ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
サプライズフラワーについて
a0042928_20545827.jpg


毎回なんでこんなに書くべきことが多い時期に
脱線をするかという疑問を自らに投げかけつつ、
今日も










数日前からずっと、
「何故、一会ではサプライズフラワーをしないのか」
ということについて、考えています。

新郎新婦様へのサプライズとして、
御注文の場所以外のところへお花を飾る、ということを
通常のように、業務の一環のように、行っている花屋さんも
たぶん多くあります。

一会としても、もちろん気持ちは同じで、
そうできるならそうしたい。
毎回必ず、相当の予備の花を持っていくのだから、
かなうことならプラスアルファの花飾りをつけたして
びっくりしてほしいし、喜んでほしい。


そう思っているのにできないのは、ただひとつ、
「それだけの余裕がないから」。


私にとって、ウェディングの仕事はいつもいつも
限られた時間、限られた制約の中で

今、ここで、どれだけのことができるか、

約束されたセットアップ時間その最後の5分まで、
自分のもてる全ての集中力で模索し続ける、
そのとき、たった一度限りの仕事です。

そこで要求されるのは、いわば「思考の瞬発力」みたいなものです。
予備の花と工具箱の中をかきまわして、あと何分と時計を見ながら
ひとつ、手を加えることで、ひとつ、良くなる、
そんな作業の繰り返しです。

ただの1%でも花の完成度をあげたい。

装花の写真を撮って、なおさらに、花をいじることなどざらです。
100回やっても1000回やっても、
これで完璧だと思えることなどありません。

稀に、お持込先の会場様で、ちょっとここにサービスで花をつけてよ、
と言われることもあります。
もちろん快諾してその場でつけるのですけれど
それは、所詮、といっては言葉がきついのですが、
でも所詮は、その場での、ありあわせの花しかできません。
予備のリボンで、予備の花を飾ることしかできない。
その「ありあわせ」さ加減が、白状すると、自分には結構苦手です。

そうでなくても、ただでさえ現場ではいろいろなことが起こります。
会場様側のセッティングがおして時間がなくなるなど、
事前の確認とは違う、なんてことは、ほんとに山のようにあります。

そんな中で、自分には花をサプライズするというまでの、
余裕がないのでした。

せめて、そのかわりに、少なくとも
ご注文を頂いた花には
深い満足を頂きたい、そう思います。



以上、この一会ブログのこっそりの裏ルール、
「今日書きたいことを今日書く」、という記事でした。

ではみなさま、今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2007-02-11 21:37 | carpe diem | Comments(0)
<< シェ松尾様 ゲストテーブル装花 ドアフラワー >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。