ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
一会花嫁会 先輩花嫁からプレ花嫁へ、結婚式の花の困難を乗り越える、本音トークのアドバイス
a0042928_19204637.jpg

1月に開催した、一会の花嫁さん会。
ご自分で手作りした花を手に、記念に一枚!

お茶会だけでも良かったのですが、
せっかく一会に来てくださるので、
最初はちょこっと、小さな花アレンジを作っていただきました。
a0042928_21184855.jpg

実は器になってるのは、お土産代わりの
アンカーホーキング社のガラスのバターケース。
a0042928_21561564.jpg



そしてみなさんでお茶タイム!
a0042928_21564911.jpg


結婚式の花について、いろいろお話しを伺いました。

話題が集中したのは、
会場の花屋さんや、一会に会う前に相談したほかの花屋さんに、
なかなか希望が通じなかったこと。

「花屋さんによって、
得意なスタイルが違うので仕方ないんですが」

「あんまり強くも言いにくいし・・・」

「値段が当初の3倍に!」

「あんまりだったから、
会場にクレームをいって再打合せした」

・・・総合するに、
とにかく、打ち合わせで話がぴんと通じない!
ということのようです。

花って、感覚のものなので、
花屋さんとの相性がすべてかもしれません。

一会にしても
「人を圧倒するような」というような、どえらい花!は、
苦手です。

最初は花なんてなんでもいいと思っていても、
実際、ブーケ写真を見始めると「これはイヤ」「これはいまいち」
という好みが出てくるのも、よくあることです。


そこでみなさんがとった対策は、

「とにかく自分で集めた写真を全部見せて説明した」

「このピンクの濃さまで!これより濃かったらNG!と
細かく色指定した。
それでも不安だったので当日の朝見せてもらって、
結果OKに」

「私は色見本の資料を作りました」

「自分と相性があわなくても、
その花屋さんがやった過去の写真で
いいと思うものを選んで
話したら、割と通じやすいと思う。」


そんな中で、会場装花まで一会に頼んでくださった
ある花嫁さんのお話し。

「どうにか一会の花を持ち込みたいと、
契約時、会場に交渉してOKをもらいました。」

「そもそも最初に、結婚式をあげようと思ったとき、
まず結婚式というものの中身が何かわかる教室、
みたいなものはないかと探して、
みんなのウェディングっていう
情報サイトを見つけ、そこの銀座店にいきました。*

どういうところを見ておいたら予算がはねあがるか、とか
花屋さんが持ち込めるかどうかは最初に聞いてとか、
無料でいろいろ教えてくれて、
それをもとに、会場をまわってるときに、
ブーケを探してたら一会を見つけて。
どうしても、ここの花がいいと思って。

少しでもお金かけずに、と、
たくさん調べている様子を
彼も見てくれていたようで、OKをもらいました。

とにかく、会場を決める前に
いかに「結婚式」を勉強するかです!



確かに。

日本の結婚式の場合、
最初に会場を決めるのがまだまだ一般的です。

そして会場には、ドレスやブーケといった
結婚式に必要な要素は、万全に用意されていて、
それがちょうどいい場合は問題ありません。

でも、もし自分の思っているものと違ったら・・・?

そこから変更、交渉するのは、
多大な労力が必要です。
労力をかけても絶対NG!といわれることも多い。
(特に装花)

(このへんの、ブライダル業界のあれこれについては
dapandaさんのブログが詳しいかと。
http://ameblo.jp/dapanda45/

(しかし無論会場側様からすると、
特に装花の持ち込みが困るのは、
花屋の質が、玉石混交なせいもあると思うのです。
結婚式に慣れない花屋さんに頼んで失敗した話、山ほど聞きます。)


結婚式という、生涯の中でも
大金がかかるイベント。
しかもたった一日。

まずは、結婚式というものをよく知るところから!
という珠玉のアドバイスでした。

*「みんなのウェディング」さんの回し者ではありませんが、
このような場所で勉強するのも、確かにありと思われます。

ただし、こうした口コミサイトは他にもいくつかあり
とても有用な反面、ネットならではの罠もあります。
一会にも「いい口コミ書きますからお金出しませんか?」的な
営業メールが、一時期、ひんぴんときておりました。
「全体にすごく褒めてるけど、当日の具体的なエピソードは何一つない」
口コミにはご注意を。
よくよく見ると、一人が系列店を全部ほめてたりします。
本人認証のある口コミを重視することをおすすめします。

・・・つまり、こやって、顔出ししてくれる元花嫁様が
挙式後に集まってきてくれる、
この一会ってとこなら、信用できますよ!
(え、そこ落としどころかよ?!
いやこれ一会のブログですから)

a0042928_22244879.jpg


一会のこういうところこうしたらいいよ、
という、貴重な、温かなアドバイスもたくさんいただきました。
本当にありがとうございました。

「岩橋は打ち合わせにユニクロを着るな」
「寝癖なおせ」とか言われたらどうしよう、と
びくびくしてましたが、
良かったです。(良くない)

a0042928_20463110.jpg


本当にありがとうございました!
もし、また、来てくださる花嫁様がいらしたら
ぜひ第二弾を開催できればと思っております。


では今日もおつかれさまでしたーーー!




2月13日到着 フラワーバレンタインギフト 大好きな人に花を送ろう

2月14日バレンタイン当日
単発のプリザーブドレッスン開催
こちらはカップルさんでもお1人でも、
結婚式の花の手作りでもそうでなくても、ご参加可能です。

2月14日 単発プリザーブドレッスン申し込み


2月20日 花とカメラのレッスン(カメラレッスンのみも参加OK)

ブーケ、装花のお問い合わせ

単発レッスンお問い合わせ



一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2016-02-04 22:28 | carpe diem | Comments(0)
<< 梅、椿、冬、春、一切 1月31日単発レッスン作成報告... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。