ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:carpe diem( 597 )
『花時間』「ウエディングブーケ&花飾りVOL.12 」
a0042928_21274975.jpg


『花時間』「特別編集 ウエディングブーケ&花飾りVOL.12」(角川書店)
「10色で魅せる、ローズブーケコレクション50」
撮影・山本正樹氏、構成と文・中矢真奈美氏、撮影協力・アートグレイスクラブ、フィオーナ FOUR SIS &CO、ベリッシマ、ホワイト ドア

このページの右手にある雑誌、上のほうです。
その32,33ページの見開きを写真に撮ってみました。
(・・・いっこうにスキャナが治せなくて、やむを得ず。相変わらず力技を。)

今日、ドレスショップから紹介された、遠方にお住まいの
ご新婦様と、電話でブーケ相談を詰めていた時のことです。

「『花時間』に載っているブーケのこんな感じがいいと思って。」

と、おっしゃるブーケがこの、右側のブルゴーニュのブーケ。
「ありがとうございます、それは一会のブーケなんです。」と
御礼をいってさらに話を進めるうち、
「それで、花束はこういうイメージがいいんですが」
とおっしゃるブーケは今度は、
a0042928_21581644.jpg

「わー、それもうちのなんです、ありがとうございます。」
「あ、そうでしたか!」

すでに、一会サイトも、このブログも
見てくださっているはずだったのですが、
うーん、これは、宣伝が足りないのかも。
ということで、緊急に大宣伝です。

「10色で作るローズブーケコレクション50」、という
さまざまな色のバラのブーケを集めた企画。
この時には4つのブーケを作らせていただきました。


その企画の扉ページ、見開きに
このふたつのブーケが掲載されているのを見た瞬間、
思わずそのまま、『花時間』を両手に開いたまま、
ちょっと立ち尽くしてしまいました。

感動した。
嬉しかった。
胸が詰まった。

この時の気持ちをなんと書けば伝わるのか
今も、言葉が捜せないまま、
今も、このブログを書きながら、
また、同じ気持ちになっています。

自分が、はじめて花の世界に足を踏み入れた
学生のアルバイトの頃からずっと、
『花時間』は折にふれ買い求め、熟読し、
掲載されるお花屋さんの名前と住所をチェックしては
休日に出かけてまわる、指南書のような存在でした。

ウエディングの打ち合わせをするようになってから
この、年に一度出る別冊「ウエディングブーケ&花飾り」は
お客様との相談のたびに何冊も持ち歩き、
ぼろぼろになったのをテープでとめ、
VOl.7くらいからは
どこにどんな企画が載っているか
だいたい頭に入っているほどです。
(いえ、あの、全部じゃないです。だいたいです。念のため)

自分には、本当に、特別な雑誌でした。

いつかこうして見開きで自分のブーケを見る日が来るなんて、
思いもしなかった。
まして、ウエディングの仕事の特集で
密着取材
を載せてもらえるなんて、本当に、
想像もできなかったです。ほんとに。
数年前の写真で、この記事のリンクを張るのは
ちょっと気恥ずかしいものがありますが・・・
ご容赦ください。←なぜか謝りたくなりました。小心者だ。

(ちなみにこの時の写真、目は一重なのですが
眼瞼下垂症という病気の手術をして今は二重です。
残念ながら「ぱっちりと」とはいかないのですが。
うーん、残念だ。
この話も、いずれ機会があれば書こうと思います。
とりあえず肩こりと腰痛は、かなりラクになったような気がします。)


この企画の時に製作させていただいた4つのブーケ、
最後のひとつも、おってアップしたいと思います。
なお、無論のことながら、これらのブーケ写真の
版権は『花時間』さんにありますので、
転載は、ご遠慮くださいね。
ひとつの写真を撮影し、記事となり、こうして手元に届くまで、
とてもたくさんの手間がかけられています。
一見華やかな花の雑誌の裏側で、ずっと続けられている
丁寧で緻密な作業の連続に、いつも頭のさがる思いです。
これからも一読者として毎号を楽しみにしています。

って、途中で何の宣伝になったのか?という感じですが・・・笑
今日はひとまずこれにて。
by ichiecd | 2005-12-05 23:01 | carpe diem | Comments(4)
なぜ毎日ブログを書いているのか
今日はまた写真がアップできないようです・・・?

