ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
惜別
a0042928_23482185.jpg

この数日ずっと、今日この記事をなんて書こうか
ふとした時間の空白ごとに、ぼんやり考えました。

あまりに長いので折りたたみます。



今日は一会アシスタント、Tさんの送別会。
この春に、ご主人と伊豆に移住されるというのは
ずいぶん前から決まっていたことでした。

一会がスクールを開講した時からの一期生であり、
そしてまた古くからのアシスタントさんのひとり。


記憶をたどると、月一回のスクールを、
ほぼ一度も休まずに通ってくれたのではないかと思います。
かつ一会の登録アシスタントとして、最近はとくに
週でもっとも忙しい金曜に、欠かさず手伝いに
きてくれていました。


それほど縁の深いアシスタントさんにも関わらず
そういえばあまりこのブログでご紹介したことは
無かったように思います。

まじめにこつこつ仕事をするがゆえに、とりたてて
ブログに書くということが少なかったようで、
でも今、こうして別れの時を迎えて、はじめて思います。

一会という花屋の存続をしっかり支えていてくれたのは、
本当は彼女のような力だったんじゃないかと。



この写真の花束は、
私が作る、はじめてで最後の、Tさんへの花。



仕入れをしながら、水揚げをしながら、
花束を作るために葉をとりながら、
そして花束を組み、一輪を差し入れるたびに、
今までのことを何度も何度も思い出します。
すでに何度もひっくりかえした思い出を
また引っ張り出しては、新しいもののように、
目の前に据えては眺めます。何度でも。


最初に名前を覚えた日のこと。

もらったいくつかのメール。

花、かわいいですね、とほめてくれる声。

作ってきたから食べてください、と差し出されるお弁当。

冷蔵庫にいつのまにか補充されている栄養ドリンク。

お金を払おうとしても受け取ってくれないこと。


なのに、忙しさがピークに達したとき、
自分が怒りすぎたこと。

何度も、あたってしまったこと。


一度、一会を辞めると言った日のこと。

それでも尚、とどまっていてくれたこと。




いつも、ずっとそばにいてくれたことに
いまさらのように気づいて、
今、私はなんと感謝したらいいんだろう、
そう思います。
今残るのは、言葉にならない思いだけです。



実をいえば、花束に、この倍近い花を用意していました。
花屋の仕事が長ければ長いほど
花をもらう機会は少なくなるから、
今まで一度も、なにもできなかったお詫びと、
せめてものお礼に、
腕いっぱいの花を贈りたかった。


でも急にどうしてもという仕事が入って、
そちらに少し使わざるを得なくて、
花束を組みながら、つい
「ごめん、Tさん、許してね~」とつぶやいていると、
別のアシスタントさんが
「大丈夫、分ってくれますよ、Tさんなら」と
フォローしてくれました。


分ってくれるでしょうか。

でも、とても伝えられない気がします。

今まで一度も伝えなかったから、
ためていた分がたくさんありすぎて
とても伝わらない気がします。



いつもそばにいてくれた、
それだけで、どれほど、一会が、
私自身が、深く強く支えられてきたか。



ありったけの感謝をこめて、今、謝辞を書きます。
これまで、Tさんがブーケを届けた方で、
今もこのブログを読んでくださっている
新婦様、皆様にもお伝えしたく、この場所から。




Tさん、本当に、ありがとうございました。




では皆さま今日も本当に、お疲れ様でした。
by ichiecd | 2008-02-15 23:36 | carpe diem | Comments(4)
Commented by ジャム at 2008-02-16 00:13 x
おや?いつも拝見しているお花とは雰囲気が違うなぁと今日のお花の写真だけを拝見して思ったのですが、文章を読ませていただいてそっかあと納得です。アシスタントTさんへの思いと感謝がお花の色として出ているのではと勝手に思ってます。情熱のピンクとナチュラルなグリーン(ユーカリ?←違ってたらごめんなさい)の花束は表現が難しいのですが、とても強いエネルギーを発しているようで吸い寄せられるように何度も見つめてしまいます。とても素敵で美しいです。
Commented by hiyo at 2008-02-16 09:06 x
私が言うのはおこがましいですが、
岩橋さんの想いはきっとTさんに伝わったのではないでしょうか。
一目見ただけで、作り手の気持ちが痛いくらいに
こちらに訴えてくるようなお花でした。
事情をわからなかった私でさえそう思うのですから、
きっと手にしたTさんにしたらなおさらではないかと思います。
Tさんもきっとこの門出に勇気をもらったのではないかなぁ。
私もきっとTさんにお世話になったのだと思うと
なんだか寂しいような気持ちになりました。
Tさん、どうもありがとうございました。
Commented by ichiecd at 2008-02-19 00:56
ジャムさんへ おや?という言葉にまた何かやらかしたか!とびくびくしてしまいました。写真?言葉の間違い?いろいろ思い当たること多すぎて・・・笑
グリーンはユーカリです。たくさんのお褒めの言葉、本当にありがとうございました・・・。
Commented by ichiecd at 2008-02-19 00:57
hiyoさま こんにちは そうでした、たぶんhiyoさんのお式のときも製作に加わっていたはずです。ついこのあいだのことのようにもずいぶんまえのことのようにも思えます。
優しいお言葉、本当にありがとうございました。
<< 一会ネットショップオープンのご案内 ブーケ ラウンド バラ >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。