ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:ブーケ( 2099 )
ブーケ ラウンド アンブリッジローズとジュリアとハロウィン 冬
a0042928_1648548.jpg


セレス高田馬場様へお届けしたブーケ。
光沢のあるシルバーの中に、
色味を抑えた本当に淡い淡いピンクのような
ニュアンスカラーのドレスでした。

アンブリッジローズは昨日の通りまんなかのアプリコットです。
そのほかのバラの名前はこちらを・・・

a0042928_16575831.jpg

by ichiecd | 2007-01-13 16:42 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ セミキャスケード 全日空ホテルさま
a0042928_043031.jpg


先週お届けした全日空ホテル様へのブーケ。
今はめったに(ナマイキなことに)自身ではブーケだけのお届けは
行けないのですが、この時は偶然お伺いできて、そうしたら
新婦様とお母様にお会いでき、うれしかったです。

a0042928_044454.jpg


今日は花屋さんの業界用語というか、略称まじりで御紹介。
マウスで文字を書くのも、ほんのり上達の影が見えるのではと思いますが
いかがでしょうか。
・・・自己満足ですね。はい。そうかもです。

ピーはスイートピー。この透明なクリーム色はステラという品種。
BTはバラのブラックティーという品種です。

アンブはアンブリッジローズというバラ。でもこの略し方は
一会だけかもしれません。
「アンブ」、かわいいと思うのですが。

では今日も一日お疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-01-12 22:41 | ブーケ | Comments(0)
ブーケを遠方へ、宅急便でお送りする場合について
a0042928_11413635.jpg

先日、「遠くだったので一会にお花を頼むのを諦めてしまった」という
新婦様のこの記事を読んでくださって
ウェディングブーケの宅配の
お問い合わせをしてくださる方が増えています。

一会では、遠方のお式の場合には
まず一度は、プリザーブドで作るブーケを御紹介しています。
写真はお色直し用のプリザーブドフラワーのブーケ。
最近はプリザもチューリップやオールドローズなども開発され、
色はまだ少ないもののずいぶんと品種が増えました。

プリザなら数日前の到着が可能ですから安心です。

しかしどうしても生花を、という場合には、

もし可能なら、当日都内から御列席の方へ
お預けしてお持ちいただくことができれば、一番よいです。
この場合には、駅またはその方の御自宅が都内であれば
一会からの自社配送が可能です。
過去新潟などへ、この方法でお届けしたことがあります。

しかしそれも難しいという場合、
リスクを織り込み済みでの御発注であれば、
宅急便による発送でお受けしています。

原則として、当日の朝の到着になりますので、
万一途中で宅急便の事故が起こった場合には
対応する時間がありませんことを
御了解いただかなければなりません。
その場合の対応は、出来る限りいたしますが
遠方であるということのほか、
一会側も土日の午前中は都内の挙式を抱えていますので
できることは少ない、ということを、あらかじめ御了承ください。

(ただこれまで北海道、青森、軽井沢、名古屋、京都など
10箇所以上に生花ブーケを発送したことがありますが
今のところすべて無事にお届けできています。
発送に際しては製作はもちろんのこと梱包にも
一会独自の工夫を重ね、万全の体制でお出しします。)

また当日10時までに到着の
タイムサービス便を利用しますが、
挙式の前に写真撮影を行う場合、
間に合わない場合もありますので
まずはお時間を御確認ください。
また地域によりタイムサービス便がない場合もあります。

冬の東北以北、夏の四国以南への配送は、
花が凍ったり暑さで蒸れたりしますので、
お届けを見合わせています。


a0042928_11303426.jpg



ブーケの形は、写真のように茎を束ねた
ナチュラルステム(クラッチ)ブーケとなります。
宅急便に耐える程度には花が強いことも必要ですので
通常のバラであれば大丈夫ですが、
できれば色と雰囲気の御希望をいただき
副材はおまかせいただくほうが安心です。

一会のナチュラルステムブーケの場合、花によりますが
ネット限定価格で3万円から35000円くらいがよく出ます。
送料は関東2500円~です。

ブートニア、ヘアードレスは似た雰囲気のプリザーブドで
作ることをお勧めしています。

こちらの方は軽井沢での挙式で髪飾りのほか、
バックコサージュもプリザーブドです。


また、御両親用の花束をお必要な場合には
なるべくプリザーブドをお勧めしていますが、
こちらもどうしても生花でという場合には、
アレンジメント(かごに挿したお花)をお勧めします。
しかし、なお花束でという場合には、
上記と同じ条件を御了解いただければ
お出しすることが可能です。


