ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
<   2005年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
去年今年
去年(こぞ)今年 貫く棒の 如きもの      虚子


そして2005年というこの一年もやがて過ぎて、
またひとつ、ある時間が流れていきます。

日頃、なかなかテレビをゆっくり見る機会もなく
久々にのんびり眺める画面に映る紅白には、
今年いろいろな局面でお仕事をさせていただいた
方々もいらして、
こんなところから応援しながら見ています。

今年できたいろいろな仕事。
今年させていただいたいろいろな仕事。
自分の手を確実に触れて
そして渡される人に渡されていった
たくさんの花。

たくさんの出会いと
たくさんの思いに
言葉にならない感謝をこめて、
あらためて、ありがとうございました。


此うへの夢は覚えず去年ことし  鳳 朗
by ichiecd | 2005-12-31 23:18 | carpe diem | Comments(0)
年の瀬、という日々
a0042928_015216.jpg



年内は明日31日18時まで営業します。
2006年、年始営業は以下の通りです。

1日 休
2日 休
3日 準営業:ご予約のみ
4日 午前7時より通常営業に戻ります。



今日は朝から活け込み先のメンテナンスにまわり、
年明けのウエディングの打ち合わせ。

残す日もわずかとなって、
都内は少し、静かな気配です。

と、油断していたら新宿付近で大渋滞。
カーナビ(愛称ナビイちゃん。高速好き。やや天然。)で
迂回ルートをたどって約束の時間にすべりこみましたが
最後までいろいろと気を抜いてはいけません。
という神様のお言葉でしょうか。

その後アトリエに戻り、
終わらない事務仕事に埋没しかけている私を
とうとう見かねて
強力な助っ人がやってきてくれました。
数時間で半年分の伝票をばりばりと
片付けてくれたAさん、本当にありがとう。(涙)
「あ、だんだん調子、あがってきた」と
PCのキイを叩く姿にうっとり。
事務仕事ができるって、素敵すぎです・・・。


私のような店を持たない花屋にとっても
クリスマスまではひとつの修羅場モードです。
それが過ぎて、お正月のディスプレイに交換が終わって、
そしてやってくるこの年末の数日間というのは
一年でもっとも、ほっとできる時期。
急な仕事が入ることも少なく、(でも入るときは入りますが)
電話もメールもぐっと減ります。(でも来る時は来ますが)

たいてい東京は天気がよく、
少し風が強かったりします。
日中は暖かくても
夜は冷えて星がきれいだったり、
いつもは必ずどこか明かりがついている
オフィスビルが、夜8時に真っ暗だったりします。

街を歩く人は少しまばらで、早足で、
皆、お正月に向けてとても急がしそうで、
でももうどこか手持ち無沙汰なようで。。

このからりとした明るい寂しさ、
地面に足がついてないような
中途半端なこの数日間が、
実は私は、一年で一番好きです。
クリスマスでもなく、お正月でもなく。


一年間、酷使したホコリまみれの
軽のエブリィにも感謝をこめてざっと掃除。
玄関にも小さなお飾りをつけて、
一会もやっとお正月を迎えることができそうです。
by ichiecd | 2005-12-30 23:58 | carpe diem | Comments(0)
『花時間』1月号 お正月の花のお飾り
a0042928_2283273.jpg

『花時間』(角川書店)2006年1月号
「花のお飾り手作りブック」107ページに
掲載されたお飾りです。

ただ、何種類かの豆を買ってきて、
きれいなグラスにいれて並べて、
花をぽんと上に乗せただけ。
・・・それだけです。
あまりに手順が簡単すぎて
メイキングページの撮影が逆に難航、
「どう撮ります?」。

a0042928_2284848.jpg

(同112ぺージより一部抜粋)

ここに写っている白魚のような手は
私ではなく、当日アシスタントを務めてくれた
生徒のSさん。
「手タレ」デビューでしょうか?
昼からずっと、ゆっくり座る暇もない忙しさでしたが
くるくると一生懸命働いてくれました。
遠方なのに、ほんとうにお疲れ様でした。

