ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ブーケ ミニクラッチ サントワマミー
a0042928_3321147.jpg


今日、青山にあるカチナというレストラン様へ
お届けしたブーケ。
宝石のローズクオーツのような淡いピンクのバラは、
サントワマミーといいます。
小さな実ものをいれてというリクエスト。

お届けにあがったアシスタントうさぎさんがいうことには
新婦さまはもう飛び跳ねたいくらいに
めちゃめちゃ喜んでくださって、
そしてまた傍らの新郎様が、
(ほんとにほんとに可愛い子だなあ)という様子で
しみじみと新婦様を見つめていて、
そのお二人の様子が、
とても印象的だったそうです。


今日はこれにて、
では皆様、今日もお疲れ様でした。

明日は、如水会館様へお届けした
ナフキンフラワーをご紹介します。
と、予告して自ら首をしめる。きゅっと。
おつかれさまでした・・・。

このブーケには、後日3つの記事があります。
まずブーケを持ってくださった花嫁様のお写真はこちら
http://ichiecarpe.exblog.jp/7343396/

そして花嫁様からいただいたお手紙のメールはこちら、
http://ichiecarpe.exblog.jp/7202398/

そして3つめの
胸をうつエピソードはこちらです。
http://ichiecarpe.exblog.jp/13483442/


順をおって読んでいただくと嬉しいです。



この記事のタイトルは当初ローズクオーツでしたが
すてきなコメントをいただいたので
バラの名前である「サントワマミー」に
変更しました。
by ichiecd | 2008-05-31 23:23 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ クラッチ 忘れがたなる
a0042928_23112050.jpg



なんとも表現できないような難しい色のドレスに
考え込んで、提案したこのグリーンとボルドーを
とても気に入ってくださって
それでもご新郎様に一度相談してみます、
とおっしゃって、
そうしてお届けしたら、
気に入ってくださった、とアシスタントさんから聞いて、
いっそう、脳裏に残るブーケです。



忘れがたなる、という言葉を
思い出します。
毎日毎日、砂金を探すように、
必死に、こしていく水の中で
手元に残るのは、
どんな残像なんだろうかと思います。


それは、昔見たどこかの旅館の
欄干なのかもしれません。
今、見ているPCのキーボードかもしれません。
あるいは、自分の鱗の一片のような花。



では、みなさま今日もお疲れ様でした。











 
by ichiecd | 2008-05-30 23:26 | ブーケ | Comments(1)
今日は
a0042928_2102418.jpg


これだけで!!!

ほんとにこれだけ?
これだけです!


おつかれさまでした!















スクロールしてくださっても長文はありません・・・

・・・ちょっと安心しましたか?
なんか毎日書き散らかしているので
むしろそんな気もします。。。
by ichiecd | 2008-05-29 21:07 | carpe diem | Comments(0)
結婚記念日 奥様へ
a0042928_238553.jpg


結婚一周年記念にお送りしたアレンジ。
この、ブーケです。

挙式に持ってくださったのは
こちらの、ケリーとスズランのブーケでした。

今、読み返してみて
こんなにありがたい言葉をいただいて
そしてまた一年後に
こんなに嬉しいご注文をいただいたんだなあと
思いました。


ご新郎様から「届いた」との御礼のメールを
いただいて、
許可を得て掲載させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日は、美しいアレンジメントをお届けくださり、
ありがとうございました。
おかげさまで、妻はとても感激して喜んでくれました。
テーブルに飾っているのですが、
楽しかった結婚式の情景を花々が憶えていて、
思い出話をしてくれているかのようにまだ活き活きとしています。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでしたが、
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらにその後のメール、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妻からのメッセージの伝言ですが…
「またブーケのお花を見られるなんて
とても嬉しく思いました。
幸せな気持ちになりました。
すてきなお花をありがとうございました。」
ということでした。
重ねてお礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お二人が交互にご伝言してくださるメールを
読みながら、その仲好しなご様子が
羨ましくまた嬉しくておすそ分けをもらった気分。

ちなみに、ちょうど発送する折に、
一会の生徒さんの一人が
マンツーマンレッスンにいらしていて
ごらんになって、
「素敵!」
「もしそんなことされたら、惚れ直しちゃう!」
とおっしゃっていました。
ご新郎の皆さま、
いかがでしょうか?