というわけで、
まずはブーケの納品時間を御確認くださいね。
写真撮影、リハーサルの時間もありますので、
会場様へ御確認の上、時間を添えてお問い合わせください。


なお、生花のブーケを遠方へ宅急便でお送りすることは、
上記のようにかなり条件が難しいので、
「どうしても一会のブーケを生花でもちたい!」という
とてもありがたいお話の場合のみに御紹介する方法です、
と付け加えてしまう自分は、やはり小心者ではあります。
やっぱりどきどきするので・・・。

それだけに無事に届いたというお写真はまた格別です。

ではどうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-01-11 13:25 | ブーケ | Comments(0)
軽井沢へ 3シェアブーケ 
a0042928_034582.jpg


昨年秋に、軽井沢で挙式の新婦様。
遠方のため、白のブーケを宅急便で出すと万一の場合
時間が間に合わないということからはじまって
プリザにするか、どこまで現地のお花屋さんに頼むか。
何度も何度もお話をして、
でも最終的に一会の生花のブーケが好きなので、といって
色のブーケとプリザーブドでのドレス飾りを御注文くださいました。

a0042928_0343951.jpg


実はひとつのようにみえて3つにシェアできるブーケ。

a0042928_0345050.jpg


ドラマティックな一瞬の写真に、
自分までどきどきとして感動をおすそ分けいただいた気持ちです。

a0042928_0352367.jpg

ドレスもとってもかわいいし髪形も凝っていらして素敵です。
ピンクのプリザーブドで作ったドレスコサージュ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日は、素敵なお花をありがとうございました。
ブーケはとても香りがよく、かわいらしい感じで
女性のゲストに大好評でした。

パーティーの最後には、ブーケを分けて
友達にプレゼントし、とても喜んでもらえました。
ドレスに付けるお花も、私の想像を超えた、
かわいい作品で後姿を見たゲストからは、「かわいい、かわいい」と
賞賛されました。
一会様のお花のおかげで、良い一日が過ごせました。
ありがとうございました。

いつもお忙しい一会様ですが、お体を大切に、
よいお年をお迎えくださいませ。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもいつも丁寧なメールを下さる方でした。
実際にお会いすることは最後までかなわなかったものの、
こうしてお写真をいただけて、
その御結婚式のあたたかさを思うばかりです。

本当にありがとうございました。



今日はプリザレッスンの日。リクエストをいただいて、
さらに、30日19時より単発プリザレッスンを行います。
新婦様ののお写真みならず、
このレッスンのこととかリクルートのこととか、
『花時間』の最新号のこととか、
2月25日あたり遠方からいらっしゃる方がレッスンを御希望されているので
もしかして生花のブーケレッスンをするかもとか、
御案内もあれこれあるのですがまだ追いつきません、ごめんなさい。
マイミクのリクエストなどためてて本当にすみません。
まだ1月はじまったばかりなのに何をやってるんだか。
なるべくはやく・・・
えーと。
おやすみなさい。(逃避)。






a0042928_0353312.jpg

by ichiecd | 2007-01-08 23:26 | ブーケ | Comments(0)
花のカチューシャとブーケ マハ 
a0042928_22454859.jpg


マツヤサロン様へお届けするブーケを頼んでくださった方が
同時にリクエストしてくださった、花で作るカチューシャ。
オールドプティというバラで、手のひらサイズで作っています。

a0042928_2246381.jpg


ぽってりした雰囲気のブーケ。
大輪でほんの少し淡いアプリコットのバラは、「マハ」といいます。
新婦様の可憐で優しそうな印象に似合うように。


午後からマンツーマンレッスンにいらした生徒さん、
「今日はさすがにウエディングはなしですか?」という質問に
思わずアシスタントNと顔を見合わせてしまいました。
今日もしっかり朝から働きました!(笑)

(ちなみに、マンツーマンレッスンは、課題は自由に選べます。
その課題により2時間から2時間30分ほど。
講習料は5250円です。
3月から6月までのオンシーズンはまず無理ですが
今の時期でしたら応相談です。
・・・でも難しい場合にはごめんなさい、
今年は「ゆとりある生活」を目指すのだ!と昨年末に決意。
一週間ももたない気もしますが)