この写真の豆セットをはじめ、
なるべく、手元にあるもので
簡単に・・・とこころがけました。
この写真の隣に載っている
「フレキシグラスで作る手毬」も、
一見?という構造のように見えて、実は
テレビを見ながらお子様と一緒にできるくらいな
手軽さだと思います。

今年も残すところあと少しですね。
今日ようやくすべての年賀状を出し終わりましたが
一筆添えることもできなくて
申し訳ないです・・・とここでまた懺悔します。
そして昨日の痛恨の空白は
後日こっそり以下繰り返し・・・。
by ichiecd | 2005-12-29 23:27 | carpe diem | Comments(0)
シェアできるブーケ2 ベージュピンク
a0042928_0451744.jpg


シェアができるブーケ。
淡い色のバラをたくさんまぜながら
小さい花束をまず用意。

a0042928_0452497.jpg


こんな感じです。
上のブーケは、
この小さな花束を
5つ組み合わせてラウンド状に仕上げました。

最後にひとつひとつ、友人へ差し上げる趣向です。

そのほか、さらに7つを作り足して、
全部で12個ご用意しました。
来てくださったお友達全員へさしあげたいという、
新婦様の優しいお心遣いでした。

(上の写真は、当日、早朝に撮ったため
光が弱くあまり色が出ていません、
下のミニブーケのほうは、予備の7個分を
前日の昼に撮影。
こちらのほうが実際に近い色です)

このシェアできるブーケ、
別のものですが、
実際にお持ちになった新婦様の写真を
10月のブログ記事で紹介しましたので
ご参照ください。

シェアできるブーケ1

ちなみに、呼称は
シェアリングクラッチブーケ、で間違いなさそうです。

今日は短いのですがこれにて・・・

たった今、やっと年賀状のプリントアウトが終わりました。
と、白状して先に、懺悔します。
元旦には届かないかもしれません。
ごめんなさい。
今年のウエディングの方々を入力するだけでゆうに半日がすぎ、
Yさんほんとにお疲れ様でした。
by ichiecd | 2005-12-27 23:38 | ブーケ | Comments(5)
新郎新婦様からのメール トランプとケーキ
a0042928_118085.jpg
a0042928_10205668.jpg



このバースデイケーキに見覚えのある方もいらっしゃるでしょうか?
11月19日の記事「ウエディングとお誕生日」でご紹介しました。

新婦様から、御礼のメールとともに、当日の素敵な
お写真が送られてきましたのでご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あのバースデイ ケーキは大変なご苦労だったようで・・・。
本当にありがとうございました!!!
その他にも色々なリクエストをしましたが、全て感激でした!!!
螺旋階段のトランプも、「スゴ~イ!スゴ~イ♪!」と
緊張をしていなかった自分は、はしゃぎまくってました。。

式中は視界が狭くなったのかと思うぐらい、
ほとんどきちんと見る事が出来ていなかったので
写真を見ながら再度感激していました。
「何これ!カワイイ~!」と初めて見る!!ぐらいでした。

写真を見て改めてネットで偶然見つける事が出来た、
一会さんにお願いする事が出来て本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。
何枚か写真を添付しますのでブログなど、どうぞ活用して下さいませ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0042928_1021775.jpg


このブーケはプリザーブドのメリアローズ。これも
こちらに記事があります。

a0042928_10204352.jpg



ディズニー・リゾートでキャストとして出会われたお二人。
当日は、そのモチーフをあちこちにちりばめて
花を製作しました。


会場となったシェ松尾・天王洲倶楽部様は
ただでさえ全体が素敵なしつらいで、
一会アシスタントにもファンが多く、
その窓からの夜景は、ぜひ一度、と
人に勧めたくなる魅力があります。

私としては、とても飾りがいのある会場様。
お花はほぼ全部、おまかせでしたので、
いろいろとアイディアをひねってみました。

人前式の祭壇にはツリーを据付け、
チェアフラワーを白いリースに仕立て、
メインやゲストのテーブルの装花は、
ケーキプレートのようなアイアンを使っています。
極めつけは、会場中心にある螺旋階段に
まわすように吊るしたたくさんのトランプ。
見た方々がみな、「わあ、アリスみたいですね」と
ちゃんと連想してくださって、自己満足の私でした。

