ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
一会に花を頼まなかった新婦様のお話
a0042928_0244399.jpg


以前、似たタイトルで一度記事を書いたはずだ・・・と10分ほど探したものの
すぐに見つからず、我ながら毎日まいにち毎日まいにち、ほんとにもう・・・
書きすぎです。


『花時間』さん6月号の記事も、いただいた新婦様からのお写真も、
御紹介したいメールもスクールの写真も、あれこれ山のようにためて
でも今日は、この記事で。

一会は今週末、上半期最大のピークというにも関わらず
どうしてもはずせない大切な装花の打ち合わせがたくさんあって、
そのうちの一組の方には、ずいぶん予算オーバーになってしまって、
説明しながら、「どうしよう・・・」と汗だくな自分。

長い沈黙のあとに、ご新郎様が、「うん、じゃあ、その分稼ごか」
とおっしゃってくださいました。

「え、マグロ漁船とかで?遠洋にいっちゃうのー?」と
すかさず突っ込みをいれる新婦様。
「そう、もうこの際日焼けしてタキシード着て松山千春歌う」

素敵すぎです。。。


御予算というのは、とてもとても大事なことだと思っています。
私でさえ、こんな小さな花のアトリエを経営していく中で、
いつもお金のことも踏まえて、毎日、決断をくださなければならない。
どちらか、ひとつを、決めなければならない。重圧です。

まして一生に一度のことを、はじめてふたりでやりとげようという
新郎新婦様に、「決める」ということは
どんなにか大変なことだろうと思ったりするのです。


ここのところ見知らぬ方から頂いたメールが気にかかり、
今日は許可をいただけて、そのメールを御紹介します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(前略)

実は私は先月結婚式を挙げました。
それまでは、お花は特に興味がなく、
会場のお花もとりあえずなんでもいいから
あればいいくらいに考えていて、
ネットで検索した格安のお花屋さんにお願いしました。
一会さんのHPを見つけたのは、
ブーケの参考画像を探すために
いろいろなHPを見ていた時でした。

ほんとうに、ほんとうにPCの前で
いや~ん!!と叫んでしまいたくなるほど
かわいくて素敵なお花ばかりでした。
披露宴まで一ヶ月を切っていたので、
さすがに一会さんにお願いするのは無理だろうと思い、
全く同じものは無理でも、せめてこんなテイストで作って欲しい、と
お願いしていたお花屋さんに
岩橋さんのブーケの画像を送らせていただきました。
(勝手に使ってしまい申し訳ありません。)

当日届いたブーケは....私のイメージとは全くかけ離れた、
送った画像とは似ても似つかないものでした。
あまりにも嫌でその場で友人に
隣の日比谷花壇に走ってもらい、
即効でクラッチの花束を作ってもらいました。
たまたま友人がヘアメイクの仕事をしており、
ブーケも見慣れていてセンスもいいので
作ってきてくれたブーケはとってもかわいく救われたのですが・・。

岩橋さんのブログを見るたびに、
私はもう岩橋さんにお願いすることはできないんだと
思って悲しくて悲しくて、
自分の披露宴の際のお花が悔やまれて、
油断すると泣きそうになるので
もう見るのはやめよう、とも思うのですが、
やっぱり岩橋さんのお花はとっても素敵でかわいくて
いや~ん!という感じなので、結局毎日のように見ています。

そして、お花の写真だけでなく、
岩橋さんのお花に対する思いや、仕事に対する真摯な気持ち、
新婦さんに対してのあたたかさが溢れる文章を読んで、
本当に胸を打たれます。


なんとなく、自分でも何かしたくなって
先日フラワーアレンジスクールの体験に行ってきました。
岩橋さんの素敵なお花ばかりを見ていたので、
なーんかオーソドックスなバラとかしかないし
イメージとは違うなーなんて、
とんでもなく生意気な感想を抱いた初心者ですが、
今後も仕事の合間に通えたらいいなと思っています。
それから今まで何事もなく通りすぎていた通勤途中の
お花屋さんが開いているときには、
必ずお花を見てから帰るようになりました。


自分でお願いするのはあきらめる他ないとしても、
今度友人が結婚する場合は、
ぜひぜひぜひ岩橋さんにお花を頼むようにお願い?して、
会場で岩橋さんのお花を見て、さらに家に持ち帰るという
密かな野望を抱いています。


本当に、お忙しい岩橋さんに、
こんな見ず知らずの私の話を書いたメールを
お送りするのはご迷惑とも思ったのですが、
岩橋さんにブーケを作ってもらった当事者の方以外にも、
岩橋さんのお花で心を動かされている人がいます
ということをお伝えしたくて。


お花の華やかさとはうらはらに、過酷なお仕事だと思いますが、
お身体に気をつけて、今度ともますますご活躍ください。
これからもブログ楽しみにしております。

そして、いつか、一会のレッスンに
参加できればいいなと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということでした。
読んでいて胸がしめつけられるというのはこういうことかと思います。
でもどうにもできなくて、
それでも、もしも自分のブログがきっかけで、
花に興味が出てきたとおっしゃってくださることが本当でしたら
こんなに嬉しいことはない、と思うのです。



一会の花は、たぶん格安ではないです。
500円のものを400円で工夫しても、
500円のものを半額にはできない。
それは無理です。そこに心を砕くなら、私は
ちゃんときちんとお金を払ってくださる新婦さまのために
自分の気持ちを割きたい気さえするのです。

でもかりに御予算が400円でも、
そこからからさげられないことのひとつの赦しとして、
400円以上の価値を含ませることが
できれば。そう思って毎日仕事をしています。


「何故断らないんですか」
そうアシスタントさんにいわれて、かえせなかった
理由の一番大きなひとつは、たぶんそこだと思います。
ときどきいただくこうしたメールを読むと
御予算で、お断りして本当にいいのかと、思うのです。


では皆様、今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-05-24 01:02 | carpe diem | Comments(5)
Commented by flower-zero at 2007-05-24 21:39 x
今回 この内容を読んで 年甲斐も無く泣いてしまいました。
こんばんは zeroです。

私も仕事の依頼を受ける時に予算、報酬の金額提示は
とても苦手でいつも逃げたくなります。

私の場合は 知識を切り売りする仕事のため、ある意味仕入値は0

善意だけで知ってることをお教えしたことも数しれません。
ですが、ある人の言葉で報酬をいただくことが少し 楽になったんです。

「代価でお金をもらう行為は悪ではありません。
それは 明日もあなたがこの仕事を続けるために必要なのです。

あなたに依頼したいと考える人たちは
明日も明後日もあなたが続けてくれることを願っている

続けていくためにちゃんと受け取るできですよ。」


結婚式で一会さんに頼めなかったとしても
一会さんがずっと続けてくだされば

例えば 私のようにいつかは
その花たちを手にすることが可能になります。

だから・・・・胸を張ってお断りもしてください。
岩橋さんの思いは 伝わると思います。

感情が入りすぎて 文章をうまく まとめられなくなりました

とりあえず一言を と思って・・・ 失礼しました。

Commented at 2007-05-25 02:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-25 02:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-25 02:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-25 03:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< スタッフ募集のお知らせ ブーケ 和装 黒引きにもつミニ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。