ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ラトゥールとチューリップ
a0042928_23535183.jpg


ごめんなさい今日は完全に雑談です。

今回パリに行きたかったとても大きな理由のひとつ、
それがこの絵をまた見ることでした。
ラトゥールという画家、
「大工の聖ヨセフ Joseph the Carpenter 」 (1645年 ルーヴル蔵)。


最初にこの絵を見たのは3年前ですが、それ以来ずっと鮮烈なまま。
仕事柄といえば仕事柄なのかもですが、印象派の色には強く惹かれます。
印象派ならまだしも、なぜこの絵をそんなにいいと思うのか、
われながらずーっと不思議だったのですけれど、
今回はじめてよくわかりました。


a0042928_23595828.jpg


いつも時間のない自分は
結局、毎回、エールフランスを使ってしまいます。
直行便でなければもっと安くいけるのに、と思いながら、泣く泣く仕方なく。
今回はチューリップ展が終わった直後、いつもより更にぼろぼろで、
よろめきつつカウンターで「窓際の席を」と訴えたところ
「満席です」というつれない返事。
でも茹でた青菜のようにぐったりへろへろだったのを同情されたのか、
搭乗直前にビジネスクラスにアップグレードの恩恵を賜りました。
おかげで熟睡できて、着いた当日の夜、ちゃんと
Kさんと食事に出てお茶までできるほどに元気復活。
エールフランスさん本当にありがとうございました。
このご恩は忘れません。ほんとにありがたかったです。

次にいつ乗ることができるのかわからんビジネスクラス、
食事時にはちゃんとクロスまで用意されるのですね。すごい。
と、思いながら写真を撮っていたところ、
メインのあたりであっさり熟睡してしまい、デザートは見ずじまい。
ナイフとフォークを握り締めたまま寝なかったのが唯一の救いでしょうか。
そしたら漫画だよなぁ・・・。


で、そのときに、途中で窓がまぶしかったので
閉めようと手を伸ばしたら、その手が光に透けたのです。
そっか、なるほど、あの絵がいいなと思うのは
チューリップと同じなんだ、と、思いました。
きっと手が透けていて血が通っている、
その「生きている」印象に惹かれるんだな、と。

ラトゥールの絵はこのほかのもの、
静謐で深い感動を描きだしたと言われるいくつかの絵は
いずれも、その静かさに強くひかれます。
一方で、生存時には裁判も多く非常に嫌な人物だったという
記録もあるようで、そのどちらが本当だったのかは
無論自分にはわかりません。
まわりには非常に独善的、攻撃的であったという人物が、
こんなに静かで強い画を描くというのは
どういうことなのだろうかと、切実不思議に思います。

あくまで、一素人の私の感想にすぎないことを
お断りした上で、
もしその記録が本当だったとしたら、あるいは
この画家は、まわりのことなどどうでもよくて、
ただ内面にある何か、自分にしか見えない何かを
見つめていくことに必死で、
まわりに構ってなどいられなかったのかもしれない、
そう思ってみたりします。

しかし今回、たぶんこの記事を書いたせいだと思うのですが
われながら単純というか、空の写真ばかり撮っていました。

a0042928_0283172.jpg


a0042928_028433.jpg

by ichiecd | 2006-02-23 00:22 | carpe diem | Comments(8)
Commented by panpas at 2006-02-23 10:39 x
素敵なお話と写真でした。
先生がときおりされる美術のお話に刺激を受けて、
私も今年は美術の年。と勝手に位置づけ。
印象派の絵画は私も大好きです。
作者が自然の描写をどうやって表現するか
観点がまちまちで、きっとお花にも通じるのではないかな
なんて思ったりしてます。
空の写真もとても素敵ですね。
意味も無く空を見上げるのが好きです。
癒されました…。

それにしてもビジネス素敵ですね。
私も1度変更になって乗ったことがあります。
フルーツをいっぱい見せられて、”どちらにしますか?”
初めての事でわからない私。
無性に食べたくて、りんごにしました。
すると、はい。と
りんごとナイフが目の前に…
これって…
Commented by ぼぼん at 2006-02-23 11:06 x
こんにちは。
僕は、感動すればするほど感性が削り取られ
同じものを見ても感動が薄まるのでは、、
と、たまに考えたりもしましたが、全くの逆だったのですね。
感動し続ける為に心を動かす、これがわかり感謝です。
Commented by ワタナベ at 2006-02-23 16:20 x
エールフランスのビジネスって・・・、岩橋さんが、本当にうらやましいです。以前デザイン関係の雑誌でエールフランスのNEWユニフォームの記事を見ましたが、カッコよすぎでした!

私は、絵画に関してド素人なんで、これからブログを通じてたくさん吸収させていただきます!

岩橋さんの撮る写真も、すごく綺麗で、何か、こう~、吸い込まれますね。^^
Commented by ichiecd at 2006-02-23 23:13
panpasさん こんにちは!
そのりんごはやはりナイフでむいて食べられたのでしょうか?
なんだかビジネスでりんごをむく図というのが
想像できなくて気になります!
これがイチゴだったらやはり練乳が?
それは日本の発想???
Commented by ichiecd at 2006-02-23 23:16
ぼぼんさま
こんにちは!どうなんでしょう、あくまで私自身の
感覚なので、自信はないのですが、でも
そういう「気持ちの揺り幅」が、
(外に出すか出さないかは別として、)
大きいほうが結局より「生きてる」感じが
するような気がします。
同じ一日でも同じ一年でも・・・
Commented by ichiecd at 2006-02-23 23:17
ワタナベさま こんにちは
いえ、こうして最近空の写真ばかり撮っていたので
ワタナベさまの写真の、その美しさに
びっくりだったのです・・・すてきでした!

絵画は私もほんとド素人なんです。
ただ見るばっかりです。
Commented by panpas at 2006-02-24 12:36 x
私も度肝をぬかれましたが、その通り。
普通に笑顔で渡されたので、、、せっせとむきむきしました。
かといってカッティングシートをくれるわけではなく、
磁器のお皿の上できこきこ。
ビジネスでマルかじりするのも抵抗があり、
どうするのよ。いったい。という感じでした。

きっとビジネスで行かれる方は
りんごなんて庶民的なものあんまりオーダーないんでしょうね…
きっと…
ちなみにそれもエアフラだったような。。。
お気をつけくださいね。
Commented by ichiecd at 2006-02-24 20:46
わーやっぱエアフラだったんですね。もしかしてそう?と
思ってましたが。そしてやっぱりむいたんですねー
ファーストクラスだったらむいてくれるのかも。

<< ブーケ リリメリア 新郎新婦様からのメール オール... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。