ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2008年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
夢  カラーの花で 
a0042928_2332495.jpg


先日シェ松尾青山サロン様へお届けした装花の写真。
おふたりから御礼のメールをいただいて
嬉しくて、とりいそぎこの写真だけ掲載します。
夢のようにぼんやりとした、春の色で。

先日ちらりと触れた、ずっと昔の新婦様からのメール、
許可がいただけたのでご紹介します。
長い長いメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご無沙汰しております。覚えていらっしゃるでしょうか?

岩橋さんに麻布の「THE TOKYO RESTAURANT」で
結婚式のお花をお願いしてから
早いもので4年が経とうとしています。
私事ですが昨年、新婚生活を過ごした家から
横浜へ越してまいりました。
そして結婚式から5年目を迎える
今年の5月に新しく家族が増えることになりました。
わざわざ、岩橋さんにご報告することではない
と思ったのですが、ただ毎年春になると
岩橋さんに会ったらお話したいと思うことがあったので、
メールをさせていただきました。

私がブライダルの仕事をしていたとき、
思っていたことの一つに、
「お客様にとって結婚式がこれから先、
楽しいことも悲しいことも怒りたくなることも
あるであろう結婚生活の中で、
またがんばろうと思える引き出しの一つになったらいい」
というのがありました。
もうイヤ!と思ったときも、幸せなときもふと、
思い出してそれが活力になったらいいなと思っていたのです。
実際、私自身は今でも自分の結婚式を思い出します。
しょっちゅう引っ張り出すので、
引き出しは常に開きっぱなしですが…(笑)
その中にはいつも岩橋さんのお花があって、
そのたびに岩橋さんにお願いしてよかったなと思うのです。
今でもカラーのブーケをあげた義理の妹は、
あの時以上にお花が素敵な結婚式に出会えていないと言います。

毎年、籍を入れた4月3日に主人は
2本のカラーの花を持って帰ってきてくれます。
実は思い入れが強すぎて結婚式のあと、
自分でカラーの花を買うことができませんでした。
忙しさにかまけて、きちんとお世話をしてあげられず
枯らしてしまうのが怖かったのです。
そこで結婚1年目の時、カラー柄の手ぬぐいを見つけて
それを喜んで飾っている私を見て
主人がカラーの花を買ってくれたのです。
花束になっているわけでもなく、毎年本数が
増えるわけでもなく2本なのは主人と私と2人という
意味なのだそうです。
もしかしたら、どう花束にすればいいのか
分からないだけかもしれませんが(笑)
今まで私が家にカラーを飾るのはこのときだけでした。
年に1回、スーツ姿でカラーを2本だけもって
電車に乗っている主人を想像しながら
カラーが家に来るのをとても楽しみにしていました。

そんな風に、まだまだ2人だけの生活を楽しんでいながらも、
そろそろ子供が欲しいという話を
し始めた矢先、赤ちゃんを授かりました。
引越をして職場が遠くなってしまったので仕事を辞め、
新しい仕事を探し始めた時だったので
嬉しい反面、想像以上に早かったことに
私自身少し戸惑いました。
そして主人に初めて赤ちゃんができたかも
しれないと伝えたとき、主人は喜ぶでもなく、困るでもなく
「そう。じゃあ身体に気をつけてね」と言いました。
戸惑っていた私にとって、その反応は
正直不安になるものでした。
今の時期は困ると思ってるのではないか、
嬉しくないのではないか。そう思ってしまったのです。
そして、数日後病院へ行き妊娠がきちんと判明したあと、
主人に連絡をしその日は少しだけ
特別な夕食を用意して早く帰ってきてくれることを
期待しながら待ちました。
でも、その日も主人からの帰るコールがあったのは
いつもと変わらず遅く、そのことは私を
また不安にさせました。
しかし、帰ってきた主人は満面の笑みで
カラーを3本持っていました。
家族が増えるねと言って差し出したカラーに
涙が止まらなかったのを今でも思い出します。
聞けば、早めに職場を出て何箇所もお花屋さんを回って
カラーを探してくれていたのだそうです。
それは9月の上旬のことだったのですが、
その時期にカラーが売っていることを私自身も知りませんでした。
結婚式の当日、岩橋さんがヘアードとして
用意してくださったくらいの小さめのカラーでしたが
元気できれいなカラーでした。

そして、喜ばなかったのは病院できちんと
結果が出る前に一緒に喜んでしまっては、
万が一間違っていた場合
私を余計に傷つけてしまうと思い、
嬉しくても我慢をしていたのだそうです。
ただそう思いながらも、もしそうだったらカラーを3本
買っていこうと考えていてくれたそうです。

たぶん、私が最初に岩橋さんに
カラーをかわいくアレンジすることはできますか?と聞いたのは
10年近く前なのではないでしょうか?
そこで「もちろん!」と答えてくださった岩橋さんに
将来結婚するときにはお花をお願いしたいと思って、
それが実際実現して
そのことが今でも、私にたくさんの幸せを運んでくれています。
思い返せば自分の結婚式でこだわったのは
挙式をした教会と岩橋さんにお花をお願いすることだけでした。
パーティ会場はお料理がおいしいことで選び、
ドレスに至ってはお店のスタッフに
決めてもらったようなものでした。
おそらく岩橋さんにお願いしていなかったら、
主人もこんなにカラーにこだわることはなかったと思います。

