ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2006年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
25日単発レッスンについて
6月25日日曜日、単発レッスンですが
結局プリザと生花のクラスを
時間分けすることにしました。


11時~ プリザーブドのブーケまたはアレンジ
      ご希望に応じて好きなものを作るスタイル
      花代:実費
      (8000円~12000円程度のものを
      みなさんよく作られています)
      講習料:2000円
 残席2名ほど


14時~ 生花バラのブーケ
      一会でご用意したバラを選んで
      自分で組み合わせて作るスタイル
      ラウンドまたはクラッチをその場で選択可能
 残席1名ほど



すでに何度も参加してくださっている生徒さんのメール、
「ブログみて笑ってしまいました、先生、無理しすぎです。笑
本当にお体、大丈夫ですかー。
きっと先生の場合は、止まってしまうと体調を崩して
しまうのかしら。。。←スミマセン。」

いえ、あの、そんな、けして無理してるわけでは!笑
平日夜だと参加しにくい方もいらっしゃるだろうなあと
思ってたんです。
今回、生花ブーケの方ははじめていらしてくださる方が
ほとんどです。嬉しい限りです、お待ちしています!
でも白金の僻地なので解りにくいのが申し訳ないです、
迷ったらお電話くださいね。

かつ、一会スクールの生徒さんで振替がすんでないという方は
このレッスンへの振替もOKです。
(はじめはそのつもりもあっての設定だったのですが・・・
告知する間もなく、ごめんなさい)


にしても、一度「働き度」のペースを落とすと、
元に戻すのが大変なのは確かにそうです。鋭い・・・。
by ichiecd | 2006-05-31 18:16 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
ブーケ クラッチ フランネルフラワーとラグラス
a0042928_23321698.jpg

a0042928_23315538.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねこじゃらし?のふわふわしたのと
花びらの先がグリーンのお花…
あれはなんて言うのでしょう…が
アクセントになって
これまた初めて見る雰囲気のブーケで
とてもかわいらしかったです。

あの日のお天気は
ほんと、その後日々を思うと夢のような感じです。
外苑前の並木道は人もほとんどいなくて
すばらしい撮影日和。
木漏れ日がキレイで、
気持ちよかったです。

ブーケのサイズもイメージ通り。
片手でもキュッと持てる感じが
撮影場所の雰囲気とよく合って
とても素敵でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ご紹介した、あじさいのブーケ
ラ・ビュット・ボワゼ様の装花 
あるいはブーケを覚えてくださっているでしょうか?
その新婦様のお写真用のブーケを
また作らせていただきました。
猫じゃらしのようなのは、ラグラスといいます。
先が緑になっている不思議な花は
「フランネルフラワー」。
その布のような質感そのものずばりで、
もし「好きな花TOP10」をあげろと言われたら、絶対入る、と思う。
(そんなこと誰も言ってないしというついでに書き添えると
このブーケのこういう雰囲気、
個人的にかなり好きです。)


手作りなさった招待状も、
一緒に頂いてしまった引き菓子の有平糖の細工の加減も、
オーガニックのローズベリーチョコレートも、
みんなどれもけして派手ではないのに
本当にため息がでるものばかり、
すっかり「趣味のよい方」という定義ができてしまっています。

お写真も、本当に素敵ですね。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-30 23:28 | ブーケ | Comments(0)
単発ブーケレッスン6月 2
昨日募集しました、25日のブーケレッスン。
お申し込みをありがとうございました!
すでに受領のメールをお出ししましたので、
まだお手元に届かない・・・という方は
お手数ではありますが、お問い合わせください。

実はすでにほぼ定員に達したのですが、
プリザご希望の方もいらっしゃるので、
いっそプリザを午前中、
生花を午後というふうに、分割して
2レッスンにしようかと思ったりしています。
皆様のご都合次第なのですが。


と、いうか

単発ブーケレッスンを開催ということは
少しだけ余裕ができたということでしょうか、
…といいますか、少し時間ができたのなら
その分体を休めていらっしゃれば良いものを、
何もレッスンを入れずとも…
と個人的には思ってしまいますが、