一会の場合、母の日などをのぞいて
一般の方のギフトはお請けしておりません。

お花のご要望は基本おまかせになってしまうし、
受注生産でお振込みか代引き。頼みにくいし、
かつこまめにお写真を送るなどの
アフターサービスもまめにはできない。
「忙しいという字を書いて心が亡ぶと読む」
と呟きつつ、現状これが精一杯です。

だから、そんな事情を了解してくださる
過去の一会の新郎新婦様から
あるいはご紹介の方のギフトのみ、
お届けさせていただいています。


別の、あるダンナ様からは
「既に何年目かもう覚えていませんが」と
やはり、記念日のお花のオーダー。
奥様へお花を渡したとき
どんなリアクションだったかを
詳細にご報告くださり、
そうして最後に「花の子ルンルン知っていますよ」、
という一文。
うわ。意外なところから協賛者が!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嫁も花の子ルンルン知っていました。
最後に”今日の花言葉は... ”と
言うそうです。僕は覚えてませんが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということでした。
(この一文は掲載許可を得ていないのですが
すでに数年越しのおつきあいになりまして
きっとOKくださる。と思います。)

花言葉、なんて言っておりましたか。
言われてみれば、
そういえばそうだったような気が・・・

ではみなさま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-05-28 23:38 | ギフト | Comments(0)
ご両親様への贈呈用のお花 プリザーブドのレザーフレーム
a0042928_23281894.jpg


お届けしたのは、装花でもブーケでもなく
ご両親贈呈用のこのお花だけです。

ちょうど一会で母の日ギフトの販売をしたころ、

新婦様から最初にメールをいただいたときは
もう母の日のギフトも受付終了という時期。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
九州ですので一会さまに会場装花はもちろんのこと、
ブーケも生花では望めません。
ギフト用も以前にウェディングで
ご利用の方のみとのことで、
それならば母の日ギフトで、と思っていたのですが、
今年は先行予約のみとの記事を読んだ時は
「なぜ欲しいのなら確認のメールを
出さなかったのだろう」と自分の小心さを恨みました。

ですが、今年も母の日ギフトを
予約受付するということで、
思い切ってメールさせていただきました。
文章が下手で、思いは伝わらないかもしれませんが、
ほかの花嫁さま方と同じように、私も一会さま
のお花が大好きで、とても大切にしたいものです。
岩橋さんの作るお花を母や義母にも見せてあげたいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気持ちのあふれるような長いメールをいただいて
その末尾にあった携帯へ
読み終わるなり、いきなりお電話したのでした。

もし、今日か明日にご注文確定をいただけるのなら
製作する時間がある。
でもあさって以降は無理だというような
ぎりぎりのスケジュールだったので。
母の日ギフトではなく通常のギフトとして
お請けする形で、お届けさせていただきました。

やがて、御礼のメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもブログで見ていた一会さんのお花が
目の前にあることがしばらく不思議でした。

贈呈の時、それまで泣きそうな顔をしていた母が、
アレンジを見て「わあっ」っと
顔をほころばせたのがとても印象に残っております。
一会さまのお花は皆を笑顔にする力があるんですね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご自分で撮ってくださったこのお写真は、
モノクロにしてエンドロールで流してくださったそうです。

本当に、ありがとうございました。


この5月は、あっというまでした。

今日は、夜に私用があり、しかし
よほどキャンセルして寝てしまおうかと思ったのですが、
なんとか持ちこたえて、それまでの時間に
たまっているメールを少し、返しました。
仕事はけっこう好きなんですが、
労働はぜんぜん好きじゃない・・・
できることなら朝でも夜でもなんぼでも寝たい!

しかしそれを踏みとどまるのは、
それはやっぱりこんなふうにメールをいただけるから、
新婦様の笑顔に揺り動かされるから。
依頼してくださる編集者の方に応えたいから、
大事なお客様を一会へ紹介してくださる
プランナーさんに恩を返したいから、
アシスタントさんを少しでも早く家に帰したいから、
いろんな理由はそれぞれ確かに本当です。

でも一番の理由は、そうやって持ちこたえた後に
修羅場あけに飲む一杯の
ドトールのコーヒーが
どれほど美味か、もう涙が出るほど
どんなに美味しいか、
味わいたいからかもしれません。


絶え間なく続く緊張と、やってくる安堵。
どんな名店の料理ともまったく違う種類の美味。
どこかある種の中毒に似ています。

ふらふらになりながら飲む
市場のカップ入りのココアに、
涙がでそうな数分間。

ましてや○○の鴨や××の穴子にいたっては
なにをかいわんや、と。
はあ、もう、おいしゅうございます。身が溶けます。
(○○や××には適当な店名をいれてください。
私は別にグルメではないですが、
自分の好きな店をこんなところでうっかり書いて
予約がとりにくくなっては困る。
なんたる打算。)


だから結局は、せっせと働くのって
一番は自分のためなんだなあ。
などと分りきっているはずのことを、
あらためて思う5月の夜でした。


あーあの鴨を今、食べたい・・・

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-05-27 23:32 | 会場装花 | Comments(1)
ブーケ ゆれるように 東郷記念館様へ
a0042928_2220558.jpg


