ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
新郎新婦様からのメール ウェスティンホテル東京様へ 白の芍薬、紫のバラ
a0042928_2138912.jpg

5月、一会から歩いていけるほどの距離にある
恵比寿、ウェスティンホテル様の
新郎新婦様から、メールをいただきました。

このメールも実は少し以前にいただいていたのに
ずっとあたためていました。

早くご紹介したいけど
今日はやめて明日にとつい思う。
ちょっと手荒には扱えない、
惜しい気持ちのような。


 「ブーケを検討している身としては、
 ドレスと合わせた写真が
 一番参考になった」から、

控えめにそうおっしゃって、
お二人でお話あいのうえ、掲載の許可をくださいました。
本当に、ありがとうございました。


a0042928_2138345.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メイクルームで2種類のブーケを見た瞬間
想像以上に理想に近い、と言うと可笑しな文章ですが
自分でもうまく表現できなかったイメージが
見事に形になっていて、言葉が出てきませんでした。

支度完了まで、お花を保護するために
カバーがかけられていたのですが
もっとちゃんと見たい、とうずうずしてしまい
メイクご担当の方がいない隙に
カバーを外して見てはニンマリしていました。


a0042928_2138416.jpg


色ブーケは披露宴後の二次会に持参し
ブーケトスする予定だったのですが、
自分の手元に置いておきたくて
「ブーケじゃなくてブートニアトスにしない?」と
新郎に持ちかけてしまったほどです。
カラードレスにはもちろん、
二次会で再着用した白ドレスにもぴったり、
夜のイメージも加わり、本当に本当に大好評でした。

ヘッドドレスも注文の何倍?というほど沢山ご用意下さり、
またしっかり水揚げされているので本当に助かると、
ヘアご担当の方も言っていました。

a0042928_21385354.jpg

白ブーケは芍薬を4輪も入れて下さって
大変ボリュームがありながら、上品な印象で
「ドレスにとっても似合ってすてき」と
母親もとっても喜んでいました。

a0042928_2139117.jpg


贈呈用のアレンジメントは、あえて事前に確認せず
花束贈呈イベントの直前に介添さんに
手渡される時のお楽しみにしておきました。
この季節にふさわしい、さわやかで明るく、
でも女性らしい
(いろんなイメージが感じ取れる、
厚みのある所が一会さんの素敵な所だと思います!)
アレンジで、披露宴の締めに華やかさを添えてくれました。

長くなってしまいましたが、お伝えしたかったことは
一生に一度の結婚式のお花を一会さんにお願いして
本当によかったという感謝の気持ちです。
こんなに素敵なお花が飾ってくれてるのだから…と
たくさんの自信を与えて下さいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう涙目なんですけど。。。
年をとると涙腺が。とか言いたくなってしまいます。

新婦様が、その日新婦様になるひとつの小道具。
でも、ひとつの杖になれる花。
これ以上のさいわいは、ないです。

白のブーケはオールドローズと芍薬。
紫のブーケは、山ほど紫の花を仕入れて
考え考え作りました。
それでよかった、とお金を払ってくださった方に
一言いっていただけて
はじめてOKになることです。

本当に、ありがとうございました。

では皆さま今日も本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2010-06-30 21:53 | ブーケ | Comments(0)
旦那様から奥様へ あるいは新郎様から新婦様へ
a0042928_173498.jpg


お送りしたのは何度目でしょうか?
一会のブーケを持ってくださったお二人の、
旦那様から奥様へのギフトです。
いつも恐縮しますのは、
毎回のように、送った後のご感想のメールを
送ってくださいます。

ほっとすることもありますし
反省することもあります。

でも思うことはいつもひとつ、
本当にありがとうございました。
お二人のご多幸をここからお祈りしています。

a0042928_1754100.jpg


なんだか周囲でフランス写真が評判がいいので
ついでにひとつ。


a0042928_18677.jpg


ふたつ。
前回掲載しました折は実は
縮小専用という一発ソフトで加工しましたので
白状するとかなり画面が荒いです。


一会のこのブログのカテゴリには
実は「旅」というのがありまして
この記事の一番下、Tagsという横に
キーワードが3つ並んでいるうちのひとつ、
「旅」をクリックしていただくと
これまでの過去旅記事があります。


