ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
秋色あじさい BiCE東京様への装花
a0042928_21173896.jpg


ビーチェ東京様へ。
a0042928_2117872.jpg


この日のテーマは秋色あじさいでした。
a0042928_21225622.jpg

銀座からすぐ近く、汐留の高層ビルの一番上にある
窓が広くとられたイタリアンレストランからの景色を
横目で見ながら、いろんな色の秋色アジサイをあしらいました。

a0042928_21174681.jpg

まるで絵の具のような色ですね、と
言われたことを、今写真を見ながら思い出します。

a0042928_21175928.jpg

ダイニングになる部分は全部秋色あじさいで、

a0042928_21183067.jpg

祭壇だけ、緑と白の花で。

a0042928_21183724.jpg


ではみなさま今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2009-10-31 21:25 | 会場装花 | Comments(0)
受付の花 カボチャとベッセラ・エレガンスリターンズ
a0042928_22203835.jpg


ハロウィンなので、受付に置く花は
カボチャの馬車仕立てで、という
リクエストだったのですけれども、
なかなか馬車がなくて、
最終的に「楽しそうな感じで、岩橋さんにおまかせ」と
おっしゃっていただいて、
作った装花でした。

オレンジの街灯みたいな花は
ベッセラ・エレガンス、といいます。
一年の時を経て再び


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-10-30 22:25 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ スリムキャスケード アマリリス
a0042928_21364437.jpg


表参道のル・アンジェ教会様へお届けしたブーケ。

細身でシンプルなキャスケードで、
花はユリでもランでもアマリリスでもおまかせ!でしたが
迷ってやっぱりアマリリスにしました。
新婦様の持つおちゃめだけどオトナな雰囲気にも
ドレスのイメージにもあっている気がしたので。。。

この新婦様はどんな感じが好きだろう、と
考えて作るブーケや装花は、
ただ同じ型のものを量産するより手間はかかりますが
楽しさも倍です。

なので、毎週毎週装花に使う器も変わりますし
直前まで「迷ってるの~」と泣きついて
オアシス(花を挿すスポンジ)と
ナイフを手にするアシスタントさんに
泣きついて待ってもらうことも多いし
ひどいときは用意したはずの器も
入荷した花で変えたりします。
え、今から変えるのかよ!?鬼畜!
という痛い視線は、見ないふり。聞こえないふり。

しかし、一会の花が、少しでもお気持ちに添えて
かつリーズナブルに提供するために、
たとえばお花はおまかせの場合、
どたんばで市場で旬のいい花があったら
それを仕入れたいじゃないですか。
でも仕入れてみたら用意してた
器にあわなかったりするじゃないですか。
ごめんごめん、と
アシスタントさんたちのそそけだった羽を撫でて
・・・で、やりなおしてくれる?
うん、悪いけど。
急いで。いやー、ごめんね。
で、悪いけど、
まだ?
・・・待ってるんだけどなー。
ん?あれ?
なんかここらへんオアシスセットが甘いんですけど?
ここがぐらぐらしてたら、
いい花なんかできないじゃない?
それってどうよ。
土台をなめたらあかんぜよ。
と、つけつけとものを言う小姑いわはし、出現。

て、ゆーかさー、なんでみんなオアシスセットが
甘いのかしら!基本じゃん!

とぶつぶつ言うと、
どうも前つとめていた花屋さんではいつも決まった器
という事例が多いようなのでした。
あるいはオアシス何分の一、という規定の器でやる、と。

・・・なるほど。

えーと、じゃあ「レベル2」ってことで。
だってどんな器でも自在に
スポンジがセットできるほうがいいじゃない?
もっと言うのならば、どんな器でも
スポンジ以外でも自在に
いろんな花が生けられるほうがいいし、
それはチャララチャッチャラー♪
「レベル2になりました」
と、いう、試練でしょ?

と今日も言葉たくみにアシスタントさんをまるめこんで、
この週末に向けて、
今日は寝ます。


お疲れ様でした。

過去の新婦様からいただくたくさんのメールに
まだお返事できておりませんが、
ごめんなさい。。。。
でも大切に大切に読ませていただいて
ときどき涙が出そうです。。。
でももっとちゃんと準備万端でご紹介しなければ。
と思うので、


では今日も、皆様本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2009-10-29 22:00 | ブーケ | Comments(0)
『花時間』プ・リ・ザ号と、クリスマスツリーまたはリースレッスン プリザ編
a0042928_1174223.jpg


『花時間』プリザVol.4
撮影・落合里美様
構成と文・渡辺尚子様
花材協力・プリハナワールド(南原農園)様


発売された花時間プ・リ・ザに
掲載していただいたプリザーブドでつくるクリスマスツリー。
ワイヤーを適当にくるくるした土台に
プリザを貼り付けていくだけの、超・簡単仕様。
中に電球式のキャンドルをいれて、ライトとしても
楽しめるようにしています。


a0042928_117159.jpg

こっちはセルリアだけです。
完全に好みを押しとおしていないか?