夕方にはブログを読んでくださっているという
同業の方からはじめてのお電話。
いろんな方が読んでくださってるんだなあと、
有難いかぎりです。
でもあまり褒めていただくとちょっと申し訳なく、
とりあえずフラワーデザイナーなどというのは
あくまで「めっき」なので騙されないでくださいねー、と、
つい腰がひけてしまうあたり、ほんとに小心者です。



ではみなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-01-07 23:09 | ブーケ | Comments(0)
シェ松尾青山サロン様の装花 生命の根 2
a0042928_1103423.jpg


このシリーズで御紹介している新婦様、
白ブーケを持ってくださっているお写真です。
メールの掲載の許可をいただき、御紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その節は大変お世話になりました。
当日は、満足にご挨拶も出来なくて、申し訳ありませんでした。
素敵なお花でしたねー。
ありがとうございました。
さすがプロ。
あんな訳のわからないメールの言葉だけでイメージを汲み取って、
会場や雰囲気にぴったりのものを作ってしまうのですものね。
才能と経験と努力の賜物なのでしょうけれど、
自分のイメージを遥かに上回るものを作り上げて頂いて、大満足です。

白ドレス用ブーケは本当にラブリーな色合いで、
見ているだけでハッピー気分です。
ヘアメイクさんにも、「このブートニアすっごいかわいいですね」と
言ってもらえましたよ。
ブーケだけじゃなくて、ブートニアまで褒めて頂けるなんてうれしかったです。

カラードレスのお花達が、またイメージにぴったりでびっくりです。
グリーンカラーでも、赤い実ものを加えるだけで、赤いドレスにぴったり合うものに
なるんですねー。
ブーケはもちろん、ヘッドもリストも本当にわたしの好みにぴったりでしたよ。
すごく気に入って、式が終わっても付けて帰りました。
赤いドレスが列席者にはすごく評判が良かったのですが、
お花との相乗効果の賜物ではないかと思われます。
エントランスのランプの下の装花を褒めてくれた方もいましたよ。

それにしても、花嫁って当日は忙しいんですね…。
実は当日じっくり会場を眺めている余裕がなかったので、
お花もあまりじっくり見ていられなくて。
でも、改めて写真を見てみると、本当にきれいです。
そして、暖かい。
セルロイドのお人形みたいな雰囲気じゃなく、生身の人間の温かみが感じられて、
写真を眺めるだけで今でも幸せな気分になります。

「人を幸せにしてしまう仕事」
それが、一会さんにはぴったりですね。
見ている人が自然と優しい、幸せな気持ちになれる。
最近は、面白さ、楽しさ、喜びさえも、他人に「楽しめ」 と押し付けられている
ような気分になることが多いです。
でも、押し付けじゃなくて、自然と人を「いい気分」にさせてしまう。
それが、一会さんの魅力であり、
お持ちになられている本物の底力なんでしょうね。

自宅に持ち帰ってきた白いお花(バラですか?)からは、
とても甘い香りがして新婚旅行に行くまでの間も幸せ気分でした。
これぞ、生花の醍醐味。
…さすがに、一週間後に旅行から帰って来た時には
バラは枯れていましたが、実ものとグリーンは元気でしたよ。
クリスマスカラーに丁度良かったので、
具合の良いものを選んで生け直して飾ってみました。
何だか得した気分。

更に続きがあって、ツタのような葉っぱをコップに入れて飾っておいたら、
先日新芽&根が生えてきたのでした!!
一会さんもそうだけど、草花自身にも随分と底力があったようです。
普段置物のように感じているお草花は、ちゃんと生きているんですね。
少しだけど、捨てないで良かった。
せっかくだから育ててみようと思っているんですけど、
このツタのような葉っぱ、
どのくらい成長するのでしょうかね?
家中にからまるくらい育ったらどうしよう。
楽しみ半分、怖いの半分です。

私は、お正月はのんびりと過ごせることになりましが、
岩橋さんはきっとお忙しいのでしょうね。
最近は、お金よりも大切なものがあると、痛切に感じます。

(中略)

だけど、岩橋さんのHPを見ていると、元気が出てきます。
自分自身で、何かをがんばってみようという気持ちになります。
元気をありがとうございます。
これからも、時々HPのぞかせてくださいね。
スタッフの皆様にも、ありがとうございましたとお伝え下さい。

