ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
淡いグリーンのプリザーブドブーケ 綱町三井倶楽部様へ と 花とうさぎ
a0042928_20184651.jpg


港区三田にある、綱町三井倶楽部様へ
お届けしたの淡い緑の花ばかりで作った
プリザーブドフラワーのブーケ。

ほんの少し下にさがるティアドロップ、
という形のブーケです。
「幸せの涙型」と呼ばれます。

a0042928_2019323.jpg


と、ラベンダーと淡いグリーンの花でうずめた
うさぎの受付庭園バスケット。

a0042928_20185697.jpg


うさぎ好きの皆さまへ、トリミングしてみました。
来年はウサギ年です。
玄関におひとつ、いかがでしょうか。
売るな。
(一会では小売をしておりません、
申し訳ありません。
でも欲しいという方がいらしたら限定3セットくらいでなら)


というより明日から12月なんだ・・・
めまいがしたので今日はこれにて

おつかれさまでした。
by ichiecd | 2010-11-30 20:27 | ブーケ | Comments(0)
お礼のことば 一日後、一年後
a0042928_0255872.jpg

シェ松尾青山サロン様の装花です。

昨日はありがとうございました、という
タイトルのメールをいただいて、
内容はまだ許可をいただいていないので
掲載を自粛するのですが、短いけれども
心がこもった一文一文に、
涙が出そうです。

a0042928_0262154.jpg

この日も時間がなくてほとんど撮れなかった写真を

a0042928_0262838.jpg


かろうじて数枚を撮ってくれたのは
ベテランアシスタント姉さん。
「え?!あたしが撮るんですか!知りませんからね!!!」

・・・相変わらずツンデレです。
しかしカメラレッスンの成果が出てきているのでは
ないでしょうか。
だって前の写真はぜんぜん(以下保身のため自主規制)。



新郎新婦様からこんなふうに翌日や翌々日に
メールをいただくので、ということを
先日、ある方に御話ししていたところ、大変驚かれました。

「それは、よっぽどですね。自分からメールを書いて
お礼を言いたいと思ってもらえるなんて」

と、びっくりされて、あらためてそうだなあ。
と、そのありがたさを思います。

人によってはメールではなく
御手紙だったりお電話だったりします。
数日後の方もいるし、一ヶ月後の方もいるし、
数ヵ月後、一年後にはじめてメールをくださる方もいます。

このお客様には気に入っていただけたんだろうか?と
ずっとひそかに抱えながら、今週のブライダルに追われて
あっというまに春夏秋冬がすぎ、
一会から先にお礼のメールをお送りすることは
今はほとんどできておりません。
そんなときに舞い込む一通のメール。
今は秋だけど春のお客様、去年の秋のお客様から、
半年越し一年越しの、よかったですよのひとこと。




今、一会では来年に向けてアシスタントさんを補充することになり、
アシスタントバームちゃんに
「じゃあ一会にきて身についたことを教えてくれる?
それで募集要項を考えるから」と頼んでみました。
私としては、花そのものはともかくとして、たとえば
花の写真がこのブログに載せるまでに撮れるようになった。
とか、エクセルが少し使えるようになった。とか、
そういう解りやすいことを列記してもらうイメージでおりました。

でも、「一会にきて、自分の身についたこと」
という御題目に対して書かれた最初の一行は


 「仕事(サービス)の利益をもちろん確保しつつ、
 うれしいと思ってもらえること」


不覚にも、涙が出そうでした。
「・・・狙ってんじゃないか?」とさえ疑いましたが
原文には「確保」が「確補」と書いてあったので
どうも、素みたいです。

なにしろクイックディップ(という商品名)を「Quik」と書き
「ファイルしてください」を「Failしてください」と書く
バームちゃんのことなので、狙って書いたのではなくて
本気でそう思ってくれているのでしょう。

