ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
新郎新婦様からのメール ケリーとスズラン 山の上ホテル様へ
a0042928_235908.jpg


新婦様よりいただいた長い長いメール。
一部を抜粋して御紹介させていただくことにします。
(と思ったのですが、それでもなかなか削れなくてとても長くなってしまい、
途中から一部おりたたみますね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
挙式用のブーケも、カラーブーケもとても素敵でした。
式では人生でも本当に得がたい、楽しい時間を過ごすことができ、
そのひとときに一会さんの素晴らしいお花を持つことができたこと、
大変幸せに思います。
ブーケを作ってくださった一会さん、そしてお花を育ててくださった方々、
多くのひとたちの思いがぎゅっとつまっているのが感じられるブーケでした。

挙式用ブーケは、ドレスに合っていると評判でした。
ちりばめていただいたすずらんなどの小花もとてもかわいらしくて、素敵でした。

カラーのブーケは、本当に可愛らしく作っていただき、
最初に見たときには、これを私が持っていいのだろうか?と、
思わず照れてしまいました(笑)
友人たちやスタッフの方々からも、「可愛い!」と大人気でした。

相方も、当日のブーケを見て、
「素晴らしい!本当に一会さんにお願いしてよかった!」
と何度も言っていました。
(打ち合わせのときに、「ブーケって高いんだね~」と失礼なことを言って
 いましたが、当日は「一会さん、これじゃ、あまりもうかってなさそうだね」
 と、これまた失礼なことを申しておりました。)




そして、お忙しい中、シェアブーケにしたいという手間のかかるお願いに
応えていただいて、本当にありがとうございました。
式のあと、ブーケは実母と妹とにもらわれていきました。
式では、花束贈呈は相手の両親へ、両親への手紙も無しという進行だったため、
自分の両親とは話をするタイミングがほとんどなかったのです。
式の送賓のあと、ブーケをシェアするときになって、
初めて母にお礼を言う機会が持て(カラっとしたものでしたが)、
一緒に写真を撮ることもできました。
母も私も、お互いウエットなのが苦手なので、ブーケシェアのタイミングでもなければ、
きっと一緒に2人で写真を撮ることもなかったと思います。
また、妹には当日残念ながらタイミングが合わず、旦那さんから渡してもらったのですが、
お花を通して、お礼を伝えることができて良かったと思っています。
母も妹もとても喜んでいたようでした。
残りの一束は今も我が家で花瓶に生けてあります。
式のときの幸せな気持ちの余韻、そして、
あとの2つのブーケがそれぞれ母と妹とのところにあるのだなと思うと、
なんとも温かい気持ちになります。
お願いして本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

余談ですが、母は花好きでアレンジや生け花を趣味で習っており、
3年前の妹の結婚式では、アレンジの先生に協力してもらいながら
頑張ってブーケを作っていました。
そのときに、ブーケを作るのは本当~~~に大変なのだと、強く実感したらしく、
私のときは「お金ならいくらでも出してあげるから、お花はプロに頼みなさい」と
言われたほどです。
(ちょっと寂しくも思いましたが、先生にご負担をかけるのが申し訳ない、
 というのもあったようです)
その後も、本当に大変なのよ、という苦労談?を随分聞かされていたので、
私も、お花というのは大変なお仕事なのだな、そのことを考えれば、
ブーケのお値段も決して高いものではないと思っていました。
そんな母は、ブーケを受け取って、
「本当に素敵に、上手に作ってあって…やっぱりセンスが違うわね~。
 これを作るのは、プロとは言え、きっと時間もかかって大変だったと思うわよ」
といたく感心(?)していました。
また、いろいろなお花が使われているのを見て、興味津々のようでした。

それから、両親贈呈用のお花も、本当にありがとうございました。
お花を確認できたのは、挙式で渡すその時だったのですが、
スタッフが持ってきてくれた瞬間に、その可愛らしさに、
一会さんにお願いして本当に良かったと思いました。
双方の両親にも、喜んでいただけました。
配送の箱のことまで、色々とお心配りいただいてとてもありがたかったです。

