ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:ブーケ( 2068 )
ブーケ プリザーブド 青と紫で
a0042928_23302215.jpg

プリザーブドフラワーで作ったブーケ。

最初は、生花のアネモネのような花を御希望でしたので、
プリザーブドになっても、なるべくバラではなくて
スカビオサやトルコキキョウなどで優しい野の花の風情を
再現できるように。
先日のこの会場装花の方のブーケでした。



今日の話です。

メインテーブルを挿すときには
必ず後ろに下がってバランスを見たいので
今、私の後ろに立って作業しないで!とアシスタントさんに要求します。

きつく言ったあと、悪かったかなーと思って

「ごめんね、今ゴルゴ13な気持ちなの」。
とフォローしたつもりなところ、
誰も通じず。

しーん。

「今、仕事で忙しいので邪魔しないでくれませんか?」という
アシスタント皆さんの声が聞こえた気がしました。


いえ私も別に原作を読んだわけではありませんが、
「俺の後ろに立つな(BYゴルゴ13)」というのは、
普遍的な常識の範囲内だと思っていた私が
間違いでしょうか。

結構年季の入った漫画読みですが、
そういったら「意外ー!」という声が多かったので、
この際白状します。


漱石も中也も好きですが
「ハンターハンター」も「動物のお医者さん」も「ガラスの仮面」も
川原泉も全巻あります。

アシスタントNさん、この12月、修羅場モードを頑張ってくれたら
「デスノ」も「ヒカ碁」もまとめて全部、貸しますよー。(にんじんつりさげ中。)
あ、ヒカ碁は今うちの経理担当が「犬夜叉」と一緒に
持ってってるんだった。



方法の違いであって優劣はない、と思うのですが。
しょうもない本もあるし、我を忘れる漫画もあるし、
つまらない絵画もあるし、
人生を変えたCMもあると思います。




      神様の落書として自分を全うしよう

                           海藤抱壺




みなさま、今日もお疲れ様でした。
また明日も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2006-11-30 23:56 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ラウンド おまかせしてくださった花
a0042928_0261328.jpg



日が短くなって、早朝に撮るブーケ写真が難しくなってくるころです。
たてこんでいると朝6時にブーケを梱包しないと間に合わないので、
写真を撮ろうにも外が真っ暗。
というわけで、先週ひとつだけ、このブーケだけが
お昼の納品で撮影できた写真です。


場所は川越。
遠方なのに、ぜひとおっしゃってくださって、
御列席の御友人の方にことづけてお届けできることになりました。

白のお花をいれて、あとはおまかせというブーケ。
どれにするか決められないので、という嬉しいお言葉で、
贈呈用の花束も送料がかかるにもかかわらず
前日出しの宅急便でお届けさせていただきました。


バラはジュンカップとアンブリッジローズとフェアビアンカ、
得意のフランネルと、マイブームのデンファレを添えています。
新婦様のあたたかな雰囲気にあうといいなと思いながら製作しました。
by ichiecd | 2006-11-28 23:24 | ブーケ | Comments(2)
二期倶楽部様の装花 秋の葡萄の緑 3
a0042928_2328469.jpg


白のデンファレそれだけで仕上げた
シンプルで贅沢な、フリーキャスケードブーケ。
この日、オーダーされたドレスに身をまとう
その新婦様のご様子が、
お二人ならんだところか、どんなに魅力的だったか。

私自身がどうしても伺えなかった
二期倶楽部様の装花のセッティングに伺った
アシスタントさん3名は
それぞれがそれぞれとも雄弁をふるい、
ほんとにいっそ録音して、お聞かせしたかったほどです。


以前、このブログのこの日とこの日にそれぞれ掲載してご紹介しました。

いただいたメールをご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こうして改めて見せていただくと、
大人っぽさの中にある可愛らしさというのでしょうか。
葡萄のぽってりとした様子から漂う、さり気ない幸福感。
私達がとても好きなラインに仕上がっていて、
「う~む。」とうなってしまいます。

主人は家に戻ってから、家中のあちこちにお花を置いて、
何枚も写真を撮っていました。
特にあの、マイスとお花のコンビネーションがたまらなくお気に入りのようで、
「カワイイねー♪」を連発していましたよ☆
私も、自分が手作りしたものと一会フラワーとのコラボが、
とてもとても嬉しかったです。