と、
あるお客様からは鋭く突っ込まれてしまいまして、

・・・えーと。
返す言葉もありません。(笑)
でも、あの、ずっとやりたいなあと思っていたのです・・・。
(なぜか弁解口調)

というわけで、みなさまの予定をかんがみつつ
引き続き、もう少し募集している状態です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



ちなみに昨日の愚痴モード、
お断りしてしまったというお仕事ですが
その後さらに一言、お声掛けをいただいて
ちょうど、打ち合わせがキャンセルになり時間がぽっかりあいたことなど
うまくタイミングがあって、ほんの少しだけ
やはりお仕事させていただくことに。

結局、「そんな身分でもあるまいに
断るだなんてドあつかましい!」ということが
自分には一番ストレスだったようで、
今日はかなり、ほっとしています。
お騒がせしました・・・。
(いや騒いでいるのはおまえだけだという感じですが。)
by ichiecd | 2006-05-29 22:50 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
単発ブーケレッスン バラのブーケ 6月
a0042928_035929.jpg


久々に生花ブーケの単発レッスンを行いたい・・・と思います、
と言い続けながら、すでに残り一ヶ月。
もう遅いかもしれませんが、ひとまずお知らせまで。

6月25日日曜日、14時より16時30分ごろまで
生花のラウンドブーケまたはクラッチブーケ、お好きなほうを
選んでいただく形です。
自分でバラを選んで作る、プリフィクススタイル。
花材は一会がブーケを作るバラに準じた形でご用意します。

花代8400円、講習料2000円で合計10400円です。


ご希望の方はタイトルを
「ブーケレッスン参加希望」として
info@flowers-ichie.comまで、
お名前、お電話を添えてお申し込みください。
初心者の方でも問題ありません。
ちゃんときれいなブーケを作れるように、
万全のサポートをしますのでご安心くださいね。
なお、今回生花ではなくプリザーブドをご希望の方は
ご要望に沿いますのでご相談ください。
(プリザーブドの場合、花材費は実費です。)
ご自分でブーケを作ってみたい!という新婦様も、
生花では大変ですが、プリザーブドなら
前もって作ることができて安心です、ぜひどうぞ。



またこの夏開催予定の
「ウエディングの花 短期集中レッスン」、
おそらく平日の19時より開催予定です。

レッスンは5レッスンまたは2クール10レッスンを予定。
(どちらになるかは岩橋の体力によります。)

内容は、現時点のもので仮ですが、
「活け込み」(要望がありました)
「花束」(みんなニガテのようなので・・・(笑)
「自分で選ぶブーケ」(生花もしくはプリザーブドを選択)
「メインテーブルまたは祭壇装花」(選択)
「ゲストテーブル装花」
などです。
1レッスンは上記と同じく8400円講習料2000円で
10400円を予定。

「活け込み」のみ火曜日午前中、実際の現場2箇所で
活けていただき、岩橋がそれをサポートします。
そのためこの日はマンツーマンになります。
8月の火曜日限定で、お申し込み順、曜日が埋まり次第
締め切りになります。

また詳細はおってアップしますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

a0042928_0232118.jpg


写真は、トワカップとアルンウィックキャッスル、
オールドローズのピンクと白の優しいブーケ。

見る人を、優しくする花を。
一会のコンセプトはいつもひとつです。
売りたいもの、大事なものも同じくいつもひとつだけです。

花ではなくて、デザインでもなくて、
「満足」を、花嫁さまからの心からの「ありがとう」を。

それが一会にとってなによりの報酬です。
時々それでも、義理や不安に迷ってしまう自分に、
そう、再確認してみたりします。

実は本当は今週、
嬉しいお仕事のお声がかかったのを
どうしてもスケジュールが厳しくて
打ち合わせのために1時間さえ割くことが
どうしてもできなくて、
迷いに迷った挙句、とうとうお断りしてしまいました。

