ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2006年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
セミキャスケード スイートハニー 2
a0042928_2235135.jpg


かわいらしい新婦様と俳優みたいな新郎様、
お二人で持ってくださっているのは、以前ご紹介したことのあるこのブーケです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が漠然とイメージしていたもの以上にかわいらしく、
清楚で、見たとたん「これだ!」としっくりいくものでした。
きっと私のイメージを理解してくださり、
そこに岩橋さまの素敵な感性がブレンドされたからだと思います。
後から写真で見て、もっと愛着が湧いてきました。
一生に一度の日に、愛着のあるブーケを持てたことは、とても
よい記念になりました。
ゲストからは、なぜか「おいしそう♪」という感想を
いただいたりもしました(笑)。
ちなみに当日は、楽しい気持ちのままあっけないくらいに早く
過ぎ去っていきました。
自分の結婚式というものは、こんなにも早いものかと驚いたほどです。


そのうえ、HP上に写真をUPしてくださっていたとDさんから聞き、
帰国後早速拝見いたしました。
ありがとうございました。
あまりに嬉しくて、印刷しちゃいました!
自分の為だけに作ってくださったブーケがHP上に載るというの
は嬉しいものですね。

一会さまのお名前の由来ともなった、「一期一会」。
今後、ブライダルでの私のブーケのオーダーは(当たり前ですが)
することはないですが、
今回のご縁を大事にしていきたいと思います。
私の友人が結婚する時に、おすすめしたいと思っています。
お礼だけお伝えするつもりが、長々となってしまいました。
(メールはどうしても文章で伝えることが全てになってしまう
部分がありますので、できるだけ丁寧に気持ちをお伝えできれ
ばと思いつい長くなってしまうのですね…)

一会様の今後の益々のご発展、お祈りいたします。
お忙しいとは思いますが、お体に気をつけて、
あまり頑張りすぎないでくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文中に出てくるDさんという方は、実はなんと、
フランスのラベンダーやミモザツアーでいつもお世話になっている
Oご夫妻の奥様のことです。
ご親友ということでのご紹介だったのでした。

なお、現在発売中の
『花時間』さん11月号113ページ、
「ヨーロッパ、私のお気に入りスポット」という記事でも
Oご夫妻にアドバイスをいただいてのラベンダーとミモザのことが
ご紹介されていますので、どうぞごらんくださいね。

ラベンダー畑の写真、こうしてあの『花時間』さんの誌面になると
なんだか別物のようです。
いいんでしょうかこんな写真でという気もしますが、
あの夏の、あのゆったりと流れる時間をなお懐かしく思います。
(ちなみにこの時の宿はヴァシェールという村にあります。
200年前の建築という古い石造りの農家を宿にしたというその
正確な住所が、何度尋ねてもいまひとつよくわからずじまい、
とうとうフランス観光局へ電話したところ、
「フランス国ヴァシェール村」
以上、それでおしまい。
だったのでした。
途中に「南フランス」とか「エクスアンプロヴァンス」とか入るんじゃないかと
思ったのですが、何もなしでした。ということがわからなくて、
Oご夫妻さま、しつこく聞いてしまってごめんなさい!)

a0042928_22345191.jpg

a0042928_22344132.jpg


すてきなお写真とメールを、本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-31 23:04 | ブーケ | Comments(0)
元代々木ハウス様の装花 オードリーとジュリア 2
a0042928_034028.jpg

写真は受付においた小さなアレンジメント。
ただアレンジだけではちょっと物足りない気がして
アイアンのボールを開いて花と一緒にあしらっています。

以前も一度その日に写真で掲載した元代々木ハウス様の
新婦様からのメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素晴らしいお花をありがとうございました。
期待はしていましたが、本当に私の希望にピッタリで
驚きました。
大好きなアジサイはたくさんだし、花器もすべてとってもかわいくて
大感激でした。
一会さんのホームページでみた会場装花の中で一番素敵だと
思ってしまいました!!
ゲストの人にもとっても喜んでもらえました。

本当に一生に一度の大切な結婚式のお花を一会さんに
お願いできたことを幸せに思います。
ありがとうございました。
またもし何か機会があったらお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_0524939.jpg


a0042928_05354.jpg


写真はチェアフラワー。
お花はすべてお持ち帰りできるように製作しました。

お写真の掲載の許可と同時に、

 岩橋さんのおかげで
 本当に素敵な式にすることができました。
 見ていただきたかったくらいです・・・

という嬉しい一言もあって、
私も本当に、拝見していたかったです・・・
本当に、ありがとうございました。



先週、実習にきてくださったWさんが
お疲れでしょうから、とお手製のアロマのバスソルトを
わざわざ持ってきてくれました。
このPCの横においていたら、
アシスタントNさんがなんだか怪しいクスリみたいだといいます。
失敬な。