何から何まで手作りで大変ではありましたが、
彼も私もかなりの凝り性&こだわり派ですので、
とても楽しく充実した準備期間でした。
何より、ゲストにとても喜んでもらえたので、
頑張った甲斐があったなぁと思っています。

また、主人との間には一大プロジェクトを成し遂げた
同志のような感覚も新たに生れ、
それは私達新米夫婦にとって、とても大きな収穫のように思います。

岩橋さんには色々とわがままを申しまして、
とてもやりにくいお客だったのではないでしょうか。
また、細々とお願いをして、
余計なプレッシャーをかけてしまったと思います。
ごめんなさい。
そして、そんなやりにくいお客に
最後までお付き合いくださいまして本当に有難うございました。

ブライダルに関わる色々な方との出会いがありました。
「その人の人生でたった一度の大切な出来事に携わるんだ」
という気概を持ってお仕事をされている方。
そういう感覚を全く持ち合わせていない方。
それはそれは色々な方がおられました。

決まりきった型どおりのものであれば、徹底した商業主義で
ルーティーンワークとして仕事をされる方に
お願いしてもそれなりに格好はつきますが、
「手作りで自分達らしいものを。本当に意味のあるものを。」と考えた場合、
協力をお願いする方に「心」がないと、
私達が本当に望むものを具現化することは出来ません。

私達は仕事のキャリアも長く、年齢なりに人生経験もありますから(笑)、
どんなに素晴らしいセールストークをされても、
その人に本当に「心」があるかどうかはすぐに分かります。
ですから、お花は全て岩橋さんにお願いしたのです。

『たった一度の花を自分の手から作る重圧』・・・本当に大変だと思います。
岩橋さんにブーケや装花をお願いするお嫁さんたちは、
お花にこだわりがあって岩橋さんを選ぶ方ばかりでしょうから、なおさらだと思います。
私がドレスをお願いしたデザイナーさんは、
長いキャリアをお持ちの方ですが、やはり同じことを仰います。

お花は朽ちてしまうから、なんとか残そうと大枚はたいて押し花にしたり、
後で写真で見て、改めてその良さを実感したりするんですよね。
そうして岩橋さんの作品は、
私達のような新しく生れた家族の記憶にしっかりと刻まれます。

失敗の許されないお仕事は辛いですね。
でも、やっぱり素晴らしいお仕事だと思います。
これからも頑張ってください。
同じ働く女性の一人として、これからも応援しています。


岩橋さんにすべてのお花をお願いできたこと、とても感謝しています。
私の再スタートに素晴らしいお花を添えてくださって、本当に有難うございました。
沢山のお花にドン!と背中を押され、
二人でとても素敵なスタートを切ることが出来ました。
有難うございました。

それから、当日お越し下さったお三方にも、どうぞよろしくお伝え下さい。
どちらにおられるか分からなくて最後にご挨拶出来ず、残念でした。


追伸:会場でお撮りになった写真が他にもあれば、お時間のある時で結構ですので
   送って頂けないでしょうか?
   当日、慌しくて見れなかったものもあると思い、見たくてたまらないのです。
   カメラマンさんが撮ってくださったものは、今月末か来月初旬には届きます。
   届きましたらすぐにお送りいたしますね。
   きっと素敵に撮ってくれているはずです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花にどんと背中を押された・・・なんて
ほんとに、花の仕事冥利に尽きるお言葉で
感謝・・・というだけでは不足なのですけれどそれしかないような。

文中に出てくるマイスは、新婦様手作りの
ウェルカムマイスのこと。
明日はこの写真をご紹介します。
by ichiecd | 2006-11-21 23:50 | ブーケ | Comments(1)
ブーケ ラウンド フランネルフラワーと丸いバラ
a0042928_2224376.jpg


今日もまたどの写真にするか
自分の中だけで、すったもんだしましたが

「今日のフランネルのブーケ、
かわいかったですねーーー」、

と、いうアシスタントさん方の褒め言葉に気をよくして
この一枚にします。

どうでもいいのですが
最近アシのみなさん目が超えて、ちょっとやそっとじゃかわいいと
言ってくれない気がします。気のせいでしょうか。

「バージンロードのチェアフラワー、これでどう?」

「・・・・・・」
(各自、黙々とワイヤリング)

って、ダメだしかい?!