今日、この段階では、
一会側で撮った装花写真の加工処理が間に合わず、
まだアップできないのですが、
当日、フォトグラファとして撮影された
こちらのサイトで、そのご結婚式の様子を見ることができます。

アルカディア・イースト
こちらの11月のギャラリー、中央のお二人です。
http://pc-ar.co.jp/gallery0511/month_0511.html

なお、このブログに掲載した写真もすべて新婦様経由でいただいた
アルカディア・イーストさんのお写真です。素敵ですね。

一会としても、本当に楽しんでしまった会場装花でした。
あらためて、ありがとうございました。

a0042928_10203010.jpg

by ichiecd | 2005-12-26 23:42 | 会場装花 | Comments(1)
バラのリースの手土産

a0042928_0182238.jpg

バラをたくさんあわせて作った、生花のリース。
先日のレッスン以来、私もちょっとマイブーム気味・・・。

夕方までにせっせと仕事を片付けて、
ひさびさに夜はオフにして、郊外にある友人の家へ。
その手土産として作りました。

ちょうど、ブライズの渡辺さんから
「うちは今年はもう終わりだからさ、
花、あるから、とりにおいでよ!」という
有難くて嬉しいお誘いがあり、
どっさりと花をいただいたところ。
花の世界で大先輩にあたる
ブライズさんには、
グルーガンのスティックを借りたり
市場からついでに花をとってきたり、
あたかもミソとショーユの物々交換状態、
ご近所づきあいをさせていただいています。

渡辺さんのお花は、本当に繊細でかわいくて、
私自身もファンの一人です。
またご自身もとても優しい方です。
いつもお世話になりありがとうございます・・・。
(と、こんなところで御礼を書いてみる。)

そこで、このリースはいただいたバラも
多くまぜて製作しました。



さて、クリスマスにうちで夕飯でも、と誘ってくれた
Cさんは学生時代からの友人。
毎日仕事しかしていない私を気遣って
時々、こうしてひっぱりだしてくれます。

一会として独立したのは2000年の夏。
何の後ろ盾も貯金もないまま、なんとかここまで
フラワーデザイナーとしてやってこれたのは、
こうした有形無形の、たくさんの、あまりある支援が
あったからこそ。と、ココロから、思います。

今、一会として、頭があがらないなあという人は
多くいますが、Cさんもまごうかたなきその一人。


とても美味しい手料理を前に、
ブログに載せていい?とカメラを片手に聞いたら

「え、衝撃の全世界デビュー?」

という答えに、思わず笑ってしまいました。
そう、ネットを通じて全世界に初の大公開デス。

a0042928_0183590.jpg

a0042928_0182857.jpg


でも、美味しそうでしょう?
美味しかったのです。
それ以上に、あたたかい気遣いが
ただ嬉しくて、帰りの電車の中でも
今日の食卓を、郊外の駅の空気を、窓からの景色を
ただぼんやりと反芻するばかりでした。

なぜ毎日ブログを書くのか、は、面白かったよ」。
そう言ってくれたのですが、
それに書き忘れた理由がもうひとつ。
日ごろ、つい後回しにしてしまう
友人へのメール、電話、御礼の気持ちを
どこかで書けたらいいな、と思ったからでした。

Cさん楽しかった。ありがとう。
by ichiecd | 2005-12-25 23:46 | ギフト | Comments(2)
テーマウエディング クリスマスモチーフ
a0042928_21595373.jpg

a0042928_220123.jpg


この週末の、クリスマスをモチーフとしたウエディング写真を
いくつかピックアップして掲載します。
ハロウィンの時もそうでしたが、
一生に一度のこの日、それがどんな日だったか、
どんな時期だったか、
やってきてみたら会場がこうなっていた・・・という演出をするのに
花はよいアイテムだと常々思います。
ゲストに楽しんでいただきたい気持ちを、
うまく形にできる、アイディアのひとつではないでしょうか。