なのでまた、寄り道してタイトル通り、
花とはまったく関係のない、言い訳。
かつ、長文ですので、
この土日の隙を狙ってアップすることにします。

こちらに・・・
by ichiecd | 2005-12-03 23:40 | carpe diem | Comments(3)
遠くでだれかがうたう・・・・
a0042928_0194128.jpg


学生のころアルバイトをしていた経験を含めると、
もうかれこれ10年以上、花の仕事をしています。

そうして年を経るごとに、
自分からどなたかへ、特別に花を贈る、という
機会は、むしろどんどん少なくなりつつあります。

仕事が忙しければ忙しいほど、
どうしてもそちらを優先にしてしまいがち、
自分のことは後回しになりがちです。
この数年というもの、たまには、と夕食や遊びに誘ってくれる
個人的な友人に、どれだけ不義理をしているかというと・・・
本当に申し訳ないところです。

今、自分にとって大切な方へこの手で花を贈る機会は
年に何度あるのかというと、本当に片手にも満たないくらい。
いや、年に1度か2度くらいと言ってもいいくらい。

この写真の花は、その花の一枚です。

ここ数年、何度も花を贈る機会はあるのですが
その方が好きなお花の雰囲気は、いまだに
よくつかみきれません。
きっと何を送っても喜んでくださる、それはたぶん本当なのですが
毎回、同じように悩みます。

一種類くらいでたっぷりまとめたほうがお好みかも?
もっと渋い色みのほうが、スタイリッシュでお好きかも?
もっと珍しい花をいれたら喜ばれるのでは?

そう思いながら市場を端から端までうろうろして、
「ああ、花がない!」と悲嘆にくれるのが常のこと。
それは、まるで、女性がここぞという日に
洋服でぱんぱんのクローゼットの前で
「着ていく服がない!」と、つぶやくがごとく、
市場の長い通路の往復を繰り返し、
何を買って帰ったらよいのか、
そこでただ途方にくれるのです。

今回、それを救ってもくれたのはスカビオサ。
見た瞬間に、以前聞いたその人の言葉が浮かんできて、
じゃあ今回は、これにしようと思いました。
ちょっと甘いくらいに、頭がイタくなってしまうほど甘いくらいに、
やさしい色をあわせてみました。

本当はもっと、くすんだニュアンスカラーのほうが
お好きなのかもと思いながら、
でも私の贈る花は、いわば
バースデイケーキの代わりのようなもの。
まるでアンナミラーズのチョコレートパイのように
甘い色みにしてしまいました。




Happy birthday!
Ive' got,you got the meaning of life.
by ichiecd | 2005-11-12 00:01 | carpe diem | Comments(0)
本当の「美味」
今日は画像なしでテキストのみです。
ここ数日調子の悪かったメインマシンが
夕刻ついにダウンしてしまい、
サブマシンでこの文を書いているのですが、
なぜかこのVAIOはこれはこれで
「新しいウィンドウが開かない」という
不具合があり、画像がアップできないようなのです。
いつものことだけど脆弱だぞVAIO・・・。

昨日から一部、メールのお返事が滞っており恐縮ですが
明日また新しいPCを購入、セットアップの上お返事しますので
申し訳ないのですが、しばしお待ちくださいますよう
お願い申し上げます。

(にしても、これもいつものことながら、花の仕事にしては
「ITエンゲル係数、高すぎ」という気がします。
PCとかカメラとか周辺機器とか・・・。
 しかし今回壊れたVAIOはまだ2年位しか使っていないにも
関わらず、すでにキーボードのキーが8個くらい外れてしまい、
端子の先端がむき出し。それを無理やり打って使っていたので、
単に酷使しすぎという話もあります。)


という、長い前振りで言わんとすることは
今日は画像がないので、
いつもとは少し違う、「花を仕事にするということ」の話を
書いて明日につなげようかと思います。


先日の、鉄砲ユリとアンブリッジローズのブーケの
花嫁さまは、前述したように
一会のブーケスクールの生徒さんのお一人です。
ちょうどその方のお式の少し前、
彼女自身が、結婚するお友達にブーケを作ってあげたいから
ということで、一会のアトリエでブーケを作成し、
会場へお届けしてきたことがありました。

帰ってきた彼女は、花嫁さんがとても喜んでくれたことや
お届けまで神経が張り詰め通しだったことを話してくれながら、
一気に緊張がほどけたようで、やや放心したような表情。
それで「ゆず茶」を出してあげると、やっとそこで落ち着いて、
心底ほっとしたようで、何度も「すっごい美味しいです」と
繰り返していたことを、よく覚えています。