てか、こーんなに働いているのに
この上まだ働かせるのかとかぼそく抗議したい。


気難しいうちのお姫様方からOKをいただいたブーケは、
実はお色直しのブーケ。
ひとつめはブルゴーニュの白とグリーンのキャスケードだったので
少し色みを強くして、
雰囲気を変えてみました。

フランネルフラワーと、フェアビアンカ、プリンセスオブウェールズ。
秋色アジサイとホワイトスターを加えて
見る人を優しくする花を、そう思いながら製作したブーケです。


みなさま今日もお疲れ様でした!
by ichiecd | 2006-11-18 22:38 | ブーケ | Comments(1)
キャスケード 蘭 白のデンファレ
a0042928_9272351.jpg


白い華奢なデンファレはジャックハワイという品種です。
最近デンファレのかわいさに開眼しました。
作っているときから、
蝶のような花がひらひらとゆれて
チェックのために何度も鏡に映すのが
ちょっと楽しいくらいでした。
早朝で写真がちょっと暗いのが残念ですが・・・。

お届けしたら、
新婦様がとても喜んでくださったとのこと。
伝票に、サインとともに
素敵なブーケをありがとうございました、と
走り書きしてくださいました。

本当に、ありがとうございました。




ちなみに、今は14日の9時30分です。
昨日は久々にワインをあけたら
そのままメールもブログもほったらかしで熟睡してしまい
翌朝こんな時間にこそこそと更新を。
今日はこれから生け込みとレッスンとディスプレイのお仕事、
また忙しい一週間です。
アシスタントのみなさま、どうぞよろしくお願いします!
by ichiecd | 2006-11-13 23:35 | ブーケ | Comments(1)
マダムトキ様の装花 隠し撮りの一枚
a0042928_23541756.jpg


納品に出向いたアシスタントNさんが、
手持ちのカメラでこっそり影から激写してしまったという一枚。
会場は、代官山の一軒家のレストラン、あのマダムトキさまです。

a0042928_23542859.jpg


納品が終わって帰ろうとしたときに
ちょうどお二人が出ていらして、それがあんまり素敵だったから・・・という
話で、聞いているだけで嬉しいような。
(しかしパパラッチ・・・いいのかそれで一会)

お写真とともにメールの許可もいただいたので
掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すてきなお花をありがとうございました。
どんな装花&ブーケが出来上がるのかとても楽しみにしておりましたが
お願いしたとおりに出来上がってきたのにとても驚きました。
もちろん大感激です。
会場にもぴったりと合っていて、そんな景色を見てるだけで気持ちが
高揚していました。

会場内の装花はじっくりと眺める余裕がなかったのですが
外回りの、特に門柱のお花はすてきだなーって思い
入場前にゆっくり眺めていました。

また、ウェルカムボードの赤い実もとてもかわいらしかったです。

ブーケも希望通りに仕上げてくださって、「すばらしい!」の一言につきます。
白ブーケの大きさ、色は希望通りに仕上がっていましたし、
ピンクのブーケも大変ステキで
手渡されたときはしばらくそのまま眺めていたい気持ちでした。

実は友人にプレゼントすることを考えていて
進行の都合でゆっくり写真を撮るまもなく、贈呈してしまいました。
もう少し長い時間持っていたかったのですが・・・少し残念です
友人はお花が好きな方なので、大変喜んでいましたよ。

いま手元にある写真達にはピンクのブーケの物がないので
はやく確かめたくて仕方なかったのですが、なんとHPに掲載されてるでは
ありませんか!! ウレシイです・・・
それにゲストの方の感想もあり、皆さんに喜んでもらえたことが
さらに嬉しいです!!!!!