たぶんそれをうけていれば
この秋もたくさんの仕事が出来るはずで
明日のごはんの心配をしなくてすむ。(←やや誇張ありです)

今やっぱり少し、後悔しているんです、白状すると。笑

でも、自分にとって必要なこと、本当に大事なことは
やはり目の前のブーケのひとつを、大事に作ること。
今週の新婦様に、ちゃんと喜んでいただけること。
たった一度の花を、かけがえのない花にできること。

さきほど届いた、昨日の新婦様からのメール。
またいずれご紹介できるかもしれませんが
それを読み返して、胸がつまったので、補筆してみました。
by ichiecd | 2006-05-28 23:02 | ブーケ&装花スクール | Comments(8)
ブーケ キャスケード ミスカンサス
a0042928_11474479.jpg

昨日のメールのお話、その続きです。頂いたメールをこちらに転載してもよいですかと
お伺いしたそのお返事。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋様

こんばんは。

メールありがとうございました。
ブーケ、装花は当日の一番の楽しみでしたので、
素敵なお花いっぱいに飾っていただけたこと、
本当に嬉しく思っております。

一会さんに依頼した皆さんがおっしゃっていますが、
私も一会さんにお任せして本当に良かったと思っております。

式後仕事をお休みしていて、今日から職場復帰だったのですが、
列席者からお花がキレイだったよ、と何度も言われ、
すごく嬉しかったです。

贈呈用花束もすばらしく、つぼみが沢山ついていて長い間楽しめそうで、
嬉しいです。
先日実家に帰ったら、家中が花の香りで満ち溢れていました。

式の準備で忙しく、寝不足気味の日々でしたが、
そんな中でも岩橋さんのブログを毎晩拝見し、
癒されていました。
ブログは仕事が終わられてから書かれている、とのことだったので、
ブログが更新されていない夜には、
岩橋さんもまだお仕事しているんだから、
私もがんばって式の準備をしよう、
なんて、勝手にエネルギーをもらっていました。

先ほどブログを見たら、
私のブーケが載っていてすごくうれしかったです。
早速、PCの壁紙にしました。

感謝の気持ちは言葉では伝え切れませんが、
それでもかまわなければ、ブログ等への掲載の件、
OKです。

今日も、今頃週末の挙式に向けて、
ブーケの製作に励んでいらっしゃる頃でしょうか?
これから、ジューンブライドの6月をむかえ、
ますますお忙しくなるかと思いますが、
お体に気をつけてください。
これから、岩橋さんのブーケを持つチャンスのある
沢山の花嫁さん達が羨ましいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前ついにこのブログでも告知してしまうほど
今週は集中してたてこんでしまい、
いったい何件のお客様をとうとう断ってしまったか
数えてみるとたぶん今日注文してくださった方と同じ数ほど。

そのピークの昨日、このメールをいただき、
返信する時間もブログを更新する余力もとうになく、
でも夜中、2度、3度と読み返してまた仕事に戻りました。


結婚式の中でも、装花というのは土台となる要因に左右されやすく
たとえば列席者数による卓数の増減からはじまり、
ヘアメイク、演出、どのくらいの間カーテンを閉めているか、
様々な因子で、直前まで変更のある場合も多いのです。

特に私のように、お客様と直接やり取りしているデザイナーの場合、
ぎりぎりまで粘ることもできない話ではない。
迷いながらやりとりを重ね、すべてが決まることが数日前ということも。
その分、新郎新婦様のお大変さをつぶさに伺えてしまったります。

 ウエルカムボードがまだなんです。

 プロフィールを作るのに徹夜しました。

 入場の音楽を決めなくてはならなくて大変です。

 こんな時期なのに、風邪をひいてしまって。

 睡眠不足です、クマひどい花嫁さんにならないようにしないと!



