ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2007年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧
リストブーケ アンブリッジローズと秋色アジサイ
a0042928_1132932.jpg


手首につけるブーケ。
夢のような絵画のような色で。



毎日たまるメールが今日はめっきり少なくて、
これは私の返信があまりにも滞っているせいではとあせりましたが
そうではなく連休だからです、とアシスタントさんに言われました。
なるほど、世間は連休だったのでした。

・・・なるほど。

てやんでー連休なんかだいっきらいだーと
小さくつぶやいて憂さをはらそうという昨今、
昨日の夜のことはあっというまに後ろへとびさってしまい
今日の夜の予定さえ自分には中二日経ての先の話のようで、
そんな昔のことは忘れたよと話をまとめて
とりあえず、ぼーっと海をながめたいキモチです。

ではみなさま、今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-04-30 01:24 | ブーケ | Comments(0)
マエストロ様の装花 五線譜 モッコウバラ
a0042928_2350251.jpg


初台、新国立劇場にあるレストランマエストロ様の装花。
メインテーブルの後ろに大きな鏡の台があって、
そこにモッコウバラの小さな黄色が降り注ぐように、
五線譜を描くように、どっさり活けてみたかったのです。

a0042928_2351205.jpg

a0042928_23513853.jpg


最初にメールをいただいたのはいつだったか、
それから何度やりとりをしたか、数え切れないほどでした。
綿密な表や緻密な写真、
会場様にも一会さんにも迷惑をかけられないからと
いつもとても気遣ってくださって、
そのお優しいお心遣いにとうとう
「あまり私には気を使わないでください、
お金をいただいてしていることなのですから、」
と何度も繰り返してしまうほどでした。
自分のわがままで会場様に花を持ち込むのだから、と
できることはすべて綿密に準備してくださっていて、
こちらが恐縮するばかりでした。


a0042928_23514731.jpg


ご新郎様のデザインによるウエルカムボード。


撤収にいったアシスタントさんふたりが
アトリエに戻ったのは22時すぎ。
でもふたりとも疲れながらもどこか元気。話を聞くと、
ご新郎様御新婦様がとても喜んでくださって
わざわざ挨拶にきてくださったのだそうです。

責任の重さに、ずっと不安をかかえたままの一日。
でもやっと安心できました。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2007-04-29 00:12 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ プリザ オレンジの雫
a0042928_0553354.jpg

宅急便でお届けしたプリザーブドフラワーのブーケです。
気に入っていただけていると、よいのですが。
では皆様今日もお疲れ様でした!
(3行・・・)
by ichiecd | 2007-04-28 00:52 | ブーケ | Comments(0)
シェ松尾天王洲倶楽部さま 春のひかり 御両親への花束
a0042928_5295430.jpg

今日はどうしようかと考え始めて
写真を見ていて、そうしてこの一枚に気持ちが和んだので、
「春のひかり」続編を。
花束製作はアシスタントポチです。
中央のかわいいピンクとしかいいようのないピンクのバラは
ストロベリーパフェ。略してストパフェ。その略し方もどうかと。


オンシーズンに入った木曜日は、週末のウエディングの製作の日です。
最近は木曜になると、あーおいら花屋だったんだ、と思い出します。
昨今はメールの送受信や見積もりやいろいろやに忙殺されて
月曜から水曜まで、うっかりすると花を触る機会がなかったりします。
何やってんだ自分、と思うのだけど、仕方なく。

久々に花をしっかり触ると、
ずっと水に棲んでいた生物が、
やっと水に戻れて、その中でふかぶかと深呼吸できるような
そんな感覚なのですが、
余計にややこしいたとえはやめます。


今日もまた、5月の新しいお問い合わせをお断りしてしまいました。
製作でとても手が離せないので、仕方なく、本当にやむをえず、
アシスタントさんからお返事を出してもらうときがあります。

「じゃあ、お断りのメールを書きますよ?」
「・・・・うん」
「書きますよ?」
「・・・・うん」
「書きますよ?」
「・・・・」

って何回聞くんだ!

