ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ セミキャスケード リーガロイヤル様へ
a0042928_2165840.jpg



式の前日というのに
新婦様はわざわざメールをくださって、
最近のこの一会ブログの記事の、
こういうところにこんなふうに思いました。と
書いてあります。

こんなふうに共鳴しました、
と感想をつづられるメールを
今もう一度読み直しながら、ここ数日
ぼんやり考えていたことをまた思います。



自分は美術がまったく分からないのに、
なんで美術館に行くのが好きなんだろう?

エルミタージュを見にロシアまで出かけるくせに
知識はかけらもない、
実は覚えようとさえ思っていない。

絵の脇にある小さな説明も
ろくに読まないことも多いのに、
なぜ、楽しいと思うんだろう?

それは、たぶん、自分が共鳴する感覚が
楽しいんだろうと思いました。


景色を見ているうちに、自分の意識が空気に解けだして
ほとんどその景色に染まることがあります。
花を見ているうちに、
意識が希薄になって臨界までが花で満ちるような
錯覚になるときがあります。
そういうのに似て、日頃のいろんな仕方のないこと、
このままでいいんだけどなあとか
これをこうしたらいいのになあとか
こうできたらいいのになあとか
よしなしごとを全部忘れて
カラっポになって、共鳴する
ただの道具のひとつになる時間、
ちょっと無心で絵を見ているのが、楽しいです。

(「ちょっと」無心、と、逃げをうち
「完全に無心」ではないあたりが、
我ながらインチキ。メッキですから)


では皆様、今日もお疲れ様でした。



コメントをくださったI様へ、
個人情報が入っていたので
勝手ながら一部を修正させていただきました。
ご感想、たいへんうれしいです。
来月もお会い出来ること、とても楽しみにしています、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
by ichiecd | 2009-01-28 02:34 | ブーケ | Comments(0)
<< コサージュ プリザーブド セルリア 日本水仙とミャンマーのガラス >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。