ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ淡色  2007年春 シェ松尾天王洲倶楽部さま 
a0042928_2244426.jpg


本日、シェ松尾天王洲倶楽部さまへお届けしたブーケ。
白のウェディングドレスにあわせてデザインした、
とけるような白に淡いピンクとアプリコットのティアドロップ。
なおこの写真のあと、実際にはヒヤシンスの淡いピンクも入れています。

一会にとっては定番のように、好きな色使いですが
私自身は作るにしたがってこれははっきり
今年、2007年の春のデザインだなあと
確信のように思いました。自己満足。

自分にはそれは確かに先日のフランス行きで見ていた絵の色なのでした。
どの絵というわけではなくて、
オランジェリーとかマルモッタンとかオルセーとかルーブルとか、
それぞれの中の空間で、
自分の内側で見た色を少しずつためて、
そうして糸を出してつむぐというかんじ。。。

・・・つまり蚕?
いやそのたとえは微妙だろという気が。


撤収に行ったアシスタントさんがたが偶然聞けたことには、
最後の新郎様の御挨拶で、シェ松尾さんの次に一会の名をあげて
お礼を言ってくださっていたそうです。
たぶんそれはそんなに考えられたことではなく、
たまたまだったのだと思うのですが、
でも提携先の会場様から御紹介いただいて、何度かメールのやりとりをして、
それでもそうして名前を呼んで、
お礼を言ってくださるということに
いつものことなのですが慣れないほど、嬉しくて、
何度もアシスタントさんにその様子を尋ねてしまいました。

やはり、一会をたたもうかと自問する日もあります。
もうあきらめて灯台守みたいに
ひっそりしたいなあというときも時々はあります。

結局こうした、お客様にとっては小さな、
でも自分にとってはかけがえのない砂金のような言葉に、
励まされる日ばかりです。

ではみなさま今日もお疲れ様でした。
(とくにこのブーケ写真を撮り、
かつ早朝から遅くまで働いてくれたアシスタントNさんごめんなさい、
ほんとうに、助かりました)

明日もどうぞよろしくお願いします。
by ichiecd | 2007-02-17 23:22 | ブーケ | Comments(2)
Commented at 2007-02-18 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ichiecd at 2007-03-05 00:31
このコメントを下さった方へ、本当に本当にありがとうございました。でもコメントをくださって、本当に嬉しくやっとお話ができて・・・という気持ちで感謝です。本当に、ありがとうございました。
<< シェ松尾天王洲倶楽部様 ガラス... パス1です >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。