一会のクリスマスレッスン第一弾プリザ編は、
11月23日月曜日祝日、14時から。
2時間30分程度です。
リースでもツリーでもアレンジでも
好きなものをどうぞ!
花材費は8400円から自由に設定できます。
レッスン料金は2100円一律です。
なお、本番で使うブーケを作られたいという場合のみ、
講習料が5250円となりますが、この場合
ブートニアの制作やリボンでの巻き上げ、
梱包までしっかりお手伝いします。

準備上、作りたいものや花の色がありましたら
お申し込み時にリクエストください。
お申し込みは、メールタイトルを
「11月23日プリザレッスン」として
お名前とお電話を添えて、
info@flowers-ichie.comまで。

場所は白金にある、一会です。


a0042928_1183597.jpg


こちらは先日、恵比寿の小さなイタリアン、
「カーサリンガ」レッスンで作ったアレンジ。
次回は11月24日11時から、
最初の1時間が花のレッスン、
そのあと3時ごろまでイタリアンのレッスン。
とても美味しい料理を4~5品作って、
最後にできあがりを皆で頂くときには
ワインがついて、全部で12600円です。
(場所は恵比寿駅徒歩3分のカーサリンガです)
こちらもお申し込みはinfo@flowers-ichie.comまで、
タイトルは「24日カーサリンガ」でお願いします。


ではみなさま今日もおつかれさまでした!
by ichiecd | 2009-10-29 11:13 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ブーケ 碧
a0042928_2251930.jpg



では、今日もおつかれさまでした!


おい!
それだけかよ!
それだけです!
おつかれさまです!
ではまたあした!
by ichiecd | 2009-10-27 22:14 | ブーケ | Comments(0)
受付装花 星のうさぎの庭園セット 秋
a0042928_2323550.jpg


ウサギ好きの方々へ、
「狙い撃ち@秋バージョン」です。
このつぶらな瞳にだまされる方多数。
段ボール箱いっぱいにいたのに
もう後りわずかになってきました。

ここで再入荷すべきか?否か?
御注文があるのに在庫がないとは
まさにチャンスロスではないか。
いや、このブームはじきにあっけなく終焉し
山ほどの在庫をかかえて途方にくれるのではないか。
経営者としては常に厳しい現実に
二者択一を迫られるのであります。
(とか、なんというか、
修羅場モード第二のピークを迎え、
若干ナチュラルハイ気味です。)


うさぎといえば、先日一会アシスタントのうさぎを
はじめて市場のお伴へ。
普段ならそんなど素人を連れてったりしないのですが、
ピーク続きで疲れていて
このほにゃららさ加減にちっと癒されようという
不純な動機の私も悪いのですが、
奴の市場デビューの感想は一言、

「アトリエにある花だけで覚えられない
なんて言ってちゃダメですね~♪」

そうですね。
市場にはたくさん花がありますからね。
しかし君はアトリエにある花どころか
自分がレッスンで使った花すら覚えないだろうが、
と言いたいところをぐっと飲みこみました。
オレも大人になったよな。




では皆様今日もお疲れ様でした。

東京は台風の影響でずっと雨です。
by ichiecd | 2009-10-26 23:39 | アクセサリ | Comments(0)
ブーケ クレッセント 秋のダリア ジョエル・ロブション様へ
a0042928_20322070.jpg

恵比寿にあるジョエル・ロブション様へ
お届けした、ダリアのブーケ。
クレッセントと呼ばれる形、
三日月型に仕立てるブーケです。

秋らしく、というリクエスト。

a0042928_20324493.jpg


手元にもしっかり花をと特にご要望があったので
普段はなかなか撮りきれない横顔も
チェックを兼ねて撮りました。
ここらへんはセミキャスっぽくないと
だめなんですよね・・・
クレッセントという形自体、ラウンドやセミキャスに比べると
珍しく、やや久々だったので
楽しい製作でした。


ちなみに、恵比寿も六本木も
いまだ入ったことがないのですが
ロブションというと実は
パリのラトリエには行ったことがあるんです。
んまあなんてコ生意気な。
わたくし、基本的に旅先では粗食なのですが
このときはたまたまに。

で、料理は当然のように絶品でしたが、
そこで働く若いシェフの方々の働きっぷりが
なによりも深く鮮明な記憶です。

彼らは全員が、料理が好きで、働くことが楽しくて、
そこに立ってひとつずつ、料理を出すことに
完全に誇りを持っていた、
その様子をいまだによく覚えています。

それはずいぶん昔なので、また今は違うかもしれませんが、
でも好きなことを仕事にしているのなら
そうでありたい、と未だに思いかえす、映像のひとつ。




ところで、たとえるなら今ここに、
目の前に、

帽子と、
化粧品と、
ペアのワイングラスとか、
機能的なボールペンとか、
有名人のコンサートチケットとか、
美味しい食事とか、
そういうものが一同にあなたの前にとりそろえられていて、
そうして一律ひとつ「一万円」の価値のものである。
どれを選んでもいい。どれかひとつ、いかがですか?

