ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
「時間はかかるだけかかるもの」
a0042928_23335347.jpg

先週に作ったブーケのひとつ。

『花時間』を見てくださった新婦様。
一会の好きな花ばかりを指定してくださって、
例によってつい花を買い込みすぎましたが、
細かなディテイールにいたるまで、全部、
楽しい製作でした。


ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』という本は、
「ネバーエンディング・ストーリー」という名で
映画化され、ご存知の方も多いかと思います。
(ここで、「ねばーえんでぃん すとーおりーっ」と
当時のCM曲がアタマに流れた方は、岩橋と同世代です。)



今日の表題タイトル、「時間はかかるだけかかるもの」。

現在、一会スタッフリクルートをしている関係で、
応募してくださる方といろいろな話をすることが多く、
その最中、時々この言葉が頭をよぎります。

それは、変わる家に住むアィウォーラの言葉です。

「望みの道は決してまっすぐではない。あなたは大きな
まわりみちをしたが、でもそれがあなたの道だった」

「そこ(生命の泉)へ通じる道なら、どれも結局は正しい道」

「時間はかかるだけかかるもの」



私自身について言うと、花の世界に入ったのは
学生時代ホテルのフローリストとしてアルバイトをしたのが
その最初のきっかけでした。
けれども同時進行で、塾講師のアルバイトを4年間ずっと
かなりの頻度で続けていましたし
(なので、今回の塾の事件は、結構ショックです。
塾で?塾講師が?生徒を?12歳の子供を?女の子を?
どれひとつとして信じがたい)
学校を卒業後は、普通の会社で総合職の営業として
毎日終電まで働いていました。


なので、花屋としての経験年数でいえば、
むしろ少ないほうなのだと思います。

でも、特に会社で営業をしていたころに学んだものは
今の自分を、さまざまな階層で支えている。
社内でも「大明神」と異名をとる、
ものすごーく怖い先輩について、
何度トイレで泣いたか、数えられないほど。

でも、ある日、地下にある社員食堂で、そのおっかない先輩が
「営業に一番大事なことは何だ?」といって、
その下に「誠意」、と書いた、その骨太の文字を、
今も忘れることができません。
何度もその「誠意」という言葉を、ぐるぐると
ペン先で囲いながら繰り返した、その先輩と
ノートの文字、社員食堂の白いテーブル、
そっけない蛍光灯、全部ひとまとめの光景のまま
今の自分の中に残っています。
時々、それを思い出します。


だから今は、そうして遠回りをしたことも、
結局自分に必要な時間だったのだ。
と、思う。
あるいは、思うようにしています。

必死にのぼっている階段は、
実は、螺旋階段なのかもしれません。
またさっきと同じ景色を見て、
自分は本当に進歩がない、
そう、落ち込んだりする。

でもそれは実は螺旋状の階段で、
同じ景色でもその前の一周よりは少しだけ
確実に上にあがっている。

今までしてきたことの、どの過程も、
その螺旋階段のひとつの踏み板で、
どれひとつとして欠けていては
今ここにいないのかもしれない。

雑誌にあおられるような、
「本当の自分探し」なんて、まったくの嘘っぱちだぜ。
と、声を大にして言いたいです。
今、本当の自分を探そうとしている
その自分の姿が、まぎれもない自分自身です。
今もがいていることも、へこんでいることも、
ぜんぶ、自分だと思う。
それは、たぶんそれだけの時間が
自分には必要だ、ということなのではないでしょうか?