今年は難しいと思いますが、来年からは
今までと同じように4月には主人にカラーを買ってもらい
5月になるであろう子供のお誕生日には
私がカラーの花を買って飾りたいと思います。
そして子供が大きくなったら、最初に
岩橋さんとお話をしたところから子供に話したいと思います。
お忙しい時期に長々とすみませんでした。
ただ、どうしても節目となるこのときに
岩橋さんに感謝の気持ちを伝えたくて
メールをさせていただきました。
カラーの花はこれからもずっと私たち家族に
幸せを届けてくれると思います。
本当にありがとうございました。

a0042928_23442595.jpg

これからも、岩橋さんのお花で
たくさんの花嫁さんが幸せになるのを楽しみに
ブログを見させていただきます。
ますます忙しくなりますがお体に気をつけて
お仕事がんばってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢のようなお話。
夢のようなメール。
言葉が出ないまま、何度も読み返す以外になくて、
ただわかるのは、感謝だけです。

ではみなさま、今日もこのひとときも、
本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2008-03-31 23:42 | 会場装花 | Comments(5)
ラウンド ブラックティとワイヤープランツ
a0042928_22271488.jpg


今日明治記念館様へお届けしたブーケです。
深い赤のようなピンクのようなバラのブラックティと、
遊びとしてまわしがけているワイヤープランツという
つるの葉ものです。


先日募集しておりました一会の定期レッスンは、
すべてのコースで満席となり
受付を終了させていただきました。
毎年、テーマはさして変わり映えしないレッスン。
でも自分で考える、ということを
なるべく大事にしたいと思っています。




夕方から雨が降り出した今日の東京は
桜が満開。

ある会場様にも桜の枝をおおぶりに使いました。
その撤収担当のアシスタントさんに、
一人ではやっぱり雨の中、大変だろうと思って
「一緒にもう一人行ってもらおうか?」とたずねてみたら
「いいです!一人でやり遂げます!」と速攻できっぱり。
・・・成長したなあ。

残業続きだった週末。
でも「先生さえよければ
残ってここまではやっていきます!」と
言ってくれた別のアシスタントさんも。

この週末はあまりにめまぐるしく
正直、今は何も言葉が出てきません。

さきほど今日最後の打ち合わせに出かけて
アトリエに戻ってきて、
「温めて食べてくださいね」
と、アシスタントポチの書いてくれた
一言のメモを見ながらかじる
ケンタッキーのチキンがただしみじみと、美味しいです。


おつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-03-30 22:49 | ブーケ | Comments(0)
リングピローと祭壇装花 シェ松尾松濤様の装花
a0042928_21133289.jpg

フェアビアンカという香りのよいバラを
平らに並べた枕の上に、
すずらんみたいなフェチダスという
クリスマスローズの仲間をいれて、
そのつぼみにひっかける形で作ったリングピロー。

a0042928_21134610.jpg

プロのカメラマンさんが撮影されていた後、
私も撮っていいでしょうか?と厚顔にもお願いして
春の光の降り注ぐ、中庭のテーブルの上で。

a0042928_21141061.jpg


シェ松尾松濤様の装花でした。

中央にあるのがリングピローです。


ではみなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-03-29 21:20 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ ティアドロップ プリザーブド
a0042928_1191516.jpg


甲府までお届けした、プリザーブドの
水色と白のブーケ。

一会HPの、新郎新婦様のお写真一覧
「アルバム」を、少し補充しました。
春夏秋冬にわけてもらったのですが
まだまだ整備できていないお写真なども
たくさんあります。
順序なども、一応写真や記事の多い感じで
並べていますが、まだ整備中ということで
非礼な点ありましたらどうぞご容赦ください。
http://www.flowers-ichie.com/albumspring.html

スペシャルサンクスアシスタントちゅう。

では皆様今日もお疲れ様でした。


昨日、多少さすがに、へばっていたら、
大丈夫ですか?という心配のお言葉をいただいて
お心遣いに感謝です。
大丈夫です!
元気です!
でも今日はここまでです!

明日もどうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2008-03-28 23:17 | ブーケ | Comments(0)
定期スクールと母の日受付状況につきまして
a0042928_22165585.jpg


定期スクールのお知らせ

先日ご案内した一会の定期スクールですが
・アレンジコース
および
・ウェディングコース昼
はそれぞれ満席となり終了しました。
アレンジコースのほうは
現在キャンセル待ちの状況です。
ウェディングコース夜にはまだ若干空席があります。


母の日のお知らせ
今年の一会母の日ギフトは、ひとまず
現在先行お問合せメールをいただいている方のみの
ご予約とさせていただきます。


きゃー。
あれこれ忙しい。となってきました。
でもこうしてお仕事をいただけること、
ほんとうに嬉しいし自分の花を届けて、
それで喜んでいただけるのなら、
なんぼでも努力しなくちゃな、と思います。
ここでしっかり働かねば。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-03-27 22:45 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ミモザ ブログをかくこと
a0042928_23411588.jpg


