ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
新郎新婦様からのメール 春の装花 海の装花 
a0042928_04134.jpg


もう3回連続になってしまうので
ちょっとどうしようかと考えたりもしたのですけれど
この装花にとても嬉しいメールを頂いたので、
みなさまに報告したくて、新婦様の許可を得て転載させていただきました。
2月26日海色ドレスの新婦様よりのメールです。


a0042928_041612.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚式では、大変お世話になりました。とても美しく
やわらかい雰囲気のお花に囲まれ、幸せな気分で
一日を過ごすことが出来ました。
当日は雨天でしたので、朝は少し悲しい気分でいたのですが、
お花で明るくなった会場ではそんなことを忘れていました。

岩橋さんにお会いしてからというもの、式までのほぼ毎日、
WEBや岩橋さんのブログを拝見していました。
最初は、お花の美しさや岩橋さんのお仕事ぶりに感動して
見入ってしまうのだと納得していたのですが、自分の中で、何だかそれだけ
が理由ではないような気がしていました。

そして、ある時ふと気付いた、というより思い出したのが、
私はお花が好きであったということなのです。母は庭いじりが好きで、
季節ごとに植え替えをしているのですが、社会人になってからの私
はそれに対して特別な感情を持つことは少なかったように思います。
ただ、今になって思い返してみると、学生時代までの私は、
友人に手紙を書くのが大好きで、そのために美しい花が描かれた
レターセットを集めていたのです。美しい花が描かれたレターセットは、
その当時は今ほど多くなかったので、見つけてはよく買い込んでいました。
もちろん生花の美しさとは比べ物にならないのですが、
その当時は学生の身分で花を生活に取り入れる余裕も知恵も少なかったので、
自分なりに思いついて身近に取り入れたのが
レターセットだったのかもしれません。

その後、社会人となり時間的に余裕が無くなって、
友人との連絡もメールが一般的となり、手紙を書かなくなってしまいました。
職業柄、無味乾燥な事務仕事も多く、美しいものを美しいと感動する
時間が無くなってしまっていたことに気付きました。
今回、岩橋さんとお会いしたことで、
自分の中で眠っていた(もしくは封印していた)
美しいものが大好きな気持ちが呼び起こされたようで、とても
イキイキとした気持ちになりました。

ここ最近は、ラベンダーの壁紙をWEBよりダウンロードさせていただき、
会社のデスクトップに設定しています。
本来の自分が持つ気持ちを大切にすることで、
仕事モードの自分とのバランスが良くなっているような気がします。

それから、本日ブログを拝見させていただきましたら、
あの青いブーケがトップにバーンと出ていて、とっても嬉しくなりました。
余りにも嬉しくて、一日に何度も拝見してしまいました。
使われているのは私の知らないお花ばかりなので、
もし差し支えなければ、教えていただけると嬉しいです。
それから、カラーの白ブーケも、本当に美しく素敵でした。
新郎と二人で、「すごいねぇ。すごいねぇ。」と
いろいろな方向から観察してしまうぐらい、素晴らしい仕上がりでした。

自分のために、あれほど多くの花を用意できる機会は
今後無いようにと思いますので、それだからこそ
とても思い出深いものとなりました。また、少し極端な表現かもしれませんが、
忘れそうになっていた自分を取り戻すきっかけを得ることができました。
今回の経験を、これからの生活に活かしていきたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


青のブーケのお花の名前です。
使ったお花の種類は、青の濃いものはデルフィニウム、
水色のやや小さめのものは同じデルフィニウムの「パールブルー」
装花にも使ったライラック色の星型の花がヒヤシンスをひとつずつ
ワイヤリングしたもの、
パープルと白の薄い花弁のものは「リューココリーネ」。
中央にグリーンのしべのようなものが見えるのは、「二ゲラ」といいます。

私は、仕事ですので、もちろんこのブーケや装花は、
対価を得てやっている作業です。
お金を頂いていることなので、
それに見合う等価のものを提供するのは当然のことです。
でも、その当然のことにたいして、こうして、こんなにも
長い長いメールをくださる、
結婚式の花を作ったというだけのことで
そうして何か別のことまでも得られましたとおっしゃってくださる、
・・・・こんなに有難いことは、他にないような気がします。

本当に、繰り返すばかりですが、ありがとうございました。
by ichiecd | 2006-03-02 23:03 | 会場装花 | Comments(2)
Commented by at 2006-03-06 22:05 x
上記メールの相方でございます。
打ち合わせの時に、花の持ち方を決めた後、どの花にするかという話のところで退屈そうにしているのを見られて、岩橋さんに「新郎はお花の打ち合わせにはでてこないこともあるので、参加するだけでもすごい」みたいなことを言われたのを覚えているのですが、結局、あのときは、何も意見を申し上げるに及びませんでした。でも、ウェルカムボードを作るときに花言葉を調べたり(花を組み合わせて文字を書いてあるのにお気づきになったでしょうか?)、当日新婦より先にブーケを持ったりすると、思い入れが出るものです。
実生活では植物に囲まれて生活してきたので、普段は花に対しても特別な意識を持たなかっただけかもしれません。
Commented by ichiecd at 2006-03-07 21:35
郎さま コメントをありがとうございました、びっくりいたしました!
ウエルカムボード、もちろん気が付きました!
わーすごいなあと思いながら拝見していたのですが
花言葉をご新郎さまご自身がお調べになっていたなんて・・・
すてきなエピソードですね。
これから打ち合わせにいらっしゃるご新郎さまにも
ぜひぜひご紹介しようと思います。

本当にありがとうございました。
<< カラーのナチュラルステムブーケ シェ松尾天王洲倶楽部様 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。