ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
レッスン報告 プリザーブド
こんにちは、アシスタントちゅうです。

今日は先日開催した単発レッスンのご報告です。
a0042928_14111788.jpg



a0042928_1410335.jpg


a0042928_14104595.jpg


上の二つは同じ花器を使用して作成されました。でも作る人によって雰囲気が全く違いますね。
a0042928_14105347.jpg


a0042928_141111.jpg


a0042928_14111099.jpg



毎回思うのは、本当に皆さん初めての方も何度も作ったことのある方も
素敵に作品をまとめあげるなあということです。

では、みなさま今日も一日お疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-01-31 14:08 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ブーケ ラウンド 笑み と プルズ用ブーケ
a0042928_2381217.jpg



ふと気がつくとそこには少しの空間があり、
よく見るといろんな植物がそこにあり、
また小さな花がいろいろとそこに咲いていて、
という光景が、自分は好きです。

咲くという字と笑うという字は
古くは同じ言葉だったそうです。


a0042928_2382627.jpg


新婦様のブーケとお揃いで作った
プルズ用のミニブーケ。
今、ここにその残りのヒヤシンスがあり
今もまだ咲いているので、
それをひきあてたどなたかが、
ちょっとでも、
それを楽しんでくださっているといいなと思います。

華妃さんへ
コメントをありがとうございました。
なんだかめっそうもない褒め言葉で恐縮しますが、
とてもうれしかったです。
壁紙の件はもちろん、楽しんでいただけるのなら
こんなにうれしいことはありません。
何もできませんが、ひとときでも和んでもらえたら
自分には本当にそれで充分です。
この記事を書く甲斐ができます。


では、今日もほんとうにお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-01-29 23:36 | ブーケ | Comments(1)
コサージュ プリザーブド セルリア
a0042928_2284254.jpg

自慢できるようなことは日頃あまりありませんが、
 一会には、こんなにいいお客様がいるんですよ、
と、自慢したくなって
掲載するプリザーブドのセルリアのコサージュ。





ずっと以前の新婦様が
今もこのブログを読んでくださっていて
そうして
「岩橋さんの絶賛するセルリアをぜひ使って
パーティにつけるコサージュを」と
リクエストしてくださいました。


望んでも自分では扱えないような花を
お金をいただいて扱うことができる。
いいお客様に、恵まれていると思います。






で、こんなふうに
「あのね」、と誰かにいうように
毎日書くこのブログの
今日の記事を書きだしたい時があります。


このブログは、
やはり一会という花屋の広告のため、
という一方で、
あまりにその日の気持ちにそぐわないことは
書かない、その日に書きたいことを書こうと
最近よく思います。

かっこつけていうなら、
言葉が熟さないことはたぶんどんなに書いても
結局伝わらないだろうし、
とりあえず自分がダメだと思うので
それなら何も言わない一枚の写真のほうが、
白紙のほうがずっといいかもしれない。

しかし一方で
やらないほうがましだということはたくさんあるのですけれど
それでも自分にとってはやらざるを得なかった、
ひとつの道程なんだと
納得させるしかない。

とかとか。




花は、時々雄弁ですが、一方では
所詮、数日だけのものです。
仮にプリザーブドであっても
造花とは違い、限られた歳月で終わること。
永久に保存するのは目的ではなく、
日々変わっていく、朽ちていくものです。
まったく、それで充分だ、と
最近つくづく思います。


そうして所詮ひとときのことなのだから
ならば少しでも気持ちの通う作り手から
買いたいと思います。私なら。



たかだかが、花でしょう?

でもその花を切り売りして、
自分は日々の生計をたてる。
花というもののとるにたらなさも、
しかし時折は人の心を動かす力も
両方を知ってなお花を売る一人でいられたら
いいのですが。


しかし、未だ昔の食うや食わずやの
時期の癖が抜けなくて、
スーパーで見る求人の広告に
ここで週に何回、何時間働けば、ぎりぎり
家賃が払えるなあと瞬時に計算しています。
吉野家にいってもマックに行ってもそうだったなあ。




・・・で、というわけで
(便利な言葉です)
では今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-01-28 23:23 | アクセサリ | Comments(3)
ブーケ セミキャスケード リーガロイヤル様へ
a0042928_2165840.jpg



式の前日というのに
新婦様はわざわざメールをくださって、
最近のこの一会ブログの記事の、
こういうところにこんなふうに思いました。と
書いてあります。

こんなふうに共鳴しました、
と感想をつづられるメールを
今もう一度読み直しながら、ここ数日
ぼんやり考えていたことをまた思います。



自分は美術がまったく分からないのに、
なんで美術館に行くのが好きなんだろう?

