ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「花時間」ウェディングブーケ&花飾りVol17 秋のブーケ バラと紅葉もしくはダリアのブーケ

a0042928_1856742.jpg


花時間特別編集ウェディングブーケ&花飾り Vol17 角川マガジンズ
(撮影:山本正樹様 構成と文:高梨奈々様)


先日発売されました「花時間」別冊より。
相変わらずスキャナが壊れっぱなしなので
写真を撮ってブログに載せてみたものの画質が・・・
ぜひ店頭にて、山本先生の手になる
美しい写真を見ていただければ。
とストレートに宣伝を。

できれば後日、もう少しよい写真に
ちゃんと差し替えたいと思います。
と言いながらきっとそのまま。


今日、一会生徒さん専用の掲示板にて
熱心な生徒さんから
で、来月のテーマは何ですか?と質問がありました。

すっかり告知を忘れておりましたが、
次回はこんな↑感じで、バラと紅葉のブーケ、
もしくはダリアのブーケです。
できればその場で2択、にいたします。

というわけで「バラと紅葉のブーケを作るぜ!」
と心にかたく決めた方はブーケ用の箱を持ってきてください。
「ダリアでGO!」という場合には箱は要りません。
でも早い者勝ちなので、どっちつかずまたは
遅れちゃうかも、と言う場合には
やっぱり箱はもってきてね。
伝言板か?
いやそもそもこういうのがブログの正しい使い方じゃないか?
そう言われるとそんな気も。

・・・ちょっと混乱。


なにはともあれ、
秋は紅葉、
秋はダリアですよ。

ひとあめごとに秋になるのだと人は言うBY中原中也、
兄さん生き甲斐のある秋になりましたねBY夏目漱石ですよ。

しかし、ブライダル花屋にとっては、
秋は夕暮れ、ではなくてー。

秋はひとえに修羅場モードです。
そうですとも。
おうともさ。

10月から11月前半までのご注文は
全て受付終了しました。
11月後半以降は、まだ、カウントしてません。。。
そこまで把握できてないというかんじです。


では皆さま今日もほんとにお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-09-30 22:41 | ブーケ | Comments(1)
和の花のプリザーブド 開店御祝
a0042928_1275114.jpg


ウエディングの写真が続いたので
目先を変えてプリザーブドフラワーのギフト。
和食のお店の開店御祝です。

上に添えてあるのは
モミジのプリザーブドで、
南原農園さんから試作品をいただいたのですが
こういう和風のアレンジによいかんじです。


(なお現在、一会はブライダルフラワーの事務所として
ウェディングに力を集約しておりまして
こうしたギフトは、一般の方からの御注文は
お請けできておりません。
基本的に「花はおまかせ」で、
過去の新郎新婦様もしくは過去のお客様のみに
させていただいています。申し訳ありません。)

12月18日のカメラレッスンはあと5名くらい・・・?
まだ集計がおいつかないですが。。。
夏からさんざんひっぱって今ごろのご案内なので
待ってましたよ!と申しこんでくださる皆さまに
ただただ深く感謝です。

なお今年、リースのみの単発レッスンは
しないんですか?という
お問い合わせもありがとうございました。
しかし土日はちょっと難しいかも!
もしよかったら定期レッスンのほうに
登録参加していただければ。。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2010-09-29 23:06 | ギフト | Comments(0)
2つにシェアするブーケ お台場CARESS様へ 去年とは違う花を
a0042928_23355273.jpg



お台場にあるCARESS様というレストランへ
お届けしたブーケ。

実は2つにシェアできるようになっています。
シェアブーケは基本的に丸い形ですが、
これはワイヤープランツをふんわりとばした
進化系@2010年秋。


花嫁様からメールをいただきました。

 手の中にあるだけで自然と笑顔になってしまった。


そう書いてくださいました。

そうです、2010年の一会のテーマは、

 手の中で、花嫁様を励ますような花を。


自己満足じゃん!
といわれると、返す言葉がございません!



でも、どうして毎年毎年、
新しい花、去年と違う花じゃなくちゃ
いけないんだろう?
なんでこんなに私は「去年と違う花」に
せきたてられてるんだ?