結婚式というひとつの一日にむけて
どこか伴走してるような気持ちに、
勝手に、なっています。
なので今回いただけたメールは、また嬉しかったです。

ほんとうにありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-27 22:03 | ブーケ | Comments(0)
初夏の装花 あじさい水色
a0042928_19261343.jpg


許可をいただけて、新婦様からのメールを転載します。
一通目は、携帯から、でもかなり長文のメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


岩橋様

先日は会場装花、ブーケで大変お世話になりました。
お礼が遅くなり失礼しました。
優しく柔らかい色合いのブーケ、とても素敵でした。
列席者、ヘアメイクさん、カメラマンさんにも大変好評でした。

会場装花も爽やかな色合いで花一杯のアレンジをして頂き
すごく嬉しかったです。
ブーケは終わった後も部屋で色んな角度から
じっくり眺める事が出来たのですが、
装花はゆっくり間近で見る機会が無くてすごく残念です…。
本当はゲスト卓の装花を1つ自分達で持って帰るつもりにしていたのですが、
あまりにも好評で列席者があっという間に持って帰ってしまいました…(´Д`)

あんなに沢山の優しいお花をご用意下さって本当にありがとうございました。
特に色ブーケは、あのドレスにどういう色が合うのか、
私には全くわからずにいたのですが、
あんなにドレスにぴったりくる色合いのブーケを作って下さって
本当に嬉しかったです。それぞれ微妙な色合いの花達だけど、
お互いを邪魔せずに一つに調和していて…。

家に持って帰って花瓶にさそうと思い、ばらしてみたところ、
こんなに沢山のお花で作ってあったのかと驚きました。
花瓶では収まらず、結局洗面器いっぱいになりました。
今日、自分でドライフラワーと押し花にしてみました。
お花は良い香を放って、再び当日の幸せ気分がよみがえりました。

当日お会い出来ず直接お礼を申し上げられず残念ですが、
お忙しい中沢山の素敵なお花をご準備頂き本当にありがとうございました。
アシスタントの方々にも宜しくお伝えください。
岩橋さんの更なるご活躍を祈念しております。
まずはお礼まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は、ホテルロイヤルパーク様。
過去何度かお伺いしたことがありますが、
スタッフの皆様がいつも感じよく対応してくださって素敵なホテルさまです。

頂いたこの嬉しいメールを、掲載してもよいでしょうかと
お伺いしたところ、
もうひとつまたPCからのメールをいただきました。
それは明日、27日に・・・
by ichiecd | 2006-05-26 23:31 | 会場装花 | Comments(0)
ラウンド ブルーパープルのドレスに
a0042928_0521221.jpg


お色直しのドレスの写真を拝見すると、
青のような紫のような、光によって色が違ってくるような
ニュアンスカラーのドレス。
どういうブーケがよいでしょう、と花嫁さまに聞かれて
ご提案させていただいたのがこの色合い。
新婦様よりメールをいただき、とても喜んでくださいました。
by ichiecd | 2006-05-25 23:50 | ブーケ | Comments(0)
淡いピンク ゆりかごの装花
a0042928_0112366.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は素敵な会場装花とブーケを、ありがとうございました。
ゆりかごと伺っていたので、どんな仕上がりなんだろうと、
とっても楽しみにしていました。
実物を見て、本当にかわいらしく、淡い色合いで、
想像以上の素敵な仕上がりで、とても嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました。
ブーケも「○○らしいね。」と母から言ってもらえるくらい、
私のイメージとあっているようで
(私はそんなに優しくないのですが・・・)嬉しかったです。
香りも甘い優しい感じで、一会さんにお願いしてよかったです。

お花が少し散ってしまったので
ブーケとしてはとっておけなくなってしまったのですが、
ポプリにして大切にとっておきたいと思います。
ぎりぎりまで相談に乗っていただいた白いブーケも分けた友達から、
「一個じゃなくてたくさんの人に分けてもらえたから
うれしかったよ。」といわれました。
ブーケをもらうのが初めてという友達もいたので、
喜んでもらえました。本当にありがとうございました。

祖母も、二人の両親もとても喜んでくれていました。
お花をもらうのはなかなか機会がなくて
今まであまりお花に興味がなかったのですが、
これを機会にお花と触れ合える機会を
自分でも持ちたいなあと思えるようになりました。

