ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2012年 01月 31日 ( 1 )
ウィーン3 パルメンハウスと氷雨と、水仙の花の美しさったら
a0042928_2314998.jpg

ウィーン郊外の世界遺産、
シェーンブルン宮殿の庭の一角には
ヨーロッパ有数と言われる
「パルメンハウス」=温室があります。

a0042928_23134825.jpg

・・・と、聞いていたので、
当然、宮殿のあとに立ち寄ろうと思っていたのですが
あいにくの雨。
というか、氷雨。

そして宮殿の庭は毎度ながら
途方も無くとりあえず広く、
この噴水で、やっと半分来たところ。

つまりですね、
よござんすか、
宮殿からパルメンハウスまで、
この倍の距離がありんす。

みぞれまじりの冬の朝、
例によって傘も帽子もなく、
こういう場面で進退の判断すべてを自らの手に握るのが、
良くも悪くも一人旅でありんす。

とここでこう書いている自分は
「一人旅極上主義」に組みしていて、
「一人旅の楽しさを知らないなんて
人生半分損してるぜ!」
と演説したいくらいの
異端な人間ではありますが、

ここにもし、連れがいて
「いやちょっとやめとこっか」と言われたら
パルメンハウスまで行くのは
やむなく、あきらめてたと思われる。

ていうか、帰りにはもっと雨がひどくなるかも。
どうする自分。

しかし最後にふんぎりをつけるのは
職業意識(BY佐々木倫子)なので、
氷雨の中、傘も無しに
必死に歩いて
とぼとぼとたどりついたその先に、

a0042928_23143062.jpg

ぱああっと水仙が咲いていて、癒されました。

というか
それを、庭園係のおじさんが
寡黙に世話してた様子に、
癒されました。

a0042928_23144246.jpg

外は冬の雨(ここらへんから「氷雨」がずっとBGM)というのに
土はふかふかで、
空気はしっとりと湿っていて、
ああもうここの片隅に植えてくんろ。

と、切に思いました。

傘が無ーいわけじゃないけれど、
帰りたくないー

というかんじで。

いや傘、いま無いし。

a0042928_23145716.jpg

などと一人突っ込みをしていたら
だんだんと明るくなり、帰りは雨にぬれずに済み、
その後、滞在3日間とも晴れました。
よかったよかった。

ちなみにホーフブルク王宮にも
パルメンハウスが併設されていて、
そちらの温室内にはカフェもあります。

しかし毎度ながら旅に出ると
私の中でグルメ優先順位は最下位に落ち、
もとより貧乏旅行でもあり、
名物も食べずカフェもよらず
3日間で使った食費は
総額5000円程度かと思われます。

でもウィーン名物という
カツレツくらい食べておけばよかったかなあ。

と、帰国後、都内のオーストリア料理専門店の
グルメガイドの値段などを見て、
やや後悔中ではあります。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-01-31 23:34 | carpe diem | Comments(0)


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。