(ていうかなぜ間違えるくらいなら
わざわざそこで英語を使うのだ。
と、私でなくても思いますよね?
普通に「ファイルしてください」でいいじゃん!
と、ここで声高に周知したい。

しかしその場合一会の人材が疑われるのか。
いやでもバームちゃんや姉さんのいいところは
とてもこんなスペースに書ききれないし。←狙ってます。
でも、本当ですよ。)


では皆さま今日もお疲れ様でした。


・・・最初は感動的な話だったのになー。
by ichiecd | 2010-11-29 23:57 | 会場装花 | Comments(0)
アマリリスのキャスケードブーケと 髪に飾るたくさんの花
a0042928_22521784.jpg


ヴェール越しにすけて見える
たくさんの花がかわいかったので思わず激写。


a0042928_22524922.jpg

激写。

a0042928_2253072.jpg

激写。


たとえば素敵な服を見てもかわいいケーキを見ても
みんながきゃーと騒ぐなか、
イマイチぴんとこない、という
自分は実につまらない人間なのですが
新郎新婦さんには「速攻」で「くぎ付け」です。秒殺です。
ハート目になって激写するクセがいつまでも
なおりません。
本職のカメラマンさんやメイクさんに笑われてしまうので
これでも結構気をつけてるのですが・・・



大事なその日の一助として、花の分野で
一会を選んでいただいたことを
いつも、本当に嬉しい。と感じます。

もし自分が客だったら、絶対ここに仕事を頼む、
そう自分自身で疑いなく思える仕事にしたい、
と思います。


今日、この写真のお二人からことづけられた御手紙には
丁寧な丁寧な文字で、


 今日の装花をひきうけてくださって
 ありがとうございました。


という言葉。


あんなに準備でお忙しいさなかに、
こんな一業者にまで御手紙を書いて準備されたのだろうか、
そう思うと、胸がじんとします。

頭がさがります。
頭がさがる、というのはきっと、
こういうことをいうんだなと思った。


お二人からいただいた言葉に
気を引き締めて今年もあと残り少し、
がんばろうと思う今日でした。

では皆さま今日も、お疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-11-28 23:07 | ブーケ | Comments(0)
受付に飾る花 白いうさぎと黒いうさぎ
a0042928_20401191.jpg


受付に飾ったプリザーブドフラワー。

白いうさぎと黒いうさぎは、
新婦様の手仕事です。
すばらしく精密な作り。

a0042928_20402565.jpg



時間に追われて、ほとんど写真が撮れずに
本当に申し訳ありません。
でも本当にありがとうございました。


ではお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-11-27 20:42 | アクセサリ | Comments(0)
バラの村から 
a0042928_2035497.jpg

では皆さま今日も


a0042928_20355166.jpg


本当にお疲れ様でした。


一昨日の「禁じ手」を踏まえてモノ申せば
「姑息。」の一言ですが


今週は途中祝日があったり急な仕事も入ったり
(「えーと、それは12月25日ですよね?
11月25日?え?今週の?」)



写真は、6月に強行軍で行っていたおフランスのバラの村の、
クレープ屋さんにいた犬です。

ちなみにクレープとリンゴ酒を調子よく楽しんだテラス席には
小さな野生のモグラもいて、激写しまくり。
こっちを載せようかと3分くらい悩みましたが
急に出てきたらキライな人もいるかなあと思って
断念しました。


ほんとに、我ながらけして
動物好きというわけでもないくせに
毎回かなり写真は撮っているのをふと気付かされます。
自己分析するに普段仕事柄、動かないものを撮っているので
たまの休みには動くものが珍しいんだろうと思います。

ミャンマーのリスとか。
ほんとよかったなあミャンマー。
なおスーチーさん解放のニュース、
現地在住の友人が「このスーチーさんの
前の道路が封鎖されてなければ、すごく便利な道で
すぐなんだけどねー」と
話してたことを思い出しました。

