ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
2月、フェリチタの花嫁様
a0042928_22514144.jpg


いただいてからずっと、載せたくて、
やっと今日掲載することができた新婦様のお写真です。
実は挙式は今年の2月。
遅くなりましたが、と送ってくださる気持ちに嬉しく、
そうして添えられたお手紙、頂いたメールに
胸のつまる思いでした。
以下は、頂いたお手紙のあとにいただいたメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの手紙を書いた後に
あらためて感じたことがあります。
それは、私も岩橋さんのようになりたいなぁ・・・ということです。
もちろん、私はお花のことはまったくの素人ですし、
職業はまったくちがいます。
でも、仕事に対する向き合い方、姿勢には
どの職種にも共通するところがあると思うのです。
仕事のことで悩んだり、行き詰ったりしたとき、
岩橋さんのブログを読むと勇気付けられます。
岩橋さんの真摯な姿を思い
ああ私も頑張らなくちゃ・・・と思います。
だから、私は岩橋さんのお花が好きなのかもしれません。
(もちろん、お花のセンスのよさ、優しく温かい雰囲気も大好きです)


なんだか、文章がまとまらないくせに、書き始めると止まりません・・・。
どういっていいか分からないのに
伝えたいことがたくさんあって・・・・・。

ともかく・・・・・
岩橋さんと出会えて良かったです。
これからも、素敵なお花を作り続けてください。
(でも、くれぐれもお体には気をつけてくださいね。
 ご無理をなさっているのでは・・・と心配です。)

私も、自分の持ち場で、精一杯輝けるように・・・
岩橋さんのようになれるように頑張ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きゃー。
褒められすぎでどっかに穴をほりたいキモチです。
でも嬉しい、とても嬉しいお言葉でした。


a0042928_22515096.jpg


一会では、一会自身が必要だからというのはもちろんありますが、
サービスの一環としてなるべくブーケ写真を撮るようにしています。

でもこうして、新婦様が持ってくださっている写真は、
当然ながら別格です。
持ってくださってこそのブーケですから・・・。


このときの撮影は、スタジオショコラさま。
http://www.studio-chocolat.com/

とてもすてきなお写真です。

ちなみにギャラリーでご紹介されている新婦様のお一人は
やはり一会の花を頼んでくださった、新婦様です
今もときどきギフトのご注文をくださったり、
ご紹介をくださったりします。


やっぱり長くなりました。
また明日から週末モードでその日のお花を
紹介したいと思いますので、
このつづきは、また週明けに。。。
by ichiecd | 2006-09-30 00:01 | ブーケ | Comments(0)
『花時間』別冊vol13 ウエディングドレスのブーケ
a0042928_0135155.jpg


『花時間』(角川書店)2006年「ブーケ&花飾り vol.13」に掲載されたブーケ P25より転載
「あなたのキレイをぐっと引き出す、色別・バラのブーケ ビューティ50選」 White

撮影・中野博安氏 構成と文・鈴木清子氏


ご紹介が遅くなってしまいました、
一度スキャンしたのがあまりうまくできなくて
再度とりなおしてもらったりなんだりしているうちにあっというまに
9月も終わり。きゃー・・・

バラはファインローズさんのウエディングドレス。
このひらひらさ加減にうっとり。
今年はもうさんざん使わせていただいています。
「キャワイイ」(←気に入っている)バラです。。。

白状すると、このときは一会の通常の仕事もピークで、
なかなか自分でOKを出せなくて、
へろへろになりながらすべてのブーケを
夜中に作り直したのでした。

銀色の葉はグミの葉、撮影のころにはたくさん出回っていたので
ちょっと油断したら、いざ入荷日にはまったく出荷されなくて
あわてた記憶もあります。
しかしとりあえず調達して、なんとかしてしまいました、
よかったよかった。
我ながら裏技というか寝技というか力技というか・・・。



たぶん、12月のウエディングも、もう締め切らせていただきます。
もう「一会にお任せ」以外はうけられない状態です。
ごめんなさい・・・


今日もみなさま一日おつかれさまでした。
by ichiecd | 2006-09-29 00:24 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ セミキャスケード 黄色とオレンジピンクとシンフォリカルポス
a0042928_073024.jpg