読み返してみると
我ながらあっちこっちホントにふらふらとしやがって、とか
初期のころはコメントにちゃんとお返事してたんだなあ、とか
をらんさんはこんなときからコメントをくださってたんだな、とか
いろいろとしみじみしております。


もしも、一会という花屋に花を頼もうという場面で、
いったいどんな奴がブーケを作ってるのかという場合には、
あるいはその一助になるかもしれません。
こんなんです。
幻滅されたらもう仕方ないです。

しかし、一方で
自分の羽をぬいて機(はた)を織るに等しい気持ちで
ブーケを作る気持ちでいるのも、また確かです。

では皆さま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-06-29 23:06 | ギフト | Comments(1)
新郎新婦様からのメール ルヴェソンヴェール駒場様へ 風が通るように
a0042928_23172762.jpg

3月、駒場にある東京大学の中のフレンチ、
ルヴェソンヴェール様へお届けした装花と、ブーケ
花嫁さまの髪型も凝っていてとても素敵でした。

会場装花は一会にお任せで、ただ風が通るように、
というリクエスト。
木立の中のレストランで、
お写真撮影の後ろ姿を見送ってタイミングをみつつ
ドアの装花に手をいれたことを
よく覚えています。

新婦様から、お写真をいただきました。
最初に一会にお問い合わせをいただいたのは
実に一年以上前。
いつも幾度も丁寧なメールをいただきました。
そして、お式の翌日にも長いメールをいただきました。

a0042928_23173743.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お花も皆様に気に入っていただき、特に女性ゲストの友人には大好評でした。
本当にとても可愛くて、旅行がある
ためにあまり持って帰れないのが残念でした。
最初にお伺いしたのは1年以上前だったと思うのですが、
ずっと楽しみにしてきて、そして期待以上に素晴らしく、
ichieさんのお花に囲まれて
披露宴を迎えられたことを本当に嬉しく思います。

a0042928_2317993.jpg

最初に写真撮影のために、
会場に入ったときに驚きは忘れられない記憶になりそうです。
いろいろとうまくいかないこともあり、
ちょっといらいらしてしまったのですが、
レストランに入って、お花を見ていたら
そんな気分はふきとんでしまって、
お花の力ってすごいなぁと感じました。
語彙が少ないため、
あまり上手に気持ちを伝えられていないのですが、
本当に岩橋様をはじめ
ichieの皆様のおかげで幸せな一日を過ごすことができました。
会場の申し込みの前に、ichieさんを知れた私は幸せ者だと思います。
本当にどうも有難うございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_2318393.jpg



「会場の申し込みの前に一会を知ってよかった」、という
最後の一言を、何度か反芻します。

ブーケはOKでも
会場装花のお持ち込みができる会場様は
それほど多くありません。

たくさんの花嫁様が、
「もっと早く一会さんを知って装花をお願いしたかった」と
言ってくださることを
ありがたいと思うし、
だからこそ会場装花からコーディネイトできることを
ありがたい、と、思います。
だから、ベストをつくさなくちゃな。と。


a0042928_23175023.jpg


では皆さま今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-06-28 23:31 | 会場装花 | Comments(0)
バラの村

a0042928_0314934.jpg


発端は、数年前。
九州にある小さな温泉でした。

その宿は、ホテルというより湯治場に近い簡易宿泊所で、
フロントというより帳場、
ロビーというよりあくまで玄関というスペースには
たくさんのしかしやけに健康方面に偏った雑誌がならべてあり
その中のひとつに、
フランス、ノルマンディー地方にある、
このバラの村の話が載っていたのでした。


a0042928_03394.jpg


帳場のおばちゃんに頼み込んで、
その雑誌を譲ってもらって、
手元において眺めること2年。

こんなところに
一度行ってみたいなと思いながら
でもこんな時期に無理だろうなと思いながら。


a0042928_004732.jpg


 「6月はジューンブライドで忙しいでしょう?」
とよく聞かれますが
どの月が忙しいかは、年により変動します。
平らにならせば、実は6月よりも
4月や5月が集中しやすかったりします。
しかし今年は意外に7月なのでした。