カメラマンさんはしっかり撮っていてくれてると思うので
写真の仕上がりを楽しみに待つことにしますね。

白ブーケはまだそのままの形で手元に置いてありますが
枯れてしまうのは悲しいし、ばらしてしまうのも寂しいしで
どうにもできずに眺めているところです。

そろそろ、生けてあげないとかわいそうですね。

岩橋様および当日最後までサポートしてくださった方々に
大変感謝しております。
お式は大成功でした。ありがとうございました。

乱文ではありますが、お礼申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日同じく納品を担当したアシスタントJさんも
帰宅後にわざわざメールをくれました。
その勢いが嬉しくてそのまま掲載。
またその彼女のブログにも詳細がありますのでご紹介を。
(ちなみに今日もお疲れ様でした)




「ブーケの仕事はヤだよ、もう」
私がまだ学生だったころ、アルバイトしていたホテルフローリストで
ブーケを担当していた先輩がつぶやいたことがあります。

責任が重過ぎて、しょいきれないよ。

私はそのときの光景を
今もよく憶えていて
そして今、毎週のように何度も何度も思い出すのですが
その気持ちもいまはよくわかる気がします。
そのときは、そんなに嬉しい仕事なのにどうしてそんなことを
言うのか、ちっともわからなかったのですが。

たった一度の花を自分の手から作る重圧。
でもやはり、その責任と同じくらいに、
一度だけ、喜んでくださる花嫁様の言葉、
その一言だけ、それでもう充分とも思います。

ほんとうに、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-11-07 23:51 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ラウンド ひよこと蜂蜜
a0042928_23365464.jpg


青山ダイヤモンドホールへお届けした、今日のブーケです。

黄色のころんとした小さな丸いのは、イエローアンブリッジローズ。
一会だけ、半径5メートル内だけくらいですが
勝手にこのバラは「ひよこ」と命名済みです。
この記事に詳細があります

昨日のフランネルはぽんぽんなでたい感じなのですが
このひよこは、手のひらにきゅ!と包んで、
きゅーっ!てしたい感じです。
(意味不明なのですがなんとなく解ってくださいその3。)

淡いイエローと淡いオレンジ、というお話だけで
あとはおまかせ!のブーケでした。
オレンジには中央、スイートハニーを。
丸いアプリコットのほうはおなじみアンブリッジローズです。
お高いお嬢様バラなので、指定がなければ
いれなくてもよかったのですが、
このピンクがかった杏色を市場で見かけてつい、惑わされていまいました。
中央右上、黄色の丸い大輪はロマンティックキュリオッサ、
ほんの少しひらひら入っている美しい一重のオレンジはソフィア。
く。かわいいぜ。
とつぶやきたくなるバラばっかりです。


今までに一度だけ
花を触るのがつらくなった時期があります。
今こうして、花を見てほんとにかわいい、と思えることが
ただ嬉しかったりします。

お届けにいったアシスタントTさんによると
花嫁さんはとっても喜んでくださったとのこと、
それが一番大事なことで、私には必要なことです。
本当にありがとうございました。


みなさま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2006-11-04 23:46 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ フランネルフラワー 一会
a0042928_2124947.jpg


フランネルフラワー、という不思議な花。

かわいー!とぽんぽん思わずなでてしまいたくなるような、
そんな花です。
・・・実際、なでていたと思います。


本当に好きな花で自由に作っていいよ、そういわれたら
こんな花になるかなあ、というようなとりあわせ、
一会の名前で作らせてもらうことが嬉しい、そんなブーケでした。



表参道の小さなレストランで、
ご親族だけのあたたかなウエディング。

「ケーキカットもしないので、せめて花だけはいっぱいにしたくて」、
そう言ってくださって、本来は持ち込み不可の会場様に
ぜひ一会の花で、そうかけあってくださって、
その新婦様が相談時にもっていらしたA4の紙には
一会のこれまでのブーケや装花の写真が20点近く、
プリントアウトされていました。

見るだけでじんとするような。


今日の装花とブーケとを
作らせていただけて
こんなに嬉しいことはありません。

本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-11-03 21:47 | ブーケ | Comments(0)
セミキャスケード スイートハニー 2
a0042928_2235135.jpg


かわいらしい新婦様と俳優みたいな新郎様、
お二人で持ってくださっているのは、以前ご紹介したことのあるこのブーケです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が漠然とイメージしていたもの以上にかわいらしく、
清楚で、見たとたん「これだ!」としっくりいくものでした。
きっと私のイメージを理解してくださり、
そこに岩橋さまの素敵な感性がブレンドされたからだと思います。
後から写真で見て、もっと愛着が湧いてきました。
一生に一度の日に、愛着のあるブーケを持てたことは、とても
よい記念になりました。
ゲストからは、なぜか「おいしそう♪」という感想を
いただいたりもしました(笑)。
ちなみに当日は、楽しい気持ちのままあっけないくらいに早く
過ぎ去っていきました。
自分の結婚式というものは、こんなにも早いものかと驚いたほどです。