でも温泉好きの自分としては
バスソルトも、Wさんのお心遣いもどちらも嬉しくて
ときどきその香りをかいで楽しんでいるところです。
白いお塩の入った袋なので、たぶん余計にあやしい、
とは思います。

みなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-10-30 23:23 | 会場装花 | Comments(0)
カーネーション「ドヌーブ」
a0042928_23403215.jpg


実はカーネーションも割と好きです。
その、花もちのよさも
昨今出てきた新しいニュアンスカラーも、好きな要素ですが、
でもこのドヌーブという品種は、昔からよく使う花のひとつ。

夢のような色の花だ、そう思います。

ちなみに、こういう単品の花の写真は
たとえば以前載せたスカビオサとかセルリアとか、
いずれもまだ一会として駆け出しのころ
仕事もそんなになくて、
花もそんなに仕入れられなくて、
でも、花がきれいだなあとただ思って撮っていた写真です。

この先どうやったらこの仕事で食べていけるんだろう?
自分というものの全部で毎日考えながら
撮っていた花の写真に、
今、なぜか、どこか救われるような気がします。


そんな以前の自分をひきあわせると
この秋のお仕事を自分はいったい、何件断ってしまったか、
思うことはどうしても苦しく、
でも一方で、やはりこれ以上は無理だ、と思います。
自分には量産はできないということを、つくづく思います。

来年の状況はおそらく3月から4月がピークになりそうです。
どうぞお早めのお問い合わせを。


許可をいただいている写真とメール、
たまっているブーケや装花の写真、レッスンの記事など
いろいろとあるのですけれど
今日はここまでです。

さすがに疲労困憊の今日、でもさきほど、
昨日の新婦様より長い長いメールがきていて
涙が出そうなくらい嬉しかったです。


みなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-10-29 23:58 | carpe diem | Comments(0)
ラマージュ様の装花 ピンク+バラ+ボール


今日、表参道スパイラルにあるレストラン、
ラマージュさまへお届けした装花。
ころんとした丸いボールへとピンクのバラを仕立てています。

a0042928_2355927.jpg


a0042928_23551867.jpg



ラ・セーヌ、
J・アイマール
ストロベリーパフェ
ロッシュホール
タイタニック
マリア
センセーション
ジーノピンク
リディア
ベビーディンブル
・・・・

全部、バラの名前です。


一会の「100均番長」でもあるIさん
(100円ショップでいろいろ調達してくれるから)
と、昨日紹介したアシスタントNさんが、今回は
「ボール番長」として大活躍してくれました。

今日は遠方、二期倶楽部様への装花をはじめ
たくさんの装花を担当させていただきました。
本当に、ありがとうございました。



また実習で参加してくださった一会生徒さんのお二人には
最後ばたばたとゆっくりできなくて本当に申し訳ない次第でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-28 23:51 | 会場装花 | Comments(0)
○日日是好日○
この記事は28日の夜に書いています。


ウエディングハイシーズン10月、その最大のピークとなる今週の
木曜のお話です。

仕事の終了間際、夜23時。
ご実家から、アシスタントNさんへかかってきた
愛犬の危篤の電話。

そばで聞いていて、翌日の金曜も
今日まさに納品の土曜日も
ずっと気にかかっていて
尋ねたくて
でも尋ねられなかったのですが
今やっとPCの前にゆっくり座り
そのブログを読んでいます。

http://greenno.exblog.jp/5936574/

○日日是好日○



一会にとっては、毎週のようにこなすウエディングの仕事。
でも、新郎新婦様にとっては一生に一度のことです。

それをひとつずつデザインをおこして作るような
効率の悪い仕事しか、私の性分としては出来ないようで
ほとんど毎回、ゼロから地味に作りあげます。

それをこなし続けるために、体の体力も、心の体力も、
どっちも同じくらい必要です。

言い古されたことかもしれませんが、
そこで戦うのは、最後は結局、
自分の中にある、怒りや悲しみや疲れや弱さになってきます。


今日という土曜日のピークをなんとか一会が終えるまで
Nさんは、岩橋のポカミスを見逃さずチェックをいれ
過密なスケジュールを把握し、管理し、
他のスタッフへ私が言うべきことを伝え、
きっとあった大きな悲しみを少しも見せずに、
きちんとその仕事をこなしてくれました。