・・・相変わらず長い文章になって
うう、恥ずかしい次第です。

現実にやってくる年齢を前に
たじろいでいる私自身、
あるいは応募してくれる何人かの人へ、
一度伝えたくて、
眠い眼をこすりながら書いてみました。
by ichiecd | 2005-12-12 23:33 | carpe diem | Comments(9)
Commented by akiko-juin21 at 2005-12-13 01:00
うっ!!!わーーー!!!
このお花、めちゃめちゃかわいい。かなりど真ん中です。かわいすぎるぅ!
「時間はかかるだけかかるもの」か。。。忘れられない言葉になりそうです。
人生に何も無駄なことなどないんですよね。(あ、これってちょっとみつをのカレンダーっぽい?!)
私も頭の中に音楽流れましたよ♪
Commented by ichiecd at 2005-12-13 01:11
akiko-juin21さま
あはは、確かにみつおさんっぽい???笑
繰り返しですが、所詮ロマンティストにはなりきれない
インチキなメルヘン人間なので、そのあたりはなんとも。
人生無駄なことがないというか、無駄もまた人生?
という感じでしょうか?
しかしこっちはオヤジっぽいですね。・・・・
Commented by panpas at 2005-12-13 11:21 x
またまた仕事中たちよってしまい、戻れなくなってしまいました。。。。
人生は螺旋階段。ほんとうにそうですよね。
なんだかとても心に響いて、、、。
同じ景色でもきっと階段を踏みしめ、のぼっているんだと。
今後の私が好きな言葉と聞かれたら、この言葉にしよう!!
と思いました。
ちなみにわたしの先輩の言葉に”人生ムーンウォーク”があります。
前を見て進んでいるようでも実は後ろに進んでいるという、、。笑。
聞いたとき本当にうけました。
人生の教訓にはなりませんが、これも裏名言だと私は思っています。
Commented by ichiecd at 2005-12-14 01:36
panpasさま
人生ムーンウォーク!
いいなあ。
かなり、いえすっごく好きです。その一言。
それは名言と思う、ゼッタイ!
いや、教訓にもなると思う、たぶん・・・笑

Commented by rose-kelly at 2005-12-14 10:11
ブーケのお花ほんとメチャクチャかわいい~。何、このたくさんの種類のお花!!楽しそう~に制作している岩橋さんの姿が想像できます・・・。
「ネバーエンディングストーリー」頭にすぐ流れました~。あ、でもakiさんも流れたようで、よかった!
本当にそうですね。すごい伝わりやすく、そうなんですよねーってひとり会話しながら読みました。頑張りまーす!!
Commented by karo at 2005-12-14 14:06 x
初めまして。ミクシィでおみかけしてから毎日更新を楽しみに拝読させて頂いております。私もプレストですがブライダルに携わるようになりました。一会さんの作られるブーケを拝見していると花が喜んでいるように感じます。

「「本当の自分探し」なんて、まったくの嘘っぱちだぜ。
と、声を大にして言いたいです」この言葉に同感してつい書き込んでしまいますことをお許しくださいね。

ますますのご活躍お祈りしております。

*花時間でのお正月提案、素敵でした。
Commented by ichiecd at 2005-12-15 01:43
rose-kellyさま
おお、「ねばーえんでぃん」流れましたか。
そうですよね。同世代ですよね。なかまなかま。
ずーっとぐずぐずしてましたが
やはりブーケコースを水曜に増設します、
近々正式にHPにて発表します。
ええい来年も働きます!笑
Commented by ichiecd at 2005-12-15 01:51
karoさま
こんにちは、ミクシィ、最近さぼりぎみでしたが
きてくださったなんて嬉しいです!
HP拝見しました、なんてきれいな写真・・・
思わずせっせとクリック募金してしまいました。

『花時間』1月号見てくださって
ありがとうございます。この記事も早くアップしなくちゃ。
と思いながらどんどん時間がたっていく~笑

でも、ほんとにそうだと思います、
「本当の自分が、ここではないどこかにある」なんて
ほんと、幻影だ!と思います。
私は、「幸福」についても
同じことを思います。
て書いていくと、例によって
だらだら長文になるのでまた今度・・・
今後もどうぞよろしくお願いします。
Commented at 2007-05-18 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 会場装花 秋冬のアプリコット色  お持込の装花 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。