これは、最初で最後の機会かも。

a0042928_0196.jpg



村の名前はジェルブロワ。
いろんなことを棚に押し上げての旅でした。

あまりに準備不足だった上に
実は現地では風邪をひいて2日ほど寝込んでしまったり
鉄道のストに何度も出くわしたりで
無駄の多い旅だったのですが、
帰ってくる日につくづく
 わーーー楽しかったぜ!
 また来るぜ!
と、うっかり思ってしまうあたり、
フランスの魔力は恐ろしかたい。(九州弁)

むしろ、あまりにも準備不足だったので
予定もさほど決めておらず、結果、
多少狂ったところでそんなに追い詰められず、
日本から予約できずじまいで不安だった列車も
全部その場で切符を買うだけで払い戻しの心配もなく、
時間待ちの間は駅前のカフェでビールという悪癖も覚え、
スト行進で渋滞する駅前、タクシーのおばちゃんは
45ユーロのメーター表示を
「ストで遅れたんだから40ユーロでいいわよ!」と
からからと笑ってくれて、

これはつまり
人生万事塞翁が馬
禍福はあざなえる縄のごとし
人生楽ありゃ苦もあるさ

 世の中、無駄なことはそんなにない。

と、いつも思うことを
また思う旅でありました。

今回もまたいろんなところで
いろんな方に助けられ、
本当にありがたかったです。
パリ在住のOご夫妻にもまたお礼を。


では今日も皆さまお疲れ様でした。

明日から心をいれかえて働きます。
旅ネタはまだありますが、
いただいている新郎新婦様からのメールを
早く皆さまに見ていただかなくては!


私の不在中にポストにぽつんと届いた
一枚のCD。
1年半前の新婦様から、
「こんなに経ってしまって、
でも送ってないことが気がかりで」、と
涙が出そうなお手紙と一緒に
1年半前のお二人のお写真をいただきました。
早朝に成田空港についてそのままブーケと打ち合わせ、
てんやわんやで終わった週末。
ご褒美の宝石みたいに、嬉しかったことでした。



では皆さま今日もおつかれさまでした!
by ichiecd | 2010-06-27 19:28 | carpe diem | Comments(2)
ひとまず
今朝がた戻りました、
ご迷惑ご不便おかけしました。


では寝ます。
明日またちゃんと書きます。
お疲れさまでした!
by ichiecd | 2010-06-26 22:15 | carpe diem | Comments(0)
青い花
a0042928_7265786.jpg


ご不便をおかけしました。
明日の便で戻ります、
どうぞよろしくお願いします。


おつかれさまでした。


バームちゃんへ
せめてピカサのURLを貼りましょうー
・・・
貼り方がわからない?
じゃあ前の記事の編集のところから
コピーしたらどうでしょう?
by ichiecd | 2010-06-25 07:29 | carpe diem | Comments(0)
6月スクールについて
6月のレッスンの写真(前半)をピカサにアップしました。

皆さまどうぞご確認くださいませ

どうにも、ブログに画像を掲載することができず

すみません。。。


http://picasaweb.google.co.jp/ichiecd/402#

ピカサURL追加させて頂きました。。
重ね重ね大変失礼いたしました。。
by ichiecd | 2010-06-24 18:45 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
鉢の話
a0042928_17293956.jpg



皆さまこんにちは。
アシスタントちゅうです。

岩橋に代わって今日は皆さまのお目汚しをしたいと思います。


ようやく梅雨も始りました。
一会では外のスペースに鉢物を置いて育てているのですが、
今年の梅雨は案外雨粒が落ちてこないので、
出勤すると今日は水やりどうしようかと非常に困ります。
今日は朝方と昼過ぎにどっさり降ってくれたのでアジサイやらオレガノやら
アイビー…がウルウルツヤツヤしています。
ウツクシイ。


