ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ ヨコハマグランドインターコンチネンタルさまへ 絆KIZUNA 花嫁様と、お母様と
a0042928_1314988.jpg


どう書いたものか、
このひとつの小さなブーケのことを。
それは横浜の、グランドインターコンチネンタル様へ
ある日お届けしたブーケでした。
a0042928_22482568.jpg


毎週毎週どこかへブーケをお届けするので
それは取り立ててどうこうということはない、

のかもしれません。

a0042928_216523.jpg

でも自分は毎週毎週
ブーケをお届けするすべてにドキドキしております。

この花の仕事をはじめて20年、
この仕事を自分の名前でするようになって15年、
なのに全然、いっこうに、まったくなれません。


翌日に、新婚旅行に行く直前の
花嫁さまからメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岩橋様

昨日、ブーケをお願いしておりました○○です。
昨日は本当に本当に素敵なブーケをありがとうございました。

私たちは明日からハワイに行ってしまうので、
可愛がってもらえるだろう母のところへ手渡したところ、
今日母から
「26種類も花が使われてたよ」とラインが入りまして…


こんな見ず知らずの人間の結婚式のために、
26種類もお花を揃えてくださったんだな。
きっと沢山仕入れてくださったんだろうな。
あれだけ丁寧に作ってくださったんだから時間も沢山かかっただろうな。

なんてことを考えていたら、
ブーケやお花に対する岩橋様の深い深い愛情を感じて、
ファーストフード店内に居ながら涙が止まらなくなってしまいました

式の当日は慌ただしく過ぎていって、
また自分が主役なことに馴れなさすぎて、
全く泣かなかったし泣けなかったのですが、

式が終わった今、色んな方々の支えや協力があって
昨日一日があったんだなぁとしみじみ感じて、
式当日より泣いております(笑)


本当に幸せな一時を、そして素敵なお花を、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
添えられた数枚の写真に
ほわわんと幸福感をおすそ分けしてもらって
ひたっていたら、

そのすぐ後に
なんと花嫁様のお母様から、
じきじきのメールを頂戴しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩橋様
不躾にメール差し上げます失礼をお許し下さい。

土曜日、横浜グランドインターコンチネンタルホテルにて
挙式いたしました○○の母でございます。

当日は本当に素敵なシャワーブーケをお作り頂きまして、
娘も私どももうっとりと眺めておりました。

ドレスが柔らかいシフォン系のものでしたので、
揺れる小花達とグリーンの繊細さ、
コロンとした柔らかいバラの美しさに
スズランの香り立つブーケは本当に似合っておりました。

ゲストの方々からも沢山のおほめの言葉を頂いたブーケは、
挙式から二次会までの長時間を
娘の側で和ませ、励まし続けてくれました。


以外駄文ですのでさらりと読み飛ばして下さいね。

岩橋さまがブログでお書きになっているように、
花嫁には挙式にあたり両家の温度差や本人達の思いや考え方、
勿論経済的な事との折り合いをつけながら
色々な事を決めていかねばならないという苦しい作業があり、
娘もお色直しのブーケをお願いすることや
保存加工に出すことも諦めざるおえなかったようです。

人生にたった一度の事…親としては
出してあげると何度も喉元まででかかりましたが、
2人の人生の切り盛りは任せることが重要なのだと
甘くなる親心に蓋をいたしました。

お役目を果たしてくれたブーケを翌日引き取り
(本人達は旅行に出てしまいますので)、我が家で活け直しました

26種類ものお花の饗宴であったことに感激‼️

お花達はまだ頑張ってくれていますが、
さすがにこの暑さですので
段々元気が無くなってきております。
a0042928_1474099.jpg

幾つかはドライフラワーにならないか挑戦中ですが、
これからの陽気では厳しいですねぇ〜
甘い香りのバラはハラハラと零れ落ちてしまいましたので、
これもポプリにならないかしら…とトライ中!
楽しませていただいております

a0042928_224906.jpg


こんなメールを差し上げているのが分かったら
「お忙しい岩橋様になんたること!」
と叱られると思いますが、
御礼だけでもお伝えしたくメールいたしました。
素人がスマホで撮った写真ですが添付いたします。

まだまだピークが続きます。
どうぞご自愛いただき、益々未来の花嫁達を
笑顔にされるブーケや装花をお作り下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お母様がお嬢様を思う気持ちと、
お嬢様がお母様を思いやる気持ちとを


どこまでこのブログで伝えられるだろう。



その中間地点にたつ自分は
ただおどおどしながら
どうかお二人の気持ちがお二人に伝わりますように!
って
願うことしかできません。

でも願う前にきっとお二人ともに、伝わっているんだと思う。




心という臓器は、
目に見えません。

心は、見えないし触れられないし、
なかなか実感できません。

でも心を、形にすることは、できなくはない。

いくつかある方法のそのうちのひとつが
花だと思う。

命をその代償にして、
咲いて散る、ひとひらの花だと思う。




今日、タイムカードを押した後、アシスタントさんが
何度も何度も花束の練習をしています。

花束を作ってかわいくラッピングする、というだけの
作業を5度も6度も繰り返しています。

でも実際にそれが即座に
現場でできるかというと
そうではないかもしれないけど、

それでもその5度も6度も何度も練習した花を
お客様に差し出す瞬間は、

一度も練習しなかったときと比べたら
きっと何かが違うと思う。


それが努力ということ。

それが、希望ということ。

そうと信じて続けることが、才能ということ。


ただひとすじの光のために
自分の持てる何かを差し出すという事。


この日、ある花嫁さまと
あるそのお母様のために
私が差し出した一片の花は
ただの結婚式のブーケにすぎません。

でもそのブーケを作る過程を、翌日に思い返して
ファーストフード店で涙をためてくださった
ある花嫁様のことと、

その花嫁様のお母様が
そのブーケをほどいて26種類も入っていると、
教えてくださったメールを開いた瞬間のことを

自分は作り手として、
一生、


忘れないだろうと思う。



自分たちの為す作業のすべてが報われるわけじゃない、
自分の差し出すすべてが
わかりやすい形で報われるわけじゃない。
むしろ理不尽なことの方がずっと多い。

でも何もしないよりは、
伝わるかもしれないので、
そうと信じて差し出すこと。

それが伝わったという一瞬は、
かけがえのない、砂漠の中の砂金です。


ありがとうございました。

では皆様今日も本当にお疲れ様でした。






一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会ブーケ instagram
https://instagram.com/bouquet_ichie/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2015-07-03 01:25 | ブーケ | Comments(0)
<< ラウンドブーケ アニヴェルセル... 花のイヤーカフ ウエディング用... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。