ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ 甘いピンク もうひとつの一会 
a0042928_1121133.jpg


先日、この記事を書きながら、でも甘いピンクのラウンドも
たくさん作ってるなあ、とは思っていたのです。
そんなもうひとつの一会の花を代表するような、甘い甘いブーケ。
実は、その日「一会」を持ってくださった同じ新婦様の、
お色直し用のブーケです。




a0042928_1122821.jpg


そしてそのお式後の写真。
今日の夕方、メールで届いたばかりです。
あまりに心に大きく響いて、皆様にも見てほしくて、
掲載させていただきます。


いただいた長い長いメール。
やむなく抜粋しましたが、この3倍か4倍はあります。


新郎新婦様からのメールは
何よりも、強く深く励まされて、自分には力になります。

あまりに修羅場モードなときは、
今日、新しい御礼のメールが来ないかな、と
無駄にメールチェックをしてしまう・・・。
自分には極上の一人旅も、温泉も、
アシスタントさんが差し入れてくれるリゲインも、
ものすごく嬉しいけど、それでもどんなものも
この力にはかなわない。そう思います。

では、長いメールを御紹介します。
みなさま今日もお疲れ様でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(前略)
そして。
ピンクのあまあまで、とお願いしたブーケやブートニアも、
まるで初めからドレスを一緒に見に行って作ったかのようで、
ドレスにも溶け合っていて、そして彼のタキシードにもピッタリで、
もう、もう、「すごい!!天才!!」と二人で叫んでしまいました。

なんて言ったらいいのか・・・。
本当に、たくさんのバラ達が私の元に来てくれていて・・・。
実際に目の当たりにして、その美しさに目を見張りました。
そして、きっとこの日の為に用意されて、でも傷があったり、
咲きすぎてしまったり、反対に咲かなくてつぼみのままだったり、
そんな子たちがたくさん、たくさん、この子たちの後ろにはいるんだろうな、
とも思いました。
でも、だからといって、生花でのブーケを後悔したとかいう訳ではなく、
生きている重み、それをひしひしと感じながら、
その生きものたちが私の元に来てくれたことに、
心から感謝したい気持ちが湧きおこってきました。
生きているものの美しさ、せつなさ、
・・・刹那であるからこその、う~~~ん・・・。
何て言ったらいいのか分かりませんが
・・・胸にずしんときたんです。

胸に、体に、心に、ずしん、ときました。


本当は、あまりの美しさに、押し花にして手元に置いておきたい、という
欲望までもがむくむくと湧いてきて、
一日、内心で葛藤していたことも、
正直に言うならば、告白しなくてはならないでしょう。
この幸せな思い出と共に、手元にずーーーっと置いて眺めていたい、
という欲望が湧いていたのも、事実、ありました。
でも。
やっぱり。
生きものとして、たった少しの間でも、一緒に共に生きたい、と思いました。
私の為にわざわざ、すごい『縁』で、巡り会えたお花たちに、敬意を伝えながら、
私の晴れの日に共に居てくれたことに感謝を伝えながら、
この子たちを、最後まで看取りたい、と思ったのです。


a0042928_1172857.jpg

なので、本来ならば、いらして下さったどなたか女性の方に
ブーケはお譲りしなくてはならないものなのかもしれませんが、
私のわがままで、みんなを連れて帰りました。

(中略)

そして、私達が家に帰り着いたのは夜中だったのですが、
疲れで夜中2時過ぎには寝息をたてていた新郎を横目で見ながら、
私は枝先を切り、水を吸わせ・・・てなお世話をしながら、
私はみんなに「ありがとうね。本当にありがとうね。」と言いながら、
嬉しくて泣いておりました。
皆が愛おしくて、ありがたくて、幸せで、
・・・何ていうか・・・
う~~~ん・・・
もう。
うまく言葉に出来ない私で、ごめんなさい。
でも、こんなに幸せで嬉しくて泣けてきてしまう、っていうのは、
きっとこれから先、そう無いことのように思います。
それくらい、本当に幸せでした。

幸せ過ぎて、全然、疲れを感じずに、夢中でお花と接していました。
そして、もう、何枚撮ったことでしょう。
きっと、2百枚以上は撮ってると思います。
ブーケの写真。ヘッドドレスの写真。そしてそれをバラして、水につけた写真。
夜の写真。朝日の中の写真・・・。
も~、しつこいょ、・・・とお花に口があったら言われるんじゃないかというほど。
撮りまくって、話しかけまくって、つんつん、さすさす、しまくって・・・。
本当に幸せでした。

そして。翌日。
岩橋さんのブログを読みました。
ドイツすずらん。。。そんな気持ちで入れてくださったんだ。。。
岩橋さんの元気のもとに、ちょっとでもなれるお花作りだったんだ。。。
岩橋さんも、作ってて嬉しいかったんだ。。。
う~、う~、うれしい~!!
もう、涙ぽろぽろ、どころか、
号泣、しちゃいました。
本当に、本当に、嬉しかったのです。

(中略)

額では支えきれなくなって、花びらになってまで、
ピンクのバラたちはいい香りで私達を包もうとしてくれていたり、
オードリーなんて、「まだまだ元気ょ!」 としゃんとしていますし、
コロンと離れた風船かずらも、もう、愛しくて愛しくて。
本当に、、、この子たちと過ごせる毎日は、幸せです。
胸がいっぱいになります。

たくさん撮ったうちの、ほんの数点ですが、添付してみましたので、
よかったら見てやってください。

この子たちと、わずかな日々であっても、一緒に生きられる今日という日を
私はきっと忘れないでしょう。
この子たちがいつかみんな枯れて朽ちてしまったとしても、
その生きていた時の輝きや、微笑みや、この香りや、手触りや。。。
たくさんの、本当にたくさんの愛が、私の中に残ります。

岩橋さん、一会にみなさま、
こんなにすてきなお花を、本当にどうもありがとうございました。

そして、このお花たちを看取らせていただいて、
本当に、どうもありがとうございます。

私は、私たちは、ほんとーーーーーーーーーーに、幸せです!!!!!
ありがとうございました!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、読みながら胸がつまってしまいました。
PCの前でこっそり涙目です。

返せる言葉は結局いつも同じなのですが、
こんなお花を作らせていただけて、
本当に。
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2007-10-19 01:30 | ブーケ | Comments(2)
Commented by ジャム at 2007-10-19 13:35 x
いつもながら素敵なブーケですね。お式後の写真もとても素敵で綺麗でこんな風にもお花って飾れるんだとなあと感動です。
お花もこの新婦様のようにに慈しんで愛してくれるかたにめぐり合えたのは幸せですよね。岩橋さんのお花を拝見するのも楽しみなのですが、その素敵なお花たちにまつわるお話をブログで拝見できることが楽しいし、嬉しいなと思ってます。一日につい何度もブログを拝見しにきてしまいます。そして癒され元気をいただいてます。岩橋先生もお忙しいとは思いますがお身体壊されないように気をつけてください。
Commented by ともみ at 2007-10-20 00:55 x
綺麗な心を持った素敵な花嫁さんですね。
ブーケの写真もすごく素敵ですが、その後のテーブルいっぱいの
花や花びらたちの写真は思わず『わぁ~』と言ってしまいました^^
会場の装花かと思ったくらいです。本当に綺麗です><きっと
こんなに大切に扱ってくれて、こんなに優しく接してくれる花嫁さん
と一緒で、この花たちはもっと綺麗に、もっと長く咲いていたんだ
ろうなーと一人で思っていました。
<< ルヴェソンヴェール様への装花 ... ブーケ クラッチ 黒蝶と白蘭 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。