もう十分がんばっている人に「がんばって」というのが
私は何だかつらいので、
岩橋さんにはがんばって下さいとは言えません。
がんばって、がんばって…その言葉に、
これ以上?もっと?…と自分を追い詰めてしまう人もいるからです。
ですから、「どうぞ、お体を大切になさって、
沢山の幸せを創り出して下さい。」
とだけ言わせて頂きます。
もちろん、その幸せはご自身の分が最優先ですよ。

いつか、一会さんのお花教室に参加できる日を楽しみにしていますね。
また、お会いできますように。
一会さんのますますの御発展と御活躍をお祈りしております。

長いメールで申し訳ありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・もうどこから書き始めたらいいのか、途方にくれてしまうほど
嬉しい内容ばかりいっぱい詰め込まれたようなメールでした。
本当に、これ以上なにかつけたすことは
むしろ、不要のような気がします。

(ちなみに私自身は「がんばって」と言われたら
そうかなあというか、むしろ「応援してくださってありがとうございます!」
という、お手軽な性格なので、そんなには負担ではないのですが
最後に書いてくださった一文、
>もちろん、その幸せはご自身の分が最優先ですよ。
は、ぐっさりと胸にささりました。
まったくだ。と思うのですがいつも思うだけで終わりです。
でもこればっかりはなー努力とかでどうにかなるものでは←すでに脱落)

この白のブーケは大事な方へ差し上げて、
先日のグリーンのブーケは
「とても気に入って相性があうようで」ということで
御自宅に持って帰ってくださったのだそうです。

a0042928_1132629.jpg


お式が終わって、もうこの新婦さまから長いメールを
いただけないことが、
ほんとうに淋しい、と思うくらいです。

本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2007-01-05 01:10 | ブーケ | Comments(0)
ブーケとリストレット 緑のクリスマスローズを赤のドレスに
a0042928_13179.jpg


新婦様よりいただいたお写真。

こっくりした深い赤のドレス。
a0042928_15274.jpg


昨日も書いたようにあれこれ迷って組みなおした末に、
紫のバラも足しました。
きっとブーケとしたら、グリーンと赤だけのほうがまとまるのですけれど
それだけだと、新婦様にはなんだかものたりない気がしました。
女性らしさ、優しい感じ、柔らかな何か、そういう要素も加えたく
思いました。

とてもお忙しい仕事をなさっている方。
頂くメールの端々から、仕事への姿勢をいつも考えさせられました。


一会の花を持ってくださった花嫁さんの
その後の情報交換掲示板を作りたい、という夢のような
空想もあります。
新婦様は、皆様とても本当によい方が多くて
それぞれお仕事の面でも人柄の面でも尊敬してしまうことも多く、
結婚式という一日でそれでおしまいではなく、
仕事のことや御家庭のことや育児のことなどで
お互いにちょっと言い合えるような場所になれたら、
いいのかなあとか・・・。


話がとりとめなくなってきたので(いつもですが)、続きはまたあした。




リストレットは、一会のアクセサリ担当アシスタントNの製作。
彼女もOLからの転身組です。
今日ドアをあけたら、この新年から新調する予定でいた
玄関マットと一組のスリッパが、きれいにそろえられていました。
年末、私が先に帰ってしまったあと、すでに時給も全部精算した後、
それでも居残って、終わらなかった仕事を
全部片付けてくれていました。
未経験でも無資格でもこういうことのほうが
どんなに力になるかと感謝しつつ思う、2007年仕事はじめでした。
by ichiecd | 2007-01-03 23:30 | ブーケ | Comments(0)
何度も
a0042928_038733.jpg


 赤のドレスにあわせるのに
 赤バラというのがなんだかしっくりこなくて、

そうその新婦様がおっしゃるのが
なんだかよく解るような気がしました。

シェ松尾青山サロンの新婦様。
コーディネーター様からのご紹介でお会いしたので
もとより一会をよく知っていらしたわけではなく
でもお会いして、このブログや一会のサイトを
とてもよく見てくださるようになり、
花をだんだんと楽しみに、
毎回とても長いメールをくださるようになりました。

そのメールはいつもとても深くて
仕事への姿勢やこれからの一会のあり方までを
考えさせられる事もしばしばでした。

前日、そのメールを思い出しながら
何度も組み直したブーケでした。
難しくて、目と手が痛くなるほど。
明日は、頂いたお写真のいくつかをご紹介します。


お正月は極楽でしたが
明日から一会は準営業に戻ります。
活けこみ先のレストラン様は
本当は今日から営業のところも多く
今年はメンテナンスを年末にやりくりすることで
3日からにしていただきました・・・。