「だってほんとに断っていいのかと思って・・・」

だってほんとは、それは、やっぱり、イヤなんです。
せっかく一会にと言ってくださる方を、断りたくないんです。
でも仕方ない、他に方法がない、やむをえない。
ひとつずつの手仕事なので、できることには限界があります。
私の気力&体力には限りがあるのです。くー。


というわけで、できましたら皆様、
なるべく早いお問い合わせをお願いします。
6月7月もぼちぼち締め切ります。
毎回ほんとに、葛藤しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


先日ブログを読んでくださったという方から
突然のお電話をいただきました。

「自分も花の仕事を目指したいのだけれど、
…花の仕事は過酷ですよね?」
「はい。」

と普通に答えて、互いに、5秒、沈黙。
笑い出してしまいましたが、
それはウソ偽りなくそうだと思います。
あとは腹をくくってやるかやらないかそれだけです。

    
    「どうやったら?」

と、ときどき聞かれます。

どうやったら、花の仕事で食べていけるのでしょう?
やはり素質や才能が必要でしょうか?
たくさんの努力が必要でしょうか。

うーん。

私には私の答えしか出せず、それは万人共通の正解ではない。
それを踏まえていただいたうえで、ただひとついえることは、
「やるかやらないか」それだけです。
やった上でやはり大変だという判断は、それはその人の判断です。

たぶんそれは、このブログと同じで、
毎日書くことに意味があるのかというとたいしてそうでもなく、
価値があるのかというと別にそれほどでもなく、
一会、という花屋が無ければ、新婦様は他の花屋さんに頼むというだけで、
でもただ、毎日このブログを書いている、
その事実だけが、ひとつ残り、ひとつ積み重なっていく。
ただそれだけです。
意図しないところで偶然に、ときどき慰められる人もいることに
私がまたチカラをもらったりして、
小石を積み重ねるような今日という一日があるだけなんだろうと、思います。
それは50年後に残るかというとそんなこともなく
毎週入荷しては、ここでしばらく咲いてそして私に捨てられていく、
花と、同じだろうと思います。


では皆様、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-04-27 00:22 | carpe diem | Comments(1)
ブーケ 春の雪
a0042928_112529.jpg



春の白い雪みたいなブーケ。

(なんだか矛盾しているような
なんとなくわかるようなタイトル・・・そのまま騙されてください)


本日母の日の受付メールをひとまず送信させていただきました。
もし期間中に申し込んだにも関わらず、届いていない!
という方は大変恐れいりますが、
御一報くださいましたら幸いです。


ではみなさま、今日もお疲れ様でした。

4月26日昨日の文章は分かりにくいので削除訂正します;
一会からの受領メールがお手元に届きましたかたには
確実にお届けさせていただきます。
(5月2日までに御入金を頂くことが必要ですので
御注意ください)


どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-04-25 23:09 | ブーケ | Comments(0)
7シェアブーケ 紅茶色のバラ  紅茶色の装花
a0042928_2383675.jpg


以前御紹介したこのブーケの方です。
そのときの記事にもしましたが、最初は私自身が伺うには
難しいスケジュールでした。
でもその時間に予定していた別のお仕事が予想外に早く終わったこともあり
それでもアトリエの仕事は山積みのまま。
さんざん悩んで、でもどうしても間に合わないので
花とスタッフは車で先に行ってもらって、
とうとう電車で私一人が追いかけることにしました。

「できればお会いしたいので」と新婦様から伺いながら、すれ違ってしまって
お会いできなくて、新郎様にだけ御挨拶して、
名刺の裏に走り書きをして、もう失礼しなければならないタイムリミット、
その瞬間に新婦様が現れた一瞬のことを、忘れられないと思います。
私を見たとたんに、涙ぐんでくださって、
その一瞬を思い出すたびに胸がつまります。


丁寧なお手紙をいただいてお写真はCDにまで焼いてくださって
お送りくださいました。
あけた瞬間に、そのCDの表面にこのブーケの写真が
印刷されていて、思わず声をあげてスタッフに見せてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれから1ヶ月以上もたっていることが未だに信じられなくて、でも今写真を見るとブーケを持っているのは私のようで他の人のようなとても不思議な気持ちです。
でもあの日感じた口では言い表せない位の幸せな気持ちやブーケを手にすることができた喜びは私の中にずっと残り続けていくのだと思います。本当にありがとうございました。