と言われたら、どれを選びますか?

私は、迷わず最後の食事を選ぶと思うんです。
グルメではないくせに食い意地がはっている。
同じ1万円を使うのに、帽子を買うのには
ためらうけど、食べ物には躊躇なしです。

秋になりましたね。
何か美味しいものが食べたいですね。


最初は美しいダリアの話だったのに、
途中は美しい働く人の話だったのに、
最後はそれかよというご批判は
甘んじて以下略です。
一会としては、修羅場モード続行中です。


ではみなさま今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-10-25 21:03 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ミュスカデ
a0042928_21283491.jpg



たっぷりめのブーケ、ど真ん中のバラは
ミュスカデ、といいます。

前前から狙ってたんですけれども
なんだかんだとタイミングがあわずやっと!
ブーケに使うことができました。
かわいいです。
今日はこれまでです。
おつかれさまでした。
また明日!
by ichiecd | 2009-10-24 21:42 | ブーケ | Comments(0)
セルリアのプリザーブド
a0042928_2216797.jpg


先日作らせていただいた、
プリザーブドのセルリアのブーケ。
『花時間』に掲載していただいたブーケを見て、
これを、とおっしゃってくださった新婦様に
お届けしたのですが、
これは、まだ製作途中の写真。
アジサイが直前まで入荷しなかったので、
とりあえず抑えにとった一枚です。


ところで、今日はセルリアの生花が入荷しまして。

新人アシスタントさんがそれを見て
「わあそれなんて言う花ですか?」と
うかつにも言ってしまい、一斉に
「知らないのかよ!?」
「もぐりかよ!?」
と皆に突っ込まれておりました。


セルリアを知らないとモグリ扱いされる花屋という
スタンスも、それはそれで
いかがなものかとも思うのですけどねー。
マニアック。


a0042928_2216268.jpg

いいんです、セルリア好きなんです。
って、

その新婦様へお届したウエルカムボードも

a0042928_22164054.jpg


御両親への贈呈用のアレンジも

a0042928_22165019.jpg


御二人が挙式で使うリングピローも、
全部セルリアで統一しておきながら
いまさらなにをかいわんや。


でも、基本的にはこうした小物は
「おまかせ!」の場合には、ブーケや会場装花の
雰囲気を必ず確認してそれに歩調をあわせてつくります。

いつも思うのですけれど、
会場もドレスもブーケも、きっとその日、
どこをとってもその御二人らしい、
という要素が確かに現れてくるのが
「自分らしい結婚式」ではないか、と、思うので。





a0042928_2217682.jpg


リングピローのふたを閉じたところ。
さすがにセルリアは自粛して(こんもりしちゃうのでという
造形上の理由です)作っています。


今年のIFEX@幕張のお打合せに、
先日このセルリアプリザの作り手である
南原農園さんがいらしてくださいまして、
最初から最後までセルリアのセの字も出なかったので、
もしかしてこれはやはり無理を言って
作っていただいているんだろうか?と懸念しつつ、
しかしここはひとつそれにはとんと素知らぬふりをして
地道に拡販に努めたいと思う今日なのでした。

セルラー&セルリアンとしては、
このセルリアのプリザがどうぞ今後も存続しますように。
と願うばかりです。なむなむ。



ではみなさま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2009-10-23 22:30 | アクセサリ | Comments(0)
ブーケ セミキャスケード 白波
a0042928_2147223.jpg


スイートオールドや
M-ヴィンテージホワイトのような
とんでもなく美しいバラたちさえ脇役に従えて、
本日どまんなかを務める花は
「白波」、というバラです。

真ん中がジャムみたいなところが
スイートローズベールに似ているのですが
さらにずっとほんわかしてて
もうこの、こんもり感が羽根枕というか
ふんわり感がおまんじゅうというか、
おい、かわいすぎるだろ。
それ、反則だろ。
と、大騒ぎしながら作るブーケでした。

ちなみに、一本単価約2000円也。
値段は全然かわいくないです。
新品種の出始めは、
たいていさように高いのです。

願わくば、
このバラがもっと世の中に広まり
買う人が増えて値段が安くなり
入荷しやすくなる・・・
と、同時に、
しかしあまりに買う人が増えすぎて
手に入りにくくなる、などという事態に
なりませんように、
そこは大人の配分といいましょうか、
ほどよいところへ落としどころを。
と、天にお祈りする今日でした。
利己的。
ええ、エゴイストと呼んでくださって結構です。


では皆様今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2009-10-22 21:59 | ブーケ | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。