エルミタージュを見にロシアまで出かけるくせに
知識はかけらもない、
実は覚えようとさえ思っていない。

絵の脇にある小さな説明も
ろくに読まないことも多いのに、
なぜ、楽しいと思うんだろう?

それは、たぶん、自分が共鳴する感覚が
楽しいんだろうと思いました。


景色を見ているうちに、自分の意識が空気に解けだして
ほとんどその景色に染まることがあります。
花を見ているうちに、
意識が希薄になって臨界までが花で満ちるような
錯覚になるときがあります。
そういうのに似て、日頃のいろんな仕方のないこと、
このままでいいんだけどなあとか
これをこうしたらいいのになあとか
こうできたらいいのになあとか
よしなしごとを全部忘れて
カラっポになって、共鳴する
ただの道具のひとつになる時間、
ちょっと無心で絵を見ているのが、楽しいです。

(「ちょっと」無心、と、逃げをうち
「完全に無心」ではないあたりが、
我ながらインチキ。メッキですから)


では皆様、今日もお疲れ様でした。



コメントをくださったI様へ、
個人情報が入っていたので
勝手ながら一部を修正させていただきました。
ご感想、たいへんうれしいです。
来月もお会い出来ること、とても楽しみにしています、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2009-01-28 02:34 | ブーケ | Comments(0)
日本水仙とミャンマーのガラス
a0042928_1791661.jpg


先日、ある人にいただいて、
この机の横においている水仙です。

座るたびに香りがして、
何度も深呼吸して、
とてもとても和んでいます。


生けている緑色のガラスの花瓶は
ミャンマーで買ってきたものです。


a0042928_17151750.jpg

画面向こうに見える山積みの中から
「これかなあ」というと
おばさん達が掘り出して洗ってくれます。

(ちなみに、手と足が多いように見えますが
おばさんの向こうにもう一人おばさんが隠れてます。
あまりにすっぽりすぎて分かりにくいですが、
心霊写真じゃないです。念のため。)


a0042928_17152592.jpg


写真中央のと左のを買いました。
ひとつ250円くらいだったと思います。
底が平らには出来ておらず安定が悪いです。
緑の色も実に雑な仕上がりなのですが
ほんとはとても気に入っています。


コメントをいただいたhanaさんへ、
遅くなり申し訳ありませんでした!
花の名前を追記しました、
ご質問ありがとうございました。
by ichiecd | 2009-01-26 17:20 | carpe diem | Comments(2)
a0042928_2138990.jpg


冬も好きですが
春もいいなと思います。

今日東京は暖かな午後でした。
ゆっくりと晴れている空が
青く澄んでいて、普段は言葉をかわさないような
誰かに、
見た?と、尋ねたいくらいでした。




では皆様今日もお疲れ様でした。


 
by ichiecd | 2009-01-25 21:46 | ギフト | Comments(0)
ブーケ 和装 光のダリア ヒルトン東京様へ

a0042928_919266.jpg



和装にあわせる花。
小さめでこういう色・・・という新婦様が過去に
このブログで探してくださった写真には
いずれもこのオレンジのダリア、
「ピーチインシーズン」が入っていました。
きっとこの花がお好きなんだろうなと思って。

私自身、5年前には分からなかった
このダリアの美しさを、最近やっと解るようになって
またそのご注文をいただいて
今日も自分で作ることができることを、しみじみと、
有難いな、と思います。

以前は分からなかった花の美しさが
分かるようになるのも、
嬉しいとか幸せとか以上に
やっぱり、有難い、という言葉が一番近い。



今日、セルリアのプリザーブドを扱っていて
相変わらず胸をがしりとつかまれ、
かわいいというより、むしろ苦しい。
様子を隣で見ていたアシスタントさんに、
「好きな花って、ずっと好きなんですか?」と
尋ねられました。

そうかも。

一度好きになった花は、ずっと好きです。

それは、ときどきは冷却期間も必要です。
料理でいう「生地を寝かせる」というのに似て、
一度好きになって、しばらく没頭して、
少し熱しすぎて離れてみて、
しばらくぶりに手で触れると、
ああやっぱり好きだなあと思う。

「好き」ということは、
まず削りだして、研いで、
何層か重ね塗りしていく作業。
そこには時間も必要です。
でもひとたび作られたら、
まるで蒔絵のように、ニスを塗らなくても
ずっとそのまま残ります。


私の「好き」は、
信用してくださって結構です。


と、ブログで啖呵きるな。
(でもブログなんてそんなものですよねー?)