「プロフェッショナルでいる」、ということに憧れます。
日々流されそうになる毎日の中、
せめて気構えはそうでありたいと、いつも自身、思っています。




ありがとう。
連日、本当にお疲れ様でした。
明日もまた、よろしくね。
by ichiecd | 2006-10-27 23:49 | carpe diem | Comments(0)
海をかなたに ゲストテーブルの装花
a0042928_052568.jpg


以前、4月に掲載した「海をかなたに」の新婦様よりのメール。
先日ギフトのご注文を機に、
また長文の御礼のメールを頂戴し、ブログに載せていただいても
かまいません!という嬉しいお言葉が添えてあったので、
御礼かたがた掲載させていただきます。

(ちなみに、こういう許可の一言を添えてくださるのは
とってもとっても有難いです!
「私なんかの文章でよいのでしょうか」と謙遜なさる方も多いのですが、
たった一言でも、一枚のお写真だけでも、掲載の許可はいただけなくても
もう本当に嬉しいです。
そのお言葉を頂けるためだけに仕事をしているので。
ただ、せっかく許可をいただいても写真の加工などが追いつかず、
掲載に時間がかかる場合もあります、それが申し訳なく・・・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブーケ・装花だけはどうしても自分の納得したものを!と決めていたので
HPで見たとても素敵なお花を作っている岩橋さんにお願しました。
いろいろな条件も厳しく大変な作業になったにも関わらず、
すばらしい装花・ブーケを作っていただきました。
(白ブーケ&色ブーケ)

最後に参列者の方々に全てのお花を
持って帰っていただきましたが、どの方からもとても好評でした。
お花が1週間以上枯れなかったのです!
良い品質のお花を使っていただけていたのだと、
改めて感謝の気持ちで一杯でした。


更に結婚式の写真が出来上がってきて見てみると・・・
照明にの下で綺麗な花が。
会場の写真や雰囲気を見てお任せをしていたので、
さすがプロだなぁ~ともう感激です。

実は作っていただいた色ブーケですが、
式が終わった後ドライ乾燥?していただきました。
(最初は予定になかったのですが、
あまりに素敵なブーケだったので、新郎にわがまま言っちゃいました)
今は綺麗にキュービックフラワーとなり、
私たちの新居を飾ってくれています。

本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のギフトもよいですねという御礼と一緒に、
そのギフトのアレンジと、キュービックフラワーのお写真まで
ともに添えてくださって、しみじみ嬉しく拝見しました。
本当にありがとうございました。

a0042928_051234.jpg



「あのウェディングは、私の中で印象的でした」。

今日、そのときに同行したアシスタントさんがそう言います。
私もまた同じです。
忘れられない一日でした。
by ichiecd | 2006-10-26 23:59 | 会場装花 | Comments(0)
ブーケ ローズメリア 高輪プリンツヒェンガルテンの新婦様
a0042928_2315395.jpg


昨日のお写真の続きです。
もってくださったブーケは、プリザーブドのバラの花びらを束ねて作った
ローズメリアのブーケ。
それにあわせておつくりした、プリザーブドのチョーカーとリストレットと
髪に飾る長いリボン。
後姿を激写した?すてきな写真をいただいたので、トップに掲載してみます。


a0042928_232486.jpg


にしてもモデルさんみたいな新郎新婦様。
たまたまこの日一件だけだったので
カメラマンさんがたくさん写真を撮ってくださったんです、とは
新婦様のお言葉なのですが
そのカメラマンさんの気持ちがよく、わかるような。。。気がします。
撮りたくなるだろ、それは、と思います。
真ん中の写真はお二人でピアノを演奏されたのだとか。
なんというか・・・かわいすぎでしょう。。。


a0042928_2321677.jpg



これは一会にとって嬉しかった写真。
ドレスのモチーフと、ほんとうに、もう、ぴったりだったんです!
そう、新婦様がこの写真を指差しておっしゃってくださったとき。

ちょっとじいんとしてしまいました。

ありがとうございました。




「す」様はじめ、コメントをたくさんいただいているにも関らず、
まだお返事できずにそのままでほんとうに申し訳ありません!
近いうちに・・・もうしわけありません。
でもとても嬉しくありがたく拝読しています。。。