先日のフォーシーズンズへお届けしたブーケ、
その新婦様からのメールです。

「ブーケの美しさ&可愛さにイチコロだった花嫁」より、
と記されていて嬉しく拝読してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大変、お世話になりました。
昨日は素敵なブーケを本当にありがとうございました。
白いブーケも黄色いブーケも私の理想通りでした!!
黄色い方はもう少し色濃いものを希望していたつもりでしたが、
逆にあの柔らかい方が私に合っていた気がしています。
両親への花カゴも可愛く、涙・涙で受け取ってもらえました。
最後までカゴを探して下さって、心よりお礼申し上げます。
SHINさんもいい仕事をするな~と感心されてましたよ。
SHINさんと美佳さん、私を知って下さっている方に囲まれ、
最高の秋晴れ、幸せな一日を迎え、終えることが出来ました。
ウエディングご専門ということで、
もうお世話になる機会はないかもしれませんが、
是非、友人の時は紹介させて頂きたく思っています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


黄色いほうのブーケというのがこのブーケ。
そう、この日、濃いものと淡いものと、両方の黄色を仕入れていました。

あれこれやりとりを重ねる中で、最終的にはおまかせしますと
おっしゃってくださったので、最後の瞬間まで迷いつつ、
会場にあわせるなら濃い黄色だけど、
新婦様に似合うのはきっと淡い黄色のほう、
そういう雰囲気の方に見えて、
迷った末に新婦様の雰囲気をとることにしました。
花というナマモノを手にするのは前日、
ある意味賭けるほかはないような選択。
喜んでくださって、ほっとしています。

中央の黄色はトワリモーネカップ、
白い実はシンフォリカルポス;略してシンフォリは
この時期の実のもの、
白のほかにピンクもありますがかわいいったらありゃしないという
風情の秋の実です。
あ-かわいい・・・。(脳の中身が漏れてる気配です)

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-09-28 00:46 | ブーケ | Comments(2)
10月11月のウエディングにつきまして

すでに何度かお知らせしておりますが
この秋はたくさんのブライダル装花やブーケの
お申し込みをいただき、ありがとうございました。
10月11月分の装花、ブーケにつきましてはすべての週で
いったん新規のお申し込み受付を終了させていただきたく思います。

ひとつひとつ丁寧な仕事をこころがけていますので、
心苦しい限りですが、ご理解をお願い申し上げます。

どうしてもという場合にはなんとか尽力しますので、
その場合には、内容のみではなく
会場名およびスタート時間を併せてお知らせください。

なお、すでに一会にお問い合わせをいただいている場合は、
今後正式にお申し込みのあるなしに関わらず
その作業量も計算にいれておりますので、
ご安心してゆっくりご検討くださいね。

以上お知らせまでさしあげます。
by ichiecd | 2006-09-27 12:42 | carpe diem | Comments(0)
花を買うこと2 コスモス 
a0042928_05426100.jpg


いつも、ブログ本体を書いている間に力尽きて寝てしまうので
今日こそゼッタイコメントを書くぞと固く決意。
そのコメントの返事を書いているうちに、
予定していた写真より
ちょっとこっちを載せたくなって、
割り込みでコスモスを。

(ちなみに、こうして他の人のお話を聞いて、また別のことを思うようになって
そこで河岸が変わるのも、それも結構いいなあと思ったりします。
共鳴しあうというか、ブログぽいというか、
そんなたいそうなことではないのですが、楽しいです)

今、左を見上げるとこの光景という、くちなしに続く第二弾です。
自分のために買うのは、半年に一度とかそういうレベルで、
いつも単純で、安くて、そのまま生けもしない、
ただ切って花瓶にぽんといれるような、そんな花ばかり。
仕事柄でしょうか、自分のためだけならむしろ簡単な花がいいと思うのです。
ただそれだけ、「以上、おしまい」というような。

