ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
一会定期スクール 募集のお知らせ
a0042928_19111977.jpg


一会の定期スクールは2コース、ウエディングコースと
アレンジコースとがあります。
今日の写真はそのアレンジコースの生徒さんの作品です。

a0042928_19114334.jpg

以前、仕入れに出かけたおフランスから
せっせと抱えてきた、手のついたバックを器に見立てて
アレンジをしています。
やはり舶来のものはキュートですねえ。
としみじみお茶をすすりつつ

a0042928_19115630.jpg

色は2種類、そのバッグに
自分で花を組み合わせて
あしらうというレッスンでした。

a0042928_19121573.jpg


 もし花瓶がなくても、この方法なら
 手持ちのいろんな雑貨に気ままに花を生けられますよー、

というような、花を楽しんでもらうのが
アレンジコースです。
こちらは月に一回第4月曜日の夜19時から。

a0042928_1913044.jpg


もうひとつのウェディングコースは
火曜日昼13時と夜19時、月に一度ですが水曜もあります。
どちらも1名~空きが出ましたので
御案内を。詳細はこちらをごらんの上
info@flowers-ichie.comまで。
*レッスン内容は毎年変わっております。
お問い合わせの際には、コースおよび昼夜の希望を
御書き添えください。

修羅場モードに入りつつある昨今、
昨日はブログをすっとばしてしまいました。
そのうち埋めておきます。
でも、しばらくこのブログはお休みすることにします。




ちなみに、上のおフランスバッグを見るたびに、
パリで最後にパッキングをした時、
どうしても荷物に入りきれなくて
10枚入りのうちの3枚くらいをとうとうホテルにおいて
帰ってきたんだよなあ、というほろ苦い記憶が。


私の旅のルールのひとつに
カバンしばりがあります。
つまり、
「日本から持っていったカバンに
詰められる量=現地での買い物の量」
という掟。
結構、厳格です。
たとえ仕入れでもそのルールは同じです。
愛用のサムソナイトに入らなくなった時点で、
モノを買う作業は強制終了。だから結構考えます。
ミャンマーの時は、丸い花瓶の中にひとまわり細い花瓶を
詰めて機内持ち込みにして帰ってきました。

(今この記事を見ながら気づきましたが、どうやって持って帰るかを
写真に載っているおばさまがたを見ながら思いついたわけでは
ない。と思います。自分の良心として、けして、そんなことは。)


では皆様今日もお疲れ様でした。



途中、文中に少し虚偽があります。
ひねりのないエイプリールフールで恐縮でした。
by ichiecd | 2009-04-01 19:41 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
Commented by ふくしま at 2009-04-02 08:53 x
>でも、しばらくこのブログはお休みすることにします。
一瞬焦りながら「そんなの無理ですよ~」って思っていたんですが。
ここ? ですよね。
<< セミキャスケード シンビジューム フランネラーとセルリアン >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。