ちなみにその時の記事のベルメゾンさんの通販企画は
今も続いていて、
生花のアレンジや花束をお買い求めいただけます。

今回新しくプリザーブドのアレンジもまた掲載されましたので
おって詳細の御案内をいたします。
ていうか遅い!とっくに発売されているのにもかかわらず。。。


では皆さま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-11-26 20:50 | carpe diem | Comments(0)
ガールクラウン フラワーガールのための花冠 山手西洋館様へ
a0042928_20262242.jpg


この一枚の小さな写真だけで、
胸がきゅーんとわしづかみされてしまうのに
新婦様が書いてくださったメールには、
素敵なお話が続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 フラワーガールは、
 私の高校時代からの友人のお嬢さんです。
 「友達のお嬢さん」ではあるのですが、
 今回は「私の友人」として
 招待&フラワーガールの依頼をしました。
 とても小さな友人ですが(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_20211477.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女も私を気に入ってくれているらしくて、
時々「一緒に遊びたい」と
言ってくれているそうなので、
子供向けの招待状を作ってお招きしました。

子供だと、結婚式なんて飽きちゃうかなと
心配もしていましたが、当日は
本人にも楽しんでもらえたそうで、ほっとしました。
クラウンがとても素敵だったので、
お姫様気分だったのではないかと思います(笑)。
普段は元気な子なのですが、
ずっとおしとやかにしていました。
彼女のお母さん(私の友人)も
クラウンをとても気に入って「親ばかかも
しれないけど、すごく感動した」と話していました。
家に持ち帰ってからもしばらく飾っていたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この2枚の写真は、その御友人であるお母様が
撮ってくださったものだそうです。



この仕事ですので、
いつもはプロのカメラマンさんから頂く
写真を見慣れてはおります。
でもお母様が、
フラワーガールという大役をつとめる
御嬢様を見守るお気持ちが、
たくさんたくさんあふれ出ているように感じました。


そして新婦様は、その御友人と
もう一人の小さなお友達の御友人のために、
当初、私が御紹介したうちのひとつ、アジサイだけの花冠ではなく
「やっぱりブーケとおそろいにしたいので」、
とおっしゃって、この小さなバラの花冠に
わざわざオーダーを変更されたのでした。


山手西洋館様のお写真はまだ紹介しきれておらず、
このシリーズはまた後日あらためて。

では皆さま今日もお疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-11-25 20:36 | アクセサリ | Comments(1)
セミキャスケードブーケ ルアール東郷様へ
a0042928_21223425.jpg



では皆さま今日もお疲れ様でした!

最初に最後の一行をもってくるのは
しばらく禁じ手にしてたのになあ。

本人以外はどうでもいいルールではあります。


お客様からいただいたお写真を早く御紹介したいのですが
それはぐっとこらえてもう少し余裕のある時に。

おつかれさまでした。
by ichiecd | 2010-11-24 21:33 | ブーケ | Comments(0)
リストブーケ 手首につける花 ペニンシュラ様へ
a0042928_22515134.jpg


黄色の胡蝶蘭と、黄色のモカラというランと、
グリーンのデンファレと、おまけで黄色のコリンゴで
作った手首につけるブーケ。
リストブーケと呼んでおります。


今日ペニンシュラ東京様へお届けしました。
喜んでくださったそうで、
本当によかった。

この黄色の色は、お二人にとっての思い出となる色であるそうで、
いただいた色見本から煙が出るくらい見続けて
結局ランのモカラと胡蝶蘭のアンスラゴールドという品種を
選びました。
色としてはモカラの黄色のほうがより近いけど、
胡蝶蘭の格の高さをもって、こっちをメインにしました。


このリストブーケを作っていた早朝5時ごろは
すさまじい雨音でした。
夜があけたらやむといいな、お二人の挙式のころには
ちょこっとでも
晴れるといいな、と思っていましたが
晴れてよかった。



では皆さま今日も本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-11-23 22:58 | ブーケ | Comments(0)
コスモスの花のブーケ 花時間ウェディング&花飾りvol17
a0042928_221156.jpg