先日の週末、東郷記念館様へお届けしたブーケ。
新婦様から、
「昨日はありがとうございました」というメールを
いただいて、ほっとして掲載を。

今日、一会はアレンジコースのレッスン日でした。

生徒さんとなってくださった、
以前一会のブーケを持ってくださった新婦様と
お話していたのですが、私にとっては最後に満足を
いただけるまでが仕事なので、
御礼のメールやお手紙がどんなに嬉しいか、
また力説しつつお伝えできればと思うのです。
(いただくと、では今週もよし頑張ろうと思うので
ついついそれで逆にお返事が遅くなってしまったり
するのですが・・・ごめんなさい・・・)

しかしこのアレンジコースは、気づくと何人も
過去の新婦様がいらっしゃいます。

広告どころか看板も出さない、
こんな白金のへんぴな場所まで
わざわざ通ってくださるので、
それはやはり何かご縁のある方や
このブログを読んでくださっている方が多いのですが、
 
 「結婚式に、一会さんに花を頼んだことで、
 花っていいなと思って、それから花が好きになって
 習おうと思ったんです」。

これ以上の賛辞はない。
本当に花屋冥利につきます。



ちなみに、このブーケを東郷記念館までお届けしてくれたのは、
例によってアシスタントうさぎさん。
このくそ忙しい5月に、ヨーロッパなんぞに
行きやがり・・・(←あ、地が)
久々に修羅場モード時に働いてもらったところ、
なんだか疲れてるような気配。

ほかのアシスタントさんに、
「なんだかウサギは疲れてたね、もしかして時差ボケかな?」と
心配したところ、
「いやいくらなんでももう日数経ってるし
それはないでしょう」という返事。

 いや、ウサギのことだから、平気で1ヶ月くらい
 時差ぼけ引きずってそうじゃない?

という会話の翌日、本人に聞いてみました。
ウサギの返事。

「いや大丈夫です~元気です~」
そらよかった。

「私、鈍感すぎて時差ぼけになったこと、ないんですよ~」

あ、そうでしたか。

常に私の想像の斜め上をいくウサギには
かないません。
どうやっても勝てる気がしません。


先日、お客様であるウェディングコーディネーター様に
ときどきこのブログを読んでいるんですよ、と言われて
衝撃をうけたのですが、そして
そういう意味ではこんな事実は
伏せておきたかったのですが、
やっぱり書かずにはいられない。。。
姉さんってどの人ですかー?」
と聞かれ返答に詰まる私でした。



ちなみにアシスタント「姉さん」は、
こないだもまた車を運転してくださり
そのときもまた爆笑する私を隣にのせて
道を譲ってくれた車とすれ違ったあと

「チカチカ出すんですよね!?」

チカチカ・・・
それはハザードランプのことですか?

(首都圏付近では、車同士で、
車列にいれてもらったなどのお礼に
ハザードランプを点灯させる習慣があります)

いや普通は道にいれてもらったときとかに
後続車に対してつけるくらいで、
すれ違い車には出しません。
ていうか、たぶんすれ違った後までは相手の車、
見てないし。
手をあげるくらいで十分じゃないでしょうか。

「え!今、手、あげませんでしたよ私!
あ、先生がとなりであげてくれたから大丈夫ですね!?
いいんですよね!?あげなくて!」

はい、かわりに助手席で手をあげて
御礼させていただきました。
どうぞ運転に専念してください。

(こんな話を書くと「そんな運転で一会のアシスタントは
大丈夫なのか。と、思われるんじゃないか?」と
一会スタッフ内で懸念も出ましたが、
運転が得意ではないのは、姉さんとナウシカさんくらいです。
この二人は一会設立当初近くからのアシスタントさんで
そのころは今に比べて仕事も少なく、
どちらかというと私の茶飲み友達&愚痴聞き役として
雇われたフシがあります。
今は、新しいアシスタントさんは運転は必須です。
みんな、とっても運転上手で安心です。安全第一。
・・・一応、解説でした。)



しかし相変わらず修羅場あけには
くだらない話が長い・・・。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-05-26 22:48 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ 新緑 シェ松尾天王洲倶楽部様の装花
a0042928_2242494.jpg


今日、すべての仕事が終わって
白金のプラチナ通りに久々に出てみたら
いつのまにか新緑が瑞々しく、
午前中の雨のしずくをいっぱいにうけて
水分をいっぱいにはらんで、
とても美しかったのでした。


a0042928_2242146.jpg


今日、シェ松尾天王洲倶楽部様へお届けしたブーケ。
撤収に伺ったアシスタントさんによると
新婦様はとても喜んでくださったそうで
あーーーー、本当によかった・・・。

最後にご挨拶するつもりだったのに
装花と撮影の間にご親族紹介が始まってしまい、
ご挨拶できずじまいだったので
申し訳なくて、でも喜んでくださったと伺って、
やっとやっと安心しました。
本当にありがとうございました。
嬉しかったです。
ありがとうございました。


