928_8212341.jpg


過去に何度か会場装花を担当させていただいて
印象に残るウェディングだった場所です。


ルリエウェディングサロンの
ウェディングプランナー様は、
まだ全員お会いしたわけではないのですが
どのかたも、いつもとても花嫁様のことを一生懸命考えていらっしゃる、
そんな印象を受けます。


この仕事をやっておりますと
まれに、提携のお話をいただくこともありますが
年間何百組というようなことになると、
とても今の一会では、おうけできません。
一会では、というよりも自分には、というほうが正しいかもしれません。
一日に何件も数をこなすことになると
私の仕事はスタッフの育成や全体の管理にシフトしてしまう。
私は、自分で新婦様とお話して、自分で市場にいって、
自分で花を作りたいのです。

つまらないことだとは思うのですが、
この会場さんが好きだとか
コーディネーターさんが好きだという気持ちに
ちょっとでも陰りがあると、花に影響します。
そういう仕事はイヤなんだもん。
だもんて。


そのほか、このブログでは
さまざまな会場様の装花をご紹介しておりますが
正式な提携先ではなく、お客様のご意向による
お持込の場合も多いので、
このブログで明言するのはさし控えております。

「ほかにどんな会場の装花ができますか」という場合には
どうぞ個別にお問い合わせください。
「一会さんの花でできることを最初の条件に
会場を考えます」
という有難すぎる奇特すぎるお話の
場合には、人数や条件から一緒に
ご相談させていただきます。

上記、リンクと写真はまたのちほど。。。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-01-22 22:44 | 会場装花 | Comments(1)
ブーケ 亜麻色 熱海ヴィラデルソル様へ
a0042928_20145877.jpg


どうだったのかな?気に入っていただけたのかなあと
心配していた新婦様から
年賀状をいただくと、それだけで
1月の価値がある。としみじみ思います。


熱海にある、ヴィラデルソル様へお届けした
プリザーブドフラワーのベージュ色のブーケ。
亜麻色、というのは明るい灰みの赤みをおびた
黄色のことをいうのだそうです。
(出典「色の手帳」小学館)

素敵なブーケをありがとうございました、と
花嫁さまからはがきをいただきました。 

 

(ちなみに、
時折ブーケの記事にこうしたタイトルをつけておりますが
「とくに気に入っているブーケに
特別に名前をつけている」とかいうことはなく、
あくまでこのブログを書く瞬間に、
自分の余裕指数がある程度ある場合です。
余裕がない場合には
昨日の「狐」みたいになってしまうので
無理にタイトルをつけないことにしています。
まともなタイトルをつけられなかった場合にも
何卒ご理解ご容赦くださいましたら幸いです。)

では皆様今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2011-01-21 20:22 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。