ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
お持込の装花
a0042928_2324818.jpg


本日、お作りしたブーケのひとつ。
花を見てほしくてちょっとアップで撮ってみました。

中央のしっかりした大輪のバラは「ペクトル」、
その下のふんわりした小さめのは「マリア」。
いずれもファインローズさんのバラです。
前々から、うーかわいいなーと狙っていたのですが、
やっと存分に仕入れて使う機会がめぐってきました。
実際に手にすると、このかわいさと言ったら・・・・

この「マリア」を小さく束ねて、
チェアフラワー:バージンロードの両脇の
いすにつける花を作成しました。わあ贅沢。

こういう場合、通常は花材とデザインだけ決めて、
あるいはひとつ見本を作って、
後はアシスタントさんに
お願いしてしまうことが多いのですが、
「わーかわいー」「かわいすぎるよ君たち」とか
一個作ってはいちいち感想を述べ、
それは結局全部一緒、つまり「かわいい」。
うるさいったらありゃしないです。
気づくと、チェアフラワーを
全部自分で作ってしまっていました。

年賀状、俺はゼッタイに子供の写真なんか載せないぞ!と
硬く決意しておきながら、
いざその時となるとばーんと作ってしまうがごとく、
というと少し伝わるでしょうか。

花の名前を「ちゃん付けでは呼ばない」と
思っていても
この「マリア」には
「・・・マリアちゃんてば、かわいいよ・・・・」と
うっかり呟いてしまう魅力があります。
それに似ています。


今日の会場様のひとつは、日常的にウエディングが多く、
とてもきちんとした会場様でした。
ゲストテーブルのサイズや、ケーキの花や、シャワーの花びらや、
いろいろなところにも気を配られ、
納品については相当に緊張しました。

納品から最後のご挨拶まで、無事に終了し、
そして「花もかわいかったし、納品もスムーズでした!」と
お褒めの言葉を頂くことができて、
本当にほっとしています。

ある意味、新郎新婦様にどんなに
「安くてかわいくしてもらった!」と
喜んでいただいても、
装花を持ち込んだ会場様に
「なんだこの花屋は!」と思われるようでは
ダメだと思うのです。

新郎新婦様のご要望をよく聞いて、
いろいろな会場さまに下見に行き、
お二人の雰囲気はもちろん、
その会場の空気にあった花を飾る。
これはとても大事なことだと思います。
ホテルにもレストランにも、
またドレスにも「格」があります。
花を持ち込んだことで、その「格」を落としてはならない。
もちろん、ご予算を相談しながら、しかし
会場の方にもOKを頂ける装花のレベルにもっていく。
そこまで含めてのウエディング装花の
仕事だといつも自戒しています。


ウエディングの花の仕事、
特に一会のように
お持込の装花の仕事は、
来た球を全部、きちんと打ち返すような作業の連続です。

仕入れ、製作はもちろん、
積み込みに不備がないか、
途中で事故にあわないか、
工事で渋滞していないか、
納品中、何か会場のものを傷つけないか、
足りないものはないか、
終了まで何事もないか。

・・・途中、ひとつでも
手抜かりや間違いがあればアウト。
全部の球を、ひとつずつ丁寧に打ち続けることでしか
一生に一度の日は、無事に終わらない。

あるいは現場でのハプニングもたくさんあります。
行ってみたらゲストテーブルがひとつ多かった。
フラワーシャワーのご発注が忘れられていて
急遽持ってきてくれと言われた。
新婦様ご自身が、ブーケの納品先を別会場だと
すっかり伝え忘れていて、まったく方向の違う会場に、
あと30分でブーケだけ届けて欲しい、という電話。

今こうして書くだけで胃がきゅーっとなるようなことも、
すべて現場で知恵を絞って、クリアします。
全部の球をコート内にきちんと打ち返して、
はじめて無事完了できる。


新郎新婦様の言葉はもちろんですが、
当初、お持込に厳しかった会場様からの
「お花、よかったですよ。」という一言。
膝の力が抜けるほど嬉しいものです。

今日一日のために手伝ってくれたすべての方に、
あらためて御礼申し上げます。
by ichiecd | 2005-12-11 23:23 | carpe diem | Comments(6)
Commented by jeune-feuille at 2005-12-12 22:39
かわい~!
いやあ、本当にかわいいですよ~。昨日のチェアフラワー、どうもかわいいと思ったら、先生の溺愛を受けていたのですね!さすが、先生マジック。。。
でも、ウェディングのお仕事って、新郎新婦さまだけでなく会場の方からもOKをもらわなければならない、厳しいお仕事なのですね。身が引き締まる思いで読んでいました。パーフェクトで当たり前、90点ではだめ。
厳しくもプロフェッショナルなお仕事だと改めて思いました。
Commented by Mitsuru at 2005-12-13 00:19 x
はじめまして! ファインローズのMitsuruと申します。
ウチのマリアを大変可愛がっていただいたみたいで・・・、ありがとうございます!
お客様にとっては一生に一度のウエディング。その花のお仕事、物凄いプレッシャー下だと思います。いつも本当にお疲れ様です。
Commented by ichiecd at 2005-12-13 01:14
jeune-feuilleさま ありがとうございますー!
厳しい仕事だなんてそんな、めっそうもないという感じです、
でも丁寧にやるしかないっていつも思います。
自分はそういうキャラだと思うし・・・とほほ。

たとえ90点まではいかなくても、70点以上、
いつも合格ラインは出せるようにと思います。
Commented by ichiecd at 2005-12-13 01:19
Mitsuruさま
はじめまして、嬉しいコメントをありがとうございました!
ほんとに、本当に!「マリア」、かわいいです。
めろめろです。
今日も市場で買い込んでしまって、
一会ブーケコースの皆様へ、
明日の「オーバルブーケ」レッスンは
「マリア&ペクトル」ですのでお楽しみに。

でもペクトルというのは不思議な名前ですね。
これからもいろいろぜひよろしくお願いします。

ちなみに、旅好きの私は、
全都道府県中、佐賀だけが未踏覇の地で、
来年はクリアして全国制覇したいと思っています。
嬉野温泉とセットでお伺いして
マリアの育っているところを見たいくらい!
これからもいろいろ、大事に使わせてくださいね。
ではでは


Commented by Mitsuru at 2005-12-13 23:47 x
46都道府県制覇って凄過ぎです!
ぜひぜひ佐賀で薔薇と温泉を堪能して下さい!
嬉野温泉から45分ほどの距離ですよ~。
Commented by ichiecd at 2005-12-14 01:42
Mitsuruさま
実は私は生まれが久留米で、
子供時代は諫早にも2年ほど住んでいましたので
佐賀は、通ったことなら何度もあるのです。
でも成人してから自腹で旅をしたことがなくて。

今日レッスンでマリア&ペクトルを
ブーケ花材に
使わせていただきました。
写真をアップしたいのですが
やや、力つきまして明日には必ず・・・

嬉野温泉から45分!
うわー出張名目で行きたいです。
そして夜は源泉かけながしの温泉三昧・・・。

もしお邪魔でなければ本当に
ちょっとだけ、お伺いさせてください。

<< 「時間はかかるだけかかるもの」 水揚げ >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。