写真は重いカメラで手ぶれしたのですけど、
このぼんやりしてるのが
なんだか泣きたくなるようで、いいなと思って。
コスモスはやっぱり、結局、つまるところ、・・・好きです。
漱石のいう「単簡な」花。

a0042928_0535886.jpg


でもそれじゃ気持ち悪いという場合のために
一応こっちも載せておくあたり、われながら小心者です。



 コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ
                            鈴木しづ子
      
     
by ichiecd | 2006-09-27 01:21 | carpe diem | Comments(4)
単発プリザーブドレッスン 9月21日 
a0042928_0125274.jpg



先日開催した単発プリザーブドレッスンの写真です。
例によって撮影できたのは一部の方のみで申し訳ありません。

ラヴェンダー色と淡いベージュイエロー、上質な反対色です。
かっこいいですね。

a0042928_015512.jpg


a0042928_0151783.jpg


修羅場モードONなので
10月はちょっと無理なのですが
11月に一度またやりたいと思っています。
・・・って、できるのか?

12月はクリスマスリースの単発レッスンを。
また要望の多い生花の単発ブーケレッスンも。
・・・て、だから、できるのか?


現在アレンジやブーケコースの夜は満席です。
ほんとは、クラスを増設したいのですが・・・
いや、いえ、とてもできないです。

われながら余裕のない仕事ぶりはなはだしいです。



コメントはとてもありがたく拝見しています。
すぐにお返事できないまま気にかかっていますが、嬉しいです。
昨日の夜せっせと打ち返したはずなのに
画面をひらくとメーラーの受信箱は
上から下まであっというまにたまる毎日、
ごめんなさい、また後日。。。

などと書くと新婦様に余計なお気遣いをさせてしまいそうですが、
でももしも、岩橋はちゃんとこのこと解ってるのかな?と
少しでもご不安なことがありましたら
どうぞぜひぜひ遠慮なくメールください。
遠慮などなさらず、どうぞお気軽に
ご確認ください。私もそのほうが嬉しいです。



今日も一日、お疲れ様でした!
by ichiecd | 2006-09-26 00:25 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ブーケ シェアリングクラッチブーケ 7人へのプレゼント
a0042928_104167.jpg



一会得意の花あわせ、
淡い色みのころんとした丸いバラをたくさん。
セルリアも忘れずに。

実は、7つのミニブーケから成り立っている、
シェアリングブーケです。
リボンをほどくと、7人のお友達へ差し上げられる仕組みです。


新婦様は喜んでくださったそうで、
自ら伝票にサインを書いてくださったとか。


帰ってきて伝票をファイルに閉じようとした
アシスタントIさん。
「あ、伝票に、ありがとうございましたって書いてある・・・」

お名前とともに、小さく
「ありがとうございました」という一言が
走り書きされていたのでした。

嬉しかったです。
こちらこそ、本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-09-25 01:00 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ クラッチ  白のバラと秋の実ものとフランネル
a0042928_154424.jpg


今日、・・・昨日になってしまいましたが、
表参道にある小さなレストラン、レ・クリスタリーヌ様にお届けしたブーケ。
個人的にこういうニュアンス、やはり好きです。

こじんまりとした清楚なウェディング、
新郎様にブートニアをつけて
新婦様のドレスの裾をちょっと持って差し上げたりして、
花屋のようなそうでないような。



ブーケ中央にほわんという風情で咲く不思議な花は
フランネルフラワー。
セルリアと同じくこういう怪獣っぽさに弱いです。

某「イケメン」といわれるフラワーデザイナーさんの言う
「キャワイイ」花、とはこういうことかと。
(しかし「キャワイイ」って・・・どうでしょうか。
今まで自分のボキャブラリーになかったので、新鮮です。
それで最近市場を逍遙しつつ
「なんかキャワイイ花」、と探してしまう自分もどうかと)


今日もあっというまの一日、
皆様お疲れ様でした。

ためてしまっているメールとコメントも明日には・・・。
by ichiecd | 2006-09-24 02:03 | ブーケ | Comments(0)
捨てるような花
a0042928_23555766.jpg