ブーケも装花もみんなからすごくほめて頂き持ち帰って頂いたそれぞれのお家で幸せの余波がじわじわと広がっていたようです。
シェアされたブーケを見て恋人と将来について話したのだと嬉しそうに話してくれた年上の友人、
赤ちゃんが産まれたばかりでどうしても列席できなかった先輩の奥さまなど皆さんとても喜んでくれたようです。
皆さんのエピソードを聞きながらさらにこちらも幸せな気持ちを分けて頂いたようでそんなふうにじわじわとあたたかい気持ちを与えられる一会のお花は本当にすばらしいなぁなんてあらためて嬉しくなりました。

あの日あんな風に一会のブログに出会わなかったらこんなに幸せな気分は味わえなかったかもと思うと一会に巡り合わせてくれた神様にもお礼を言わなくてはなりませんね。

最初はお花は高いから、、、としか考えられなかった私がこんなにも毎日花や木々の移り変わりを楽しめるようになったのも岩橋さんやスタッフの皆様のおかげです。

また、主人からお花をもらえるなんておもってもみなかったのであのトワカップのことは一生覚えていると思います。どんな大きなダイヤよりも私にとっては嬉しいプレゼントでした。
ケンカをした時にはこのことを思い出して仲直りしようと思います(笑)

とりとめのない文で失礼しました。
余談ですが写真の中でハート型の坊主頭をしているのは私の8コ下の弟です。皆様にお渡ししたお菓子は彼の働いているお店の物で引き菓子にも使いました。姉バカなもので、つい写真を入れてしまいました。スミマセン。

では 皆様のご活躍を心よりお祈りしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文中にトワカップとありますのは、
その当日の折、ご新郎様にお会いしたときに、
「ホワイトデーに彼女に花を送りたいんです」、
とことづかったトワカップを使ったアレンジメントのギフトのことです。
おふたりの仲のよさが羨ましいばかりで。

a0042928_2322543.jpg


このブーケは、7シェアできるようになっていて、


a0042928_23114210.jpg


こんなふうになりました。
(貴重なお写真、本当にありがとうございました。)
ちょっと見えにくいですが後ろにアンブリッジローズが入っています。
7シェアの場合、3リンから4りんくらいでこのくらいのブーケになります。


この日は装花も担当させていただきました。
そのお話は、また後日。



今日、新婦様からお電話をいただきました。

 母の日のメール、届いていますか?

はい、届いています!
ごめんなさい!
明日の夜にはアシスタントポチ(N)より、
母の日受領の旨、皆様へお返事をさしあげます。
あと一日お待ちください。


今日は、少しですが、『花時間』さんの撮影の日。
7月号で新種の花の御紹介を担当させていただきました。
御世話になりました関係者の皆様には心より厚く!
あつく、御礼申し上げます。


明日は平日ながらブーケがあります。
今週末も忙しく、アシスタントの皆様、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ではお疲れ様でした!
by ichiecd | 2007-04-24 23:28 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ 3シェア スイーツ
a0042928_051190.jpg


3シェアできるように作ったブーケ。
ひとつずつ、皆様の手に渡ったのだと思うと
こうしてみてもちょっと嬉しいような気がします。



さすがに今日は、ここまでです。
昨日いっぱい書いたし、いっかあ。
と。
ていうか毎日書きすぎです。
我ながら、自分がこんなにも、伝えたいことや言いたいことが
自分の中にあるとは思わなかったです。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-04-23 23:45 | ブーケ | Comments(0)
シェ松尾天王洲倶楽部さま 春のひかり
a0042928_23444019.jpg


またこの記事に唯我独尊で自己満足なタイトルをつけていますが、
春のひかりのような。

提携させていただいている、
シェ松尾天王洲倶楽部様のメインテーブル、アップの写真です。
明るくかわいくというリクエストのほかは、おまかせだったので、
市場をさんざん歩き回って、その日目のあう花をえんえんと探して

そうして最後に手にいれたのは、このピンクのあじさい、
その名も「コメット」という品種。
「名前もかわいー!」と
一会スタッフの間で大人気。
(おおばくみこなんてつぶやいたのはアシスタントNだけで
私にはなんのことだかわかりませんでした。)