そう自分に疑問に思う時があります。
「一会さんの過去のこの花がよかったのでこれを」
というリクエストがあるのを
体中で嬉しいと思う一方で、
いつも、去年とは違う新しい花を生みださないとと
もがいています。

それはたぶん自分の仕事の材料が、
生きている花だから。

 今日の日の仕事が、今日の摘み取った花の命に
 みあうものでないと。

そんな、おとぎ話めいたことを
どこか本気で思ってるんだと
ふと思います。

しかしそれがつまりCARPE DIEMです。
(今日の日という花を摘み取れという、一会の名前の
後にくっついているわからんラテン語のことです。)

見合う花にできなくて
苦しいときもたくさんあります。
最後に残るのは、お客様に対してでもなく
過去の自分に対してでもなく
自分の手を経て消費されていく花の一輪に、
せめて真摯であること。



では皆さま、今日もお疲れ様でした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-09-28 23:50 | ブーケ | Comments(0)
12月18日 カメラレッスン&リースレッスンのご案内 @花を撮ろう会
a0042928_18391070.jpg



皆さまこんにちは

では12月18日土曜日、
フォトグラファーの山本正樹先生をお招きして、
カメラレッスンを行います。
題して、THE自分で自分の花を撮ろう会!

Photographer Masaki Yamamoto
http://www.masakiyamamoto.com/


年末でお忙しい時期かと思いますが
18日にリースを作れば25日まで飾ることも
不可能ではございません!
今回モミのリースにしようかなーとも
思ったのですが、なにせ製作時間が1時間と
タイトなものなので、やっぱり花のリースにします。
(と書いていて見てみたら、まったく同じことを
前回も書いている)

しかしグリーン一杯とか木の実いっぱいめで、
というリクエストがあれば、そういうのも
混ぜておきますので、ちらっとお申し込み時に
書いてください。
早いものがちなのでなくなったらごめんなさい。

なお今回は、午前午後とも、
初めてでも二回目以降でも参加はOKです。

詳細は下記に。皆さまのご参加を、
こころからお待ちしています。

過去のご報告記事
http://ichiecarpe.exblog.jp/9477129/
http://ichiecarpe.exblog.jp/9423359/


*******************************

一回のレッスン時間は花と写真で合計3時間30分、
参加費は全部込で12000円です。
花のクリスマスリースを作って、
その自分の花を自分のカメラで撮ろう!という企画。

AM申し込みの場合
9時30分~10時30分 岩橋によるブーケレッスン
10時30分~13時 山本先生による写真のレッスン


PM申し込みの場合
13時20分~14時20分 岩橋によるブーケレッスン
14時20分~16時50分 山本先生による写真レッスン

このAMかPMどちらかを選択してください。

前払いで銀行振込みになります。
参加費12000円の内訳は
山本先生のレッスン費5000円
花代 6500円
会場費500円

定員は1レッスン10名から12名程度を予定。

今回は、営利目的ではございませんので、
岩橋のレッスン講習費は無料です。
会場費がそんなにかからない場合には花代にします。

なおコンパクトカメラでもOKです。ただし、
その場で写真を焼きますので、SD、MDあるいは
接続用のコネクタなどをおもちください。


お申込み方法は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1お名前
2お電話番号
3ご住所

4 
AM(9時30分~)
PM(13時20分~)
どちらを希望するか


5御使用の機種 (AM;はじめて参加の方のみ)
(例 デジタル一眼レフ キャノンEOS KISS N)
ちなみにコンパクトデジカメでもOKだそうです。
 *もしもカメラを購入するという方がいらしたら
 どうぞ事前にご相談ください。
前回と一緒だよ!という方は
その旨書いていただいて省略可能です。

6カメラの腕のレベル
(はじめて参加の方のみ)

初級:こんな講座を受けるのははじめてで
露出とかよくわかんないままとりあえず撮ってますという
岩橋レベル

中級:露出とかシャッタースピードとか一応はわかるけど、
結構自己流なんだよねというAさんレベル

上級:一応写真は習ったことありますけど
今回はあの山本先生じきじきのレッスンだし
花も作れるみたいだからやってみたいわ、というBさんレベル


を明記して、
info@flowers-ichie.comまで
タイトルは「12月18 日単発レッスンAM(PM)+お名前」で
お申し込みください。

折り返し一会からご案内をお送りいたしまして
御振り込みが完了しました時点で受付となります。


今回は特別レッスンのため
御振り込み後のキャンセルは難しく、ご返金できない旨、
あらかじめご了承ください。
万一ご都合がつかなくなった場合には
代理の方をたてられることは可能です。
お花を後日アトリエまで取りに来ることはできますが、
一会からの発送はできませんのでご了承ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_18204379.jpg