もし機会がありましたら一会さんのお花教室にも是非通わせてください。
岩橋さんのブログの更新をこれからも楽しみにしております。
本当に本当に素敵なお花をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日ブーケを掲載した花嫁さまから
丁寧なお手紙を頂いて、許可をいただけたので転載しました。


実際にこうして装花を納品させていただくまでにあった
大きな制約を、でも、どうしても、と、努力してくださって
そしてはじめて実現した装花、
こうして喜んでくださって、やっと心から安堵し、
そして本当に、ありがたいばかりです。

a0042928_0114634.jpg


「ゆりかご」は、ケーキスタンドのようなアイアンの器に
リボンで、ふわりととめています。
(この白いアイアンの器は目下マイブーム。
あれこれ組み合わせて楽しんでいて今週も使用予定です)

花びらとともにアクセントにおいたのは、ブルーベリーの実。
淡いピンクの重なりをちょっとだけひきしめるようにしてみました。

白いブーケというのは、6個の小さなミニブーケを
組み合わせた、お友達にシェアできる、シェアリングブーケです。

この日、東京は快晴。
白い建物と、青い空と、緑の芝生、
その中にカメラにむかって笑いながら顔を寄せるお二人は
本当に、絵みたいでした。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-24 23:12 | 会場装花 | Comments(0)
キララアプリコット
a0042928_057654.jpg


キララアプリコットというのは、トルコキキョウの品種名です。
見えにくいのですが、写真中央バラのやや右上から3リン、
「この花、・・・何?」と聞きたくなる
不思議な花弁と不思議な色。

先日のニューオータニ様での装花。
時間がなくてほとんど写真を撮れずじまいでしたが、
光がたっぷり入る鳳凰の間で、
きらきらと光るトルコキキョウ。
これからのシーズンに大活躍してくれる花です。

a0042928_0565585.jpg

by ichiecd | 2006-05-23 22:42 | 会場装花 | Comments(2)
薔薇とサンマ
美味しいものを食べると元気になれるというのは
ほんとだと思います。


大仕事が終わった時、
野菜が食べたい時、
おなかがぺこぺこにすいた時、
そして少しばかりへこたれてる時、
とりあえず駆け込む定食屋さんがあります。

基本的に頼むメニューはいつも同じ、
サンマの塩焼とわかめの酢の物と青菜、
お味噌汁まできれいにたいらげて
「ご馳走様でした!」とお店を出る時には
本当に、ちゃんと元気になっていたり。お手軽。


そのこんがりのサンマの身をつつきながら、ふと
「今日の自分の一日は、
このサンマ一尾の命にひきあうだろうか?」と
思ったりします。

それは、馬鹿げた問いというべきで、
サンマ一尾だろうがワカメ一切れだろうが、
お米の一粒でさえ「ひきあうか」といえばひきあわない。
等価なのかという土俵にさえ揃わない。

かつ仮にひきあおうがひきあうまいが、
自分というひとつの動物は食べなければ生きられない、
それはその事実がただ現実なんだなと思うほかに、
回答はないのですけれど。

大根おろしに醤油でサンマを食べながら
こんなことを考える自分は、かなりクライのかも。

しかし、花、という別の生命を絶えず犠牲にしながら
生きてくための仕事をしている以上、
こういうことは花屋ならみな少しくらいそういうものなのでは?と
思ってたのですが
かなり少数派、どころか
「そんなくだらんこと考えてるのおめーだけだ」くらいの勢いで
アウトローなんだなあ、と最近、やや気付きつつあります。
そうか、そうだったのか・・・(がーん)


しかしそれはともかく、
花という別の命を使わせてもらっての仕事なので、
自分でも完璧だとは思わないけど、
でもやっぱり、花を粗末に扱われるのには、
 あだまさぐるー!(仙台弁)

なので、私も含めて、一会スタッフの皆様、
丁寧な取り扱いをこころがけましょう。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-05-22 23:00 | carpe diem | Comments(4)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。