春の光のような、いろあいで。
手にとって欲しいのは「幸福感」、
そんなイイハナさんに書いたコメントをちょっと思い出しながらつくりました。
おすそわけできますように。
昨日、書いた、ブログを毎日書く理由のもうひとつを思い出しました、
こんなブログでも「式前の忙しい最中、のぞいては癒されました」という
メールを、たくさんのようにいただくので。

準備や決断しなくちゃならないことがたくさんあって、
たいへんな思いをしている新婦様へ、
花以外には役にたたなくても、
せめて自分にできるのなら、少しでも楽しんでほしい、と思ったりします。


a0042928_2351148.jpg



ゲストテーブルの装花。
この一枚の写真は、実はアシスタント、コードネーム「うさぎ」さんが撮りました。
うさぎさんは一会スタッフ最年少。
いつもそこらへんの草をはむはむしています。

得意技は
「わたし、困ってるんです・・・」。
という風情で
周囲の人にうっかり融通をきかせさせてしまうこと。

ていうか、若くてかわいいからって
いつまでもそれで通用すると思うなーーー!
と、正座させて小一時間くらい説教したいのですが、
いつも負けます。

しかし写真はかわいく撮れている。
やるなうさぎ。

a0042928_2357357.jpg


最後の写真はチェアフラワーです。
そのまま、二次会へ運ばれてミニテーブル装花にできるように
小さな木の器につめて飾っています。
市場で見つけたフランネルフラワーに、心を射抜かれました。
相変わらず好きな花のひとつです。

ではみなさま、今日という一日も本当に、
おつかれさまでした。
by ichiecd | 2007-04-22 23:59 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ クラッチ イヴピアッチェ 
a0042928_23484299.jpg



今日お届けしたブーケ。
イブピアッチェというバラ、香りが高く存在感と強さのあるピンク。
強さ・・・美しい強さ、ということを感じるバラです。


コメント欄のお返事をほったらかしにしていて
本当に×100、申し訳ありません。
けして放置プレイなのではなく!・・・

そもそも頂いているメールのお返事をたくさん、
まだしていないのに
コメントのお返事を書くことが気が引けます。
ほんとはメールのお返事もしないでこの記事を書いていることも
心苦しく。しかし書かねばならぬ。(武士?)
このブログを書くようになってから、
どうしても一会で、という方がとても多くなりました。
会場やドレスが決まる前から申し込んでくださるかた。
一会の花でやりたいので、装花ができる会場を教えて欲しいという方。

「自分の思いを伝える」ということの難しさに
いつもいつも、直面します。
それはお客様にもアシスタントさんにも。

たとえば昔からのお客様で、最近は岩橋さんが電話をとらないから
淋しいという方もいらっしゃるのです。
なんだか立派になっちゃって、
もう個人の小さな注文はやりたくないのかしら、とおっしゃるのです。
どんなに自分の中で、溢れる思いで、必死にやっているつもりでも、
伝わらなかったらダメなんだと。

まいにち、こうして今、どんな思いでお仕事をさせていただいているか
毎日まいにち伝えないと、なんだか新鮮じゃない気がします。
温泉が地底から湧いた瞬間からお湯が劣化していくかんじ。
(余計に分かりにくいたとえ。
しかもたとえが旅おたくに偏っているのはいかがなものかと。)


なので、ごめんなさい、
以前の新婦様にも今の新婦様にも、皆様に、
嬉しい嬉しいコメントをいただいて
今はなかなかお返事ができませんが、
気持ちだけは山ほどあります。
お一人ずつに感謝したいと本当に思います。


ではみなさま今日もお疲れ様でした。
(この言葉も、毎回本当に心を山ほどこめて書いております!)



