ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ジルとかすみ草のブーケと、花冠
a0042928_23125795.jpg
a0042928_23131672.jpg


お待たせしました、先日のジルとかすみ草のブーケの
花嫁さまのお写真です。

花冠にするか、あるいは、
頭の両側に小さなクラウンをふたつつけた
レイア姫の花飾りにするか、決めかねて、
とうとう両方とも!というオーダーでした。
作り手として、そこまでおっしゃっていただけて
これで気合が入らずにいられるだろうかいやいられまい(反語形)
という気持ちです。


・・・
・・・
・・・
わあ・・・かわいいです。
軽井沢の5月のこの光の雰囲気に、
よく似合っていらっしゃって、素敵です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この一年でいろいろな
お花を知り
何とも言葉には表すことが
できない思いでいっぱいです。
ほんとうにいろいろな方の手を通して
お花を手にできたことに
感謝いたします。

ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠方への出張は、やはり
万一途中で何かあったら、
先方で何か不足があったら、と
ひときわ緊張が大きく、毎回身を削るような思いです。

「一片の句を読むことはこの身から
一枚の鱗をはぐようなものだ」、といったのは
たぶん俳人の三橋鷹女だったと思います。(うろ覚え)

時々、鶴の恩返しの鶴のキモチが
わかるような気がします。
自分の羽根を抜いて機を織ってるというか、
「身を削る」ってこういうことなんだ、と
しみじみ思ったり。(笑)

いえ、そんなにかっこいいものではなく、
カツオブシのキモチ、が近いでしょうか。

でも、そんな緊張の連続が終わって
こうして花嫁様の一言だけで本当に
それを補ってありあまる報酬だと、・・・
常に思うのですが、今回はひときわでした。


私自身、一生忘れられない
花のお仕事をさせていただきました。
本当に、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-05-19 23:27 | ブーケ | Comments(0)
<< クレマチス ウエディング装花コース 祭壇装花 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。