ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
シェ松尾青山サロン様の装花 ダリア
a0042928_20404649.jpg


秋の装花です。
シェ松尾青山サロン様のバースペースにも
色を添えるように置いた、オレンジのダリア。

a0042928_20535247.jpg


ハミルトンリリアン、まごころ、マジックモーメント。
使ったダリアの名前の一部です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 しかしあらゆるマニアのうちでいちばん気ちがいじみて
 いるのは、(中略)アメリカの新しいダリアに10マークという
 目の飛び出るような金を払うダリア党、別名ゲオルギアンだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カレルチャペックという人の「園芸家12か月」、
その「10月」の項には
信念をつらぬくダリア党の聖人の話がでてきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「なぜかと申しますと、ダリアはダリアでございます、」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういって彼は信心を翻すことなく、
王の逆鱗にふれて処刑されてしまうのですが、
その亡骸からありとあらゆるダリアの種が
生えでて、そうして今日
たくさんのダリアが咲くようになった、
というお話。


ちなみに、今回は、
花の市場でダリアに詳しい同業者の方に
水揚げの秘訣を教えていただいて
それでトライしてみました。
今後、ダリアの師匠と呼ばせていただきたく、
お礼もうしあげます。

a0042928_2155649.jpg



さらにちなみに今回はちょっと待ち時間があって、
その間にアシスタントさんに写真の講習。
こうやって構えて内角をえぐるように撮るべし、
という私と、ハイ、とおとなしく聞いている
アシスタント「ドールちゃん」。

(ちなみに「ドールちゃん」は、
アシスタント「姉さん」の命名による。

私「うーん。 
 ・・・ドールちゃん・・・?」(やや不服)

姉さん「だってなんか彼女は
 フランス人形みたいじゃないですか?」(ねじふせ)

私「いいけど、でもイマイチひねりが
 足りないんじゃない?」(やや不服)


姉さん「いえ、そこにひねりは
 必要ありません。」(ねじふせ)

という経緯は過去に書いたとおりです。

私としては、ものたりないキライはあるものの、
今日から彼女は「ドールちゃん」。ということで。
冒頭の一枚は彼女が撮りました。
よござんす。)


a0042928_21155353.jpg



ではみなさま、今日もお疲れ様でした、
by ichiecd | 2008-10-18 20:51 | 会場装花 | Comments(0)
<< シェ松尾松濤レストラン様の装花... IFEX2008国際フラワーE... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。