ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
結婚式の作り手 百生(ひゃくなり)
a0042928_2204734.jpg


これは何かというと、

a0042928_2235013.jpg


新郎新婦お二人の席のチェアカバーに
最後にちょこっとサービスで飾った
スズメウリという実です。


通常は、装花の御持込みは到底無理であろうという
大きなホテルの小さな一室、
おそらく、ご親族とごく親しい方だけの披露宴。
新婦様の熱意でこっそり特例で認められたのが
よくわかっていたので、
どきどきしながら花をつくりました。


笑顔と誠意を丁寧に体現しているような
若いコーディネーターの方、
何度も確認を繰り返す会場の担当者の方々、
声を出してお皿を数え、さらにその人数分
盛られていくフルーツをひとつひとつ
「1,2,3」と読み上げる配膳の統括の方、
真剣な打合せ、怒号に近い指示、緊張。

よい結婚式にを作ろう、その一助であろうという気持ち。
そのはしっこで、
身を縮めるような思いで
私もアシスタントさんも
時計の針を息をひそめて見つめます。




そして、おそらく毎週毎週たくさんの結婚式を
そうして支えている裏方のプロの方々に

「今日、花、よかったですよ」と言われて
少し、ほっとします。
きっとご迷惑をかけることのほうが多かったのに
そういっていただけることに、膝がぬけるくらいに嬉しい。


a0042928_22192221.jpg


さらにそのあと、二次会のほうの装花に伺うと、
今度は御友達の幹事の方々が、話しかけられるのも
ややはばかられるほど真剣に準備をされています。

見ると、席札ひとつ水引ひとつに、
ゲストを一生懸命おもてなししたいという
新婦様と新郎様のお気持ちが、
確かにそこにこめられている、
ひとつひとつ裏張りされている、
と感じます。



結婚式の作り手は、
コーディネーターさんであり、
配膳のチーフの方であり、
アルバイトさんであり、
またご友人の幹事さんであり、
そして、何よりも新郎新婦のおふたりです。

そしてまた、そのはしっこにいる
私たち装花のスタッフも。
その花を整えてくれた市場の方も、
その花を咲かせてくださった生産者の方も。



 百生(ひゃくなり)や 蔓(つる)一すじの心より

                          千代女



百万言を費やしても、すれ違うときはすれ違う。

でも伝わる時は拍子ぬけするほど簡単です。
それは、意外に、言葉ではなかったりします。


結婚式というひとときに花を添えるものとして
おふたりの気持ちの一部を花でゲストの方に
お伝えできるのなら、こんなにうれしいことはありません。



では皆様今日もお疲れ様でした。
本当にありがとうございました。

 
ちなみに今日の俳句も自分のアンチョコのひとつ、
「女性俳句の世界」上野さち子(岩波書店)を
ぱらぱらめくっては書いています。

以前書いたことのある鷹女の句など
よくこの本を参考にしています。
  「向日葵を斬つて捨つるに刃物磨ぐ」
とかとかとか、たくさんの句をこの本で知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

昭和十年作、『向日葵』所収。(中略)

嫌いなものは嫌いなりとする明快さは、一読、
読んだ人の胸にとどまる。(中略)
一般に人はこれほど明快に、かつ単純には
なり切れないからである。それにはむしろ
莫大なエネルギーが要るが(中略)

 「初嵐して人の機嫌はとれませぬ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の中也の詩と同様、
全文を載せるにはすでに集中力がきれているので
とりあえずつまみぐいで。

ではほんとうにお疲れ様でした。
手伝ってくださったアシスタントの方々も
本当にありがとうございました。
by ichiecd | 2008-12-13 22:46 | 会場装花 | Comments(0)
<< ブーケ シンビジューム ウラク... ブーケ モナーク 最初と最後 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。