一会はウェディング専門なのですが、
意外に鉢物を仕入れする割合が高い気がします。
鉢物が好きな私にはたまらないんですが、
この鉢たちはほぼきれいなところを摘み取られて
会場装花だったり、ブーケだったりに使われます。

鉢たちをそういう風に使うのを見たことがなかった私は
正直「おー残酷」と思ったりしたのですが、

考えてみれば、切り花として入ってくるお花も元は根があったのであり、
その摘み取るシーンを私が見ていなかっただけであり、

食事にしたって(植物動物かかわらず)同じことであり。

せっかく頂いた命なんだから
せめて素敵に長持ちするようにブーケ(は岩橋が作りますが)や装花に
挿したいなーと、考えてます。



摘み取られた後の鉢たちは、たまに頂いて帰って育ててみるんですが、
これがまた、素敵なことに必ず小さな脇芽を出して育ってくれます。
摘み取って終わったように見えた植物も実はまだまだ元気であり、
死んだわけでは決してないのでした。

新郎新婦様のお礼メールに
「ブーケに入っていたアイビーが根を張って」
と書いてあったりすると、
「よしよしがんばれよー」と応援してみたり。


鉢というより根が好きなのかもしれません。



上の装花の写真に写っている羽衣ジャスミンの兄弟は
家の過酷なベランダで、今まさにワサワサと成長しているのでした。



それでは今日も一日お疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-06-23 17:26 | carpe diem | Comments(0)
6月限定ギフト
a0042928_0591866.jpg



父の日と、10周年感謝もこめてお届けした
6月限定ギフトでした。


ギフト担当のタナカさんどうでしょうか?
「ええ皆様におかれましてはますますご健勝のことと・・・
日ごろのなかなかお伝えできないお父様へのお気持ちを・・・
またこうしてひとつの節目をむかえまして
ご愛顧にいくえもの感謝を・・・」
タナカさん話が長いので
そこまででオッケーです。




パリはよい天気でございます。
では今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-06-23 01:05 | ギフト | Comments(1)
ブーケ キャスケード 3種の白のランだけで 椿山荘様へ
a0042928_1812472.jpg



椿山荘様までお届けしたブーケです。

カトレアとシンビジュームとデンファレ。
すべてランで、すべて白で、
カトレアもシンビもデンファレもすべて少し華奢な種類を選んで
ラン尽くしだけど豪華というより、品のよい印象になるように。

ブーケをお届けしたアシスタントEYEちゃんによると
ちょうど新婦さまにお会いできて
とても喜んでくれたそうでした。

新婦様から最後にいただいたメールのお返事を
返しそびれてしまっておりましてごめんなさい。
(とブログ上から返事をしている今は機内です。
でもやっぱりネットは使えないみたいなので
これは降りてからアップする手はずです。)


ブライダルにおいての花の仕事の場合、
たいてい木曜くらいから、一気に花を挿しはじめます。。
必然的にPCの前に座る時間が減りまして、
新婦様からの直前にいただくご挨拶メールを
返しそびれる場合もありますが、ご容赦くださいませ。。。


ではみなさま今日もお疲れ様でした。


EYEちゃんに
「フランス、いつからでしたっけ?」と聞かれて
「今日の夜だよ」と答えたら
「ええええええ???」と目をまるくしておりましたが
そうです、すみません、金曜までおフランスにおります。
ネットは2日おきには使える予定ですが
お返事が遅れる場合があります。
でもそれはいつものことかも。いまさらですね。


やはりこのシーズンに無茶だったか。と
準備中に18回くらいは思いましたが
出発直前、成田空港から、指先に汗をにじませつつ
ぎりぎりネットでホテルをとるくらいの
無理っぷりでしたが
「旅するときは無理をする」(「旅のルール」第一条)、
なぜこんな時期に?というのは、今回の目的地に
うまくたどりつければまたご報告します。
という婉曲な表現から、弱気を読み取っていただければ。



追記
で、シャルルドゴール空港に着きまして
10分間無料の無線LANでアップしております。
世の中便利になったなあ。
by ichiecd | 2010-06-19 23:12 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。