ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
コスモスの季節にコスモスのブーケ いろいろな花で白とピンクのブーケと職業について
a0042928_21524285.jpg

ご新郎様の好きなイメージ、白とピンクのブーケと
ご新婦様の好きなイメージ、いろいろな草花で。
というそれぞれのリクエストを、
ひとつにあわせて。

この時期一会におまかせで草花で、と言われたら
有無を言わさずコスモスが入ります。
コスモスは9月下旬から10月半ばが最盛期。
台風がくるとあっというまに少なくなってしまうので
旬の時に、旬の花を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桂川の岸伝いに行くと
いくらでも咲いていると云うコスモスも時々病室を照らした。
コスモスはすべてのうちで最も単簡でかつ長く持った。
余はその薄くて規則正しい花片と、
空に浮んだように超然と取り合わぬ咲き具合とを見て、
コスモスは干菓子に似ていると評した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏目漱石「思い出すことなど」



大病に倒れた漱石の、病室でのお話で、
以前もこのブログに書いた気がしますが
コスモスを見ると、
いつもこの一節を思い出します。


でも自分がこの言葉をよく覚えているのは
同じ短編の中にある、
次の一節にも影響されたからかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
看護婦は五十グラムの粥をコップの中に入れて、
それを鯛味噌と混ぜ合わして、ひとさじずつ
自分の口に運んでくれた。
余はすずめの子かからすの子のような心持がした。
医師は病の遠ざかるに連れて、ほとんど五日目ぐらいごとに、
余のために食事の献立表を作った。
ある時は三通りも四通りも作って、それを比較して
一番病人に好さそうなものをえらんで、
あとはそれぎり反故にした。

 医師は職業である。看護婦も職業である。
礼も取れば、報酬も受ける。
ただで世話をしていない事はもちろんである。

彼等をもって、単に金銭を得るが故ゆえに、
その義務に忠実なるのみと解釈すれば、
まことに器械的で、実も葢もない話である。

けれども彼等の義務のうちに、
半分の好意を溶き込んで、
それを病人の眼から透かして見たら、
彼等の所作がどれほど尊くなるか分らない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分の花の仕事は、報酬を得ています。
ただで、あるいは相場に比して安くして差し上げられるのならば、
喜ばれるのは、それはもう当然のことです。

でも値する報酬と引き換えに
その少なからぬ報酬に値する、仕事をしたい。

そしてそこに、ただ機械的にするんじゃなくって
半分かそれ以上の好意を溶け込ませたい。
と、思ってます。



このブログで、
「精一杯仕事をしたい」、と、ぐだぐだと酔っぱらって
クダをまいているときが結構ありますが、
それは、結婚式業界の泡沫の身としても、
「それはさ、ありえねえだろ!」とヤンキー言葉使ってでも言いたいよな
ひどい話を見聞きした時です。


自分はdapandaさんのように楽しくうまく書けないので
そうしたマイナスの事柄はブログには書かない、と決めているものの、

「だからさ、そゆことやってっから
結婚式がボッタクリだって言われるんだよ!
真面目にやってるこっちは迷惑なんだよ!」
と、罵倒して、
けっ!と塩まきたい場面に遭遇することは、
結構あります。

いやもうアンタの口が語る「誠意」と
私の「誠意」って、絶対、語義が違うから!
てか一緒にすんな!
かーっ!ぺっぺ!

というようなですね。

腐った仕事に遭遇する場合、
詳細を書くのはとてもおぼつかないので、
せめて、改めて精一杯の仕事をしようなと
自分に言い聞かせようと。

で、ブログがぐだぐだになってます。

すみません。
反省。


では今日も皆様、本当にお疲れ様でした。
毎日いろいろありますよね。
でもそのほうがきっと生きてて楽しいですね。(強引に前向き)



自分で打ち込むのが面倒で
上記の引用は「文学の館」さんからいただきました。
http://e-bungaku.net/natsume/text/omoidasu_kotonado-11.htm







一会ブーケ写真集Pinterest
http://www.pinterest.com/ichiebouquet/

一会facebook
https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-10-14 22:32 | ブーケ | Comments(0)
<< 前撮りのためのクラッチブーケ ... エントランス~階段装花 銀行倶... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。