ちなみに、このカメラレッスンからはじまって
半年だけ山本先生のレッスンに通うことにしました
岩橋の図。またセルリアじゃん・・・
ていうかこんな公共の場に
花が目的ではない写真を載せるには
どあつかましーという気がしますが
このお話もまたあらためて。。。
by ichiecd | 2010-09-27 18:55 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
小さめのクラッチブーケ ブルースターと秋色アジサイ
a0042928_22292261.jpg


今日お届けしたブーケ。
ブルースターと秋色アジサイのブルー。
実ものは、野ブドウと、クマツヅラヅルと、ユーカリです。

実はおそろいでクラウンも作ったのですが
こちらは時間がなくて写真を
とりそびれてしまったのが、ちょっと心残りです。

でも少し早く会場について、
秋晴れの日差しが差し込む窓辺が
あんまり素敵な気配だったので、
アシスタントさんが装花の搬入をしてくれている隙を狙って
ブーケだけは、勝手にスタイリング&こっそり激写。



で、なにごともなかったように
包みなおして、
新婦様のもとへ運んでいって
包み紙をとったら、
とても喜んでくださったので、
よかったよかった。



では皆さま今日もお疲れ様でした!

ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-09-26 22:34 | ブーケ | Comments(0)
ラウンドブーケ  アンティークに かすかな青で
a0042928_22194458.jpg



今日お届けしたブーケ、
ころんと丸い白のバラで、
アンティークに。


このお二人について、
書きたいことは山ほどあるのですが

コーディネーターさんが最後に伝えてくださった
「ブーケをみて新婦様が
テンションがあがっていました」
という一言を
最後に大事にそえて
では皆さま、今日もお疲れ様でした。


雨だったけど、
花を見て、ちょっと励まされた、

半年前の雨の日の新婦様から
今日、そんなメールをいただいたところです。








つまり、お返事は明日か明後日には

遠まわしに了解を得ようとしているわけではありません。


でも寝るっちゃ。(仙台弁)
by ichiecd | 2010-09-25 22:25 | ブーケ | Comments(0)
シェ松尾青山サロン様の装花 変化 コスモスのメモリアルテーブル
a0042928_22271497.jpg

シェ松尾青山サロン様のエントランスの装花。
ユリをどかんと飾るような
こういう装飾は、時間に追われつつも
少しというか、かなり楽しいことです。

a0042928_22272620.jpg

こちらは教会部分の装花。
入口のユリとは変化をつけて、
ここは小さめの花で、というリクエストでした。

a0042928_22273792.jpg

プリザーブドでおつくりしたリングピローは
お二人がお持ち帰りできるように。

a0042928_2228775.jpg

挙式後、披露宴会場の装花はピンク。

a0042928_22281564.jpg

ローズピンクのバラで。
(テーブルの上の空白が大きく見えますが
このあとグラスがならぶところです。ねんのため。)


a0042928_22282763.jpg

シンボルツリーとなるテーブルには、
コスモスをどっさり。

こうした花の大きな変化も、
お客様へのおもてなしのひとつです。
入口から待合スペース、そして挙式、ダイニングでの披露宴、
それぞれの花もまた、楽しんでいただけるように。

a0042928_22283593.jpg


ウエルカムスペースのこの大きなテーブルには、
来賓の方のおひとりで
高名な作家の方のそのお重を皆さまに見ていただけるように、
飾りたい、というお二人からのご要望で、
コスモスと秋の花の中を覗き込むと
キャンドルのあかりとお重が見えるように、
デザインしてみました。
一緒にそえたのは、オミナエシとオコトエシという
秋の草花。
ちょうど折よく市場にあったので。

 オミナエシ 少しはなれて オトコエシ

(作者の名前が出てこないので
あとでちゃんと調べて書きます)


秋がきて、コスモスを生けるのは
毎年のことながら、でも格別です。
時間に追われていても、楽しい。 


楽しんでるのは自分じゃん!
と言われるまえに

では皆さま今日も本当にお疲れ様でした!


