ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ステンレススチール ロイヤルパークホテル様の装花とブーケ 
a0042928_2342392.jpg


この日の新郎新婦様は、実は以前
お二人で一会のプリザーブド単発レッスンにご参加してくださって、
ご両親への贈呈用のアレンジを手作りなさった方でした。
今日、それをお渡しになられたときはどんな感じだったのでしょうか。
とても柔らかで優しげな新婦様の雰囲気にあわせて
作らせていただいた、少しニュアンスのあるピンク、秋のブーケ。

ブーケ写真、中央の大輪、不思議なピンクのバラは
スイートアバランチェ。
白の大輪のバラの「アバランチェ」の色違いということでしょうか、
他にはない存在感があります。


a0042928_2335818.jpg

大きかったので、ブーケには2リンだけ使って
残りはメインテーブルの装花に使いました。
秋の照葉と、ボルドーのオランダセダム、
従来のイメージをくつがえすようなワイン色の菊、そして
沢山入っている紫の大輪のバラは
「ステンレススチール」。

つぼみのときは固く地味な灰色の塊で、
それが一晩のうちに、
曙の空の色をにじませて咲いていく、そのバラの不思議。
やわらかな花弁、
夜明け前の空の色と、
そしてなによりその劇的な変化に
いつもつい、手の出てしまうバラのひとつです。
たった一晩で、まるで昨日のなかったように咲きひらくその様に、
いつも、刹那という言葉が思い出されます。
あまりに硬いつぼみだったのでちょっと心配でしたが、
二度とない今日という日、その時間にまさに満開に
咲いてくれて、ほっとしました。


2日間にわたり真摯に実習に通ってくれたMさん、本当に
お疲れ様でした&ありがとうございました。

搬入はもちろんですが、
オアシスをセットしてくれた人、ガラスを洗ってくれた人、
伝票を書いてチェックしたり、車に積み込んだり、安全運転で運んだり、
それはとても地味なことばかりですが、
ひとつひとつの作業を丁寧に間違いなく積み重ねる、
いろんな人の手で今日という一日が成り立つのだと思います。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-10-01 23:23 | ブーケ | Comments(0)
<< 2月、フェリチタの花嫁様2 装花 バラ「フォルム」 秋の装花 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。