そしてそのaさんが花嫁さまとなったウエディングの当日、
お届けを担当してくれたFさん。送り出しながら
「その鉄砲ユリのブーケ、ほんとに気をつけてね。
もしお届け途中で転んだりしたら、
もう私、逃亡しちゃうからね。携帯切って、通じないからねー。」と
散々脅したせいか、(すみません一会ではいつもこんな会話です)
ホテルについて、お部屋まで4度も車を往復する間に神経をすり減らした気配。
帰ってきてから、やっとありついた昼ごはん、
ただの和風ハンバーグ弁当なのですが、
しみじみ、「美味しーい・・・」と何度も呟きながら食べるのです。

そのハンバーグ弁当は宅配の600円のもの、
ゆず茶は一会でお客様に出しているものを、ただ出しただけのもの。

でもきっと二人にはかけがえのない、これ以上ないくらい
美味しいものだったのでしょう。
緊張と、花嫁さんの笑顔と、嬉しさと。


「星の王子さま」に
本当に大事なものは目には見えないんだよ、という
有名な言葉があります。

 「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
 かんじんなことは、目には見えないんだよ」

 (『星の王子さま』サン・テグジュペリ著 内藤櫂訳 岩波書店)


一会のアトリエのあるここ東京は、
世界の美味しいものが一同に会していると言います。
なにかとびきり美味しいものを食べたかったら、
ある程度お金を出せば、きっとたくさんの美味なるものに、
簡単にありつくことができます。
あるいは、たとえばものすごく美味しいランチを食べたかったら
エールフランスのチケットをとって
パリ、ラトリエジョエルロブションに並んだりすれば、
それは味わえるものかもしれません。

しかし、いくらお金を積んでも買えないものも、
世の中には本当にあるのです。

その600円のハンバーグと、お湯でとかしただけのゆず茶は、
きっとお金では絶対に買えない、
それはあなたにとって、たったひとつの「一会」だった?と
二人に聞いてみたい気がします。



・・・と、ここで〆てしまえれば、かっこいいのですが
しかし、目に見えないものが、いつも必ず最上のものかというと、
それはそうとも言い切れなかったりします。
ロブションでランチできる身分でいながら
その美味しいゆず茶を味わうことは可能かもしれませんが、
その逆はけっこう難しい。
花屋さんのお給料は時にマクドナルドやスーパーよりも
更に低いことは、さして珍しくありません。

何かひとつのものを選ぶことは、ほかの可能性を一時にしろ全部、
捨てることなのだといつも思います。

でもきっと、何を選んでもそれは自身が選んだことで
「何を選んでもいいのだ」と思えることだけが、
今、自分の持っている唯一の財産だとも思います。
でも金曜の夜というのに、長くなりました。
この話はまた今度、機会があればということで。。。
by ichiecd | 2005-11-11 23:27 | carpe diem | Comments(9)
リクルートのお知らせ 11月~12月上旬まで
このページは日付が7日ですが22日に書いています。
なぜ7日の日付でアップするかというと、
カレンダーの空白が気になるから・・・という
しごくしょうもない理由です。
それに最近ブログ読んでいますよというお客様の
ありがたい声も多く、このような内情はできれば
こっそりアップしたいという裏事情もあります。
・・・ばればれかもしれませんが・・・


毎日ブログ書いてていつ休みなんですか?と
最近よくたずねられます。
「うーん、2日くらいかな・・・」
「あ、週に2日なんだ?」
「いや、3ヶ月に」
実際そんな感じですが前よりはうんと楽です。
それに今が働き盛りですから。はい。
がんばっていこー。おー。
といいつつ、最近さすがにちょっと大変です。

というわけで、とりあえず簡単な雑用だけでも
こなしてくれるアシスタントさんを募集します。

下記ページを熟読の上ご応募くださると助かります。

http://www.flowers-ichie.com/recruit.html


一会スクールの生徒さんや、以前単発レッスンを
受けたことのある方は大歓迎ですが、
今のところ車が運転できて平日に来られる方は
いなかったような・・・
もし、いらしたらぜひご応募ください。

HPにも書いていますが、
受付はメールのみで、車の運転はマストです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2005-11-07 22:52 | carpe diem | Comments(0)
代々木公園
a0042928_172026.jpg


自分より詩的な兄はかつて透き通る秋の空を眺めてああ生き甲斐のある天だと云って嬉しそうに真蒼(まっさお)な頭の上を眺めた事があった。
「兄さんいよいよ生き甲斐のある時候が来ましたね」と自分は兄の書斎のヴェランダに立って彼を顧みた。
『行人』夏目漱石 