上は人前式の祭壇装花。
鈴の音のかわいらしいハウス型のオブジェと、
青い紙製の飾りを組み合わせています。
下は、ゲストテーブル装花にツリー型を並べて、
間を実でつないでいます。
お見積もり時にこのツリーのほか2種のプランを提案しましたが、
この「ツリー案」は是非とりいれたい、
と気に入ってくださいました。
無論、最後にはお持ち帰り用としてゲストの方々へ手渡されました。

a0042928_21585826.jpg
a0042928_21592733.jpg


こちらは会場にポインセチアの鉢だけを使ったご結婚式。
まさにクリスマス!
人前式の祭壇にはモミの木を据えつけて、リースや、
白の松ぼっくりや、コットンフラワーや、
この写真のようなオーガンジーにいれた銀のヒイラギなど
いろいろな白のオブジェを飾っています。


明日はクリスマス。
皆様にはまたよい一日になりますように、お祈りしています。
by ichiecd | 2005-12-24 22:00 | 会場装花 | Comments(3)
ブーケラウンド 雪うさぎのブーケ
a0042928_23231999.jpg


トワカップ、グラミスキャッスル、アンブリッジローズ、
そしてジュリアのブーケ。

作っている横でちら見していたアシスタントYさんが
とうとう我慢しきれず、
「このバラ、雪うさぎみたいでかわいいですねー」と
絶妙なたとえ。
うまいな。座布団一枚。


そこで、「雪うさぎ」と(勝手に)名づけて
お届けしたこのブーケは、実は同じマンションに入っている
ドレスショップ「1+1」さんのドレスにあわせて
お作りしたもの。
同じ建物、というのは、入居してから気づいたくらい
本当に偶然だったのですが
どのドレスもとても、もののよいのがよくわかるような、
素敵なドレスばかりです。

明日はイブ。
早朝からまたみっしりと仕事があり、
今年最後の稼ぎ時?です。


「今日はブログやめてとにかく寝てください!」という
アシスタントさんからの、ブログ禁止令が出てしまい、
これを書きながらもちょっとびくびく。
怒られそう・・・(ほんと立場ヨワイ)
なので、本日はひとまずこれにてどろん。

昨日の痛恨の空白は、そのうちこっそり埋めておきます。
by ichiecd | 2005-12-23 23:40 | ブーケ | Comments(2)
お持込の装花 エピソード2
最近のウエディングでびっくりしたエピソードのひとつです。

お伺いしてみたら、ブライダルコーディネーター様のお一人が
「以前、ご一緒しましたよね?」と、
にこやかに、声をかけてくださるのです。
驚いて顔をあげると、確かにお顔には見覚えがあるのですが、
とっさのことで言葉が続きません。

「あの時、あの会場の、ウエディングプランナーをしていた・・・」と
続けてくださって、一気に記憶がよみがえりました。
その会場様のやはり持ち込みの装花の時に、
お世話になったコーディネーター様でした。

奇遇ですね、わあ、ご縁ですね、とびっくりしながら、
こうして、また持ち込みをしている別の会場様でも
暖かくお声をかけてくださったことに
じーんと感動してしまいました。

ただでさえ、装花のお持込は会場様にとっては
手数の多い、大変なことだと思います。
納品時間、撤収時間、搬入はどこからするか、
どこで待機していればよいか、
契約している花屋さんなら当然知っているべきことを、
いちいち教えてあげなければなりません。
当日もってくるまで、どんな花かわかりませんし、
途中で花が落ちたり壊れたりせず、
最後まで無事に終わるかどうか、
どんなにご心配なことでしょう。

それでも、新郎新婦様のご希望をくんで、
かなうかぎりお二人の要望に応えるべく
装花のお持込にOKを出してくださる会場の方へ、
少しでもご負担のないよう、
少しでも安心していただけるように、
こころがけているつもりです。