なお母の日の御返信は、週明けに。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-04-22 00:05 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ 6シェア 人を、優しくする花を
a0042928_0335187.jpg


一会の定番というような、丸い白いバラを束ねたブーケ。
6シェアブーケです。

本当は、すでにブライダルの新規受注を締め切った後でした。
でもこんなふうに、一会の花を好きだと言ってくださる方の
御注文を受けなければ、
私は花の仕事を自分でやる意味がない、そう思ったのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 こんにちは
 ご無沙汰しております。
 お礼のお便りが遅くなってしまい、申し訳ありません。
 
 先日は、私たちの結婚式に素敵なブーケとブートニア、ヘアードを
 作って下さって本当にありがとうございました。
 岩橋さんの心がこもった、お花に囲まれて結婚式が出来て
 本当に幸せでした。

 結婚準備中、インターネットでブーケを探しに探していた
 時に、一会さんと出会い初めてHPを拝見し、
 あまりの 可愛らしさに時間を忘れて何時間も眺めていたことを
 思い出します。
  一会さんにお願いできたら嬉しいなと思っていたら、
 その時には既に受付終了で、とても残念で落ち込んでいました。
 でも、どうしても諦めきれず、思い切ってレッスンに参加。
 改めて、あの時勇気を出して良かったなぁと
 思います。
  
 プリザレッスンでは、フラワーテープが上手く巻けない私
 に、優しく何度も教えてくださいましたね。(アシスタントNさんにも
 お世話になりました。)心地の良い雰囲気の中で、本当に楽
 しいレッスンでした。想像以上のブーケの出来上がりに嬉し
 くて嬉しくて、足早に帰ったのを覚えています。
 その次の日、岩橋さんからお受けして頂けるとの嬉しいお
 電話を頂きました。まさか、お受けして頂けるなんて・・
 本当に本当に感激でした。

 後日、打ち合わせのためアトリエに伺った時も岩橋さん、
 アシスタントの皆さんが優しく迎えて下さって。この柔ら
 かな雰囲気だからこそ、優しくて心地の良いお花が生まれ
 ているのだと実感しました。

 一会さんのブログを楽しみに見ている主人は、結婚式を迎
 るまでずっと「こんなに素敵なお花を作れるんだ、
 一会さんにお願いして間違いないよ。
 きっと素晴らしいブーケが届くよ。」と言っていました。
 2人で、ブログを眺めながら結婚式を心待ちにして過ごしていました。
 
 結婚式当日、レッスンでお世話になったNさんがお花を
 届けてくださいました。
 (まだメイク前でスッピンでしたが、あまりの嬉しさに駆け
 出してしまいました。Nさん、失礼致しました。)
 もう本当に可愛くて、素敵で。
 緊張していた気持ちもどこかへ飛んでしまいました。
 美容師さんも、介添えさんも大絶賛でした!。
 もちろん主人も、大喜びでした。
 式中、何度もブーケを眺めては幸せな気分になれました。
 6シェアという複雑なお願いをしてしまいましたが、
 ブーケ差し上げた皆さん、本当に喜んでくれました。
 (差し上げる時皆さんのお顔が、ぱぁっと明るくなったのが
 印象的でお願いして良かったと心から思いました。)
 わがままをきいて下さったこと、本当に感謝しております。

 両親への花束も、そのボリュームに驚きました。
 春のお花がたっぷりで色合いも、香りも優しくて父も母も
 大変喜んでいました。今日も「お花、とても元気でいい
 香りがしているのよ。ありがとう。」と電話がありました。
 (父のブートニアも可愛かったです。)

 お忙しい時期に、お受けして下さり本当にありがとうございました。
 何度かブログにも、私へメッセージをのせて下さり嬉しかったです。
 今も、時折カードを見てくださっているとのお話を
 Nさんから伺い、胸がいっぱいになりま した。
 
 私も、どんなに岩橋さんのブログの言葉やお花の写真に
 癒されたか分かりません。
 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
  
 岩橋さんに大切な日のブーケをお願いする事ができて
 本当に良かったです。
 かけがえのない大切な一生の記念になりました。
 ありがとうございました。

 これからも、影ながら一会さんを応援しています。
 たくさんの花嫁さんに幸せと笑顔を届け続けて下さいね。
 お忙しいと思いますが、お身体ご自愛下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、このブログの記事にあわせて改行を整えながら
私自身も胸のつまる思いです。
そんなにおっしゃってくださって、本当にもったいないくらいです。
頂いたカードは今もここにあり、その文字を眺めては、
ほっとしています。

人を、優しくする花を。
一会の花にコンセプトがあるなら、ただそれだけです。


今は逆に、この新婦様にお仕事を頂くことで、
むしろ私にもNにも、優しい気持ちを
たくさんいただいたような気がします。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2007-04-21 00:40 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。