ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
カテゴリ:ギフト( 187 )
プリザーブドのリースとアレンジの箱
a0042928_0153572.jpg


昨日のようなプリザーブドのリース仕立てのものを、
贈呈用のお花として贈られる場合には、
こうした専用のケースにいれると
会場でも渡しやすく、遠くからも見栄えがします。
お持ち帰りも安心です。
大きさにもよりますが、300円~500円程度。

a0042928_018723.jpg

こちらはお人形ケースのような
アクリルの箱。写真の24センチ幅のもので1260円、
少し小さめの21センチ程度で1050円です。

もう少し簡単なものでよい場合には、
コサージュをいれるような、少しやわらかめのケースもあります。
手で強く押すとへこむくらい。
こちらは500円~600円くらいです。

いずれも、小さなリボンをかけてお届けします。


先日プリザーブドのご両親用アレンジを掲載しましたところ
反響が大きく、あらためて人気をちょっと実感しました。


24日のほうも掲載しました。
by ichiecd | 2005-11-30 23:14 | ギフト | Comments(0)
ひまわりといろいろ
a0042928_0353764.jpg


このアレンジで、
どんなご用途でどなたに送られたか、
すぐにお分かりになる方はすごいっ!通だ!
・・・と思います。
どうかなあ?
by ichiecd | 2005-11-24 00:37 | ギフト | Comments(4)
ご両親贈呈用の花をアレンジで作る場合
a0042928_2241723.jpg

a0042928_2243622.jpg


先日のプリザーブドフラワーで作る贈呈用の花と並んで、
もうひとつよくお勧めするのは
ご両親への贈呈用花束をアレンジで作ること。

もちろん花束のほうが、大きさは出しやすく
パーティ感は出るのですが、
やはり遠方からのご両親には喜ばれる工夫です。

上の写真のような、少し高さのある器に
ぎっしりめにお花をさして、
下の写真のようにラッピングすると、
ちょっと花束風の贈呈用アレンジができます。
大きさはいろいろですが
上の二つの写真のような形だと
20~30センチ程度で4000~6000円くらいです。

上の写真のニュアンスのある不思議なニュアンスのひまわりや
クリーム色のマリーゴールド「バニラ」などは、
草花園さんのものです。
そのほか、チョコレートコスモスのストロベリー風味や
オランダセダム、アナベルなどを使用。

下の写真は、
バラの「ブルーミルフォイユ」、ガーベラ「ミノー」、
サセトルコキキョウなどが入っています。



なお今日はこのほかにリクルートのお知らせを
11月7日の日付でアップします。
by ichiecd | 2005-11-22 22:52 | ギフト | Comments(2)
ご両親贈呈用 プリザーブドのアレンジ
a0042928_1553566.jpg



a0042928_1574749.jpg


最近、プリザーブドフラワーで、
贈呈用花束のかわりにアレンジメントを作るスタイルが人気です。
プリザーブドで花束贈呈をする大きな利点は、まず3つ。

1 長持ちするので、遠方の御両親でも長く楽しめる
2 生花よりもずっと軽いため、持ち帰りが楽
3 長く残せるため、想い出の品としてご両親宅に飾ることができる

どのくらいもつかというと、ヨーロッパでは半世紀と言われますが
日本では梅雨がありますので
およそ5年から10年といわれています。
湿気と日差しが大敵なので、
室内の乾燥した場所であればおそらくもっと
もたせることも可能かと思います。

たとえば、翌日にご親族の皆様での会合や、
東京観光の予定を組んでいるというような場合。
あるいは、遠方へ荷物が多くて大変という時に、
ホテルや会場から宅急便で
ご自宅まで発送することもできます。
この場合、数百円程度の、配送専用の箱を
ご利用なさることをお勧めしてします。

長く飾るうちにホコリがつくことが多いので、
ケースをご希望なさる場合には
一会側でご用意して、一緒にお届けすることも可能です。
この場合大きさによりますが、1500円~2000円程度です。
またガラス付フレームにいれたりする仕様も
最近は増えています。(写真は近日アップ予定)

生花と比較した場合、生の花としての魅力には一歩譲りますし
ボリュームを出しにくいという面はあります。
パーティの中での演出としては生花の花束のほうが
やはり華やかだ、というのも否めない点です。

しかし、軽さと長持ちする強み、また発色のよさをいかして
クリスマス近い時期などは、写真のような
リース仕立てなどにすることもできます。

一会サイトに同じタイトルでページをアップし
写真例を12点ほど掲載しましたので、
ご参照ください。

http://www.flowers-ichie.com/gift%20preserved.html
by ichiecd | 2005-11-14 23:54 | ギフト | Comments(4)
プリザーブド 贈呈用アレンジ


a0042928_02882.jpg


a0042928_05338.jpg


a0042928_031654.jpg


昨日のバックコサージュをちゃんと撮った写真。

下のふたつは人気急上昇中の
御両親贈呈用花束を、プリザーブドフラワーの
アレンジメントでお作りしたもの。

ちょうどお問い合わせがひとつきていて、
今日たまたま二件あったので、両方撮ってみました。
これも軽くて長くとっておけて翌日の帰宅でも大丈夫、
というのが利点です。


今朝、最初の納品会場様と、
最後の、夜の納品時のウェディングで、
まったく別の会場様だったにも関わらず
フォトグラファーの方が
偶然、同一人物でびっくりでした。
(私は拝見していないのですが。)

アシスタントFさんいわく「きっと3度目もある」。
明日も同じ人だったらどうする?と盛り上がっているところです。
by ichiecd | 2005-10-29 23:58 | ギフト | Comments(0)
名倉さんと満里奈さんの御結婚式へ
a0042928_19325438.jpg
ガレッジセールさんからの御祝いのお花を
お届けしました。
今日、東京は秋晴れの美しい一日でした。
by ichiecd | 2005-10-23 19:37 | ギフト | Comments(2)
花を贈る 「器用さ」と「センス」の数値
a0042928_0563216.jpg

「ブログに載せて」というリクエストにお応えして
明日お届けのボックスギフトです。

ヘアメイクアーティストの方から歌手の方へ、
かわいいピンクのバラをというオーダー、箱は私の自作です。
こういう作業をしてると必ずアシスタントさんに
「ノッポさん」と呼ばれてしまいます。

しかし、私は生来これ以上ないというくらい不器用、かつ大雑把。

こんな仕事をしていると
「手先が器用なんですね」とあらぬ誤解をうけますが、
世間の標準を50とすると20くらいだと思います。

同様に、
「私にはセンスがないからとても無理です」というお言葉も
よく聞きますが、「センス」というのは難しい言葉です。
私自身は、センスと呼ばれるものの構成比率90%は、
反復と学習だと思います。
と、「そう信じている」というほうが正しいのかもしれませんが。

「才能とは自分自身を信じることです」
BY月影先生(ガラスの仮面)と、鈴木ひろ子氏(私の師匠)。
http://www.flowers-ichie.com/suzuki%20hiroko%20.html
by ichiecd | 2005-10-21 01:00 | ギフト | Comments(3)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。