また1月20日から25日まで、岩橋が出張のため、
一会は準営業期間とさせていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2007-01-02 23:56 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド M-ヴィンテージパール
a0042928_134152.jpg


クリスマスが終わってもう残り僅かというこの数日、
去年も書きましたがこの時期が一年で一番好きです。
空気は冷えて、街灯も月も、光がきらきらして見えます。

一会は今日で2006年の営業終了です。
今年ウエディングを担当させていただいた方から
写真を多くいただいていて
まだ加工もお返事もおいついておりません、
本当に申し訳ありません。

どのお写真もありがたく、嬉しく拝見して
少しずつ作業を進めていますので、
もう少しだけお待ちください。

あと一日ですね。
でも今日も皆様お疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-12-30 23:32 | ブーケ | Comments(2)
和装、黒引きに持つブーケ ダリア「黒蝶」

a0042928_0424242.jpg


和装に生花のブーケを持つことは、
今はすっかり定着した感がありますが
この「黒蝶」という名の大きな黒赤のダリアは、その筆頭。
一会でもよく作るブーケのひとつ。

ですが、こんなに素敵な写真をいただけて、
拝見して、なんだかあらためて
しみじみ、いいなあと思いました。

(ちなみに一会では、最後まで美しく持っていただけるように
独自の企業ヒミツの加工をして(大げさ)、お届けしています。
結構こまごまと手も時間もかかる作業なのですが
私自身はアシスタントさんに「やっておいてね」というだけなので
らくちんです。えらくなってみるもんだなあ)

a0042928_0383248.jpg

ご新郎ご新婦様より、お写真とメールの掲載許可を頂いたので
転載させていただきます。
かわいらしい新婦様も凛々しい新郎様も、一対の絵のようです。

a0042928_038575.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無事、結婚式を終えようやく一息ついたところです。
 挙式当日、スタッフの方が美容室にブーケを運んでくださり、
メイクの途中の私はすごい格好で迎えてしまいすみませんでした。。

ブーケを最初に見たときは本当に理想以上の、素敵なブーケで
これから始まる式が更に待ち遠しくなりました。
ウエディングドレスと、お色直しは黒引き振袖を着たのですが、
ドレス用ブーケのふんわりとした優しい色と形と
和装用のブーケのダリアの粋な感じが
それぞれの衣装にぴったりで、着付けやメイクの担当の方々、
列席してくれたお友達も、こんな可愛いブーケは初めて見た。
と口々に誉めていただきました。
会場に向かう時も、通りすぎる見知らぬ方々に素敵なブーケね。。と
たくさんのお言葉をいただきました.。
 
和装用に生花のダリアのヘアドレスもお願いしましたが、
とっても大きい大輪のお花で
髪に飾るととても綺麗で、黒引き振袖を更に
綺麗に見せてくれました。本当に外すのが名残りおしかったです。

ブーケは2つともお友達にプレゼントしてしまいまい、
手元にありませんが友達もとても喜んでくれましたし、
眼に焼き付け写真にたくさん残せたので、
ゆっくりと思い出しながら見たいです。
  
岩橋さま、当初、お忙しい時期でブーケの受付は
締め切っていたのを無理をいい、多忙の中受けてくださり
その後も一会の皆さまには沢山の注文をお願いし、大変お手間を
とらせてしまい申し訳ありませんでした。
ですが、いつも丁寧な対応と繊細なお仕事を
最後まで拝見させていただき、
やっぱり無理を言って一会さんに、ブーケをお願いして良かったなあ。
と改めて思っています。

最初にHPで一会さんのブーケを見たとき感動し、
どうしても私も持ちたい。と思い、
当日実現した時の感動はずっと忘れないです。
一生に一回の本当に短時間しか持てないブーケにここまで、
思いが強く残せたのは皆さまのおかげです。 
本当にありがとうございました。
また、写真が出来たら送ります。是非みてくださいね。
 
乱文で申し訳ありません。。。
これからも素敵ブーケを沢山作ってくださいね☆。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうしていただけたこの4枚のお写真。
今、こうしてブログに転載しながら
またあらためて読み返して、
毎度のことなのですけれどそれでも今日もやはり
またひときわ、胸につまる思いです。

本当に、ありがとうございました。


a0042928_043153.jpg

by ichiecd | 2006-12-29 23:34 | ブーケ | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。