ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
数年後 代官山タブローズ様への装花
a0042928_104634.jpg


プリザーブドのアレンジと
生花のアレンジと
針葉樹のミニを組み合わせて作った
メインテーブルの装花です。
いくつかはそのままクリスマスまで飾れるように。

新婦様のお姉さまは
数年前に一会の花で披露宴をしてくださった方。
「あのときは、花の持ち込みが大変だったから」、
そう言ってくださって
今回、妹様をご紹介くださるにあたっては
会場選びからご相談しました。

会場装花の御持込みに関しては
昨今は難しいところが多いのですが、
以前お伺いしたいろんな会場様を紹介して、
ここなら何名、ここなら立地がいい。
スケジュールとしては
少なくともこのころまでに
出席人数を確定して
このころにヘアメイクリハーサルを、と
お姉さまと新婦様と相談をした日は、
まだ暑くなる前。


こうして数ヵ月後に、
一会の花を持ってくださって
あるいはこうしてお姉さまの数年後に、
妹様が一会の花を持ってくださって

花屋という冥利につきます。






このブログで、忙しーーーーっと
毎日愚痴をかいているせいか、
繁盛してますねーというようなことを
立て続けに言われます。


儲かってはいないんですが、
逆に赤字でもないです。
貧乏暇なしだけど、
無借金経営をこころがけています。
アシスタントさんへは現金で日払いか週払い。



だってこんなにせっせとやっていて
プラスマイナスで1円でも赤字になるなら
それはやっぱり廃業したほうがいい、と
思います。

趣味や遊びでやっているのではない、
タダ同然や激安で花を提供して
よかったねと喜んでもらえるのなら、
それは当然で。



一会さんに頼んでよかった、と
おふたりに満足をいただけることが
同時に、一会にも利益になること。


かつそれらはもはや前提であって、
今目指すところは、そういうことを全部クリアして
さらに、自分自身が楽しんで
ひとつひとつの花をつくれること。
かなあ。と、
最近の自分は思います。

このハードルもこれはこれで結構高い・・・




では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-11-26 23:01 | 会場装花 | Comments(0)
<< ベッセラ・エレガンス つきじ治... そこまで >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。