今朝、活けこみの帰りに携帯がなって、あわてて車を停めました。
電話が終わってみると目の前は代々木公園。
東京は今日、あまりによいお天気だったので、
ほんの少し散歩がてらに、携帯でバラの写真を撮りました。
ひと時、その「生き甲斐のある秋」という言葉を思い出しながら
売店でスチロール容器に入ったコーヒーを買って、
秋晴れの公園を、ぼんやり眺めていました。

毎週前を通るのに、代々木公園にこうして入ったのは
考えてみるとはじめてでした。
そういう場所はけっこうたくさんあって
多ければ日に5度も足元を通るのに
一度も登ったことのない東京タワー、
何度もブーケを届けているのに
遊んだことがないディズニーシー、
あれこれ納品したことがあるにも関わらず
でかけたことのない六本木ヒルズ・・・

(それはそれでどうなのか?という気もしますが)
たぶん、私個人としてはそうした場所が
ものすごく好き、ではないからでしょう。
本当に好きな場所へは、たぶん誰でも、
一人ででも行くものだと思います。

好きな場所や好きなことを探しだすのは
たぶん、結構、難しいことで、
私の場合「好き、を仕事に」しているのは
ほんとに、すごくラッキーなことだと思うのですが、
それはたぶん小さな「好き」の積み重ね、
あるいはもっと消極的に
「あれよりはこれのほうがラク、
それよりはこれのほうが少しは気楽」という
ただの選択の積み重ねの結果のような気がします。

なので、もっと気楽にあれこれトライしてみると
いいのでは?と、
今、迷っている人に伝えてみたいのですが・・・
by ichiecd | 2005-10-26 01:07 | carpe diem | Comments(2)
バラ カクテル
a0042928_153329.jpg

by ichiecd | 2005-10-26 01:05 | carpe diem | Comments(2)
アップスケジュール
今後御紹介していく事項

ブライダルの花の演出
・ブーケプルズとチャームプルズ
・トスブーケ、プルズブーケ
・ブーケ&ブートニアの交換儀式
・ブーケの由来

ウェディングの中のブーケ
・ブーケとドレスの相性
・ブーケと会場装花の相性


式場装花
・ゲストテーブル(卓上装花)
・御両親贈呈用花束、プリザーブド
・ウェルカムボード、ウェルカムベア

・ブーケ相談のコツ1 写真について
・ブーケ相談のコツ2 御予算について


一会サイト等をごらんになった方から
お問い合わせがあるとそれを優先して
アップしますので、順番は前後する可能性があります。
by ichiecd | 2005-10-25 01:36 | carpe diem | Comments(0)
次回サイト更新予定は
a0042928_3311719.jpg


次回のサイトは、この装花です。
今頃ひまわりでごめんなさい。
掲載順序は、写真の枚数の多い少ないや出来具合で
レタッチが必要だったりするため、
順番が前後しています。
御容赦ください。


ウェディングは無論ですが、秋のイベントや
『花時間』さんの撮影もあって
今週もハードな7日間でした、明日も頑張ります。

なお、『花時間』は次回お正月の1月号です、
どうぞご覧下さい。
このページ一枚の中で、
上は夏で下は冬なのですね。
一年が早い・・・。
by ichiecd | 2005-10-22 03:36 | carpe diem | Comments(2)
活けこみ2  花を長持ち
a0042928_15471019.jpg

長持ちさせるには と書きかけたところ文字数オーバー。
今回は携帯の写真から投稿してみました。
    
こちらの写真は活けこみ完了時の水位。
これが一週間後に下の写真のように減ってしまいます。

「活け込み」というのは、レストランやショップなどに
定期的に花を持っていき、活けかえる作業。
多くは週に一回の単位です。

無論、いつもはお店の方が足してくださるのですが
それでなくても忙しいお仕事です。
今回はどうだんつつじをいれたので、水の減りが
ひときわ早い。でも、どうだんに限らず
多くの植物はこうして花瓶に活けると
翌日には水位がぐっと減り、
生きてるんだなあと感心させられます。
なので、お水はなるべくいつも、いっぱいいっぱいに。

花を持たせるコツはいくつかありますが、
そのひとつが、お水は多めにいれることです。

カラーやガーベラなどの茎の柔らかいものは
腐りやすいので水を少なめにしますが、
おうちでお花を生ける時、なるべく花瓶のふち
ぎりぎりまでお水をいれるようにすると、
水圧でより水を吸いやすく、水も汚れにくくなります。
by ichiecd | 2005-10-18 15:47 | carpe diem | Comments(2)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。