ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
シェ松尾松濤レストラン様の装花 ドアのリース 中庭の花
a0042928_22565674.jpg

磨かれたノブを備えたその古い木製のドアには
小さな格子窓があって、
その窓にあうように枝を組んでリースをつくります。

翌日のパーティでも使いたいから、
というリクエストで、
アジサイはプリザーブドフラワー。
下の黄色い小花のメラスファエルラと、
長く揺れるように垂らしたクレマチスのつるだけは
生花です。

水を嫌うプリザと、水を好む生花とを
混在させるのは、どこか禁じ手のようにも感じつつ、
逆に、たった数時間のウエディングの花だからこそ
できることかもしれません。




a0042928_2257822.jpg



中庭に置かれた小さなテーブル。
その上に、少しアンティークなブリキの器に
クリスマスローズと、くすんだ色の花。
こっちもメラスファエルラ!の呪文をとなえています。



はじめてコメントをくださった方も
いつもコメントをくださる方も
お会いしたことはないしこれからも
お会いする機会はないかもしれませんが、
でも今日もありがとうございました。


ウエディングの仕事は春と秋がピークです。
いつも、毎年、大変大変と騒いで愚痴をいって、
そうしてある日突然、
修羅場モードスイッチが入り
ギアが上にあがって、
ハッピーホルモンと
ドーパミンが出て、満足です。

やっぱり花を挿すのが一番楽しいっすね。

というところに落ち着くのでした。



ダメだったら掃除でも弁当売りでも
なにをやっても食べていけるし、
と、腹をくくってはじめたこの仕事ですが
やっぱり今更カタギな事務職などには
戻れないような気もします。


 そのうち自分でなにか花を一本植える。
 私が植えたのは一本のマキギヌだった。
 そのとき指のどこかに傷をしていて、
 そこからでもはいったのか、
 とにかく血液の中に少量の土がはいりこんで、
 一種の中毒、あるいは炎症を起こした。
 つまり園芸熱というやつにかかったのだ。

            カレル・チャペック『園芸家12ヵ月』




とはいっても、そんなに労働好きというわけでも
ないので、そろそろ温泉に行きたい。とも思います。



モダンインテリアでなくても
デザイナー浴衣が選べなくてもいいし、
アワビや伊勢エビが食卓にのぼらなくてもかまいません。

でも源泉かけ流しであることは必要最小限の前提として、
極力、加水も加温もなく、
できれば、湯量が湯船に見合う量で、
たとえば毎分200l以上で、
かなうことなら自家源泉で、
それが2本以上あればなおよく、
欲をいえば自然湧出であれば、
もうなんにも文句はいいません。


・・・で、ゲンセンカケナガシって、
つまり何なんですか?
と聞かれたら、ええと話は長くなるけど
語ってもいいですか?・・・えんえんと。(実話)


ではみなさま今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2009-04-09 23:27 | 会場装花 | Comments(3)
Commented by たま at 2009-04-10 00:52 x
大分お疲れのようで…早く思う存分源泉掛け流しの温泉につかれるといいですね。その頃には暑い時期になってしまうのでしょうか。
今回の熱弁で「ひつじのしつじくん」について長く語られているのを読んでる途中に「あ…これって、なんだかんだ言いつつ気に入ってるんだろうな」と思った事がよみがえりました(笑)
Commented by mitsuiya at 2009-04-10 09:08
婚礼シーズン真っ只中のなか、ブログを書いて本当にすごいなぁーって感心しております。
私は、毎朝このブログで幸せを感じ、絶対にこの花を「いつかゲットしたいなー。」って思っております。
もう子供の結婚式は終わっているし、息子のお嫁さんが今のところゲットできる近い位置にいるので楽しみにしております。
春はお花がいっぱいの時。この花たちをどう料理するかは腕次第ですね。どうぞお身体に気をつけ私たちに幸せを届けてくださいね。
Commented by ジョリ at 2009-04-10 10:04 x
こちらのブログを拝見させていただくようになり、昔思ったこと・感じたことをよく思い出します。共感することが多々ありとても楽しみに読ませていただいてます。フラワーセラピー感じていますよ。シーズン大変ですがお体にお気をつけて・・・。
<< ブーケ キャスケード ユリの白 ブーケ キャスケード プリザー... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。