ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
箱の中のサンダーソニア 2
a0042928_23481380.jpg
箱の中のサンダーソニアの、新婦様からのメールです。
許可をいただけて転載します。
このとき、セッティング時間が限られていて
写真が撮影できなかったのが本当に私自身申し訳ない心残りです。
新婦さまが、最初のご相談時に「この装花かわいいです!」と
おっしゃってくださった、「箱の中のJアイマール」の写真を掲載してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お礼がほんとに遅くなってしまいました。
今日、やっとうちに戻りました。

どうお礼を言おうか、メールにしようか、電話にしようか
ずーーっと考えていました。
遅くなってしまったのでメールの方が少しでも気持ちを書けるかな、と
思い書いています。

お花、どれだけ出席された皆さんからお褒めのコメントを
いただいたか、全部録音しとけばよかった、って思うほどでした。
「かわいい、すごくかわいい、やさしい、色がきれい、全部花の組み合わせが
違うのがなんて手がこんでるの、なんて素敵な花を使ってるの、
どこで作ってる花なの、この花はなんていうの、
飾り方がすごい素敵、どこの花やさんなの、何してる人なの、
どこで知ったの、ecc。。」お花の写真を撮ってる人がほんとに
多くて、どれだけ自慢に思ったか、わかりません。言われるたびに
ふふふ、っと笑ってしまいました。
食事中だというのにあの籠ごと持ち上げてしげしげと花に
見入る叔父(ふちが黄緑のバラがお気に入り)、
後ろの窓辺に飾ってあった花を撮りまくっていた父(さくらみたいな花、
ありましたよね、この前も使われていた、あれがとても気に入ったようです)、
「かわいい」を連発していた別の叔父(サンダーソニアが面白かったらしい)、
と男性陣の興奮ぶりが目をひきました。女性陣しか花のきれいさに
気づかないかと思っていたんですけどねえー。ふふ。
何げにすずらんも揺れていたりして、箱らしさも残しつつ、母の希望通り
あふれる感じもふんわりと出ていて、本当に本当に、ああ、ほんとに素敵でした。
サンダーソニアもあちこちで強烈にオレンジ色を放っていて、うれしかったなあ。
(席札の花、サンダーソニアもつけてくださってたのってもしかして私の席だけでし
たでしょうか?)

その晩、泊まったスイートに友人たちを呼んで二次会らしきことをしたのですが、
お花をまた飾りなおして、改めてそのかわいらしさにほれぼれしました。
母用のお花、受付の花、ほんっとに期待以上でした。なんでこんなに素敵に
できるんでしょう。母は一晩ホテルに泊まって昨日の夜家に帰ったのですが、
帰る前までは「こんなにきれいな花、新婚家庭に飾りなさい、
せっかくなんだから。
私はもう部屋で一晩十分楽しんだ」と言っていたのに、
「やっぱり、そお、もらってっていいのかしら」なんて言って持って帰り、
今朝から通りかかる近所の人みなに
玄関先に飾ってある花を見せびらかしているんだそうです。

結局あまりに好評だったので予定外の方々にもさしあげることにして、結局
二次会の後、私の手元に残ったのはヘアードだけだったんです(涙)
でもヘアードもかわいくってかわいくって、
挙式から披露宴まで時間が押してしまって
着替えも大急ぎだったんですけど、
(だから花のセッティングも見に行けなかったんです)
ヘア担当の方が「かわいらしいとこばかり揃えていらっしゃいましたねえ」って
褒めてました。
まわりからも「これ生花なのーっ」「いいなああ」っと
たくさんコメントをいただき、
ああ、この花のかわいらしさにここでも気づいてもらえてるんだなあ、
うれしいなあ、と
またふくふくと喜びがこみあげてきたものでした。
今朝まで泊まっていた部屋にあった大きなガラスの灰皿に飾ってみました。
写真、私のデジカメで撮ったのは全部披露宴が済んでからしかないのですが、
少し送ります。他の人からもっときれいな写真をもらえたらまた送りますので
見ていただけたらと思います。

結婚式をする、ってどれだけ多くの人にお世話になるものか、想像以上でした。
私たちはこじんまりとしたつもりだったのですが、それでも顔を思い出すだけで
頭が下がる方が何人もいます。どうこの感謝の気持ちを伝えたらいいのか、
それをこの機会にきちんと考えてみようと思います。
岩橋さんにも本当に幸せにしていただきました。
本当に心からの尊敬と感謝の気持ちをこめて御礼申し上げます。

取り急ぎ、つたないお礼ですみません。
また改めます。有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなにたくさん喜んでくださるなんて・・・・
終わることのない修羅場モードの中、
何度読み返して励みにさせていただいたことか、・・・
本当に、力になりました。
ありがとうございました。

新婦様は、一会の単発プリザーブドレッスンにも
参加してくださって、この日参列してくださるお友達に
是非差し上げたい、とご自身でアレンジをお作りになりました。

お母様へのギフトと、おばあさまへのお花を、
ご自身の髪飾りとコーディネイトしたい。
お一人お一人の席札に、水引と小さな花を添えてほしい。

それはけして、ものすごく大きな、盛大なご結婚式では
なかったかもしれません。
でもこの日ゲストの方々は、新婦さまのお心遣いを
きっとしみじみと感じられたのではないかと
私のようなものまで思ってしまう、
とても暖かなお式だったのでは、と思います。

おっしゃるとおり、新婦さまの席札のみに一輪サンダーソニアを
添えました。
原産はアフリカ、いったいどんなふうに現地では咲いているのだろうと
つい思う、鈴のような花。
葉を見るとユリの仲間というのもうなづけるような
このサンダーソニアは、その内側に光を宿して揺れる風情が
私も大好きな花のひとつです。
by ichiecd | 2006-05-07 23:38 | 会場装花 | Comments(2)
Commented by suciota at 2006-05-09 21:09 x
岩橋様、さっそくに転載されたんですね!照れます。これが岩橋さんの励みになったとおっしゃっていただけるなんて光栄です。本当に本当に、言葉で言い表せないくらい感謝しています。一つのこと、例えば結婚式、披露宴、を作り上げるにはたくさんの要素が必要ですし、それぞれが影響しあってその出来事全体の印象を形づくるのだと思いますが、中でもお花のもつ影響力、印象深さというのは大きいと思います。今回、岩橋さんと岩橋さんの作品にめぐりあえたことは私にとってとても大きな幸運でした。これからもたくさんの結婚式をあたたかく彩ってください。
Commented by ichiecd at 2006-05-11 10:33
suciotaさま とても嬉しいメール、そして
コメントまでありがとうございました。
ほんとうにこんなに喜んでくださって、
作り手として、これ以上嬉しいことはありません・・・。
ひとつのブライダルが多くの要素から成り立って、
それが響きあって全体の印象を形作るというお話、
本当にその通りだと思いますし
そう書いてくださって、あらためて自分も気をひきしめるような
気持ちです。

一度お返事を書いたのですが、
アップされていなかったのかしら・・・
コメントのお返事が遅くなりまして申し訳ありません!
お二人のご多幸を心よりお祈りしております。

<< リリメリア 体験レッスン ティアドロップ アルンウィック... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。