それから、ブログのブーケの写真、拝見しました。
嬉しくて、何度も見てしまいました。
式の直後は、まだ手元にほとんど写真が無いこともあり、
こういうのは本当に嬉しいですね。
素敵に撮って残していただいて、ありがとうござました。


P.S.
当日お花を届けてくださった、
可愛らしいアシスタントの方にもどうぞよろしくお伝えください。
ギリギリの会場入りになってしまい、なんだかあたふたしていて、
お花もじっくりと見られないまま、しどろもどろになりながらお礼を
伝えることしかできず。。大変失礼しました。
ありがとうございましたと、お伝えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_2359435.jpg


そしてその後にさらに頂いたメールの中でのお言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余談ですが。
相方が「一会さんのブーケは渋い」と言うのです。
どういうことなのかと聞いてみると、
「すごく緻密にデザインしてあって、ただ甘いだけのブーケではない」という
意味だそうで。それには、私も共感しました。
一会さんにブーケをお願いしたいと思ったのは、
サイトやブログの写真を拝見して、柔らかい優しい花だけれども、
とても繊細に細心の気を払って作られた、ひとつの世界のようなものが
感じられたからでした。
作っていただいたブーケも、繊細で、甘さの中にも、
深みと、様々な表情が込められた、大人のブーケだったと思っています。
式が終わって、落ち着いて手元にあるブーケを眺めながら、
あらためてそのことを感じました。
筋の通った、誠実なお仕事に触れ、背筋の伸びる思いです。
そのことが、私たちにとっても、最大のはなむけとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_072393.jpg


ブーケのその後ですが、
シェアしたブーケを受け取った母は、
気温の低い玄関にブーケを生けて、毎日茎を少しずつ切っては、
長持ちするように気をつけながら楽しんでいたようです。
私たちも、式後、白ブーケ、シェアブーケの一束、ヘアードレスのお花、
ブートニアを持ち帰り、せめて枯れるまで見届けたいと食卓に飾っていました。
枯れ行く姿も様になるねえ、とふたりで妙な感心をしつつ楽しんでいたのですが、
式のあとしばらく涼しい日が続いたこともあってか、
どのお花も、思いのほか美しく形を残したまま、花びらが散ることもなく、
色も保ちながら今日まできています。
バラの花からはポプリのように甘い香りもほんのり漂っています。
ドライフラワーにしようときちんと手を入れたわけではないので、
ブーケの茎にちょっとカビがついてしまって、残念でならないのですが、
せめてもう少しの間だけでも楽しみたいと思っています。
相方も、ぜひとも一会さんにお礼を伝えたいと申しておりますので、
以下相方からのメッセージを記載しますね。

---
お礼の言葉もありません。
妻のためにじつに見事なデザインをしていただき、心から感謝申し上げます。
それは可愛らしい、最高の花嫁姿でした。
また美しいばかりか、一会さんのブーケを持つ妻を見て、
私たちという存在がどのようにどれほど大切にされているかを深く感じ、
私たちは嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
余談となりますが、私個人にとりましては、
「良い仕事」というものは一体どういうものであるのか、
一会さんのお花は教えてくださったように思います。
今後、仕事をしていくうえでの貴重な経験になりました。
その意味でも敬意を表したいと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_08764.jpg



その本当におかわいらしい花嫁様のお写真は
お顔はちょっとということで、こちらには御紹介できないのが残念ですが
私が撮ったブーケの写真よりも
こうして持ってくださってはじめて美しい花になった、そんな写真ばかりでした。

本当に、身に余る言葉をいただいて、恐縮に思います。
ほんとうにありがとうございました。
by ichiecd | 2007-06-05 00:12 | ブーケ | Comments(0)
<< 新郎新婦様からのメール ミラコ... ブーケ ラウンド アンジェリー... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。