ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
新郎新婦様からのメール シェ松尾松濤レストラン様への装花 一期一会
a0042928_0521971.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一会 岩橋様

5月21日は装花とブーケをお手配いただきまして、
本当にありがとうございました。
私が憧れていた階段のお花もお日様の力も相まって美しく、
岩橋さんにいただいた写真は私のお気に入りです。
ウェルカムボードも彩っていただいて、
心から感謝しております。ありがとうございました。
また、私たちの結婚式の日のブログも大変嬉しく拝読いたしました。
あの日の気持ちが蘇って、何度も読んでしまいました。

たった一回のお打合せと数枚の写真のやり取りだけだったのにも関わらず
装花もブーケも私の思い描いていたものより、
ずっとずっと素敵なものでした。
これまで何人もの花嫁さんにお話しされていることと思いますが…
どうして私の好みがばれてしまったのか不思議でなりません。
当日はブーケを見ても、テーブルのお花を見ても、
ふわっと気持ちが明るく優しくなりました。
お食事中にも家族でお花を見ながら、
これは何の花だとか、きれいだね、と、まさにお花の話に花が咲きました。

ヘアドレス用に用意していただいた小花も可憐で、理想通りのお花たちでした。
86歳の祖母は、何度も何度も「スズラン、素敵ね」と言ってくれました。

私たちのわがままを聞いてくださった両家母への花束も気に入ってもらえ、
私の父もブートニアをショットグラスに入れて書斎に飾っています。

舞台女優顔負け(本当はどうなのか知りませんが…)のお花の量で、
我が家では飾り切れず
テーブル装花は近所の方にお裾分けしたのですが、
みなさん本当に喜んでくださりました。

そのうちお一人のご近所さんからお電話をいただいて
アジサイとかスズランとか季節のお花があって、ほんとに素敵!
 華美なお花ではないけれど、
可憐で優しい雰囲気で…」と言ってくださいました。

数日が経って、お花は少しずつ力を失っています。
小分けにして花瓶に生けて、
一晩あけたらシャンとなる姿に驚いたり
元気をなくしていく姿を目の前にして胸がきゅっと切なくなったりしていますが
お花も命あるもの、私のためにお仕事をしてくれたことを思うと、
お花にも感謝の気持ちでいっぱいです。

残念ながら枯れてしまったお花には、
「どうもありがとう」と伝えてながらお別れしております。
まさに一期一会です。

岩橋さんと打ち合わせをさせていただいた際に、
(シェ松尾副支配人の)田野さんもおっしゃっていましたが
お花の「生きていて限りあるものだからこそ」の
意味やそのエネルギーをひしひしと感じるこの一週間でした。

心からの感謝をお伝えしたいと思っていたら、
お返事が遅くなり、長文になってしまいました…失礼いたしました。
私たちの結婚式、披露宴に大きなサポートをいただきまして
本当にありがとうございました。
今後も岩橋さんのご活躍をお祈りしております。
どうぞお体を大切に、これからもたくさんの花嫁さんの喜びに寄り添ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分はもとより毎週のように、
花をあちこちにその日の結婚式に届ける仕事をしています。

だから、これは日常のひとこまです。

というのはあながち嘘ではない、
でもそうじゃない、
断じてそうではない。

この日、お二人の手元に引き取られて
愛でられ、お礼を言いながら別れていった花たちは
めっちゃめちゃに幸せだったんだろな。
と、想像しています。
もしも自分が花なら、そういう大義を果たしたい。

100人にすごいと驚かれるよりも
たったお二人の手元で少しの間咲いて、
ありがとうと言ってもらえて、えいと捨てられる花がいい。
えいと捨てたときのことが
これからかすかに、お二人の記憶の片隅に残るなら、
それって本望だよなあと思います。

花に生まれてこんなに嬉しいことはないだろうと思います。
(いやわかんないけど)
だってそのために、咲いてきたのだから。


花って不思議だと
この仕事をしてるのに今も毎日思う。

これならと思って仕入れた花が翌日全滅するということも
やはりあります。
「花は生ものだ」、
そういって諦めてはいはいと片付けてしまいたいんだけど、
でも花を生業とする自分は、とはいえそこをどうにかしたくて
毎日もがいております。

花を飾ることは、命を活ける事だと思う。
数日のうちに咲いて散る花に、命を見る事だと思う。

花びらは枯れて汚く散り、水は濁り、葉は茶色にちぢれていく、
それは命というあいまいなものを形にとり、
見つめる事だと思う。

ずっとつぼみではいられない。
すっと満開ではいられない。
長くはもたない、
造花ではない。


でもその生きている花を扱うのに、なんて拙いのかと、
やはり自分に自問する今日、
いただいたメールが嬉しかったので、
最後ご了承をいただいて、ご紹介させていただきました。

本当にありがとうございました。
では皆様今日も本当におつかれさまでした。




単発のプリザーブドレッスン開催

ご両親へのギフトの花や、ブーケを手作りできる一日教室です。
花かんむりやウエルカムボードなどの結婚式アイテムでも、
ご自宅用やお友達へのプレゼントなどそれ以外でも
4時間で、何を何個作ってもOKです。
レッスン料2160円 花材8640円~

お申込み、お問い合わせはこちらから
単発レッスンお問い合わせ



ブーケ、装花のお問い合わせ


一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/

一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-06-01 00:15 | 会場装花 | Comments(0)
<< 新郎新婦様からのメール ご新郎... クラッチブーケ アニヴェルセル... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。