ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
青山のあるレストラン様の装花 初夏 ガラスを使って
a0042928_20584632.jpg



「空気感のある感じで」。

それが新婦様からのリクエストでした。
淡い色で、あとはおまかせとおっしゃってくださったので、
ひとつだけ、ハロウィン:中央のシックなバラをいれることだけ
ご了解をいただいて、
そしてガラスの器をたくさん並べ、
たくさんのバラを使って、涼やかなイメージにしました。



画面やや右下、不思議な色と形の実は、「かりん」です。
入荷後、ここ数日一会へいらっしゃる方は皆、
「これって、何ですか?」とたずねられるので、
先手をうってご紹介を。


実は、今日、このご新郎新婦様には
最後までたいへんお気遣いをいただいて
にもかかわらず私自身が最後に直接ご挨拶できなかったので、
せめてブログに写真を掲載して、その記事のご報告とともに
「今日はありがとうございました」と申し上げたかったのです。

すると、エキサイトブログで写真がアップできないいつもの不具合。
しばらくすると復帰するのでその間たまたま隣にあった
「折々のうた」をちらっと見たら、
開いたページにこの歌が。
わ、これはすごいかも。
と一人感動したのでこちらもご紹介を。



 榠樝(かりん)と座す 少し傾(かし)ぐは 相似たる

                          加藤楸邨

(難しい漢字がいっぱいでIMEパッド大活躍です。
ていうか「かりん」てこんな字なんだとは、知らなんだ・・・。
 ↑相変わらずモグリっぽいでしょうか)


解説は、

 (前略)
 この句は身近に「かりん」の実を置いて、一緒に坐っている気に
 なっているのだが、見ればこの実は片側に少しかしいで坐っている。
 なんと、この私と相似形ではないか。
 静物と人物との、思いがけないひそかな交感から、
 ほのかな笑いが生まれる。

 (大岡信 著 「新折々のうた2」  岩波新書1995年10月発行)


ということなのですけれど、
私がこの句を読みながら最初に思い浮かんだのは、
お会いしたときに感じた、
新郎新婦様お二人に共通する優しい柔らかい空気でした。

そのかもし出される雰囲気が、相似だと思ったのです。
そしてなお相似であることで倍になるというような・・・。


そこでブログにリトライするも、
まだまだ写真がアップできないので、
メールをぼんやり見てみると。
なんとその間にお二人から御礼のメールを頂いていました。

最初にご新郎様から、そして続けてご新婦様から。

そのメールを読んだ時の気持ちを
どうここに記したらいいのか、
書きあぐねて、
これはちょっとまた時間をおいて
記事にしたいと思います。


まだ、メール掲載の許可もいただいていないので
いずれと思いますけれど、
感謝をこめて、この場より御礼を申し上げます。


本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-07-17 21:24 | 会場装花 | Comments(0)
<< スクール 和の花を生ける 新宿 サザンタワー様の装花 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。