ここ数日本当にめいっぱいで、
水遣りの暇がなくて、事務所の鉢物の土が
からからでした。

でもアシスタントさんに、すでに
この鉢を持ってかえっていいよと
伝えていたので、これでお水をあげると
荷物が重くなっちゃうね、でもかわいそうだね。
そう言いながら、アシスタントさんが結局
お水を少し、やっぱりかわいそうだから、と
あげてくれました。

まるで、待ちかねていたように、ごくごくと水を飲む
そのマーガレットの鉢を見て、
そうしてまた今日のブーケを思い出したのでした。

基本的に鉢のものは乾かしてからたっぷり水を
あげることが多いです。
あんまり水をあげすぎると根腐れしたりします。

一度、からからに乾いていたから、
飲む水もあるのかも。
などということを連想しました。
一度、からっぽになったからこそ
受け入れることができる、
受け入れられる容量が増える、というような。



では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-05-25 22:52 | ブーケ | Comments(0)
時計の花 代官山シェリュイ様の装花
a0042928_2251518.jpg



装花セットアップの時間ぴったりに
お二人の写真撮影がはじまりました。
カメラマンさんの横から、隠し撮りみたいに
撮った写真。

折から雨が降り出しましたが、
雨のウェディングもいいですね、と
アシスタントさんと言い合って。


エントランスに飾ったつるの花の、
「時計草」の花が咲いたことに
飾ったときにはじめて気づいたのでした。

a0042928_2285438.jpg


これです。


 ブログに長文を書いてると
 やっぱり暇だと思われるんじゃないですか?

というアシスタント「姉さん」の忠告をうけて
今日はここまで。
そうかなあ・・・


ではみなさま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-05-24 22:10 | 会場装花 | Comments(0)
お花畑
a0042928_2222866.jpg



写真は、ゆれる花ごしの、車のサイドミラーが
ちょっとかわいいような気がしたので。

一会では、軽自動車のエブリィを使っています。
結構荷物をつめるのですけれど、それでも
市場で買った花や鉢を上手に積み込むのは
毎回、パズル。この枝はここ。この花はここ。
どうしても載せきれなかった今回のこの花鉢は
しょうがないので助手席へ。

今日は暑くなったし、なるべくすばやくつみこんで
なるべく早く帰らなくちゃ、と
必死でせかせか車に花を押し込んでいたら、
花に慣れているはずの、
市場の人が、何人ものぞきこんで
この助手席の花を、
かわいいですね、とほめてくれました。

そうかな?
そうかも。
こんな陽気に、こんな助手席で
実は結構、楽しいのかも。

と、その気になって、
帰り道、信号でとまったときに
携帯で撮ってみました。
場所としては八芳園のちょうど前くらい。
ここから一会までは徒歩10分くらいでしょうか。


ちなみに、画面右下がぼんやり白いのは
とくに心霊写真じゃなくて
何度もこの携帯を地面に落っことして
レンズが損傷しているせいです。


では、皆様、今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-05-23 22:35 | carpe diem | Comments(1)
マトリカリア 黒猫のウェルカムアイテム
a0042928_20114274.jpg


小さなマーガレットみたいな小花は
マトリカリアといいます。
なんだか今回大人気でした。

装花を搬入するエレベーターに乗り合わせた
スタッフの男性が「これかわいいですね」と
携帯でぱちり。
受付の女性の方も「これかわいいですね」と
携帯でぱちり。

a0042928_20115851.jpg

シャンパングラスにつけた小さな花。


a0042928_20125949.jpg


受付に飾ったウエルカムドールの
黒猫はお二人のお持込です。
ヴェールもかわいい。
こういう表情のあるアイテムをお預かりして
花と一緒に飾るときは、どんなふうに置いたら
一番かわいいか、肩をよせてみたり
首をかしげさせてみたり
ついつい試行錯誤してしまい、
うわ、あと3分で花も飾らなくちゃならん!と
はっと我にかえったりします。


今日は夕方からひとつ打ち合わせ。
基本的に、オンシーズンの木曜以降は製作のため
なるべく打ち合わせはいれないのですが
どうしてもご都合があわなくて、今日。
でもお姉さまとお母様と皆様でいらして
皆様それぞれがお花がとても好きで、
ついつい花を解説してしまったり、
なんだか楽しいお打ち合わせでした。

ありがとうございました。

今日ははやめの更新で。

ではみなさま今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2008-05-22 20:25 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。