数年前に南仏で撮ったミモザの写真。

それ以来、この時期になると、
きゃーと思います。

a0042928_234239100.jpg


私はミモザがこんなに大きな木になったところを
見たことがなくて、結構感心していたのですが、
実はいつもの市場からの帰り道に、
それをしのぐような大木が、
わっさー。
と、咲いていることに、
気づくので。
へたれます。

足掛け10年くらい、その生花の市場に
2日に1度程度は行っているはずなのに、
ぜんぜん気づかなかったのでした。

・・・駆け出しのころは
毎日生きるのに精一杯だったからなあ。
(言い訳。しかも、今もですが)


ブログを書くというのはほんとに
自分から余計な恥をかくようなものだ、と
最近しみじみ思います。
じつはしょっちゅう、翌朝に、こっそり修正しています。
読み返すと赤面なことばかりで
これがプライベートな自分の記事だけだったら
たぶん直近の1年だけ残して削除したいくらい。

で、とりあえずなるべく毎日、というのは
自分に課している条件なので、
仕方なく今日も眠い衝動をこらえて
PCに向かうのですが。


そんな中、ずっとずっと以前の新婦様から
「今も、結婚式の花を思い出します」と
とても久しぶりに、メールをいただきました。
結婚式に使われた花を、お二人で
今も大事に特別にしてくださっているというお話。
長い長いメール。
涙が出そうなほど。

こんなタイミングで、こんなメールをいただけて
本当に神業みたいでした。
ありがとうございました。


今日も、皆さま本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-03-27 00:00 | carpe diem | Comments(3)
ブーケ 和装のための花 カルーセル
a0042928_2122594.jpg

実は、和装のためのミニクラッチブーケでした。

大輪の、グレーとグリーンとふちに赤みを帯びた
不思議な花は、バラのカルーセルといいます。

複雑な色。

明とも暗ともいえない、
簡単に評することができない、
どちらとも判じられない、
その曖昧な空気にひかれます。
朧(おぼろ)な春の景色のような。


 てりもせずくもりもはてぬ春の夜のおぼろ月夜にしくものぞなき


作者誰だっけ?(その程度です)と、今検索したら
青空文庫にあった随筆が出てきてちょっと面白かったので
適当にリンクをはって今日はこれにて。


私は、月は冬が一番好きですが。

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-03-25 21:22 | ブーケ | Comments(0)
一会定期レッスン 募集のお知らせ
a0042928_22362586.jpg

ウェディングコースの3月の課題、キャスケードブーケ。
生徒さんの言葉を借りて言えば、
「ラン祭り」でした。
基本シンビジュームですが、
コチョウランもカトレアも、ここでワイヤリングを
体験していただいたほうがいいだろうと思って、
あれこれ悩んで花材を組んでいます。

しばらく満席が続いていた定期レッスンに
それぞれ少しずつ空席が出ましたので、
ご案内します。
春ですねえ。

a0042928_22363682.jpg


a0042928_22372192.jpg

こちらは2月のレッスン、自分で選ぶクラッチブーケ。

a0042928_22375471.jpg

ワイヤリングキャスケードのときは
それを作るだけでいっぱいいっぱいですが、
クラッチブーケのように早く終わるときは
バック処理から実際にブーケを持っていく方法まで
一会の今のスタイルでお教えしています。
a0042928_22383897.jpg
a0042928_22391096.jpg
a0042928_22393382.jpg
a0042928_22395137.jpg



ちなみに今日は、アレンジコースのレッスン日でした。
写真は撮れなかったのですが、今日は「ユリ祭り」でした。
以前、一会のブーケを持ってくださった新婦様が生徒さんに
多いことも、一会のスクールの特徴かもしれません。
そしてそれはちょっと、いやとても、
作り手としては嬉しいことです。

レッスンのお申し込みは、
昼(13時)夜(19時)のご希望と、
ウェディングコース(花代8400円)か
アレンジコース(花代5250円~6300円)の
御希望をお書き添えいただいて、
info@flowers-ichie.comまで
ご連絡ください。
詳細は
http://www.flowers-ichie.com/school%20course%20.html

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-03-24 22:50 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ブーケ ラウンドキャスケード プリンセスオブウェールズ
a0042928_14442468.jpg


ふんわりと開くのは
プリンセスオブウェールズ、というバラです。

ラウンドキャスケード仕立て。

では皆様今日もお疲れ様でした!(早い)
by ichiecd | 2008-03-23 14:46 | ブーケ | Comments(1)
ラナンキュラスとジャスミンの階段装花 プティブドン様
a0042928_7131295.jpg


春らしい一日となった代官山、
小さなフレンチレストラン。

ラナンキュラスとジャスミンです。
よく使っていますという実例写真。

a0042928_7133125.jpg

とよく見たらこっちはバラでした。
えーと、バラとラナンを交互に飾ったのでした。
忘れてた・・・

階段を飾っていたら、
通りがかりのフランス人らしい若い男性が
「ここでウェディングができるんですか?」と
入ってこられました。

では今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-03-22 23:11 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。