ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
水揚げ
a0042928_0201050.jpg


先日中途半端に終わった水揚げの話の続きです。

その前にひとつ追加の弁明文を。
前回掲載した水切りの写真では葉をきれいにとっていませんが
一会の場合、花屋の店舗ではなくアトリエのため
用途が最初から決まっていることが多いからです。

ブーケ用や装花用の場合も、
花首だけ使うこともよくあるので
茎の葉やトゲはもうとらずに手間を省くかわり、
最初から短くして水を吸わせます。


バラの水揚げ処理では
トゲ取りという厄介な仕事がありますが、
機械でとるところもあるし、
専用のトゲ取り用のハサミを使うこともあります。

少し丁寧な花屋さんになると、
トゲ取り器でさえ茎をいためるといって
ナイフやはさみの背で一本ずつとることも。

一番丁寧なのはやはり手でとることで、
一会の場合、ナチュラルステムブーケ(茎の見える形のブーケ)に
使うバラは、手やはさみでひとつずつトゲをとります。



『庭師の知恵袋』という、
ある庭職人の方が書いた園芸指南書に、
植えている松が弱ったら、スルメの煮た汁を根元に施す、
というような庭師の間で語り継がれる
言い伝えの話が出てきます。


 今の時代に、マツが弱ってきたからといって、
 まさかにスルメをやる庭職はいないだろうが、
 これらのいい伝えは、木を枯らしてはいけないという、
 木に対する私らの愛情だったのだろう。
 先人はいいことを教えてくれている。

(『庭師の知恵袋』豊田英次 編  講談社 1989年6月  
以下括弧内は引用)


言い伝えはさまざまで、
たとえば、「ナンテンに実をつけさせるには茶がらがいい」
たとえば、「タケの肥料にはタケの葉が一番」
たとえば、「ソテツの根元には釘を埋めておくといい」。

 「思いが余って、根元の幹に釘を打ちつける者もいるが、
 この思いもソテツには通じるらしく、
 何もしないで植えるよりははるかによく育つ。」




花屋の水揚げもこれに似て、
しっかり水を吸って生き生きしてほしい、
長持ちしてほしい、
つぼみもきれいに咲いてほしい。
そういう思いで施される処置は
いずれも花への愛情です。

しかし自分の見解と違うと
これが紛争の種になることも。
・・・が、また時間切れです。

次回はカレルチャペックを紹介しつつ
この続きをまた書きます。


a0042928_0204478.jpg


写真はナチュラルステムブーケ。
横から撮るとこんな感じです。
by ichiecd | 2005-12-10 23:36 | carpe diem | Comments(0)
<< お持込の装花 市場での仕入れと水揚げ >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。