など今日はいろいろ自分で突っ込みつつ、
では今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-01-24 23:03 | ブーケ | Comments(1)
花と言葉
a0042928_057039.jpg



伝わらないときは、言葉は
どんなに重ねても伝わらない。

一方で、数日だけ咲く花が
「元気?」という簡単な問いを、
おずおずと差し出すこともできるので
今日も、いただいた水仙の香りを横にして、
花を挿して、
このブログを書いています。


ではみなさま今日もお疲れ様でした。





(今日はオチも一人ツッコミもありません)
by ichiecd | 2009-01-23 23:54 | carpe diem | Comments(0)
ブーケ ラウンド 冬
a0042928_20354592.jpg



 見ているだけではスイッチはONにはならない、
 さわらなくては。
            日比野克彦「8万文字の絵」

近くにあるブックオフが
お正月に半額フェアをやっていたので
さくっと釣られて買い込み、
今はまっているのは
「エリゼ宮の食卓」と「世界の朝食」と
この「8万文字の絵」です。
食べ物ネタが半分。





では皆様今日もお疲れ様でした。
今日はこれまでで。
おつかれさまでした!


後日追記、
コメントで質問をいただいたので
この花の名前を・・・

中央のがふわり、
小さめの白がスイートオールド、
ほんのり淡いのがプリンセスオブウェールズ、
というバラです。

こんなにかわいい極上のバラばかりなのに
名前も書かずに食べ物ネタかよ!
と自分であとから突っ込みました。
すみません・・・
by ichiecd | 2009-01-22 20:45 | ブーケ | Comments(1)
モッコウバラ 写真スペース
a0042928_30382.jpg


昨日、コメントをくださった方は
私にとっては忘れられない結婚式の
新郎様です。

この一枚はそのエントランスに飾った
お二人のご両親の写真と、
お二人の御幼少時の写真。


その日、どんなふうに仕事を準備しはじめて
どんなふうにその一日が過ぎたか
あえて思い出そうと思わなくても
思い出してしまうくらいに、
自分には思い出深い一日でした。

だからこうしてコメントをいただけること、
嬉しかったです。




もし、かなうことなら
新郎新婦様の笑顔の写真を集めて
自分の記念にしたいという夢のような、
夢があります。


以前、それを、酒のさかなに
出版関係の知人に話したら
版権を得るのが難しいだろうと言われて
それはそうだと納得したのですが、
それでも、もしそうなったら
許可を得られたらどんなにいいだろうと思う、
お二人のうちのひと組。



女の人と四方山話をしていると、
たとえば相手が新婦様でも生徒さんでも
アシスタントさんでも友達でも、
「だから、その旦那さんやその彼氏は、
彼女のことを好きなんだなあ」と分かる時があります。

そうそう、こう人の、こういうところが
好きなんだよね。

と、まだ会ったことのない新郎様の気持ちに
共感するときさえあります。


たくさんの新郎新婦様は、打合せの時に一度、
それから結婚式の時に一度、
会うか会わないかというくらい。
でもそれから数年後の今も、
年賀状をいただいたりします。
あるいはこうしてメールやコメントをいただいたりします。




今日、ある人に、
庭で咲いているという水仙の花を
もらって、そばに飾っています。
今ここでいき苦しいくらい香っています。

もうお会いすることもないかもしれないけれども、
ありがとうございました、とか、
ずっとお会いしていないけれども、
いまごろはどうしているでしょう、とか
あるいはしばらくご無沙汰してしまったけど
ちゃんと眠れているのかとか
今度いつ会えるかもうわからないけど
ちゃんと食べているのかなあとか、
思う気持ちと、一緒に、
今思う人に、
この水仙の香も届けられたらいいのですが。
などと思う今日、
東京は冬の雨でした。


・・・ロマンティックですねー。
と突っ込むのを
自分で我慢すればいいのに。
惜しいっすね。



では今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2009-01-21 02:26 | 会場装花 | Comments(1)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。