「写真や記事を見てなんだか癒されました」、というような
お言葉をいただくことがあります。

「一会さんのブログを読んでいて、
花っていいなあってあらためて思いました」
そんな言葉をいただくことも、時々あります。

なんというか、それだけで私には、充分だったりします。
by ichiecd | 2006-10-24 23:10 | ブーケ | Comments(1)
ブライズメイド
a0042928_165626.jpg


この5月にご結婚式で一会のブーケを持ってくださった新婦様。
ブライズメイドのお友達にかこまれて
これ以上ないというくらい、
可憐な花嫁さんです。
実はそのまま一会の生徒さんになってくださって、
先日のレッスンで、写真データをいただいたので
そのうちの一枚を掲載させていただきました。

もっといろいろ書きたいのですが
今日はさすがに腕があがらなくなってきたので、
次回に続きます!

みなさま今日もお疲れ様でした。

ブーケ ローズメリア 高輪プリンツヒェンガルテンの新婦様
by ichiecd | 2006-10-23 23:35 | ブーケ | Comments(2)
ブーケ クラッチ 秋のピンク マダムトキ様のブーケ
a0042928_22422418.jpg


今週、マダムトキ様の新婦様へお届けした、
ナチュラルステムのブーケ。

新婦様のご要望で少し濃いピンクもまぜて・・・ということで、
秋らしく、春のそれとはまた少し違う一段深い色で仕上げています。

当日納品を担当した
アシスタントJから、その夜に届いたメールを、一部抜粋します。
なお転載の許可は、得ておりません。力技。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新婦様は本当におきれいで、ブーケの雰囲気もよく合っていて、
そして終始笑顔でシアワセそうでした。
ブーケのお届け時にしかご新郎ご新婦様とはお話できませんでしたが、
お花の袋詰めの時に、列席されていたご親族の方々とお話しする
機会があり、お花が会場の雰囲気と本当に合っていてすてきだったとの
お褒めのお言葉をいただきました。
更にうれしかったのが、それをおっしゃってくださったのが、女性の方ではなく
男性のご年配の方々で、本当に大絶賛でした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一会アシスタントの皆様へ
かように「お花へのお褒めの言葉」を
岩橋への私信で頂いた場合には、
一会の喧伝に無断で利用される可能性があります。
あらかじめご承知くださいましたら幸いです。


新婦様も、喜んでくださっているとよいのですが・・・・
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-22 22:50 | ブーケ | Comments(0)
金沢 山乃尾での婚礼装花

a0042928_23545122.jpg
古都金沢の著名な料亭「山乃尾」。
婚礼が行われた今日は、
本当に美しい、秋晴れの一日でした。

新潟のユリの生産者である
すずきさんが、お祝いに送ってくださったというたくさんのユリ。
新婦様と相談して、
急遽エントランスの装花のメインとして使用することにしました。
多忙な中、溢れるほどのご厚情にはお礼の申し上げようもありません。

a0042928_23361256.jpg




器となる竹と花材は、数日前から宅急便で送ったものの
サンプルを挿す時間もなく、そもそも現場の下見もできず、
すべてが現場でのぶっつけ本番。
さらに10月のハイシーズン、一会の準備不足もはなはだしく
今やっと白状すると、不安だけがただ増す数日でした。

でもこのブログのコメントをいつも書いてくださっている
はっちさんが偶然にも金沢在住と解り、強引にスカウト。
ご友人と一緒に今朝早くから驚くほどよく働いてくださいました。

手のまわりきれない受付などには
ふわりさんに苔玉を発注させていただいて飾りました。
いつもお世話になっている風庵さんには
照り葉をお願いして直送していただくことに。
届いたどうだんつつじとナナカマドは、それは美しい彩りとなってくれました。
なによりも私の花の師匠である
鈴木ひろ子さんにはたくさんのアドバイスを頂きました。


今日迎えた秋の日が
どんな光景だったか
やはり、忘れられないような気がします。



a0042928_23594996.jpg



アシヤマさん

本当におめでとうございました。



a0042928_012924.jpg

写真は数週間前の元代々木ハウス様での装花。
裏返したテープで丁寧に掃除をしてくれている様子。
もし、ここにいてくれなかったら、
きっと出来なかった一会の仕事も
頂けなかった新郎新婦様からの感謝のメールも
それはたくさんあるのでは、と思います。
心よりの感謝と御祝いを申し上げます。
by ichiecd | 2006-10-21 23:59 | 会場装花 | Comments(7)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。