 「捨てるような花でいいからさ、
 ちゃちゃって束ねて持ってきてよ、
 おおげさじゃなくてちょっとでいいから」


花の仕事に入ってから少しは長くなりましたが、
今までに2度だけ、
そんな言葉をいわれたことがあります。
いずれも働き盛りの男性でした。


「捨てるような花」とはどんな花なのか、
自問自答しても答えは出ないまま、
花を捨てる、なんてことをしないですむように
花の仕事をしてきました。

仕入れの前に電卓をたたき、
少しでも無駄が出ないように、
でもお客様の要望にちゃんと応えられるように
頭を抱えながら市場をえんえんとうろちょろし、
丁寧に水揚げをし、
短い花にはその丈の花瓶をあてがい、
枝ものはナイフで表皮をはがし、
デザイン上でもなるべくきれいに使い切るようにし、
それでも残った花はバケツを洗って水代えをし、
せめて、一枝でも一花でも捨てる花などないように。

それでも捨てるときはたくさんあります。
仕事なので迷わずに切って捨てます。
でも慣れることはありません。


今日、市場で、入荷日の古い花がすこし安くなっていて
思わず立ち止まって悩んでいたら、
仲卸の方が隣に来てそれを後押ししてくれました。
じゃあ買いますと言ったら、
「花も喜びます」、そういわれました。
そうですねと笑ったら、もう一度繰り返されました。

正面きっての言葉にするとやや照れちゃいますが
なんだかぼんやりと嬉しかったのです。
大事に、使わせていただきたいと思います。
by ichiecd | 2006-09-23 00:15 | carpe diem | Comments(12)
装花コース ゲストテーブル ベルと手のひらサイズで
a0042928_0582823.jpg



今月のウエディング装花コース。
今回のレッスンは、ゲストテーブル装花です。
会場装花の中でも要となる部分、
2段式のスタンドに、
ベルかトリカゴか鈴かを選んで吊り下げるスタイルで製作。


a0042928_141161.jpg


左がベルの人、右が鈴の人です。
鈴の中には、コリンゴが。かわいいです。

これでコリンゴが赤ければカンペキだねー、って
確かレッスン中に3回くらいしつこく言ったような気がします。
すみません。年寄りなものですから。


a0042928_1104793.jpg


さらにこの装花のほかにもうひとつ、
手のひらサイズのミニゲストテーブル装花を
自由なアイディアで作ってもらいます。

見本を作って花を用意してさあ長さは何センチで、というのではなく、

「花は、自分で加減と配分してくださいね」
「かっこよければそれでいいので」
「土台もどうするか自分で考えて工夫して」
「できればなんかありきたりじゃないもので」



相変わらず講師、言いたい放題です。

でもそのほうがうまくなれると思うのだけど・・・。

たまに、スクールの問い合わせに
「お免状はありますか」と聞かれるのですが、
一会では、ご用意しておりません。
一時期はそうしたご質問に答えるべきかどうか
悩みましたが、今は当面このままでいこうと思っています。


スクールの生徒さんもすでに
開講以来数年目という方もたくさんいて、その場合
同じ「ゲストテーブル」、同じ「キャスケードブーケ」を
すでに3度目だったりするのですが、
もちろんベテランの方には別のメニューを用意していたりもしますが、
でもたとえ同じ季節で、同じバラでも、
それは同じ花ではありえません。


ショートカットは存在しない、と思うのです。
言葉で説明できないこと、伝えられないことは、
ただ手を積み重ねてはじめてある日、
自らの手の平の中で
氷解する一瞬を待つほかない、そう思います。



a0042928_16141.jpg



ピンポンマムを生かしての作品。
やるなおぬしというべきか、かわいいですね。
最後に隣のグラスを加えて、ちょこっと手助けしました。

「なんでそんなにアイディアが出てくるんですか」という
賞賛の声はもっと頂くとして
アシスタントRさん
「あ、すぐに忘れるから新しいアイディアが浮かぶんですね」というのはどうか。
アシスタントNさん
「センセイの場合、記憶力がないのは寝てないからですね」というのは
いかがなものか。

砦のラーメンかえしてください。と書きかけて
そうだ、この日はワリカンだったんだと気づきました。なんかくやしいです。
by ichiecd | 2006-09-22 01:27 | ブーケ&装花スクール | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。