ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
セピア シェ松尾松濤様の装花
a0042928_23181655.jpg


セピアピンク、しっとりしたオフホワイト、
静かな色。
シェ松尾、松濤レストラン様への装花です。
一会ではいずれ、アシスタントちゅうがここで
結婚式を挙げる予定です。
と、とりあえず知り会いに話をもちかけて
けしかけたくなるような、素敵な会場様のひとつ。

一会の2008年母の日ギフトは、
生花も本日、すべての発送を終了しました。
手をあわせるような気持ちです。

宅急便屋さんから、積みきれないと困るからと
「夕方、とにかく一度集荷に来ますから
そのときに出来ている分だけでも」という
度重なる懇願を、
「ただでさえ今日は暑いから花が開いちゃう、
最終便じゃないと出せません!」と
はねつけて、むっとされる始末。

でもサンプルさえ無い花を、
店舗でもない一会へ、
頼んでくださった皆様の大事な方の御手元へ、
どうか、無事に届きますように。

ちなみに、今年は、あんまり淡い色ではありません。
少しでも長く花がもつように
ユリのスイートメモリーをいれたくて、
バラのロマネスクをいれたくて、
でもあんまり一会っぽくないかなあとか
昨日から七転八倒。
少しでも気に入ってくださるといいのですが。
なお、ユリの花粉は早めにとってくださると
手を汚さずにとれます。


昨日の、東京女子大学の新婦様の、
そのお母様から、今日わざわざお電話をいただきました。
どんなにブーケがドレスとあっていたか、
そのブーケを今手元において見ていること、
少しでも長くもつようにどんなふうにお水をあげているか。
チャペルに飾ったユリがいかに映えたか。
そのユリを挙式後に配った参列者の方が、
どんなふうに自宅に飾ってくださっていたか。
そして素晴らしいユリ、よく工夫された装花だと
どんなふうに褒められたか。
逐一、全部を伝えてくださいました。

今、私はこの話をブログに書きながら、
そのお電話がどれほど嬉しかったか。
お返しのように、お伝えできれば、と思うのです。

すでに母の日のプリザギフトをお届けした方からも
早速のようにメールをいただきました。

いただけるお言葉のひとつひとつが
身にしみてありがたいことというのは、
もう何度これまでにウェディングの花を届け
人から人へ、その花を届けてきたか、
数え切れない今も、毎日、慣れません。
泣きそうなくらい。


などと書くと、万一、何かあった際に
遠慮されるのではないかという別の心配が
湧き上がったりするのですが、
でも何か、不具合がありましたら
どうぞご遠慮なくお知らせくださいね。


手伝ってくれたアシスタントさんにも
早くお伝えしたくて、この記事に書いて、
それでは、皆様、今日も本当におつかれさまでした。
by ichiecd | 2008-05-07 23:41 | 会場装花 | Comments(0)
<< 新郎新婦様からのメール 優しい南国風 ブーケ オーバル ベージュと純... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。