ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーゲンビリアの花嫁さま
a0042928_2134680.jpg


そしてブーゲンビリアシリーズの花嫁様、
色ブーケはこちらです。
オレンジや黄色の明るい蘭の花で、というリクエスト。
光を集めるようなきれい色の花ばかりを、たわわに束ねて。

a0042928_2141680.jpg

会場内の暗さにも映えるように。

ミクシィ、というネット上のコミュニュティがあり、
初心者ながら私も「一会」という名前で登録しているのですが
花嫁様自ら、そちらに紹介文を書いてくださいました。

そればかりか、ご自身の日記にも、記事と写真で
あまりあるくらいの、たくさんのお褒めの言葉をいただいて、
許可を得てこちらにも転載させていただくことにしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)装花とブーケの評判

結婚式に必要なアイテムのいくつかは、自分で準備しました。

会場の装花、ブーケ、ヘアーメイク、ビデオ&フォト撮影
これらは、ウエディングプランナーを通さず、自分でお店に依頼しました。

中でも、ブーケ&装花をお願いした一会さん(ブライダル専門花屋さん)は、
ゲスト&スタッフの方にめちゃくちゃ評判がよかったです。
お世辞も含まれる訳ですが、一番ほめてもらったのは、
きっとお花です。


ヘアーメイクさん:
「どこのお店のですか?
お花の鮮度がすごくいいですよ。
こんなに綺麗な胡蝶蘭使うの初めて。レベル高いですよ。」

プランナーさん
「このお花屋さんセンスいいですね。今度是非お願いしたい。
人気があるのわかります。」

お友達:
「本当に素敵なお花がいっぱいで、幸せな気分になるね」
「こんなにお洒落なブーケ見たことないよ」

父母&義母
「こんなに綺麗なお花みたことない。素敵!」
「お金かかったでしょう?これだけ花飾ったらかかるよね。
値段聞くの怖いわ笑」


2)出会い
私が、この一会さんと出会ったのは、
雑誌「花時間」のブーケ特集。

彼女の作ったブーケのセンスの良さと
思いやりを感じられるコメントに一目惚れ。

勇気を出して、雑誌に書かれている番号に電話し、
運良く、ちょうど4月22日を押さえることができました。


3)打ち合わせとアーチ
a0042928_214555.jpg


打ち合わせの時には、自分のイメージをうまく伝えたく、
何冊も雑誌と写真集を持参しました。

■「南国リゾート」というテーマだったので
一番イメージに近い三好和義氏の写真集。

■数冊のブーケ特集雑誌

■ブリトニースピアーズの花のアーチ


打ち合わせで一番嬉しかったことは、
花のアーチを作ってもらうことに快諾頂いたことです。

バックにアーチの花が咲き誇っているという式を
アメリカ映画(最後の恋のはじめ方だったかな?)や
ブリトニースピアーズの写真、
マーサスチュワートリビングなんかを見て、ずっと憧れていたことと、

当日の下見や、他の人の結婚式写真を見たとき、
どうしても背景の建物が気になってしまうし、
何かと不必要なモノが写り混んでくるのが心配なこと

その2つの理由から
是非、アーチをお願いしたいと思っていました。
それが実現するとわかり、本当に嬉しかったことを
憶えています。


4)お花を自分で依頼すること

初めは、装花とブーケ(特に装花)を、
プランナー会社を通さず依頼することに不安がありました。

不安要素
■会場、プランナー会社さん、お花屋さんお互いにやりにくくないか。

■花屋さんにとって初めて行う会場だと、段取りが難しくないか。

でも、実際お願いしてみると、この不安はなくなりました。
なんだー悩まなくてもよかったんだぁって、思ったくらいです。

一会さんのほうで、細かくプランナーさんと連絡を取ってくれたこと、
プランナーさんのほうも一会さんとの打ち合わせに
快く参加してくれたため、問題なく当日を迎えることができました。


4)当日のお花
当日は、中庭についた途端、
目に飛び込んできたブーゲンビリアのアーチに
涙が出そうなくらい嬉しかった記憶があります。

澄んだ朝の光と、咲き誇った花たちが、
人前式を行う中庭と同席してくれた人たちを
心地よい緊張感と幸せな空気で包んでくれていた気がします。


ブーケは、2タイプとも本当に気に入っていて、

本来、共同作業であるキャンドルサービス時も、
二人で持たなくてはいけないガストーチ(火種)を持たず、
私は、オレンジのブーケを両手で持っていました。


長々と書いてしまって、すいません。
書き残しておかないと、記憶が薄れそうだったので☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミクシィでの新婦様の日記は、
当日のお写真やブーケの写真もたくさんまじえながら
書いてくださっているのですが、すでに
ブーケとの写真ゲストアーチなど
この一連のシリーズで紹介しているものと重複する写真もあり、
テキストのみを掲載させていただくことにしました。
ミクシィ会員の方は、ぜひ本物の日記も見てくださいね。


ブーケだけでなく、装花を外注するというときに
きっと誰しも同じように不安に思われるのでは・・・そう思って、
この記事を紹介させてくださいとお願いしましたところ、

「私の日記に掲載した文章は、是非使ってください。
全く問題ありません!

岩橋さんのお仕事の一助になればという
思いも込めて書きましたので、
すこしでも参考にしていただける箇所があるのでしたら、
それは私にとっても嬉しいことです。

日本の披露宴のシステム上、
私のような一般人には、、装花、ブーケを外部にお願いする際、
きっと不安な気持ちを持ち合わせていると思いますので、
この内容を通して
その気持ちが和らげられればなんて、思っております♪」

と即座にお返事をくださって・・・

どんなに御礼を言っても
もうとても追いつかないような気持ちですけれど、
本当にほんとうに、ありがとうございました。

上の3枚は、いずれもまた頂いたプロの方のお写真です。

下の一枚は、花を撮るつもりが、
花嫁さんがあんまり素敵だったので、
遠くから花じゃなくてその姿ばかりを撮ってしまっていた
その中の一枚です。

a0042928_2143966.jpg

by ichiecd | 2006-07-02 21:18 | ブーケ | Comments(2)
Commented by たばりん at 2006-07-03 19:04 x
こんな風に書いて頂き、ホント嬉しく思っています。

一会さんに装花とブーケをお願いしたこと、本当によかったと思っております。
少しでも多くの方が、自分の好きなお花に囲まれて結婚式を行うことができれば、どんなに素敵だろうっていう気持ちを込めて、感想を書かせて頂きました。(^^)
Commented by ichiecd at 2006-07-04 08:05
たばりんさま
こちらこそ、こんなふうに日記に書いてご紹介してくださって、
本当に嬉しい、ありがたいばかりです。

今回、動画で皆さんに
ご紹介できないのが残念なくらいでした・・・。

本当にありがとうございました。
(・・・この言葉しか出てこなくてごめんなさい)
<< 昔、なりたかったもの 夏期集中レッスン(セレクトコー... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。