今回こうして、たった一度、
持込をした花の業者でしかない私へ、
ちょっと懐かしそうにさえ話してくださる。

その、コーディネーター様の笑顔を思い出す今、
一会としての小さな、でも継続する努力を、
少しだけでも評価していただけたような気がして
嬉しく、またありがたくて、
この場からこっそりと、御礼を書いてみることにしました。
by ichiecd | 2005-12-22 22:34 | carpe diem | Comments(0)
新郎新婦様からのメール マリアの祭壇
a0042928_23531857.jpg
a0042928_23533148.jpg


先日のバラ「マリア」をあしらった人前式の祭壇装花。
ガラスの中にさらにグラスをいれて、
マリアの表情を見せています。

新婦さまからは、翌日に丁寧なお電話を頂戴しまして、
さらに長いメールをいただきました。
以下、許可を得てメールを転載しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日、岩橋さんにひと目会って直接お話ができなかったのが
本当に悔やまれます。。
(呼んでもらおうかと思っていたのですが、
準備の邪魔になると思いやめたのです。。)

ブーケ、友達やヘアメイクさんにも大好評でした!
特に、メイクさんが最初に手にとった時に
「うわー、綺麗ですねー!!」と感嘆してたのが
私もとても嬉しかったです^^
あの、花びらがグリーンがかった薔薇が、
なんとも素敵だなーと思っていたら
岩橋さんもお好きのようでしたね^^
(ブログ拝見しました)
柔らかい雰囲気で、でもしっかりとしていて
なんとも魅力的な「かわいい」薔薇ですね。

会場の装花は、本当に私の好きな雰囲気で!
かわいくてかわいくて、すごく嬉しかったです^^
お花はあまりゆっくり見る余裕がなかったので
写真が届くのを楽しみにしているところです。
チャームも喜んでもらえたみたいだし、
準備して本当によかったです。
リボンは岩橋さんがおっしゃるとおり、長めの方が
よかったですね…すごい引っ張られたので(^^;
(みんな興奮していたから??)
ちなみにプルズブーケは姉が引いちゃいました!
なんてこと(笑)
なんだか会場は一部異様な盛り上がりを見せていて…

ブーケや挙式用装花など、頂いたお花たちは
一度くったりとしてしまったのですが、見事に復活して
くれて、今でも我が家で元気にしています。
なんとも贅沢な本数で、花瓶がなくて大変でした^^
ブートニアなどももったいなくて、解体して根元から切り
水を張ったお皿に生けてみたのですが、元気ですよ~。
(解体してみて、こんなに手の込んだものなんだと
改めて感動しました。。)

こんなにたくさんのお花を飾ったのは久しぶりで、
とてもいい気分です。
花は時々飾るのですが、
これからは欠かさないようにしようと思いました。


写真などは1月中旬になるようなのですが、
いいショットのものを選んでメールいたしますね。

本当に、お世話になりました。
これからは一ファンとして、影ながら応援しておりますので
色々なご活躍を期待しております。
どうぞ、お体には気をつけて頑張ってください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さらに、この嬉しい、ありがたいメールを
ブログに転載してもよいですか?
とお問い合わせをしましたところ、
ご快諾とともに、

「ちなみに マリアたちは誰一人として脱落することなく
まだまだ元気です。^^」

というご報告も添えてくださいました。
すでにお式からゆうに、一週間以上の時点のお話です。



ちょうど、チャームプルズの折には別室で
待機してお花の梱包作業をしておりましたが、
皆さんの盛り上がり具合がそれはもうすばらしくて、
本当にみなさまとても楽しそうでした。

いずれ、会場装花全体の写真は一会HPに
アップする予定ですが、
ひとまずご感想のみ先に。

本当にありがとうございました。


ちなみにこの写真は二枚とも、岩橋ではなく
実習で参加した生徒さんの
Mさんが撮ってくれたものです。
会場は暗く、しかも手持ちで
シャッターを押してたというのに、すばらしい。
やるなおぬし。あっぱれです。
by ichiecd | 2005-12-21 23:52 | 会場装花 | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。