ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
シェ松尾様の装花 松涛レストラン 
a0042928_21524756.jpg


古い洋館、一軒家のフレンチ。
たぶんその代表的なひとつであるシェ松尾様、松涛レストランです。
足を踏み入れると静かで落ち着いていて、
どんな小さな空間も、古い木枠の窓からの
穏やかな光ばかりが満ちていて、
ついひとつ深呼吸して、仕事を忘れくつろいでしまうような。

一段ずつきしむ古い階段に飾る装花、
リボンはまだかけている途中なのですがとりあえず一枚。

a0042928_2146036.jpg


a0042928_21461926.jpg

磨かれたガラス窓ごしに見えたケーキの装花。
初回だったので比較的オーソドックスなスタイルに仕上げていきましたが、
その窓越しの光景にもう胸を射抜かれてしまいました。

先日、いただいた新婦様からのメールで、
(このメールも早く御紹介したいのですが)
「ブーケ萌だよ萌!と相方に言ってしまった」という一文がありました。
最初、「萌」?と数分考えこんでしまったのですが、
今は、分かります。アシさんに教わって、了解いたしました。
なるほど、「萌」ってこういうことだ!と、私は、この日、
この窓越しの光景に、開眼いたしました。
もう、ほんっとに、素敵でした!
きゃーって大騒ぎです。
(個人的好みが入りすぎ。
しかしラビュットボワゼ様もそうですが、
こういう古い静かな親密な空気が、好きなんです。)

a0042928_21453949.jpg


また装花を出来る日が、楽しみになりました。
花の仕事をしていなかったら
生涯足を踏み入れなかったかもしれないレストラン。
こんな役得もあります。
(しかし脳内メーカーで内側が全部「食」だったので
仕事してなくてもいつかお金ためて行った可能性もあります。
一番は旅、二番は食べ物です。私の場合。)

ではみなさま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-10-16 00:12 | 会場装花 | Comments(0)
<< ブーケ セミキャスケード 水色... ブーケラウンド プリザーブド ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。