ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
花時間9月号 「パリの花」 
a0042928_22283724.jpg


現在発売中の雑誌、
花時間」9月号(角川マガジンズ)はパリ特集です。
「フラワーアーティスト24人が教えてくれました。
だから私はパリが好き」
という企画のページの一部です。
24人の方々の末席を汚しております。

「自分にとってのパリの花」、という花の写真を、
それは自分で撮ったものでもいいというお話でしたので、
で、活けて、撮ってみたのですが、届いた
9月号を広げてみたら、他のアーティストの方々が実に美しく
いかにもこれこそパリ、という花の写真が並ぶ中で、
一人だけけったいな。毛色が変った写真ではなかろうか。
ええとつまり一言でいうといわゆるイタい子・・・って、
きっとこういうことなんでしょう。

・・・
・・・
・・・
ぐっさり。

自分で書いてて自分で傷ついてしまうのですが、
なにより、みなさん写真がすんごく上手です。
せめて、おいらも前回のカメラレッスンを
もっと早くうけていたら・・・と悔やまれます。

いやそれでもたいした進歩はなかっただろうけれど、
でも、あのレッスンのあとにすぐにモロッコ旅行だったので
レッスンで指南をいただいた
「毎日カメラを10分のぞく」機会には、十分に
めぐまれたのです。

前回、カメラレッスン参加にあたっては、
「自分のカメラの説明書を一通り読んでくること」、
という課題が出されておりました。
それで寝る前に取扱説明書を
枕に広げてみたりしたものの、
正直なところ、何がなにやら。


でもモロッコでとりあえず
「マニュアルで撮る」、という
レベルのきわめて低い目標をたて、
慣れないレンズを片目で見すぎて
涙目になりながらの数日後、
もう一度説明書をめくってみると、
こはいかなることか、
なんと、書いてあることが半分くらい、
なんとなく、分かる気がしてきたのです。
前は2割くらいしかわからなかったことが、半分っすよ!
うわー、これって、すごいかも。
(それこそイタイ子だろうとかそういう冷徹な批評は、
うけつけません。)

私は、前回のレッスンは
午前午後ともうけたはずなんですけれど、
同じ講義を二度聞いて、その二度目の終わりごろになって
やっと、そこはかとなく、
言われていることがわかってきたというか。



やはり、なにごとにも、
時間はかかるだけかかるものです。




ではみなさま今日も本当におつかれさまでした。

ありがとうございました。
by ichiecd | 2009-08-18 22:53 | carpe diem | Comments(1)
Commented by よしえ at 2009-08-20 10:14 x
先生のお写真。
マネの画のような雰囲気で素敵だと思いますよ~。

ところで、カメラの説明書?失くしたかも、、、。
オートでしか撮ったことがありません、、(恥)
<< 8月27日 イタリアンのレッス... 新郎新婦様からのメール ヴィン... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。