ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
紅茶色のバラとぶどうの装花
a0042928_2118071.jpg
a0042928_21174254.jpg


青山の中心、そのビルのワンフロアにあるフレンチ。
新婦さまからは、紅茶色のバラを使ってほしい、というリクエストでした。
挙式の数日後にいただいた、長いメールを転載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は朝早くから、ありがとうございました。

実はメイクをしていただいている間、
いろいろなことをぐるぐる考えていて
かなり緊張していました。
会場選びでの決め手になった、テラスでの挙式が
できないかもしれない…
みんなの前でちゃんとした振る舞いができるかな…
お色直し中に計画していた新郎サプライズ、成功するかな…

そんな中、一会の皆さんが、ブーケを持ってご挨拶に来てくだ
さったのです。
「よろしくお願いします」と言いつつも、大変失礼ながら
私の目は持って来ていただいたブーケに釘付けでした。

実際目の前にしたブーケは、想像以上でした。
本当にたくさんのお花がぎっしりと使われていて、
しかも、包装をといたとたんに、とてもいい香りがして、
最初に打ち合わせをしたとき、私がさらっとお話ししたことを
ちゃんと覚えていてくださったんだと
あまりに嬉しくて、思わずほろりと涙が出て来てしまいました。

その後すぐにスタンドに立てていただいたのですが
あのブーケを持てるんだと思うと嬉しくて嬉しくて、
控え室に入ってくる人みんなに
「すごく奇麗でしょ」「いい香りがするんだ~」
と自慢しまくってしまいました。

メイクさんも、
「すこし色のついているお花が入っているから、
今日のドレスとよく合いますね、
今まで見て来た中でもすごくセンスがいいです」
とほめていらっしゃいました。

友人たちからも、
「テーブルフラワーが落ち着いてる色合いで、
会場とよく合ってて素敵だね」
「持って帰ったお花、家族が喜んでたよ」などなどの声を頂い
て、
そうでしょうそうでしょうと、我が事のように嬉しかったです!
(厚かましいですね)

フラワーチェアーに使ったお花は、
2次会から来ていただいた女性ゲストにお渡ししたところ、
2次会から出席してお花を貰えるなんて、と喜んでもらえました。

また、式の次の日には
彼のお父様のお墓参りに行く予定があったので、
頂いたお花をお供えして、結婚の報告をしてきました。
彼のおばあさんが
「お嫁さんと一緒にお墓参りにくる日がくるなんてねえ、
お式で使ったお花もあげる事ができたし、ほんとに良かった」
ととても嬉しそうに話していらっしゃって、
またもや涙が出そうになりました。

ぎりぎりまでブーケを悩んだり、
予算にシビアだったり
そのくせお金のことで最後までご迷惑をかけたりで
私は良い依頼人ではなかったと自覚しています。

けれども、最初にHPを拝見したとき、
岩橋さんの手がけるお花の雰囲気が素敵だったのはもちろん
そのお花に対する姿勢を感じ、
「絶対この人にお願いしたい!」と思ったのです。

そうしてこれだけ多くの方々に喜んでいただけて、
本当に本当に、お願いして良かったです。
メールでいくら書いても伝えきれませんが
本当にありがとうございました!

母の日ギフトは残念ながら乗り遅れてしまいましたが、
機会があればぜひ、またお世話になりたいと思います。

ブライダルシーズン、母の日とお忙しい時期が続くかと思いますが、
健康に気をつけてがんばってください。
HPをこっそり拝見したりして、陰ながら応援しています!
つたない文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぎりぎりまで悩んでしまったというブーケ。
でも、花を自分のためにこんな大金を払って、買い込むということは
文字通り一生に一度のことなのですから
ぜひ悩んで、そして納得するものを選んでいただきたいと思います。
結婚式までの準備はとてもたいへんで労力の要ることで、
でもせめて花を選ぶときくらい、
それは普段できないとても贅沢なことだと思うので、
ゆったりとした気持ちで考えていただきたいと思うのです。

そうして選んでくださったブーケ、
作りながらたとえ自分がかわいいと思っていても
やはり花嫁さまにかわいい、よかったと思ってもらえなければ
何の意味もないです。
こうしてメールをいただいて、
そこではじめてほーっと肩の荷が下りるようで、心から安心します。
そこではじめて仕事としてちゃんとできたな、と思うことができて。


ご予算も、とても大事なことだと思います。
一会のブーケは確かに「激安」ではない。
それは自覚しています。
キャスケードブーケで33000円~45000円くらい。
ラウンドブーケでは25000円~33000円くらい。
それでも仕入れる花材に比してほとんどデザイン料を
とっていないくらいのつもりなのですが、
今ネットでは、いくらでも安い花屋さんがあるので、
そうしたところと比べられると、確かにつらいものがあります。

花というのは、結婚式のアイテムの中でもとてもやっかいなもので、
実際に目にするまでどんなものが届くかわからない。
私自身は、カウンターでお客様の様子にあわせて
丁寧に、寿司を握っているつもりなのですが、
ぱっと見、スーパーのパックのお寿司と
そんなに違いがわからないものなのだろう、と思います。
食べてもらったら、きっと、はっきり解るのですけれど
食べてもらうためには、どうしたらいいのか。

どうお伝えしたらいいのか、いつも迷います。

結局、一会という名前で私が売りたいものは、
花、ではないのです。
花のデザイン、でもないのです。

どんなにため息がでるほどよい花を使っていても
どんなに自分が、よいデザインだと思っても、
お客様に満足をいただける仕事でないと。と思います。
一会が買っていただきたいものは、お二人の、
心からの、「満足」です。

月に一度くらいは、ブーケが時間に届かなかった!
という、悪夢を見ます。
納品予定の時間なのに、なぜか今、その花がアトリエにある!
そんな夢を見てとびおきます。
わーーー。怖い。そらもう怖すぎます。・・・
どんなによい花でよいブーケができても、届かなかったら意味がない。
花やデザインだけじゃなくて、そういうすべての因子を
クリアしてはじめていただける、嬉しいメール。

花嫁様は、「財務省の彼」(BY花嫁様)に交渉してくださって、
最終的に装花のご予算をひきあげてくださいました。
西武の展示会も見に行ってくださって、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雪ウサギのブーケ、見てきましたよ!
丸くて薄ーいピンクのお花がぎゅうぎゅうと集まっているのが
ほんとに可愛かったです~!
あまりに可愛かったので、ずっと中腰で見ていて、腰を戻した
時に
「痛っ!」ってなるくらい凝視してしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というとても嬉しいメールもいただきました。

こんなふうに今、ありがたいメールをいただけて、
本当によかったなとつくづくのように安心します。
一会にご注文くださって、大切なお花をまかせてくださったこと、
本当に本当に、ありがとうございました。

最後の写真は、リハーサルを行っているご様子。
窓越しにほんの一瞬、見えた光景を遠くからぱしゃりと撮ってみました。

a0042928_21175175.jpg

by ichiecd | 2006-06-11 22:27 | 会場装花 | Comments(0)
<< シェ松尾天王洲倶楽部様 すずら... 昼の装花、夜の装花 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。