そのうえ、HP上に写真をUPしてくださっていたとDさんから聞き、
帰国後早速拝見いたしました。
ありがとうございました。
あまりに嬉しくて、印刷しちゃいました!
自分の為だけに作ってくださったブーケがHP上に載るというの
は嬉しいものですね。

一会さまのお名前の由来ともなった、「一期一会」。
今後、ブライダルでの私のブーケのオーダーは(当たり前ですが)
することはないですが、
今回のご縁を大事にしていきたいと思います。
私の友人が結婚する時に、おすすめしたいと思っています。
お礼だけお伝えするつもりが、長々となってしまいました。
(メールはどうしても文章で伝えることが全てになってしまう
部分がありますので、できるだけ丁寧に気持ちをお伝えできれ
ばと思いつい長くなってしまうのですね…)

一会様の今後の益々のご発展、お祈りいたします。
お忙しいとは思いますが、お体に気をつけて、
あまり頑張りすぎないでくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文中に出てくるDさんという方は、実はなんと、
フランスのラベンダーやミモザツアーでいつもお世話になっている
Oご夫妻の奥様のことです。
ご親友ということでのご紹介だったのでした。

なお、現在発売中の
『花時間』さん11月号113ページ、
「ヨーロッパ、私のお気に入りスポット」という記事でも
Oご夫妻にアドバイスをいただいてのラベンダーとミモザのことが
ご紹介されていますので、どうぞごらんくださいね。

ラベンダー畑の写真、こうしてあの『花時間』さんの誌面になると
なんだか別物のようです。
いいんでしょうかこんな写真でという気もしますが、
あの夏の、あのゆったりと流れる時間をなお懐かしく思います。
(ちなみにこの時の宿はヴァシェールという村にあります。
200年前の建築という古い石造りの農家を宿にしたというその
正確な住所が、何度尋ねてもいまひとつよくわからずじまい、
とうとうフランス観光局へ電話したところ、
「フランス国ヴァシェール村」
以上、それでおしまい。
だったのでした。
途中に「南フランス」とか「エクスアンプロヴァンス」とか入るんじゃないかと
思ったのですが、何もなしでした。ということがわからなくて、
Oご夫妻さま、しつこく聞いてしまってごめんなさい!)

a0042928_22345191.jpg

a0042928_22344132.jpg


すてきなお写真とメールを、本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-31 23:04 | ブーケ | Comments(0)
ブーケ ローズメリア 高輪プリンツヒェンガルテンの新婦様
a0042928_2315395.jpg


昨日のお写真の続きです。
もってくださったブーケは、プリザーブドのバラの花びらを束ねて作った
ローズメリアのブーケ。
それにあわせておつくりした、プリザーブドのチョーカーとリストレットと
髪に飾る長いリボン。
後姿を激写した?すてきな写真をいただいたので、トップに掲載してみます。


a0042928_232486.jpg


にしてもモデルさんみたいな新郎新婦様。
たまたまこの日一件だけだったので
カメラマンさんがたくさん写真を撮ってくださったんです、とは
新婦様のお言葉なのですが
そのカメラマンさんの気持ちがよく、わかるような。。。気がします。
撮りたくなるだろ、それは、と思います。
真ん中の写真はお二人でピアノを演奏されたのだとか。
なんというか・・・かわいすぎでしょう。。。


a0042928_2321677.jpg



これは一会にとって嬉しかった写真。
ドレスのモチーフと、ほんとうに、もう、ぴったりだったんです!
そう、新婦様がこの写真を指差しておっしゃってくださったとき。

ちょっとじいんとしてしまいました。

ありがとうございました。




「す」様はじめ、コメントをたくさんいただいているにも関らず、
まだお返事できずにそのままでほんとうに申し訳ありません!
近いうちに・・・もうしわけありません。
でもとても嬉しくありがたく拝読しています。。。


「写真や記事を見てなんだか癒されました」、というような
お言葉をいただくことがあります。

「一会さんのブログを読んでいて、
花っていいなあってあらためて思いました」
そんな言葉をいただくことも、時々あります。

なんというか、それだけで私には、充分だったりします。
by ichiecd | 2006-10-24 23:10 | ブーケ | Comments(1)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。