追伸で、ごめんなさい!
メールもツイッターもちょっとお待ちを!
日曜か月曜には少しずつお返事を!
ていうかツイッターは直近のおひとり分の関連記事しか
表示されないのです。なんか変みたい・・・
と思いながらもとりあえず棚上げ。

しかし数日前の記事、ジェニーちゃん2号は、
このブログの記事を書いて5秒後くらいにレスをくださった
方のご意見を採用させていただき
(ほんとに即座でびっくりしました。)
ジェシカちゃんと呼びならわしたい所存でおります。
本当にありがとうございました。
一会のJ&Jを今後はなにとぞ、
ひとつよしなにお願いもうしあげます。
by ichiecd | 2010-09-24 22:50 | 会場装花 | Comments(1)
ブーケ ロザンジュイア広尾様へ
a0042928_23284648.jpg


今日はこの一枚の写真だけで。


一会の単発レッスンにきてくださって、
お二人でそれぞれ、ご両親へ送る花のリースを
プリザーブドフラワーを仕上げていかれる様子が
とてもとてもあたたかくて
はたで見ているこちらまで

あたたかな気持ちをわけていただいたことを
思いだして
それを付け加えて
今日の記事は終わりにします。

リースをかかげている新婦様と
カメラをかまえる新郎様と




ではみなさま今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。

・・・ってすっかり日曜の気分ですが
今日は木曜なのだった。
月曜も休日でしたよね。
休日が多い今週ですが
暑かったり寒かったり

お体どうぞご自愛ください。
by ichiecd | 2010-09-23 23:13 | ブーケ | Comments(0)
プリザーブドで作るナチュラルな雰囲気のブーケ クリスマスローズ
a0042928_5503183.jpg


遠方にお住まいの妹様へ差し上げたいので、
プリザーブドフラワーで。
でもできるだけ
ナチュラルな雰囲気のブーケに仕上げてほしい。

というリクエストでした。

 おう、まかせとけ!

とはさすがにお客様にむかって言いませんでしたが
心の声で言ってた。


中央の平たい花は、クリスマスローズで
ツリガネみたいなのはカンパニュラのプリザーブドです。



妹様は予想以上にとても喜んでくださったという
お礼のメールをいただきました。


では皆さまおつかれさまでした!
by ichiecd | 2010-09-22 23:43 | ブーケ | Comments(0)
ラウンドブーケ ピンクイブピアッチェと大きなリボン
a0042928_23165570.jpg


先日掲載したユリのブーケの方から
メールをいただきました。

今まで花なんか興味のなかったご新郎様が
おうちに持って帰ったブーケの香りをかいで
この花結構好きかも、と言っている、
というエピソードまでつけて、
たくさんのお礼をいただきました。


冒頭のラウンドブーケは同じ型のお色直し用で、
ピンクのバラだけで作って大きなリボンをつけました。
ピンクイブピアッチェ、という香り高いバラ。



先週から、市場では花の価格が高騰しており
もうこんな時期はある程度予算を超えることに
ぎゅーーー!と目をつぶって、
仕入れをします。
でなければ到底、花がそろわない。


一番身近でみてくれているアシスタントさんのひとり
ちゅうさんが
「こんなに真面目にやってる花屋は、ないですよね・・・」
とふと言ってくれた一言は、嬉しかったっすよ。

だよねえ!?と言いたかった。

 「こんなに、真面目にやっててそれで
 ちゃんと利益を残して続けていってる花屋は
 そんなにないですよ」


えー。
こほん。
私もそう思います。


真面目に一生懸命やっている店が
おそらくその真面目さがすぎて
何軒つぶれてきたか。


喜んでもらって、でもきちんと家賃と給料と
私の今日のごはん代を払うだけの
対価を得ること。
でなければ意味がない。
ではければボランティアでいいし趣味でいい。
安くしてあげて、良い花なら
喜ばれるのは当然です。

一会さんの花は「ブーケ19800円」!というような
激安じゃなかった、でも、
あの品物に対しては安かったな!と
思っていただけるように。

という気持ちだけは、山ほど。


では皆さま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2010-09-21 23:41 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。