ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
シェアブーケ ホテルマンハッタン様へ 「私は、大喜びでした」と伝えてくださった、それ以上の至宝は無い
a0042928_22382982.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安心してください。大成功でした。

本当に、本当に、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年10月のホテルマンハッタン様への
挙式用のブーケです。
お色直しのブーケはこちら
それをドライフラワーにしてくださった写真はこちらです。


打ち合わせから当日までの間に
何十枚にわたる、結婚式に関するこだわりの写真をいただきました。
またひとつひとつものすごく丁寧に注釈がほどこされていて、
選んだドレスについて、
結婚式のテーマカラーについて、
ご新郎様のタイの色について、
ヘッドアクセサリにするビジューの詳細について、
それはそれはもう本当にこだわりぬかれた花嫁様でした。

それなのに、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーダーは、「挙式ブーケもお花直しブーケも、
どんなものかも、色も、まるっと岩橋さんにお任せ」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と。
式の直前に、念押しされました。


えええええ!?
こんなにも、細部までとことんこだわっている花嫁様、
なのに、
お、おまかせで。
ていうかむしろ、もう細部まで指定してほしい・・・
と、痛切に思いました。(今だから言える話1)

リボンをほどくと二つになるブーケ。
作りながら、のどがカラカラでした。

a0042928_2239062.jpg


二つ並んだ不思議な花は、
セルリアフロリダと言います。
セルラー&セルリアン全国セルリア委員会会長(自称)の自分としては
花嫁様がたくさんくださった写真の中にあった
このセルリアを是非いれたくて、
無事市場に出荷されていてよっしゃと仕入れたものの、

もし、もしも、
一会の定期スクールでこんなふうに
生徒さんがセルリア二つを並べていたら、
やっぱり一言「うーん、それは、どっちかだよ?」と言うと思うのです。

ふたつ並べるより、ひとつに絞ったほうが
その花が活きる。

でもこの日、この時、喉がカラカラになりながら、
気付いたら無呼吸になりながら作ったこのブーケは、
どうしてもふたつのセルリアのどちらかを、選べませんでした。
どうしても、どちらかひとつを切り落とせませんでした。

どんなに考えてもできなかった。
なので、ふたつそのままで出しました。
その日、その時の葛藤を今もまざまざと覚えていて、
思い出すとまた無呼吸になるくらいですとも。


花嫁様から二日後にいただいた、
長い長いメール。
そしてたくさんの、挙式後のブーケ、二日後の写真を
いただきました。
ちょっとくたびれているけれど、
ホテルをチェックアウトするまで、それに遅刻するまで
何枚を写真を撮ってくださったのだそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、ようやくですが挙式ブーケについてお話しさせて下さい。

本当に、本当に、ありがとうございました。
本当に可愛かったです。
搬入時に私がよく見れたのは挙式ブーケで、涙が出たのは挙式ブーケを見てです。
最後になってしまいましたが、ブログに載っていたのが
お色直しブーケだったので、先に来ただけで、
挙式ブーケも、本当に素敵で、本当に大好きです。
ずっとうっとり見ています。
a0042928_2311234.jpg

搬入して下さった時は、メイクの真っ最中でしたが、
私が強くお願いして中断して頂き、ブーケを見に行きました。
なので、泣くとメイクがやり直しになって申し訳なく、一所懸命こらえ、
こらえたのですが、その後涙がこぼれてしまいました。
a0042928_2314579.jpg

お任せにして、本当に良かったと思っていたのです。
(中略)
a0042928_232265.jpg

そして、思ってもいなかった、というか予想が全くついてなかったのですが、
白っぽいブーケが届いて、
多くの花嫁さんが持つ色合いかもしれないけど、
お花が、これもいろんな種類が入っていて、すごくお洒落に出来ていて、
そしてクラッチが本当に可愛いくて、
リボンもサラサラではかなく、とっても素敵でした。
a0042928_232457.jpg

そして、こちらも、当日まじまじ見ていたはずなのに、
気付いていなかったことに今気付いたりしています。
a0042928_233441.jpg

私が、写真で持っていったピンクと薄紫のブーケの、この花が好きですとお伝えしたお花と、同じか似たお花の白を入れて下さったのですね。

私が好きといったブーケと同じではないのに、
新しく、私の好きなブーケを作って下さるというのは本当にすごい事ですね。
a0042928_2335687.jpg

私が気に入ると分かっているとしか思えないです。
私の好きな感じをものすごく汲み取って下さるから出来るのでしょうか。
不思議でしょうがないです。
a0042928_23484.jpg

言い方はおかしいですが、
「私は大喜びでした」と早く伝えたかったです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は大喜びでした。

という一言をこうして見返すたび、
読み返すたびに、

胸がつまって、
涙が出るほど、
どれほどに、
嬉しいことか、

この場所からお伝えできたなら。


あの日、自分に持てる限りの精一杯で作った
わずか直径20センチの花。


喜んでくださって、ありがとう。


ありがとう。
ありがとう。

と、何度書いたら伝わるだろうと思います。

大切な日に、
お花を届けさせていただいて、
ありがとうございました。

では皆様、今日もお疲れ様でした。

一会設立15年目の2015年、
今年も少しでも喜んでもらえる花をと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新婦さまがブーケを身に着けられた記事はこちらです♪





一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/


一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo

by ichiecd | 2015-01-04 23:08 | ブーケ | Comments(0)
<< アームブーケ カラーを束ねて ... 新郎新婦様からのメール 初夏の... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。