(花時間特別編集ウエディングブーケ&花飾りVolume.17撮影 山本正樹様 構成と文 高梨奈々様)

あと一週間で11月が終わってしまう!というので
滑り込みで、最後に残っていた秋のブーケ
コスモスの花。

毎年秋がくるたびに
その簡単なさまをやっぱり好きだなあと思います。

コスモスの花ことばは「乙女の真心」だそうで、
花の子ルンルンにもそのテーマで登場したのだそうです。
30秒前にネットで得た知識です。
しかし
おお、ルンルンといえば、
とか過去の記事を懐かしく
思いだしている場合ではありません。


先日ある新婦様とのやりとりで、
これから挙式日まで一会さんのブログを全部読んでみようかと
思います!という嬉しいメールをいただきましたが
失礼かつ冷静に「おすすめしません」と
お返事を差し上げているところです。
このブログは、過去記事ほどさらに無駄に長いです。
ただでさえお忙しい新婦様には
けしておすすめいたしません・・・。

毎回書いていることは一緒だしなあ。
つまり「ありがとうが嬉しいです」をはじめとして
「生きてる花って面倒だけどいいですね」とか
「でもプリザも悪くないよね」とか
「新郎新婦さんというだけで大好きですとも」とか。
たまに旅話とアシスタント紹介が入りますが。

では皆さま今日も、くりごとを繰り返しつつながら
本当にお疲れ様でした。


ありがとうございました。










by ichiecd | 2010-11-22 22:39 | ブーケ | Comments(0)
鮮やかに 花を仕事にするということ シェ松尾松涛レストラン様の装花
a0042928_21184167.jpg

こんにちは 一会の岩橋です。
なんか間違ってないか?と思われそうですが
一会のブログです。
いつもは地味が服をきて歩いているような花(と人)ですが
今日は、ヴィヴィットな色の花で、というリクエスト。

もし、自分で好きに花を作ってもいいなら
いつも、少し地味な花。

a0042928_21192926.jpg

でも仕事であれば逆に、こんなオーダーをいただいて
自分では普段作れない花を作ることができる。
好きなことを仕事にしている、その醍醐味だと思います。

装花の写真を撮っていたカメラマンさんが
「華やかですね、しばらく秋っぽい花が多かったから、
こういうのもいいですね、華やかでキレイ。
撮っててテンションあがっちゃいます!」
とおっしゃってくださったことに
深く感銘しました。
生きている花、みずみずしい花、鮮やかな花。

a0042928_21193662.jpg

階段は花と花をつるでつないで

a0042928_21195151.jpg

こういうときは
時間が許される場合には、
土台を作っていってなるべく現場で仕上げをします。

a0042928_21322940.jpg

その朝、窓から挿しこむ光を考えて、花を入れて

a0042928_2120225.jpg

通りすぎる瞬間、あ、花の香りがすると
ふと感じてもらえたらいいなと思って
香り高いバラを選んで現場で挿し足して仕上げます。

a0042928_21203177.jpg


実は、製作途中で花が足りない気がして仕方なくて
とうとうもう一度、市場に出かけました。

秋になってオンシーズン、ずっと予算オーバーの仕入れが続いていたので
無意識に買い控えてしまったんだ。と反省。
裏日と呼ばれる日にもう一度市場にいって、
顔見知りの方に「あれこんな日に珍しいですね」と言われて
赤面しつつ買い足して、結果、
いつも通りまた予算オーバーでしたが、


お打ち合わせの折にも同席してくださった花好きのお母様が、
花を見るなり
「わあかわいいわねえ」と笑顔になってくださったことが、
嬉しかった。
ただ一言、それだけであまりあるほど報われる、仕事です。


a0042928_21203899.jpg


シェ松尾松涛レストラン様の装花でした。


では皆さま今日も、本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-11-21 21:44 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。